後払い機能を利用できる立て替え式プリペイドカードのおすすめ5選

後払いができる立て替え式プリペイドカードを使いたい……
立て替え式プリペイドカードの選び方が分からない……

アプリをダウンロードして、審査なしで簡単に作成できる国際ブランド付きのプリペイドカード。原則として、コンビニエンスストアや銀行口座から事前にチャージしますが、後払い機能を利用できる立て替え式プリペイドカードも存在します。

後払い機能は、チャージするための現金がなかったり、給料日前で欲しい商品が購入できなかったりする時などに便利です。
登録手続きを行えばすぐに利用できるので、審査結果を待ったり、カード発行までに時間がかかったりするクレジットカードと比べて手軽に利用できます。

今回は、後払い機能を利用できる立て替え式プリペイドカードの中からおすすめを紹介。立て替え式プリペイドカードを利用するメリット・デメリットもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

後払い可能!立て替え式プリペイドカードおすすめ5選

後払いチャージが可能な、おすすめ立て替え式プリペイドカードを紹介します。

バンドルカード

バンドルカードは、アプリをダウンロードすればバーチャルVisaプリペイドカードが発行されます。クレジットカードのようにカードの到着を待つ必要がありません。事前にチャージして利用するプリペイド式ですが、「ポチっとチャージ」を利用すれば後払いが可能です。

また、バンドルカードにはバーチャル以外に「リアル」「 リアル+(プラス)」というプラスチック製のリアルカードを発行できます。
共に発行手数料が必要ですが、国内・海外のネットショップや国内のVisa加盟店で利用できるようになり、「リアル+(プラス)」になるとチャージ上限額は100万円にアップします。

【ポチっとチャージの基本情報】
国際ブランド Visa
リアルカード 発行可能
後払いチャージ可能額 3,000~5万円
チャージ手数料 3,000〜1万円:500円
1万1,000〜2万円:815円
2万1,000〜3万円:1,170円
3万1,000〜4万円:1,525円
4万1,000〜5万円:1,830円
審査・本人確認 SMS認証
支払方法 コンビニ払い
ネット銀行振り込み
ペイジー
支払期日 翌月末まで

Kyash

Kyash(キャッシュ)は、アプリ上でバーチャルVisaプリペイドカードを発行して、チャージすることでネットショッピングなどでの決済ができるようになります。
本人確認をすればリアルカードも発行できますが、Apple PayやGoogle Payに対応しているため、スマートフォンがあれば「QUICPay+」が使える店舗での決済が可能です。

後払い機能の「イマすぐ入金」を利用するには、氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号の情報をアプリから入力する必要があります。チャージした金額は翌月末までにコンビニエンスストアで支払ってください。

【イマすぐ入金の基本情報】
国際ブランド Visa
リアルカード 発行可能
後払いチャージ可能額 3,000~5万円
チャージ手数料 3,000〜1万円:500円
1万1,000〜2万円:800円
2万1,000〜3万円:1,150円
3万1,000〜4万円:1,500円
4​​万1,000〜5万円:1,800円
審査・本人確認 都度審査(本人確認は任意)
SMS認証
支払方法 コンビニ払い
支払期日 翌月末まで

B/43

B/43は、チャージ式Visaプリペイドカード以外に家計簿アプリを利用できるサービスです。他のアプリとは異なる部分がリアルカードの発行が必須な点で、アプリをダウンロードして登録手続きが完了すると自宅にカードが届きます。チャージや利用管理はアプリから行えますが、決済に利用する時はカードを使って手続きを進めなくてはいけません。

後払い機能の「あとばらいチャージ」は、すぐに残高をチャージできる便利な方法です。「すぐにお金が欲しい」といった時にも役立つ機能といえるでしょう。また、チャージ金額内ならセブン銀行ATMから現金の引き出しも可能です。

