生活費を銀行でお金を借りるのはあり?【主婦必見】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

日々の生活で生活費が足りないという状況は、比較的経験している人も多いでしょう。

そして、一時的にお金が足りないときに、相談できる人がいなければ困ってしまいます。

今月はどうしてもお金が足りないというとき、どこで借りればいいのか、また国の支援制度を利用するにはどうすればいいのか解説していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 生活費を借りることを検討している人
  • 公的な支援制度について知りたい人

生活費が足りない時、銀行でお金を借りられる?

何とか節約してやりくりしようと思っていても、急な出費が続くなどして生活費が足りなくなってしまったという経験は、多くの人がしていると思います。

生活費がどうしても足りない場合、銀行でお金を借りられるのかを解説していきます。

生活費目的に借りやすいのはカードローン

銀行ではたくさんのローンを取り扱っているため、お金が必要なときに銀行を頼るというのは、非常に理にかなっているように思われます。

しかし、銀行で取り扱っているローンの大半は、住宅ローン(住宅購入等の費用に利用)のように資金使途が決められており、生活費として利用するのは難しくなっています。

銀行が取り扱っているローンの中で、生活費目的で借りやすいのは、カードローンでしょう。

カードローンは資金使途が自由であり、利用限度額の範囲内であれば自由に借り入れ・返済が可能という特徴を持っているので、生活費が足りない際にちょっと利用したい場合に、非常に重宝します。

同じく資金使途が自由なローンには、フリーローンというローンもありますが、フリーローンはカードローンほど借り入れ・返済に関して柔軟性がないので、カードローンのほうがよりオススメですね。

銀行以外から借り入れを行うのであれば、同じくカードローンを取り扱っている、消費者金融や信用金庫・信用組合等を利用するのがいいでしょう。

関連記事をチェック!

7551view

カードローンとは

カードローンとは何なのか、ご存じないかたもいらっしゃると思います。 このページではカードローンとはなんなのか、本当にカードローンについて何も知らない初めてのかたにも分かるように説明します。 こ...

生活費のために借金をするリスク

しかし、生活費が足りないからと言って、それを借金で補うのは大丈夫なのでしょうか。

生活費が一時的に足りないだけであり、今回さえしのげれば大丈夫というのであれば問題ありませんが、生活費を恒常的に借金で補っている状態は、かなり不安定です。

借金である以上返済しなければならないわけですが、返済する際には、元金に利息を上乗せして返済しなければなりません。

つまり、借りる金額よりも返済する金額のほうが必ず多くなってしまうため、家計の状況が少しずつ悪化してしまうリスクが想定されるわけです。

生活費のために借金をすることは、決して悪いことではありませんが、どこかでそのサイクルを食い止められるようにはしたいですね。

生活費のためのカードローンの選び方

生活費として借り入れを行う場合、カードローンが最適ですが、上述したようにカードローンはいろいろな金融機関で取り扱われています。

それぞれの金融機関で取り扱われているカードローンの選び方について、説明していきましょう。

安心して低金利で借りたい場合は銀行カードローン

消費者金融で借りることに抵抗がある人が利用しやすいのは、銀行カードローンでしょう。

銀行カードローンは安心感があり、主婦が家族に内緒で利用しても、カードローンを利用していることがばれにくいというメリットがあります。

また、消費者金融で借りられない専業主婦も、銀行カードローンであれば利用できます。

このようにいろいろなメリットがある銀行カードローンですが、もっとも大きなメリットは、比較的低金利で借りられるという点です。

消費者金融では上限金利が18%と特に高いですが、銀行カードローンであれば上限金利も低いところが多く、少額利用の場合でも比較的低い金利で借り入れできます。

銀行カードローンのデメリットとしては、消費者金融よりは融資までに時間がかかること、また低金利で借りられるが故に審査が厳しい、という点が上げられます。

生活費が足りない状況でカードローンの審査に落ちてしまうと、また他の金融機関に申し込みをする手間がかかるため、お金を手にするまでに時間がかかってしまうことはデメリットと考えられるでしょう。

しかし、審査に通過して借り入れ可能となった場合は、低金利で借りられることが多いため、消費者金融より支払い利息を減らすことができるメリットもあります。

とにかくすぐに必要な場合は消費者金融!

