ボーナス払いが払えない、借金返済ができないときはどうする?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードの支払いには、ボーナス一括払いという選択肢があります。

タイミングによっては最大6~8ヶ月も無利息で借りられますので、利用する人も多いのではないでしょうか。

また、住宅ローンやカーローンにもボーナス払いがあります。

こちらはクレジットカードのボーナス払いとは異なり、月々の返済も実施しながら、ボーナス月は多めに返済する方法です。

ボーナス払いが払えないときはどうすれば良いのか、具体的な解決策をまとめてみました。

合わせて、社員にボーナスが払えないという人にも対策を紹介します。

クレジットカードのボーナス払いが払えない

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t (7)

クレジットカードでは、利用する店舗によっては支払い方法として「ボーナス払い」を選択することができます。

例えば三井住友VISAカードでは、特定加盟店でカードを利用する場合、12月16日~6月15日のショッピング利用分を8月の夏のボーナス払いで一括支払いにすることが可能です。

言いかえれば約8ヶ月も無利息で借りられるわけですから、「普段は家計が厳しいけれど、ボーナス時には払えそう」という人には最適の支払い方法ですよね。

三井住友VISAカードの支払い方法や滞納時のペナルティについては、次の記事でまとめていますのでぜひご覧ください。

関連記事をチェック!

5055view

三井住友visaカードの支払いに遅れた!払えないと止められる?

三井住友visaカードは、支払いに遅れる前にリボや分割への変更が可能なクレジットカードです。 また、最近のクレジットカードの中では珍しく、再引き落としを行ってくれる場合が多いクレジットカードでもあり...

ボーナス払いが困難になる事情とは?

先述の三井住友VISAカードの夏ボーナス払いでは、約6ヶ月分の支払いをボーナス時にまとめて支払うことになりますので、ボーナス払いの金額が多すぎて、ボーナスだけでは支払いきれなくなってしまうこともあるでしょう。

また、いきなりボーナスがカットされるということもありますよね。

会社の業績によっては、一部分だけカットされるのではなく、全額カットされることもあります。

その他にも、クレジットカード以外の支払いにもボーナス払いを指定し、ボーナスだけでは支払いきれなくなってしまうことがあります。

ボーナス払いが支払えないときの対処策

2ae4ec48eb55ae189560e8bb40caa89f_t (1)

次回のボーナス払いで支払えないかも…と思うときは、すぐにインターネットのマイページで、支払い方法の変更手続きを行いましょう。

リボ払いや分割払いを選択すると利息が発生しますが、それでも、ボーナス払いが払えなくてクレジットカード会社から督促状が届いたり電話が来たりするよりは、クレジットカード会社からの信用を損なわずに済みますのでおすすめの方法と言えます。

インターネットのマイページで支払い方法の変更が行えないときは、カード会員専用ダイヤルに電話をかけて相談してみましょう。

支払い方法の変更手続きを、電話で受け付けてくれることもありますよ。

支払い方法が変更できないときはカードローンを活用

タイミングによっては支払い方法の変更ができないこともあります。

ほとんどのクレジットカードは、支払い日(口座振替日)の約2週間前に支払い額を確定させてしまいますので、「ボーナス払いまであと2週間」といったタイミングで変更申請を行うと、手続きが受理されないことの方が多いのです。

そのような場合は、カードローン等でお金を借りて、支払い日までに振替口座に入金することをオススメします。

ただし、カードローンは1日借りたら1日分の利息が発生しますので、ボーナス払い振替日の前営業日に入金するようにしてください。

30日間無利息ローンで利息を節約!

