クレジットカードの借金返済ができないとき

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードを2枚や3枚持っている人は少なくありません。ショッピング枠を使いすぎて借金返済不能となる人も増えています。

もちろんショッピング枠とキャッシング枠の両方を使っていればWコンボです。借金返済することは難しいですね。人生終わったなと思う前に何か借金返済の方法を考えてみましょう。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年経営

クレジットカードは借金と同じ

クレジットカードでショッピングした分は借金ではないと考えている人が少なくありません。

支払期日に一回払いするのだから、一時的にカード会社に立て替えてもらったとしても、それはあくまでも立て替えであって借金ではないと思っているようです。

はっきり言いましょう。

クレジットカードでショッピング決済をした代金は全て借金です。

1回払いは利息がつかない、だから借金ではない、と反論する人がいても現金で支払っていない以上ツケ払い=借金なのです。

不思議に思いませんか?クレジットカードで1回払いだと利息がつかない、それではカード会社の儲けがないではないですか。

利息相当分は商品を販売したお店が負担しているのです。

クレジットカードを利用できるようになれば顧客の利便性が高まりますね。

うちのお店はクレジットカード払いができますよ、と宣伝することで集客をすることができます。集客することが出来れば売り上げが伸びます。

クレジットカード会社に多少の手数料(利息)を支払っても十分採算ベースに乗せることが可能なのです。

アナタが支払うべき利息をお店が負担しているのですから、クレジットカードで購入した商品は借金して買ったのと変わりはありません。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外

しかも厄介なことにクレジットカードのショッピング枠は貸金業法が適用されません。

貸金業法が適用されなければ総量規制も適用されないため、年収の1/3までという利用上限がありません。

クレジットカード会社がOKすれば極端な話いくらでも現金を用意することなくカード決済することが可能です。

クレジットカード2枚や3枚持っていてもおかしくはありませんよね。

年収相当額のショッピング枠を自由に使うことができたらどうしますか。

思わず買っちゃいますよねなんでも。

でも気がついてみると請求金額が給料と同じ、またはそれ以上となることもあるのですよ。

クレジットカードにはキャッシング枠もある

やばいな、クレジットカードの請求金を用意することができないや、となってもクレジットカードなら安心ですね。

キャッシング枠があるではないですか。

キャッシング枠を利用してお金を借りる、その借りたお金でクレジットカードの返済に充てることだってできちゃうのです。

クレジットカードのキャッシングは明らかに借金でしょう。金利はスタンダードなカードで年18.0%、ゴールドカードクラスになれば年15.0%くらいです。

しかしクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となるため、カードを2枚や3枚持っていても年収の1/3以上は借りることができません。

いずれにしてもクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があるため、ある意味カードローンよりも使い方を間違えてしまうと借金返済ができないとなってしまう可能性が高いカードです。

関連記事をチェック!

3126view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

リボ払いは借金地獄への入り口

ショッピングの利用代金を1回払いではなくリボ払いにしている人は気をつけた方が良さそうです。

リボ払いは確かに便利な支払い方法ですが、借金地獄の入り口に立っているのと変わりがありません。

クレジットカードの利用代金は一括払いが基本です。しかし一括払い限定にしてしまうと使い勝手が悪い、となってしまいます。

ところがリボ払いは金銭感覚を麻痺させ、いくらショッピングしても返済金額が一定額ですからまるで自分のお金でショッピングしているかのような錯覚をしてしまうのです。

リボ払いの返済金以上にショッピングをしてしまえばもちろん残高は膨れ上がりますよね。

しかし終わりは突然やってきます。

利用限度額以上はショッピングすることができません。

お店でクレジットカード決済使用とするとエラーが出る、これは利用限度額を超えていることを意味します。

もちろんリボ払いはキャッシングにも利用できます。

年収300万円なら100万円まで、年収600万円なら200万円まで審査の内容によってはキャッシングすることが可能です。

ショッピングもキャッシングも全てリボ払い。これはWコンボで借金地獄入りですね。

カードローンよりもひどい返済地獄

クレジットカードのリボ払いを覚えてしまうとカードローンよりも酷い返済地獄を見ることになります。

カードローンはショッピング利用代金を決済することができない分だけ、利用限度額に上限がかかっています。

しかしクレジットカードはショッピング利用分が加算されるため、年収の1/3以上の借金額を抱えてしまうことは簡単なことです。

場合によっては年収相当額の借金を抱えてしまうこともあるのですよ。

返済しないとどうなる?

