三菱UFJ銀行「マイカードプラス」の自動融資を徹底解説!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

国内最大のメガバンクの三菱UFJ銀行のカードローンといえば、「バンクイック」があまりにも有名です。

しかし、バンクイックには自動融資機能がついていません。

自動融資機能は、公共料金などの決済用口座につけておくと、支払い忘れがなくて安心です。

三菱UFJ銀行には自動融資機能がついた「マイカードプラス」というカードローンがあるのをご存知でしょうか?

三菱UFJ銀行マイカードプラスと、自動融資の注意点について詳しく解説していきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております。

  • 三菱UFJ銀行で自動融資ができるものを探している人
  • 「マイカードプラス」の自動融資に関して知りたい人

三菱UFJ銀行の「マイカードプラス」

三菱UFJ銀行の「マイカードプラス」は、公共料金などの引き落としの際に、口座に残高が足りない場合でも自動融資してくれるカードローンです。

一般的なカードローンの場合、専用の口座またはカードから借入を行い、自動的に融資してくれることはありません。

マイカードプラスを契約しているだけで、残高不足による引き落とし不能を防ぐことができ、忙しくて入金できない場合や、十分な残高にしていると勘違いして入金していない場合でも安心できます。

三菱UFJ銀行のキャッシュカードを利用する

三菱UFJ銀行の「バンクイック」のように、一般的なカードローンは借入専用のローンカードが発行され、そのカードで主に借入を行います。

これに対しマイカードプラスは、すでに持っている三菱UFJ銀行のキャッシュカードをそのまま利用できます。

つまり、カードがもう1枚追加されるというわけではなく、手持ちのキャッシュカードがそのままカードローンとしても使えるようになるということです。

新たなカードが発行されることで財布に入らない、財布が膨らんでしまうということもありませんので、安心感だけでなく利便性も兼ね備えています。

「バンクイック」と併用できる

マイカードプラスは安心を得られるカードローンなのですが、自動融資を基本としているため、少ない利用限度額しか契約できません。

そのため、もっと借入できるようにしたいという場合には、新たなカードローンを契約するしかありません。

この場合、すでに三菱UFJ銀行を利用していますので、新たなカードローンも三菱UFJ銀行で作りたいと思う人も多いはずです。

三菱UFJ銀行では、マイカードプラスとバンクイックの2つのカードローンを併用可能としています。

マイカードプラスの自動融資で安心感を得て、さらにバンクイックで高額かつ低金利で借りることもでき、さらに安心感をプラスして場合によっては金利面でもメリットが得られます。

自動融資の特徴とは?

三菱UFJ銀行のマイカードプラスは、自動融資機能が付いたカードローンです。

とはいっても、自動融資とはそもそも何なのかと疑問に思っている人もいると思います。

ここでは、自動融資の特徴について解説していきたいと思います。

返済用口座の残高不足をカードローン融資で自動補填

自動融資とは、銀行カードローンの返済用口座に引き落としがかかった際、口座残高が不足していると、不足分をカードローンから借り入れ、引き落としを成立させる方法です。

文章で書いても分かりにくいので、事例で解説していきましょう。

例えば、カードローンの返済用口座の残高が5,000円の時に12,000円の電話代金の引き落としがかかったとしましょう。

この場合、口座残高が7,000円不足しているので、通常は、電話代金の引き落としができませんね?

しかし、この口座に自動融資機能がついていると、不足分の7,000円をカードローンから自動的に融資を行い、電話料金の引き落としを成立させることができるのです。

このように、口座の残高が万が一不足していた場合でも、自動融資によって自動的に引き落としを成立させてくれるので、入金を忘れても料金の未払いを防ぐことができるのです。

銀行カードローンだけの特徴

自動融資は、銀行カードローンだけの特徴です。

自動融資が可能なのは、カードローンを発行する銀行の口座だけです。

消費者金融にもカードローンはありますが、銀行のように返済用の口座は不要で、そもそも公共料金などの引き落としをすることができません。

そのため、消費者金融では自動融資という機能そのものが必要ないものであり、引き落としが設定できる銀行特有の機能・サービスなのです。

自動融資機能が必要という人は、銀行カードローンに申込をするようにしましょう。

三菱UFJ銀行はマイカードプラスだけ

三菱UFJ銀行には「バンクイック 」というテレビCMでもおなじみの有名なカードローンがあります。

しかし、バンクイックには自動融資機能はついていません。

バンクイックは三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても契約することができるカードローンでああり、約定返済はATMから行うこともできます。