大手消費者金融系のカードローンでは、「初回利用に限り、30日間は利息が発生しない」というサービスを実施していることがあります。

30日以内に全額返済できるなら、利息0円で借りることも可能ですので、利用を検討して見るのも良いですね。

30日間無利息サービスについては、次の記事でも詳しく解説しています。


支払い方法の変更もローンの活用も無理なとき

すでにボーナス払いの支払い額が確定していて、支払い方法を変更することができないとき。

しかも、カードローンの審査に落ちて、ボーナス払いの不足分をローンで埋めることもできないとき。

そんなときは、正直にクレジットカード会社に電話をかけ、真摯な態度で「次回のボーナス払いでは全額払えないのですが」と相談してみましょう。

大抵の場合、1ヶ月程度なら支払いを待ってもらうことができますよ。

返済遅れが常習的な場合は支払いを待ってもらえない

ただし、支払いを待ってもらえるのは、いつもきちんと遅れずに支払っている優良なカード利用者だけです。

普段から返済が滞りがちな人は、早めにクレジットカード会社に電話をかけて誠意を見せて頼んでも、カード会社の温情は期待できません。

場合によっては、口座振替日の翌日からクレジットカードが利用停止になることもありますし、すぐに督促状が届いたり督促の電話がかかってきたりすることにもなります。

さらに滞納期間が延びると、裁判所から財産差し押さえについての案内が届くこともあります。

次の記事ではクレジットカードの滞納によって起こり得る影響についてまとめていますので、ぜひご覧になって下さい。

住宅ローンや自動車ローンのボーナス払いが払えない

f5fbaf224bcd0835ba3f4be1dd691cbc_t (1)

一方、住宅ローンやカーローンのボーナス払いは、年に2回のボーナス月だけ普段よりも多めに返済する支払い方法です。

基本的には最初にローンを組んだときに設定した金額だけを支払いますので、クレジットカードのボーナス払いのように毎回返済額が変わるということはありません。

反対に言うならば、何か月も前から支払う額は分かっていますので、お金を前もって準備することができ、「どうしても支払えない」ということにはならないはず…ですよね?

ですが、突然のボーナスカットや予想外の出費などが重なると、ボーナス払いの支払いが困難になってしまうこともあるのです。

支払い方法の変更を検討しよう!

住宅ローンやカーローンも、ボーナス払いが支払えないときは、支払い方法の変更を検討してみて下さい。

インターネット経由では申し込むことができませんので、かならず金融機関やディーラーの融資担当者に電話をかけて相談してみましょう。

支払い方法を変更すると「再審査」が必要に!

ただし、住宅ローンやカーローンは支払い方法を変更すると、「月々の返済額」や「返済期間」も変更になりますので、再度審査を受けることになります。

収入証明書の提出を要請されたり、ローン変更手数料が加算されたりすることもあり、時間的にも金銭的にも気軽に実施することはできません。

しかも、審査ですので、「審査に落ちる」という可能性も充分に想定されます。

特に次の要素があるときは、再審査に落ちる可能性についても検討しておく方が良いでしょう。

<再審査に通りにくくなる要素>

  • 最初に住宅ローンやカーローンを組んだときと比べて収入が減少している
  • 最初にローンを組んだときと勤務先が変わっている
  • 借入件数の増加
  • 他社からの借入額の増加

再審査に落ちそうなときはカードローンで乗り切る

再審査に落ちそうだと予想されるときは、今回のボーナス払いだけ支払うのが困難だという状況に限り、他社のカードローンなどを利用して支払いを乗り切ることもできます。

ただし、恒常的な収入源など、今回のボーナス払いだけでなく今後の支払いも難しい場合には、カードローンで補填することはオススメできません。

ローンの支払いをローンで支払うといった「自転車操業」が続くと、いつまで経っても利息だけを支払って元本がほとんど減らないといった借金地獄に陥ってしまう可能性が高いからです。

カードローンが利用できないときは任意売却

これからも返済が厳しくなると予想される場合は、カードローンの利用を検討するのではなく、「任意売却」を検討してみて下さい。

住宅ローンやカーローンは住宅や自動車を担保としたローンですので、支払いが滞ると、金融業者やディーラーは担保を競売にかけて債券(この場合は融資したお金)を回収しようとします。

しかし、競売となると、任意売却よりもかなり安い値段で売却されたり、周囲の人にもローンに行き詰ってしまったことがバレてしまったり、強制的に手放す日を指定されたり等、多くのデメリットを被ることになります。

競売を避けるためにも、早めに見切りをつけて任意売却に踏み切るようにしてくださいね。

次の記事では任意売却について詳しく解説していますので、ぜひ住宅ローンやカーローンを組んでいる人はチェックしてみて下さい。

ローンでボーナス払いを利用するメリット

ローンの返済でボーナス払いを利用することで、ふだんの生活のやり繰りを無理なくすることができます。

ローンでボーナス払いを利用するメリットを紹介します。

月々の支払額を低く抑えることができる

ボーナス払いは、ボーナス時期にまとまった金額を、月々の返済額と併せて支払いすることが可能で、借入残高を一気に減らすことが可能です。

また、ボーナスのときに多く支払うので、毎月の支払を減らすことができ、ローン返済中でも生活に支障がでにくい支払い方法と言えます。

カードローンの返済額を少なくするためにできることは?