【あとばらいチャージの基本情報】
国際ブランド Visa
リアルカード 発行可能
後払いチャージ可能額 3,000~5万円
チャージ手数料 3,000〜1万円:500円
1万1,000〜2万円:800円
2万1,000〜3万円:1,150円
3万1,000〜4万円:1,500円
4万1,000〜5万円:1,800円
審査・本人確認 都度審査
本人確認とリアルカードの受け取りが必要
支払方法 コンビニ払い
支払期日 翌月末まで

BANKIT

BANKIT(バンキット)は、SBI新生銀行グループのアプラスの「 インターネット専用Visaプリペイドカード」です。
「おたすけチャージ」を利用すれば後払いが可能ですが、他のアプリと比べて後払いチャージ可能額が1回につき3,000円または6,000円と低いです。あくまでもBANKITユーザーが補助的に利用する機能、と解釈するといいでしょう。

利用するには、本人確認とBANKITの取引状況の調査が必須です。過去にBANKITの利用がない方は申し込めないので注意してください。支払方法は利用月の翌月末までですが、コンビニエンスストアや口座振替ではなく、BANKITのチャージ残高からの引き落とし一択です。

【おたすけチャージの基本情報】
後払いチャージ可能額 1回につき3,000円または6,000円
チャージ手数料 1回300円
審査・本人確認 本人確認が必要
支払方法 コンビニ払い
支払期日 翌月末まで

立て替え式プリペイドカードを利用するメリット

立て替え式プリペイドカードを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 未成年やクレジットカードを持てない人も利用可能
  • 現金がなくても商品やサービスを購入できる
  • 実店舗でも使える
  • 使い過ぎの心配がない

各メリットについて説明します。

未成年やクレジットカードを持てない人も利用可能

立て替え式プリペイドカードは、クレジットカードのように厳格な入会審査を実施しません。本人に返済能力がない未成年や専業主婦、無職でも発行可能です。
多くの立て替え式プリペイドカードはアプリをダウンロードして登録手続きを行い、SMS認証による本人確認のみですぐに利用できます。

ただし、後払い機能については希望すれば誰でも利用できるわけではありません。チャージのたびに審査を実施するため、申し込んだものの審査に落ちるケースもあります。

現金がなくても商品やサービスを購入できる

立て替え式プリペイドカードの最大のメリットは、現金の持ち合わせがない場合やクレジットカードを作成できない人でも後払い機能を利用できる点です。
「今すぐに購入したい商品がある」「給料日まで日があってお金を用意できない」といった場合でも、諦めずに購入できます。立て替え式プリペイドカードの多くが利用月の翌月末が支払期限なので、その日に間に合うようにお金を用意しておけば問題ありません。

実店舗でも使える

立て替え式プリペイドカードはバーチャルカードだけでなく、希望すれば実店舗でも利用できるリアルカードが発行できます。また、Apple PayやGoogle Payに対応していれば、「QUICPay+」を使ってスマホ決済も可能です。

使い過ぎの心配がない

立て替え式プリペイドカードは、チャージした金額以上は使えません。使い過ぎて支払いができないといったトラブルを避けられる点は、立て替え式プリペイドカードのメリットといえるでしょう。

立て替え式プリペイドカードを利用するデメリット

立て替え式プリペイドカードを利用するデメリットは、以下の2点です。

  • 利用限度額が低い
  • 手数料がかかる

これらのデメリットを把握した上で利用すれば、大きなトラブルに発生する可能性は低いので安心して利用してください。

利用限度額が低い

立て替え式プリペイドカードの後払いが可能な上限は、5万円前後と高額ではありません。また、必ずしも上限額いっぱいの額で後払いができるわけではなく、利用実績や支払状況によって変動します。
数十万円単位の高額商品購入の決済に利用するには、立て替え式プリペイドカードは不向きです。少額決済に限定して利用した方がいいでしょう。

手数料がかかる

後払い機能を利用するに当たって、利用金額に応じた手数料がかかります。金額は利用する立て替え式プリペイドカードによって異なり、後払い金額が高いほど手数料も高くなります。事前にアプリで確認してから利用しましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事