消費者金融のカードローンは即日融資が基本となっているため、とにかく急いでいる人には最適のカードローンです。

このように、申し込んだその日に融資を受けられるのが大きなメリットですね。

審査も比較的に通りやすいとされていて、ネットで申し込みが可能な消費者金融も多いため、忙しくて来店するのが厳しい人でも自宅で申し込めます。

消費者金融で借りるデメリットとしては、金利が銀行と比べて高いこと、また貸金業法の中で制定されている総量規制の対象となることが挙げられます。

総量規制とは、消費者金融や信販会社などの貸金業者でカードローンを利用する場合、年収の3分の1超の金額は借り入れできないというものです。

年収がある程度高い場合は借り入れ可能な金額もそれなりに高くなりますが、パートなどで100万円以内の年収の場合は、20~30万円程度が限度額となってしまいます。

また、収入がない専業主婦はほとんどの消費者金融を利用できないので、専業主婦の人は特に注意が必要です。

関連記事をチェック!

5412view

闇金以外の今日中に即日融資できる!安心のカードローン一覧

最近は即日融資という謳い文句も増えてきて、以前に比べて急ぎでお金を借りやすくなりました。 とはいえ、まだどの金融機関も即日融資してくれるわけではありません。 今回はどんな金融機関が即日融資できるか...

地域密着型で相談しやすい地方銀行や信用組合のカードローン

低金利で借りたいけれど、銀行では審査に通るか自信がないという人におすすめなのが、地方銀行や信用組合・信用金庫などのカードローンを利用する方法です。

地方銀行や信用組合などでは大手の銀行と同程度、場合によっては都市銀行より低金利で借りられることもあります。

ただし、大きなデメリットとしては、ほとんどの地方銀行や信用組合は利用できる人が営業エリア内に住んでいる、又は勤務している場合に限られてしまいます。

せっかく利用したいと思っても、対象エリア外の場合は利用ができません。

しかし、近くに地方銀行や信用金庫があって、以前から銀行口座を持っていたり、給与の振込口座に指定していたりする場合は、カードローンを利用すると審査に通りやすくなっています。

そのため、以前から利用している金融機関に、カードローンの申し込みをしてみることをおすすめします。

関連記事をチェック!

3806view

信用組合は信用金庫より更に地域密着の金融機関

金融機関は銀行をはじめ、信用金庫や信用組合など、様々な組織があります。 しかし、信用組合とはどんな金融機関なのか、信用金庫との違いは何かなど、信用組合についてよく分かっていないという人が多いようです...

カードローンを生活費の足しにする場合の注意点

カードローンを生活費に利用する場合に、気をつけたほうが良いポイントがあります。

そこで、どのようなことに気をつける必要があるのか見ていきましょう。

カードローンで借りるのは無理なく払える金額だけにする

カードローンは、カードひとつでコンビニなどから気軽に借りることができるため、ついつい借りすぎてしまうというデメリットがあります。

借りたあとは必ず、次の月に返済をする金額が家計費にプラスされるということを忘れてはいけません。

毎月の返済ができないために、またカードローンで借りるという生活を続けると、あっという間に多重債務者になってしまいます。

カードローンで借りる金額は、無理せずに毎月必ず返済できる金額にしておきましょう。

毎月の返済額が少なすぎると利息が高くなる

カードローンの月々に返済する金額が多いと負担が大きくなってしまうため、毎月の返済額はごく少額にしている人も多いと思います。

しかし、毎月の返済額を2,000円などの少額に設定していると、返済期間が長くなってしまい、総支払い額がかなり高額になります。

そのため、結果的に毎月の支払い額が多い人よりも、かなり多く利息を払うことになってしまいます。

毎月の返済額を少なくする場合は、余裕ができた月には多めに返済するなど、積極的に返済をしていくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

7185view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

銀行の審査対策:お金を借りる理由

銀行カードローンを利用する場合、審査が少々厳しめであることが多いため、審査に向けて対策できる部分があればしておきたいところです。

審査では、お金を借りたいと思っている理由も審査対象になりますが、銀行にとって好ましい理由と好ましくない理由というものが存在します。

好ましい理由・好ましくない理由について、それぞれ見ていきましょう。

理由が生活費では審査に落ちやすい

実は、好ましくない理由の1つとして、「生活費として利用したい」という理由が挙げられます。

銀行は、申し込み者の「返済可能性」を判断して融資を行うかどうかを決めますが、生活費を借金で補いたいということは、「恒常的にお金が足りない状態である」と考えられますよね。