クレジットカードのボーナス一括払いは、ボーナス月だけ引き落としされます。

また、自動車ローンなどもボーナス払いで、毎月の支払額は小さくできるでしょう。

しかし、カードローンの場合はボーナス月に、繰上げ返済をしても毎月の返済額は変わりません。

もし毎月の返済額を小さくしたいなら、返済額が小さく設定されているカードローンに乗り換えることがおすすめです。

カードローンの中には借入残高10万円までは、毎月の返済金額2,000円など、ゆとりのある返済が可能なものもあります。

このような少額返済のカードローンで、ボーナス月に繰り上げ返済を行えば、ほとんどボーナス払いで借金を返済している状態と変わらなくなります。

ボーナス払いのデメリットは?

ボーナス払いのデメリットは、ボーナスの削減や、支給されなかった場合に返済の対応が難しいということです。貯蓄がある内はボーナス月の支払いに、対応できるでしょう。しかし、十分に貯蓄がない場合は、ボーナス月の返済ができなくなります。

その場合は金融機関に相談して、ボーナス払いをやめることを検討するなどの対処が必要です。

また、ボーナス払いがなくなった分だけ、毎月の返済金額が大きくなり返済が苦しくなるので注意をしましょう。

住宅ローンのように返済期間が数十年にわたる借金では、返済途中で経済情勢の変化が起こる可能性があり、収入が変化することも考えられます。

そのため、ボーナスがカットされる可能性も十分にあり、ボーナス払いに依存した返済計画にはリスクがあるのです。

カードローンをボーナスで返済するデメリットは?

カードローンはボーナス返済がないため、ボーナス月に返済額が大きくなることありません。ボーナスがカットされてもデメリットはないと思うかも知れません。

しかし、毎月の返済額が少額のカードローンを利用して、ボーナスによる繰上げ返済に依存している場合は大きな問題があります。

金利18%で10万円借りていると、1か月の利息は1,479円です。最低返済額が2,000円だった場合は、元金は500円ほどしか減ることになりません。

ボーナスがカットされるなどで繰り上げ返済ができなければ、借金の返済期間が長くなりますので気を付けてください。

そのため、返済期間の長期化によって、病気やケガによって収入が変化するリスクも高くなります。

どれだけ毎月の返済金額が少なくても、収入がなければ返済はできません。ボーナスに依存し過ぎることなく、無理のない返済計画を立てる必要があります。

ボーナスを有効的に使って借金の返済をするコツ

ボーナス払いは返済期間を短くするメリットがありますので、マイカーローンや長期返済になる住宅ローンの返済には、ボーナス払いを検討する人もいるでしょう。

また、金利の高いカードローンも、ボーナスを利用することで少しでも早い借金返済を目指すことができます。

しかし、ボーナス払いを有効的に利用するには、コツがあります。

ボーナスは必ずでるものではないから比率は低く

雇用やボーナスの支給に保証がある公務員などはさておき、会社勤めのサラリーマンは社会情勢によってボーナスがでなかったり、突然解雇になったりなどのリスクを考える必要があります。

金融機関が提供する住宅ローンのボーナス返済負担率は、返済総額の40%~50%まで、車のローンも50%までとなっています。

カードローンの場合規定がない場合がありますが、利用できる割合が設定されている商品もありますので、あらかじめ補足説明を確認する必要があります。

しかし、上記で説明したようなボーナス返済負担率を最大の50%まで設定してしまうと、予期せぬ出来事が起きてボーナスがでない場合、支払いができないという事態になりかねませんので注意が必要です。

返済負担率から、返済額の例を見てみましょう

【年収500万円 ボーナス120万円の場合】

返済負担率年間返済額内)年間ボーナス負担額
10%50万円6万円
20%100万円12万円
30%150万円24万円
40%200万円36万円
50%250万円60万円

上の図を見てわかるように、もしボーナスがもらえなくなった場合、支払が可能かを考える必要があります。

住宅ローンの無理のない返済負担率は年収の20%~25%、車のローンでも20%前後が一般的と言われており、カードローンも繰上げ返済が可能で、なるべく早く返したいと思うところですが、生活に支障を来さないためにも、20%前後が妥当と言えます。