クレジットカードの利用代金がショッピングとキャッシングの両方で給料のほとんどを持っていかれると生活することができませんね。

支払期日に利用代金が引き落とせなかったとなれば必ず督促されます。

電話でくるか郵送で通知されるかカード会社によって違うものの、 いつなら返済することができるのか確認されます。

督促された時点で明確に返済の意思を示さなければ、カード会社は強行手段に訴えてきます。

裁判所に訴え強制執行を行ってきます。

カード決済で購入して未決済の商品は全て押さえられ、なおかつキャッシング分についても財産の差し押さえや給料の差し押さえが待っています。

借金返済できないなら債務整理

クレジットカードの借金を返済できない時点でアナタは既に多重債務者です。

長期滞納は金融事故として扱われ、またカードの強制解約も金融事故扱いです。

金融事故を起こしてしまえば5年から10年の間はクレジットカードを利用することもできなければ、お金に関する契約は一切できません。

借金総額が年収の1/3以上になった時点で債務整理を考えるべきでしょう。

金融問題に詳しい弁護士に相談するべきです。

関連記事をチェック!

26757view

信用情報のブラックリストを回復する方法

ブラックリストに入った人は、借入やクレジットカードの利用が難しくなります。 それでもどうにか利用したい人はブラックリストを回復させなければなりません。 そんな皆さんのために、このページでは信用情報...

返済できないクレジットカード分割払可能?

クレジットカードの返済ができない時にはどのように対処するのが良いでしょうか?

一括払いで支払った利用残高を分割払いにすることは可能なのでしょうか?

あとからリボ

今や多くのクレジットカードがあとからリボ払いに変更することができます。

「今月は使いすぎしまった」などということが事前にわかっている場合には、当月の請求分の一部または全部をリボ払いにすることができるクレジットカードが少なくありません。

一括では支払うことが難しくてもリボ払いへ変更することができれば、支払いをすることができますので、返済が難しい時には早めに変更手続きを行うようにしましょう。

変更手続きは、電話かクレジットカードのホームページ上のマイページなどから変更することが可能です。

リボへの変更期日を過ぎてしまったら

あとからリボへの変更手続きには期日があります。

ほとんどのクレジットカードで支払日の1〜2週間程度前というのが一般的ですので、この「支払方法変更可能期間」を過ぎてしまうとリボ払いや分割払いへの変更が不可能になってしまいます。

このような時にはどのような手続きをとるべきでしょうか?

クレジットが払えない時はまず相談

クレジットカードの支払いに間に合わなさそうな時には、まず自分から電話でカード会社へ連絡するようにしましょう。

自分から連絡を入れると、ブラックになる状態を一定期間回避することができるというメリットがあります。

事故情報を回避できる

ほとんどのクレジットカードでは延滞が61日目に達すると、長期延滞という事故情報が個人信用情報(CIC)に記録されます。

病気による長期入院などの事情によって、長期間延滞することが分かっている場合には、自分から連絡を入れるようにしましょう。

カード会社もやむを得ない事情によってお金が払えない人に対して「どうしてもお金を支払え」とは言いません。

しっかりとカード会社にわかるように事情を話し、いつになったら払えない原因が解消できるかを丁寧に説明しましょう。

カード会社もその日まで支払いを待ってくれることがほとんどですし、仮に61日を経過して遅れてしまっても、事故情報とするのを待ってくれる場合があります。

最後は強制解約に

何も連絡をしないと、最終的にはカードの契約を強制的に解約されてしまいます。

この「強制解約」という情報は事故情報です。

1度強制解約の情報がついてしまうと、5年間は信用情報からこの情報を消すことはできません。

以後5年間はブラックとなってしまうため、新たな借入やクレジットカードの契約は不可能になります。

他のカードも強制解約となる可能性

クレジットカードは利用者の依頼がなくても、利用者の審査を定期的に行っています。

これを途上与信と言います。

複数のカードを持っている人が、1枚のカードで長期延滞や強制解約などの事故を起こした場合、他のクレジットカードで途上与信が行われた際に強制解約や長期延滞などの事故情報が発見された場合には、事故を起こしていないクレジットカードも途上与信で否決となり強制解約となってしまう可能性もあります。

