「運転免許を取れとうるさいのに免許代を出さない親」、普通は誰が出すもの?

「親が学生のうちに運転免許を取れと毎日のように言ってきてうるさい」
「免許を取った方がいいと親に言われているけれど、費用を全額出すのは自分」
「親に言う通りにした結果、運転免許を取らなきゃよかった……となりたくない」

このように、自分は運転免許を取る意思は強くないものの、親が一方的に口を出してくるというケースもあるのではないでしょうか。また、親が口を出してくるにもかかわらず、費用は自分で出さなくてはいけないという人もいると思います。

運転免許を取るための費用を親が出してくれれば助かりますが、厳しいようなら自分で出すしかありません。しかしすぐにお金を用意できないなら、費用がたまるまで待ったり、ローンで支払ったりする方法を選ぶしかないでしょう。

当記事では、一般的に運転免許取得代を出すのは誰なのか?という点を最初に紹介します。
その他に、費用は一切出す気がないのに免許を取れとうるさい親を説得するのに有効な理由をはじめ、運転免許を取らない選択肢はアリなのか?と気になる人に向けて、世の中のリアルな口コミをまとめて紹介します。

そもそも運転免許取得代は誰が出すもの?

運転免許を取得した年齢が20~30代の男女481人に対して行った「教習所の費用は誰が支払いましたか?」のアンケートでは、以下のような結果が出ています。

学生 自分:51%
家族:49%
フリーター 自分:60%
家族:40%
社会人 自分:84%
家族:16%
主婦・パート 自分:62%
家族:38%
無職 自分:48%
家族:52%

運転免許を取る本人に安定収入がある場合、自分で費用を用意する人が圧倒的に多い結果が出ています。その一方で、学生や無職など、本人に安定収入がないと家族が支払うという結果でした。

自動車教習所に通う費用は決して安くありません。アンケート結果を見ると自動車免許を取得したくても費用不足を理由に断念して、お金をためるまで待つ人も多いと予測できます。
しかし、社会人になると、費用を確保できても思うように自動車教習所に通う時間が作れない状態も考えられます。

参照元:教習所のお金は誰が払う?運転免許の取得って役に立つの? 教習所サーチが20~30代の男女481人に聞きました!|教習所サーチ

運転免許取得代を親に出してもらえない場合の対処法

「運転免許取得代を親に出してもらうのを期待できそうにない」
「自分で運転免許取得代を用意するには限界がある」
そのような人は、以下の対処法を選択するのが有効です。

  • 自分で免許取得代を稼ぐ
  • 親から費用を借りる
  • ローンで借りて支払う

それぞれの方法について詳しく解説します。

自分で免許取得代を稼ぐ

親に運転免許取得代を出してもらうのが厳しい状況なら、自分の給料や貯金から費用を捻出するしかありません。免許取得にかかる費用を給料から少しずつ積み立てたり、ボーナスなどのまとまった収入を充当したりするといいでしょう。

「もらった給料を全額使ってしまいそう」「貯金をする自信がない」という人は、会社の財形貯蓄制度を利用したり、金融機関の積立預金を利用したりすれば、計画的にお金がたまるのでおすすめです。

親から費用を借りる

親に運転免許取得代を出してもらうのは期待できなくても、借りるのであれば可能かもしれません。親の経済力次第ではあるものの、「給料から必ず返す」という条件付きなら応じてくれる親も多いでしょう。
親と交渉した結果、「利息なし・元金のみの返済にしてもらえる「収入が安定したタイミングで返済すればいい」など、有利な条件でお金を貸してもらえる可能性も高いです。

ただし、お金を貸してもらうからには、たとえ相手が親であっても借用書を作成するようにしてください。
返済金額や返済日、返済期間を事前に決めて、その通りに返済するのが重要です。「親だから何でもありだろう」と甘えて返済をしなかったり、返済が遅れたりするようでは信用を一気に失うだけです。

ローンで借りて支払う

早く運転免許を取りたいけれど「費用をすぐに用意するのは難しい」「親に貸してもらうのも期待できない」という人は、借りて支払う方法を検討してください。運転免許ローンをはじめ、銀行や消費者金融のカードローンなど、選択肢は複数あります。

ただし、どのローンを利用するにしても、審査に通過するのが前提です。「申込条件に該当していない」「ローンを申し込む本人に返済能力を認められるだけの安定収入がない」「過去の借金で重大な返済トラブルを起こしている」といった人は、審査通過の可能性は極めて低いでしょう。

運転免許取得代をローンで借りて支払おうと考えている人は、以下の記事を参考にしてください。運転免許ローンの特徴や審査基準をはじめ、運転免許代を用意するのに有効な方法を詳しく解説しています。

>>> 「車が超欲しい」、お金がなくて免許が取れない時の対処法

費用は出さない!免許を取れ!とうるさい親に有効な説得理由

運転免許取得のための費用は出さない!でも免許を取れ!と親にうるさく言われても、お金がなければ自動車教習所に通えません。ローンを抱えてまで運転免許を取る意味がないと考えている人もいることでしょう。