カードローンと銀行口座が紐つけられていないため、自動融資機能を利用することはできないのです。

また、バンクイックには自動融資機能そのものがありませんので、三菱UFJ銀行に口座があったとしてもバンクイック単体でしか利用できません。

三菱UFJ銀行で自動融資機能を利用したい場合には、「マイカードプラス」というカードローンに申込を行いましょう。

「マイカードプラス」を契約するためには三菱UFJ銀行の口座が必ず必要になり、銀行口座とも紐つけられているので、マイカードプラスの返済用口座から自動融資を利用することができます。

このように、銀行口座が必ず必要になる銀行カードローンでは、自動融資を利用することができるカードローンが数多くあります。

関連記事をチェック!

408view

カードローンの自動融資とは

カードローンの種類によっては自動融資サービスを利用できることがあります。 自動融資サービスは簡単に言えば、口座からの各種引落時に資金ショートしていた場合、自動融失してくれるカードローンのサービスのひ...

関連記事をチェック!

1478view

マイカードプラスの審査の特徴と期間

三菱UFJ銀行カードローンのひとつにマイカードプラスがあります。 マイカードプラスを利用するには審査を受ける必要があり、カードローンの審査では一般的な在籍確認があるのか気になる人もいるでしょう。...

マイカードプラスの審査の特徴と期間

自動融資機能がついたマイカードプラスの特徴

三菱UFJ銀行で自動融資機能を利用しようと思ったら、マイカードプラスに契約するしかありません。

なお、お手持ちのキャッシュカードが「ディズニーキャラクターカード」の場合はマイカードプラスに申し込むことができませんので注意しなければなりません。

マイカードプラスのスペック表は、以下のようになります。

申込条件
  • 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  • 保証会社(アコム)の保証を受けられる人
  • 本人に安定かつ継続した収入の見込める人
  • 他のカードローン(バンクイック、カードローン(即日型)を除く)を利用していない人
融資限度額30万円以上100万円以内(10万円単位)
金利14.6%
返済方法三菱UFJ銀行返済用口座から引落
(ATM・インターネットバンキングで随時返済も可能)
返済日毎月5日

マイカードプラスの特徴はどのような点にあるのでしょうか?

主な特徴について詳しく解説していきます。

新規借入は限度額が小さい

マイカードプラスの新規契約時は、最低限度額の30万円までと非常に少額になっています。

バンクイックの限度額500万円と比較して非常に少額ですので、マイカードプラスは、自動融資をはじめとして、日常の生活費に少しだけお金が足りないような場合に少額を借りるのに向いています。

高額借入を希望する場合には、バンクイックと使い分ける方法も検討しましょう。

利用限度額の100万円までの増額はなくなった

上記スペック表を見てもわかりますように、マイカードプラスは最高で100万円の利用限度額を契約できますので、新規時に30万円で契約したとしても、増額していけば比較的高額な限度額を利用できるようになります。

しかし、利用限度額40万円以上への増額は、平成29年9月10日以降に受付を停止しています。

従って、現在では利用限度額を増額することができず、最大で30万円までしか利用できなくなっています。

30万円を超える金額を借りたいという場合は、併用が可能なバンクイックや他銀行、消費者金融のカードローンへ新たに申し込む必要があります。

なお、過去にマイカードプラスを40万円以上で契約している人は、自分から減額するか、三菱UFJ銀行が途上与信や更新審査で減額しなければ、現在の利用限度額を継続して利用していくことができます。

専業主婦は融資不可

少額融資の融資に特化し、普通預金の不足分を自動融資で補ってくれるマイカードプラスは、家計を管理する主婦に向いている商品ですが、残念ながら本人の収入のない人は借入することはできません。