そんな人に融資を行って、果たして毎月きちんと返済してもらえるのかどうかと言われたら、はなはだ疑問であると言わざるを得ません。

返済時には利息を上乗せしなければならない分、毎月の生活費として利用する場合、資金繰りはどんどん悪化していくというのは、先ほどお伝えした通りですからね。

借り入れ希望者としては、藁にもすがる思いで申し込みをしているのだと思いますが、融資を行う銀行側としては、そんな部分に斟酌することはありません。

資金使途を生活費として申し込む場合は、審査に苦戦する可能性が高いということは、念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

関連記事をチェック!

4391view

カードローンの申し込みでは何を聞かれるの?

初めてカードローンを申し込む人は、申し込むときに何を聞かれるのかが気になりますね。 個人情報をあれこれ聞かれることに抵抗がある方も多いでしょう。 この記事では申し込みで何を聞かれるか、どう答えれば...

カードローン審査に通りやすい理由

では逆に、カードローンの審査に通りやすい理由としてはどのような理由が挙げられるかというと、「一過性の資金として利用したい」という場合です。

たとえばレジャー資金として利用したい、楽器を購入するために利用したい、習い事を始めるための資金として利用したい、などですね。

こういった資金の場合は、一度支払ってしまえば、その後継続的にお金が必要になるわけではありません。

そのため、借りた後の返済可能性についても、問題ないと判断されることが多いわけですね。

「一過性のもの」なのか「継続的なもの」なのかは、審査を受けるうえで大きなポイントになるということを、ぜひとも知っておいてください。

低金利で借りたいなら「生活福祉資金貸付制度」

毎月の生活費が足りないという生活がずっと続いていて、カードローンなどで借りる生活を続けていると、生活自体が破綻してしまいかねません。

日々の生活に困っている、失業して生活ができないという人は、生活福祉資金貸付制度を利用できます。

生活福祉資金貸付制度とはなにかについて、解説していきましょう。

関連記事をチェック!

16277view

【国の制度】お金がないなら社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度で借りる

収入が少ない人は、民間の貸金の審査に通らないことがほとんどですから、生活福祉資金貸付制度を利用を検討してみましょう。低利子、場合によっては無利息でお金を借りられます。 この記事がおすすめな人 ...

生活困窮者を支援する公的制度

低所得で生活に困っている、失業中で生活ができないなど、生活に困窮している人を支援するための制度が、生活福祉資金貸付制度です。

都道府県の社会福祉協議会が生活に困っている人に対して、資金の貸付や相談、場合によっては就労支援や家計支援など、安定して生活ができるように様々な支援を行っています。

自立した生活ができるようになるまで、非常に低金利での貸付も可能となっているため、本当に生活に困っているという人は、公的支援を頼ってみるのも選択肢のひとつでしょう。

総合支援資金貸付制度とは

生活困窮者の支援をする生活福祉資金貸付制度ですが、その中のひとつに総合支援資金と呼ばれるものがあります。

総合支援資金は、失業や低所得で生活に困っている世帯が生活を立て直し、自立した生活ができるように、社会福祉協議会やハローワークが支援を行うものです。

借り入れできる資金は下記のように3種類あります。

借り入れできる資金 内 容
生活支援費 生活を立て直すまでの生活費原則3か月分
(最大12か月)
月20万円まで借り入れ可能
住宅入居費 住宅の賃貸契約を結ぶために必要な
敷金・礼金などの資金(40万円まで)
一時生活再建費 就職活動・家賃・公共料金・
債務整理などに必要な費用(60万円まで)

総合支援資金は連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人がいない場合は年1.5%と、かなりの低金利で借り入れ可能です。