親が免許取得について口出ししないでもらうには、どうすればいいのでしょうか。有効な言い訳は以下の通りです。

  • 運転免許取得代がない
  • 運転免許を取得する必要性を感じない
  • 周りの友達も取得しない

適当なタイミングを見計らって親に伝えるようにしてください。

運転免許取得代がない

親に「運転免許取得代がない」と正直に伝えましょう。お金がなければ、自動車教習所に支払う費用を用意できません。運転免許取得代がたまったら自動車教習所に通う、そんなに運転免許を取ってほしいなら費用を出してほしい、立て替えてほしいと伝えてみてください。

運転免許を取得する必要性を感じない

「運転免許を取っても車に乗らない」「本人確認書類なら運転免許証以外にもある」というように、現時点で運転免許を取得する必要性を感じていないと伝えるのも有効です。
特に車に乗らなくても公共交通機関を利用できる、仕事で車の運転を求められる予定がない人は、自動車教習所に支払う費用分の恩恵を受けられない可能性が高いでしょう。取得価値がないのにお金を出すのは惜しい、とハッキリ伝えてください。

周りの友達も取得しない

「周りの友達の中に運転免許を取る人がいない」「お金がたまったら運転免許を取りに行こうと友達と話している」「運転免許を取る必要がないと友達と話している」などと伝えるのも方法の一つです。
「1人で自動車教習所に通いたくない」「自動車教習所に行くなら友達と一緒がいい」と付け加えれば、親をより納得させるのに効果的かもしれません。

運転免許を取らないのはアリ?リアルな口コミを紹介

親に運転免許を取れと言われている人の中には、そもそも運転免許を取得した方がいいのだろうか?という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
ここでは実際に運転免許を取った人のリアルな口コミを紹介します。取ってよかったと感じている人、取らなきゃよかったと感じている人に分けてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【運転免許を取ってよかったと感じている人の口コミ】

一人旅をするのは想像以上に楽しい。運転免許は親に勧められて取得したけれど、行動範囲が広がるし取ってよかったなと改めて思っている。
真面目に、大学時代に1番取ってよかった資格は自動車運転免許でした。都市部に住むなら不要ですが、地方在住者は生活が格段に便利になります。家族に運転手の役割をお願いしないで済むので外出に気をつかいません。
「社会人になら運転免許は必要」と親にうるさく言われて仕方なく取った。車は持ってないけれど効力の強い本人確認書類だから30万以上かけて取ってよかったと今は思っている。
運転免許取得から1年で技術は全然上達していないものの、運転は楽しいです。免許を取ってよかったと心から感じます。
深夜に妹の体調が悪くなって病院まで運転して連れていきました。父はお酒を飲んでいたので、私が運転免許を取っていて本当によかったです。
東京に住んでいるし車の免許なんて要らないと思っていたけれど、移動手段と行き先の選択肢は確実に増える。旅行もレンタカーを利用して色々回れたし、休日は近隣の県とかにドライブへ行こうとなりやすいです。車を持っていなくても運転免許だけは取得した方がよいと思う。
息子が生まれてから自動車教習所に通って運転免許を取りました。車に乗るようになって「バスや電車に乗って息子がいつ騒ぎ出すか分からない」「周囲怒られたり嫌な思いをしたりする」という気づかいをしなくて済むようになりました。人それぞれ事情はあると思いますが、子どもがいる人は車を持っていた方が精神面でも肉体面でも楽です。
職種を変えるとなると運転免許必須の会社が殆どです。運転免許を取っていなければ転職が上手くいかなかったのでは?と思っています。
田舎なので車は欠かせない交通手段です。費用はかかりますが運転免許を取ってよかったとつくづく思います。田舎では運転免許を持っていない人の方が珍しいです。

【運転免許を取らなきゃよかったと感じている人の口コミ】

車で接触事故を起こした。周りにたくさんの迷惑をかけたし、こんなことなら運転免許を取らなければよかったと思う。
私は運転免許を取ったけれど、運転をして事故を起こすのが怖いから車を運転しない。運転免許取得代を出してくれた親から「こうなるなら運転免許なんて取らなきゃよかったのに」と嫌味を言われる。
運転免許を取ったけれど、自分は注意力散漫であると自覚しているから車の運転をしない。近場なら自転車や徒歩で移動できるし、遠くに行くなら電車やバスに乗ればいいだけ。30万円も出して運転免許を取る必要はなかった。
実家には車がないし、運転免許を取っても年期の入ったペーパードライバーになっている。無免許みたいな状態になるなら運転免許を取らなくてよかったと後悔しています。
運転免許を取ってから必要性を感じた機会がありません。早々にペーパードライバーになるくらいなら取らなきゃよかった。

インターネットやSNSで検索すると、運転免許を取らなければよかった人よりも、取ってよかったと感じている人の方が口コミ数は多かったです。
運転免許を取らなければよかったと感じている人の多くは、自宅近くに駅やバス停があったり、同居家族に子どもやお年寄りがいなかったりするほか、仕事で必要ではないし転職の予定もないなど、車の運転の必要性が低い人でした。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事