このため、専業主婦は融資不可能です。

夫名義の決済用口座に、夫名義でマイカードプラスを契約するという方法しか、専業主婦が三菱UFJ銀行で自動融資を利用することはできません。

家計のために安心をプラスしたい専業主婦の人は、夫に相談してみましょう。

自動融資があるとメールでお知らせ

三菱UFJ銀行の自動融資機能のメリットとして、自動融資があった場合には、自動融資があった旨をメールで知らせてくれるという点です。

後述しますが、自動融資の怖いところは知らない間に借金をしているという点です。

自動融資はローンですので、借入には利息が発生します。

公共料金の中には遅延損害金が発生しないものもありますので、自動融資によって知らない間に借入をしてしまうと、カードローンに支払う利息の方が高くなってしまうこともあり、利用状況には注意を払っておく必要がありますが、三菱UFJ銀行マイカードプラスで自動融資を利用した場合には、利用した旨をメールで知らせてくれるので、「知らない間に借金をしてしまった」ということがありません。

なお、メールでのお知らせを希望する場合には、別途メールアドレスの登録が必要になります。

メール通知を受信するためにはドメイン指定など多少の手間はありますが、不要な利息を支払うことがないようにメールの受け取りは必ず行うようにしましょう。

関連記事をチェック!

297view

マイカードプラスは総量規制対象外で借入できる?

三菱UFJ銀行のカードローンは「バンクイック」が有名ですが、それ以外に「マイカードプラス」もあります。 マイカードプラスは小口融資専用であり、「総量規制の制限を受けない」とも噂されます。 噂の真偽...

申込みから審査までの流れ

マイカードプラスを利用できるようになるまでには、たった4つのステップを踏むだけですので、流れとしては非常に簡単です。

ここでは、マイカードプラスの申込から審査、利用までの流れを紹介していきます。

申し込み方法は店頭窓口かネット

マイカードプラスへの申し込みは、三菱UFJ銀行の店頭窓口またはインターネットのいずれかで行うことができます。

店頭窓口での申し込みは、所定の申込書に記入・押印(届出印)し、本人確認書類を提出するだけです。

インターネットからの申し込みは、三菱UFJ銀行ホームページ内のマイカードプラスのページにある「お申し込みはこちら」から手続きできます。

なお、ディズニー以外のキャラクターカードをお持ちの場合はインターネットで申し込むことはできませんので、必ず店頭窓口で申し込む必要があります。

申込内容確認の電話がある

インターネットから申し込んだ場合、「日中連絡先」に入力した番号へ、申込内容確認のための電話がかかってきます。

インターネットから申し込み祭、最初にキャッシュカードに記載されている店番、口座番号、カナ氏名で顧客の確認を行いますが、本人確認書類とキャッシュカードがあれば本人以外でも申し込むことができるため、再確認の意味も込めて電話で確認されます。

また、申込内容に間違いがないかも確認されますので、質問には誠実に答えるようにしましょう。

なお、日中連絡先では連絡が取れない場合や、連絡先が間違っていた場合など、状況によっては勤務先や自宅に電話が来ることもあります。

また、申し込みから1ヶ月連絡が取れない場合、または連絡が来てから一定期間の間に確認が取れない場合は申し込みが取り下げになってしまいます。

申し込みの際に日中連絡先を間違って入力することはもちろん、申し込み後はいつでも電話に出られるようにし、出られなかったとしてもできるだけ早く折り返しの電話をするようにしましょう。

保証会社アコムの審査に通る必要がある

マイカードプラスを保証するのは、バンクイックと同じ大手消費者金融のアコムです。

三菱UFJ銀行では申込内容の確認が完了すると、アコムに対して審査を依頼します。

申し込みの条件にもありますように、アコムの保証が受けられなければマイカードプラスを利用することはできませんので、アコムの審査に通ることは絶対条件となります。

アコムで行われた審査結果は三菱UFJ銀行へ連絡が行き、三菱UFJ銀行から申し込み者へ連絡されることになります。

利用可能になるのは時間がかかる

マイカードプラスの審査結果は、三菱UFJ銀行から自宅に書面が郵送されてきます。

また、郵送自体が遅めであるため、審査結果の連絡が届くまでに2週間程度もかかります。

同じ三菱UFJ銀行でも、バンクイックは数日で利用可能になるのに対し、利用開始まで2週間程度かかるマイカードプラスは非常に時間がかかります。

マイカードプラスを利用する際は、この点に十分注意し、余裕を持って申し込む必要があります。

なお、数日中に引き落としがかかるなど、お金が必要となるまでに時間が少ない場合は、数日で借りられる可能性があるバンクイックか、即日融資可能な消費者金融カードローンを利用しましょう。