いざという時のために貯金しておく

前にも言ったように、住宅ローンのような長い借金生活を送る場合、ボーナスが必ずでないかもしれない事態や解雇など、予期せぬ出来事が起こる可能性があります。

もし、ボーナス払いを利用していて予期せぬ出来事が起こった場合、返済ができないとせっかく手に入れたマイホームや車を手放すことや、自己破産をせざるを得ない状況になる可能性があります。

いざという時困らないためにも、節約などを心がけてある程度の貯金をしておくことや、ローンの見直しなどをおすすめします。

金利が高いものへの返済を優先させる

ローンの返済が1つだけという人は、その返済のことだけを考えればいいのですが、住宅ローンの他に車のローン、カードローンなど幾つもローンを抱えてしまっている人は、金利の高いものを優先して返済するようにしましょう。

金利が高いローンは金利の返済ばかりで、なかなか元金が減らないこともあります。

幾つも借金を抱えているとまひしてしまいがちですが、特に金利が高いローンの返済が早く終われば、その分生活も楽になりますし、別のローンの支払に回すことも可能になります。

住宅ローンやマイカーローンの場合の注意点

住宅ローンやマイカーローンにボーナス払いを利用すると、返済期間が早くなる可能性がありますが、利用の仕方によっては、損をしてしまう可能性があります。

住宅ローンやマイカーローンを利用する上での注意点を説明します。

ボーナス払いをすると総支払額が上昇することがある

なぜ、ボーナス払いを利用すると、損をしてしまう可能性があるのでしょうか。

住宅ローンの例を見てみましょう。

借入額:3,000万円 金利タイプ:固定金利 返済期間:35年 返済方法:元利均等返済
ボーナス払いありは年2回60,000円ずつ

住宅ローン各社及び金利ボーナス払いなしボーナス払いあり
A社 金利1.275%3,720万円3,721万円
B社 金利1.620%3,932万円3,933万円
C社 金利1.700%3,982万円3,983万円

上記の例を見てもわかるように、ボーナス払いを利用した場合の総支払額が少し高くなっているのがわかります。

ボーナス支払い時期に多く支払うことで、毎月の返済額を減らすことができるボーナス払いですが、ボーナス期以外の支払いが少なければ、その期間の元金が減らず、減らなかった元金に金利が上乗せされてしまうことが理由です。

金利がかかる期間のことを考えると、毎月コンスタントに元金が減っていく支払方法の方が総支払額は抑えられるというわけです。

しかし、ボーナス払いを利用して返済期間を短くすれば、金利も下がる可能性もあり、総支払額を抑えることが可能です。

返済プランの変更には時間がかかる

ボーナス払いにはメリットデメリットがありますが、もし実際に支払いをしていてボーナス払いをやめたい、変更したいという場合は、返済プランを変更することができます。

しかし、ローンの返済プランを変更するには条件があり、場合によっては審査が行われ、時間がかかります。

変更方法は、金融機関によって変わりますので、まずは利用している金融機関に相談してみましょう。

毎月の返済金額がつらいときの対処法は?

借金をしたての頃は、すぐに返済をしよう、と毎月の返済額をあげてしまう場合もあるでしょう。

しかし、実際に支払いを続けていくと、日々の生活さえ苦しくなってしまう可能性があります。

そんなときは以下のような対処法を試してみましょう。

支出の見直しを検討しよう

借金の返済が苦しいなら、ボーナス頼りの返済計画以外にも対処法があります。

まず、支出を見直すことがとても大事です。

無駄遣いはしていないつもりでも、細かく支出を確認すると節約できる部分が見つかるものです。

無駄な出費を把握するなら、家計簿を付けるといいでしょう。

家計簿は面倒くさいというイメージがあるかも知れませんが、レシートをカメラで撮影するだけで家計簿を作成できるスマホの無料アプリがあります。

家計簿は思っているよりも簡単に作成できますので、支出を減らすために無料アプリを利用してみてみるのもいいでしょう。

収入を増やすことを検討しよう

本業に支障がでないようにアルバイトをするとなると、時間が限られるので収入がほとんど変わらないと思う人もいるでしょう。

しかし、毎月自由に使えるお金が数万円あることには、大きな意味があります。

毎月ぎりぎりの資金で生活を送っていると、精神的に追い詰められてしまいます。借金の返済は年単位で計画をしなければいけないため、節約ばかりでは大きなストレスとなります。