しかし、利用するには、健康で働く意志がある人、生活保護を受けていない人、支援を受けることで生活が立て直せて返済が見込める人、などの条件があります。

また、借り入れには審査があり、既に金融機関から多額の借り入れがある人は、審査に通らない可能性があるため注意が必要です。

緊急小口資金とは

低所得世帯などが、緊急で一時的に生活困難になった場合に利用できる資金のことで、一時的な理由が定められた対象理由に該当しなければ借り入れできません。

対象理由の一部は以下の通りです。

  • 医療費や介護費のため
  • 火災などによる被災のため
  • 会社から解雇されたため
  • 事故によって損害を受けたため

借り入れの審査に通過すると、借り入れ限度額10万円以内で無利子、連帯保証人不要で借り入れできます。

一時的な困窮であることが条件であるため、無職や借金が多い人は利用できないので気をつけましょう。

教育支援資金とは

教育支援資金とは、低所得世帯で学費が払えないなどという場合、修学する本人を借受人として借り入れできる資金のことです。

高校・高専・短大・大学・専修学校が対象となります。

審査に通過すれば、無利子での借り入れも可能です。

世帯として生活費が足りないほど困ってはいないが、修学のためにまとまった資金が必要であることなどが条件となっていて、連帯保証人は不要ですが、連帯借受人が必要です。

連帯借受人は、原則として生計中心者となっていて、収入がない、多額の負債がある、債務整理中である人はなれないので注意が必要です。

公的な生活費貸付の手続きの仕方

上述したような公的な貸付制度は非常に便利ですので、いざというときには頼りにしたいですね。

しかし、金融機関等と違いCMを行っているわけではないので、手続きの方法が分からないという人も多いでしょう。

そこで、公的な生活費貸付の手続きの仕方について、説明していきます。

全国の社会福祉協議会

生活福祉資金貸付制度を取り扱っているのは、厚生労働省の管轄下にある都道府県社会福祉協議会ですが、実際に受付を行っているのは市区町村社会福祉協議会です。

そのため、生活福祉資金貸付制度を利用したい場合には、それぞれの地域の社会福祉協議会に申し込みを行えばOKです。

各地域の社会福祉協議会の住所や電話番号などは、厚生労働省のホームページで確認できるので、そちらも確認してみてください。

都道府県・指定都市社会福祉協議会ホームページ

ハローワークや市役所でも相談できる

なお、社会福祉協議会の窓口は、各自治体の役所やハローワークにも設置されています。

家の近くに市役所やハローワーク等があるのであれば、そちらで制度の利用についてなどのいろいろな相談をしてみるといいでしょう。

関連記事をチェック!

6949view

ハローワークでお金を借りるには

ハローワークで求職活動している人こそ、生活費が足りなくなってお金を借りたいとなることが多いですよね。 就職口を見つけることができたとしても契約社員ばかりで、正規雇用の仕事を見つけることは厳しいです。...

借金返済で生活費が足りない場合

借金を返済するために生活費が足りないという場合、足りない生活費をさらに借金をして捻出するというのは非常に危険です。

そのままの生活が続いてしまうと、いずれ近いうちに、新たな借金もまた返済できなくなってしまい、再び借金を重ねるような多重債務者に陥ってしまうでしょう。

借金返済で生活費が足りない場合、新たに借金をする以外の選択肢としては、何があるのでしょうか。

おまとめローン

抱えている借金の返済を少しでも楽にするために、おまとめローンを利用するという方法が、まず1つ考えられます。

おまとめローンを利用すれば、借金総額は変わらないものの、毎月の返済負担や金利を引き下げられるので、生活費として使えるお金にも多少余裕ができるでしょう。

おまとめローンはいろいろな金融機関で取り扱われているので、それぞれのおまとめローンを比較検討してみて、もっとも適していると思われるものを選んで申し込むようにしましょう。

ただ、おまとめローンの特性として、申し込んでくる人はすでに複数の借金を抱えていて、融資金額も大きくなりやすいので、審査落ちになってしまう可能性も十分あり得ます。

おまとめローンに申し込む前に、返済できそうな借金はできるだけ返済しておくなどの対策を取って、審査通過の可能性を少しでも上げられるようにしておきたいですね。

債務整理

おまとめローンで借金をまとめて返済負担を多少楽にしたところで、焼け石に水だという人もいるでしょうし、上述したように審査落ちになってしまう人もいるでしょう。

そういった人は、思い切って債務整理を検討してみましょう。

債務整理を行えば、抱えている借金や返済しなければならない金額を減らせるので、返済にまわす負担が減って生活にも多少余裕が出てくるはずです。

ただし、債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つがあり、どの方法を選ぶべきかは、それぞれの事情や抱えている借金の額などによって異なります。

聞きかじった知識をもとにして自己判断してしまうと、逆に取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあるので、弁護士や司法書士といった専門家のかたに相談しながら行っていくようにしましょう。

生活費を借りることで多重責務者にならない方法

生活費をカードローンで借りる場合、だらだらと借り続けていると支払い利息が増え続けてしまいます。

可能であれば、生活費のためにお金を借りるような生活を改善する必要があります。

今後の生活を少しでも改善できる方法を見ていきましょう。

不要な出費を可能な限り削減する!

