三菱UFJ銀行「マイカードプラス」の自動融資を徹底解説!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

国内最大のメガバンクの三菱UFJ銀行のカードローンといえば、「バンクイック」があまりにも有名です。

しかし、バンクイックには自動融資機能がついていません。

自動融資機能は、公共料金などの決済用口座につけておくと、支払い忘れがなくて安心です。

三菱UFJ銀行には自動融資機能がついた「マイカードプラス」というカードローンがあるのをご存知でしょうか?

三菱UFJ銀行マイカードプラスと、自動融資の注意点について詳しく解説していきたいと思います。

自動融資の特徴とは?

自動融資の特徴についてまずは解説していきたいと思います。

どの口座で自動融資が可能なのか、また三菱UFJ銀行で自動融資がついたカードローンはどのような商品なのかについてしっかりと理解しておくようにしましょう。

返済用口座の残高不足をカードローン融資で自動補填

自動融資とは、銀行カードローンの返済用口座に引き落としがかかった際、口座残高が不足していると、不足分をカードローンから借り入れ、引き落としを成立させる方法です。

文章で書いても分かりにくいので、事例で解説していきましょう。

例えば、カードローンの返済用口座の残高が5,000円の時に12,000円の電話代金の引き落としがかかったとしましょう。

この場合、口座残高が7,000円不足しているので、通常は、電話代金の引き落としができませんね?

しかし、この口座に自動融資機能がついていると、不足分の7,000円をカードローンから自動的に融資を行い、電話料金の引き落としを成立させることができるのです。

このように、口座の残高が万が一不足していた場合でも、自動融資によって自動的に引き落としを成立させてくれるので、入金を忘れても料金の未払いを防ぐことができるのです。

銀行カードローンだけの特徴

自動融資は銀行カードローンだけの特徴です。

自動融資が可能なのは、カードローンを発行する銀行の口座だけです。

消費者金融は銀行ではありませんので、自動融資ができません。

自動融資機能が必要という人は、銀行カードローンに申込をするようにしましょう。

三菱UFJ銀行はマイカードプラスだけ

三菱UFJ銀行には「バンクイック 」というテレビCMでもおなじみの有名なカードローンがあります。

しかし、バンクイックには自動融資機能はついていません。

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても契約することができるカードローンですので、必ずしも三菱UFJ銀行の口座を持っていなくてもATMから毎月1回の約定返済を行うことができ、カードローンと銀行口座が紐つけられていないため、自動融資機能を利用することはできないのです。

三菱UFJ銀行で自動融資機能を利用したい場合には「マイカードプラス」というカードローンに申込を行いましょう。

「マイカードプラス」を契約するためには三菱UFJ銀行の口座が必ず必要になり、銀行口座とも紐つけられているので、マイカードプラスの返済用口座から自動融資を利用することができます。

このように、銀行口座が必ず必要になる銀行カードローンでは、自動融資を利用することができるカードローンが数多くあります。

関連記事をチェック!

271view

カードローンの自動融資とは

カードローンの種類によっては自動融資サービスを利用できることがあります。 自動融資サービスは簡単に言えば、口座からの各種引落時に資金ショートしていた場合、自動融失してくれるカードローンのサービスのひ...

関連記事をチェック!

737view

マイカードプラスの審査の特徴と期間

三菱UFJ銀行カードローンのひとつにマイカードプラスがあります。 マイカードプラスを利用するには審査を受ける必要があり、カードローンの審査では一般的な在籍確認があるのか気になる人もいるでしょう。...

マイカードプラスの審査の特徴と期間

自動融資機能がついたマイカードプラスの特徴

三菱UFJ銀行で自動融資機能を利用しようと思ったら、マイカードプラスに契約するしかありません。

マイカードプラスのスペック表は以下のようになります。

申込条件
  • 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  • 保証会社(アコム)の保証を受けられる人
  • 本人に安定かつ継続した収入の見込める人
  • 他のカードローン(バンクイック、カードローン(即日型)を除く)を利用していない人
融資限度額30万円〜100万円
金利14.6%
返済方法三菱UFJ銀行返済用口座から引落
(ATM・インターネットバンキングで随時返済も可能)
返済日毎月5日

マイカードプラスの特徴はどのような点にあるのでしょうか?

主な特徴について詳しく解説していきます。

新規借入は限度額が小さい

マイカードプラスの限度額は新規契約時は30万円までと非常に少額になっています。

バンクイックの限度額500万円と比較して非常に少額ですので、マイカードプラスは、自動融資をはじめとして、日常の生活費に少しだけお金が足りないような場合に少額を借りるのに向いています。

高額借入を希望する場合には、バンクイックと使い分ける方法も検討しましょう。

増額すれば100万円まで可能

新規契約の際には30万円の限度額となりますが、利用状況が良ければ100万円まで増額することが可能です。

マイカードプラスを増額するためには以下の2つの条件を満たすようにしてください。

  • 1年以上マイカードプラスを利用している
  • 返済に遅れがない

これらの条件を満たせば増額ができる可能性があります。

専業主婦は融資不可

少額融資の融資に特化し、普通預金の不足分を自動融資で補ってくれるマイカードプラスは、家計を管理する主婦に向いている商品ですが、残念ながら本人の収入のない人は借入することはできません。

このため、専業主婦は融資不可能です。

夫名義の決済用口座に、夫名義でマイカードプラスを契約するという方法しか、専業主婦が三菱UFJ銀行で自動融資を利用することはできません。

自動融資があるとメールでお知らせ

三菱UFJ銀行の自動融資機能のメリットとして、自動融資があった場合には、自動融資があった旨をメールで知らせてくれるという点です。

後述しますが、自動融資の怖いところは知らない間に借金をしているという点です。

自動融資はローンですので、借入には利息が発生します。

公共料金の中には遅延損害金が発生しないものもありますので、自動融資によって知らない間に借入をしてしまうと、カードローンに支払う利息の方が高くなってしまうこともあり、利用状況には注意を払っておく必要がありますが、三菱UFJ銀行マイカードプラスで自動融資を利用した場合には、利用した旨をメールで知らせてくれるので、「知らない間に借金をしてしまった」ということがありません。

なお、メールでのお知らせを希望する場合には、別途メールアドレスの登録が必要になります。

関連記事をチェック!