節約のストレスに耐えられなくなり、ストレス発散のために散財してしまっては意味がありません。

また、少しでも貯蓄に回せることもメリットとなります。

貯蓄が全くない状態では、冠婚葬祭などの出費に対応できません。

その他にも、病気で仕事ができない期間などがでたときも、貯蓄があると安心です。

週2日だけなど、あまり負担とならない程度で副業を検討してみてもよいでしょう。

返済のめどが立たないなら債務整理を検討しよう

借金の返済が苦しいなら、支給されるかわからないボーナスで返済を考えるよりも、債務整理を検討することがおすすめです。

債務整理には「自己破産」「任意整理」「個人再生」などがあり、それぞれ異なった特徴を持っています。

しっかりと特徴を把握して、自分にあったものを選びましょう。

また、債務整理には法律の知識が必要になるため、自力で債務整理を利用することは困難です。まずは債務整理に実績があり、無料相談を受け付けている弁護士事務所に相談してみるとよいでしょう。

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

計画性のない人はボーナス払いを利用しない

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_t (1)

ボーナス払いとは、年に2回のボーナス時に普段よりも多くの返済額を支払う方法です。

つまり、通常の分割払いと比べると、長期的にお金の流れを把握する必要があるということでもあります。

計画的にお金を使ったり貯金したりできない人は、最初からボーナス払いを利用しない方が良いと言えるでしょう。

ボーナスでの借金返済に関してよくある質問

ここでは、借金返済にボーナスを利用する場合の疑問をみんなの口コミを参考に回答していきます。

Q.夫の車をボーナス払いで購入する場合手取り額の何%位にした方がよいですか?

みんなの口コミ

「車のローンは手取りの10%くらいまでが適当ではないでしょうか。」
「ある程度の収入のある人は20%は余裕です。」

(YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1452988909

口コミのように、手取りの10%から20%が無理なく利用できる金額と言われています。

Q.旦那が働いているからボーナスをもらえますがフリーローンのボーナス払いって皆さまどう思いますか?

みんなの口コミ

「ボーナス払いは給料体系変わる可能性があるならしんどくなるのでやめた方がいいかも。」

(YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12173236052?__ysp=44Ot44O844OzIOWkqyDjg5zjg7zjg4rjgrkg5LiN5a6J

このようにボーナス払いに頼りきるのは、あまりおすすめしない回答が目立ちました。

Q.ボーナスは妻としては子どもの学資保険に使いたいのですが借金返済に使った方がよいですか?

みんなの口コミ

「来年旦那様がなくなってしまったら?と考えると、私なら繰上返済より学資保険加入を選択します。」

「住宅ローンは金利がかかっても待ってもらえますが、教育資金は待ってもらえません。そこで教育ローンなどが必要になると本末転倒だと思います。」

(YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1095019340?__ysp=5a2m6LOH5L%2Bd6Zm6IOi%2FlOa4iCDjg5zjg7zjg4rjgrk%3D

みんなの口コミでは、学資保険を優先させる意見が多いようです。

Q.横浜バンクカード等で毎月の自動引き落とし額を抑えるにはどうすればよいですか?

横浜バンクカードなどでは随時返済が可能です。

ボーナス時などまとまったお金が入ったときには繰り上げ返済を利用して元金を減らしましょう。

横浜バンクカードの場合、定例返済額は毎月の借入残高から算出されますので、借入残高が減れば、次の月の引き落とし額を減らすことが可能です。

Q.住宅ローンのボーナス支払いが苦しい状況ですがアドバイスもらえるところありますか?

みんなの口コミ

「延滞をしていない現在の状況であればボーナスあり→ボーナスなしに切り替えることは可能です」

(YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1190020386

「もし、苦しい時は、最後の手段は銀行とローン期間の延長とかの相談です。
元々20年ローンの場合は25年とか30年に延長は可能です」

(YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1089194045?__ysp=5L2P5a6F44Ot44O844OzIOODnOODvOODiuOCuSDoi6bjgZfjgYQ%3D

ひとまず、ローンを利用している金融機関に相談してみるようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談