生活費に困っているという状況である場合、ぜい沢品にお金をかけるのはやめましょう。

特にスマホ・お酒・タバコ・不要な外食など、使うとかなり出費が多くなるようなものの使いかたを、根本から見直しましょう。

急にすべて0にするのは厳しいため、スマホなら格安スマホに変更する、お酒・タバコは少しずつ本数を減らす、外食はできるしないで家で食べるなど、できることからしていくことをおすすめします。

光熱費を削減する!

毎月発生する固定費の中では、光熱費を削減することを検討してみましょう。

細かいところに気をつければ、思った以上に効果があるはずです。

特に冷暖房などは大きな費用がかかる部分であるため、温度設定や個々の部屋でのつけっぱなしなどをなくせば、大幅な節約ができる可能性があります。

また、お風呂の水を洗濯機で再利用する、夏場はお風呂のお湯を少なくする、追い炊きをやめるなど、細かいことでも気をつけることで、少しでも節約につながるということを家族全員で意識することが大切です。

家族に内緒で生活費を借りるのはやめよう!

特に、主婦が生活費が足りないことを旦那さんに言えないという人が多いようです。

そのため、主婦が家族にだまってカードローンなどで借りて生活費の足しにしているうちに、便利さゆえについ借りすぎてしまい、それを毎月繰り返すようになります。

そして、気づけば自分ではどうにもできないぐらい借金が増えてしまい、結局家族に迷惑をかけることになってしまいます。

カードローンなどを利用する場合は、できる限り旦那さんに相談するなどしてから、利用するようにしましょう。

収入を増やす努力をしよう!

生活費が足りないという状況を変えるには、出費を減らすか収入を増やすしかありません。

収入を増やすといってもそう簡単ではないでしょう。

人によっても増やせる方法は違いますが、サラリーマンであれば残業を増やす、不用品を売るなどで増やせる可能性があります。

また主婦であれば、パートに行く、パートを扶養内からフルタイムのパートに変更する、ポイントサイトでポイントを貯める、クラウドソーシングで内職をする、など収入を増やせる手段は多いはずです。

少しでも収入が増えて、出費を減らすこともできれば、それだけで生活費に大きな影響があるはずです。

主婦でもキャッシングができるのか

主婦であっても毎月安定した収入を得ているのであれば申込みは可能です。

数多くある申込先ですが、飽くまで一時的であり緊急に必要とするならば大手消費者金融の方が審査結果までのスピードに定評があり。

また、新規であれば無利息キャンペーンを行っている金融機関もありますので、そちらで検討していくといいでしょう。

専業主婦でも申込み可能なのか

収入がない専業主婦でも申込みは可能ですが、申込先は絞られてきます。

大手消費者金融では、総量規制がありますので収入がない時点で申込みはできません。

そのため、専業主婦の場合は申込先が銀行カードローン(専業主婦でも申込み可能な銀行に限る)か、配偶者貸付制度を取り扱っている中小の消費者金融を選ぶかの2択になってきます。

銀行は金利が低いですが、融資が実行されるまでの時間がかかります。

中小の消費者金融はスピードが速いですが、WEB完結などのサービスがないところが多く、書類を郵送したり窓口に出向いたりする手間と、金利が高いというデメリットが存在します。

まとめ

生活費が足りないという状況は、思った以上に深刻です。

お金が足りないからカードローンで借りるというのも選択肢のひとつではありますが、確実に返済ができない場合は借金が増えていく一方となり、多重債務者になってしまう危険性も秘めています。

カードローンで借りるということも一時的には便利ではありますが、本当に毎月生活費に困っているといった場合には、国の公的支援を利用するなども検討する必要があります。

同時にお金を借りなくて済むように、少しずつでも生活を改善する努力を家族全員で意識して行うことが大切です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談