155view

マイカードプラスは総量規制対象外で借入できる?

三菱UFJ銀行のカードローンは「バンクイック」が有名ですが、それ以外に「マイカードプラス」もあります。 マイカードプラスは小口融資専用であり、「総量規制の制限を受けない」とも噂されます。 噂の真偽...

自動融資ができるものできないもの

自動融資は全ての引き落としができるわけではありません。

自動融資ができるものとできないものをしっかりと区別しておきましょう。

自動融資が可能なもの

自動融資が可能なものとして、代表的なものを公共料金です。

電気・ガス・水道などはすべて自動融資可能です。

そのほか家賃や電話料など、ほとんどの引き落としが自動融資可能になっています。

自動融資が不可能なもの

自動融資が可能なものよりも、不可能なものについて覚えておきましょう。

不可能なものは大きく2つです。

  • ローンの返済
  • 投資商品の購入

ローンの返済を自動融資で行うことはできません。

ローンの返済をローンで行なってしまったら、三菱UFJ銀行は借金の返済を借金から行なわせていることになるので、借金の返済は引き落としがかかっても自動融資機能は発動しません。

また、毎月積み立ての投資商品を契約している場合にも、自動融資は成立しません。

銀行は、投資資金を融資金から行うことは絶対に禁止していますので、自動融資によって投資商品を購入してしまったら、三菱UFJ銀行が借金から投資商品を購入させてしまうことになりますので、投資商品を自動融資によって購入することは不可能です。

これら2つの引き落とし以外は基本的にすべて自動融資可能となっています。

【注意】知らない間に借入残高が増える?

口座残高が足りなくても、自動融資によって引き落としを成立させてくれるとても便利なマイプラスですが、注意して利用しないと知らない間に借金が膨らんでしまう可能性があります。

自動融資を利用する前に注意点についてもしっかりと理解しておくようにしましょう。

自動融資に頼っているとカードローン残高が膨らんでしまう

自動融資は頼りすぎは危険です。

手元や銀行口座の中にお金がないからといって、「自動融資があるから大丈夫」と考えていても、それはすべて借金です。

まして、三菱UFJ銀行「マイカードプラス」は限度額が30万円までしかありませんので、あっという間に限度額がいっぱいになり、限度額がいっぱいになった後は、借金の返済金だけが残ることになり、毎月の支払いはさらに増えてしまうことになります。

自動融資は恒常的に利用するのではなく、どうしても引き落としに必要なお金が足りないときだけの臨時の借入手段として考えておくようにしてください。

自動融資に気づかないと延滞の恐れも

自動融資によってカードローンの借入が行われたということに気づかないと、延滞になってしまうこともあります。

カードローンは利用しなければ返済金は発生しません。

本人は利用したつもりがなくても、自動融資によってカードローンの借入が行われると、返済の義務が発生します。

本人がこの借入に気づかずに、返済用口座にお金を入れておかなければ延滞になってしまい、信用情報には傷がついてしまいます。

必ずお知らせメールに登録し、自動融資が行われたことを確認するようにしましょう。

おすすめの利用方法は当日に返済すること

便利な自動融資機能ですが、利息が発生し、そのコストは公共料金などの支払いに遅れた時よりも高くついてしまうことが少なくありません。

このため、おすすめの利用方法としては、自動融資が行われた日にカードローンを返済してしまうということです。

カードローンは利用した当日に返済すれば利息は発生しないので、自動融資によって一時的に口座引落を成立させておき、自動融資お知らせのメールが届いたらすぐにインターネットバンキングでカードローンを返済してしまえば利息は全く発生せず、引き落しも成立させることができます。

このように、自動融資機能は、融資に頼るのではなく、本当に一時的な残高不足分だけを補うように利用する方が、経済的負担を無くし、自動融資の良い面だけを活用することが可能になります。

まとめ:自動融資は残高を管理しながら利用しよう

三菱UFJ銀行で自動融資を利用するためには、マイカードプラスというカードローンに契約する必要があります。

自動融資機能は入金忘れがあった時などは非常に便利ですが、利息が発生する上に、借入残高が膨らみ限度額がいっぱいになってしまうと、カードローンの返済金分だけが毎月の家計を圧迫してしまうという難点があります。

このようなことがないように、自動融資機能がついているカードローンは他のカードローンよりも残高管理を徹底する必要があります。

三菱UFJ銀行マイカードプラスは自動融資が行われたことをメールでお知らせするサービスがありますので、必ず利用し、自分がいくら借りているのかということを常に把握できるようにしておきましょう。

関連記事をチェック!

86view

三菱UFJ銀行マイカードプラスとバンクイックの違いは?金利や審査徹底比較

三菱UFJ銀行は言わずと知れたメガバンクで、多くの人が利用しており、銀行という安心感からカードローンも人気があります。 三菱UFJ銀行のカードローンと言えば『バンクイック』が有名ですが、同銀行は...

三菱UFJ銀行マイカードプラスとバンクイックの違いは?金利や審査徹底比較

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談