強制解約後は相談になる

強制解約となっても支払義務がなくなるわけではありません。

通常、クレジットカードが強制解約となった後は、カード会社と相談して、分割で支払っていくことになります。

「いくらなら支払うことができるか」という話になり、そこで相談した金額を毎月振込などで支払っていくことが一般的です。

強制解約となっても本人と連絡がつかなかったり、約束した金額を支払わない場合には、資産の差し押さえなどの法的手続きになり、最悪の場合には自己破産になります。

最後は債権者との人間関係の信頼になるため、連絡は密にするように心がけましょう。

クレジットカードの返済に遅れる前に

クレジットカードの支払いができないと、リボ払いに変更できたとしてもその後の支払いは大変になりますし、長期延滞や強制解約となった場合には、その後の人生設計が狂ってしまうような事態になりかねません。

このような事態になる前に支払期日になる前に対処できる方法をご紹介します。

カードローンで借り換え

遅れが出る前であればカードローンやフリーローンなどでクレジットカードの支払金額を借りてしまい、借金でクレジットカードの請求金額を支払ってしまうという方法があります。

「クレジットカードの利用残高があっても借入はできるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードの利用があっても借入には全く影響しない場合があります。

それはどのような理由なのでしょうか?

クレジットカードは借金でない

クレジットカードの利用残高は審査では借金ではありません。

クレジットカードは買い物代金などのカード会社から立て替えてもらうものです。

そのため、実態としては借金なのですが、審査上は借金ではないのです。

審査の際に借金とみなされるのは、銀行や消費者金融などの借入金とクレジットカードのキャッシング枠だけです。

このため、クレジットカードの利用代金がショッピング枠だけであれば、その利用残高は借金とは審査でみなされないため、利用代金があっても審査では全く問題にならないのです。

クレジットカードの支払いに追われている人で、住宅ローン以外の借入金がない人であれば、ローンの審査では問題にならないことが多いため、遅れが発生する前に借入によってクレジットカードの残高を支払ってしまうことも1つの方法です。

支払期日を過ぎてしまったら手遅れになってしまいますので、期日前にローンに申し込む必要があります。

カードの支払期日を過ぎてしまうと

クレジットカードの支払期日を過ぎてしまうと、ローンでクレジットカードの利用残高を借り換えようと思っても手遅れになってしまうことが少なくありません。

クレジットカードの支払期日になっても支払いができない場合には、信用情報に「延滞中」という記録が付きます。

この情報自体はブラックではありませんが、ローンの審査において「延滞中」という情報が記録されている人は絶対に審査には通過できません。

また、期日に遅れてクレジットカードの支払いができたとしても、信用情報には遅れたという情報が24ヶ月間残ってしまいます。

この情報がある人はその後、ローンに申し込んだとしても審査には著しく不利になってしまいます。

クレジットカードの支払いは、期日に遅れたのか、または期日前かによって、著しくその後の審査での有利か不利かが変わってしまいます。

「クレジットカードの支払いに遅れてしまうかもしれない」という人は、とにかく支払い期日を過ぎて「延滞中」という情報が記録される前に、借入などの方法によって支払いを完遂したほうがよいでしょう。

債務整理=自己破産ではない

債務整理を自己破産と勘違いしている人がいますが必ずしもそうではありません。

弁護士に依頼することで任意整理という方法で借金の減額及び将来支払う利息のカットをすることが期待できます。

自己破産をしてしまうと20万円以上の財産を全て手放さなければなりませんが、任意整理は財産を手放す必要がありません。

弁護士に債務整理を依頼した時点で借金請求の電話がピタリと止まります。

交渉解決するまでの間は借金を1円も返済する必要はありません。

なお交渉成立までには4カ月から6カ月程度かかりますが、その間は借金請求に怯える必要もないのです。

弁護士費用は分割返済をすることも可能ですから、一度に何十万円も用意しなければならないということもありません。

借金の額が減って毎月の支払い金額が少なくなれば返済しやすいことこの上ないですね。

クレジットカードを一切使えなくなっても給料のほとんどは自由に使うことができるため現金払いすれば何も問題はありません。

借金返済はツライもの以外の何ものでもありません。

悩んでいるなら早く解決しましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談