自動融資ができるものできないもの

自動融資は、全ての引き落としができるわけではありません。

自動融資ができるもの、できないものをしっかりと区別しておきましょう。

自動融資が可能なもの

自動融資が可能なものとして、代表的なものを公共料金です。

電気・ガス・水道などはすべて自動融資可能です。

そのほか家賃や電話料など、ほとんどの引き落としが自動融資可能になっています。

また、滞納すると信用情報に直結するクレジットカードの引き落としにも自動融資が可能となっています。

自動融資が不可能なもの

自動融資が可能なものよりも、不可能なものについて覚えておきましょう。

  • ローン返済
  • 自動つみたて定期預金への振り替え
  • デビットカードサービス
  • 定額自動送金サービス
  • リアルタイム口座振替サービス

例えば、マイカードプラスとバンクイックを両方利用していて、バンクイックの返済をマイカードプラスから行おうとしても、自動融資は行われません。

ローンの返済をローンで行うことは自転車操業と言われる好ましいことではありませんので、そのようなことにならないようにローン返済については自動融資が行われません。

リアルタイムで残高が動くデビットカードやリアルタイム口座振替については、前日の最終残高を基準に自動融資するマイカードプラスでは対応ができません。

注意しなければならないのは、家賃を定額自動送金サービスで振込している場合です。

先ほど、家賃は自動融資されると紹介しましたが、自動融資される家賃は口座振替契約をしたものに限られます。

家賃を定額自動送金サービスで支払っている場合は、同じ家賃でも自動融資の対象とはなりません。

自動融資以外のマイカードプラス借入方法

マイカードプラスは、自動融資によって口座に残高がないときに借入できますが、バンクイックのようにカードローンとして借りることもできます。

マイカードプラスの自動融資外の借入方法は、「ATM」と「インターネットバンキング」の2つです。

これにより、口座引き落とし以外でお金が必要となった場合も、マイカードプラスが助けてくれます。

利用できるATM

マイカードプラスの借入ができるATMは、三菱UFJ銀行のATMだけでなく、以下の提携ATMでも借入が可能です。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

これらのATMは全国のさまざまなところにあるコンビニに設置されていますので、緊急時でもすぐに借入することができます。

マイカードプラスは専用のローンカードがありませんので、返済用預金口座のキャッシュカードを利用して、ATMの「マイカード」のボタンから借入します。

なお、ATMの利用時間などによっては、借入1回あたり最大で200円(税抜き)の手数料がかかります。

手数料がかからないATM・時間帯を確認し、できるだけ負担をかけずに利用することをおすすめします。

インターネットバンキング利用するには

マイカードプラスをインターネットバンキングで借入するためには、まず先に三菱UFJ銀行の「三菱UFJダイレクト」を利用しなければなりません。

そのうえで、事前に指定口座を登録します。

インターネットバンキングでの借入は、自宅のパソコンだけでなく、携帯からも手続きすることができます。

なお、マイカードプラスの自動融資時のメール通知サービスを利用している場合は、すでに三菱UFJダイレクトを利用していますので、指定口座の登録を行うだけでいつでも借入できるようになります。

返済方法

マイカードプラスを利用するということは、当然ですが返済を行わなくてはなりません。

カードローン返済には「約定返済」と「随時返済」の2つがあり、約定返済は毎月決まった日に返済を行う方法です。

随時返済は、約定返済以外のときに返済を行う方法であり、お金に余裕があるときにいつもより多く返済して早く完済を目指すことができます。

約定返済

マイカードプラスの約定日(毎月の返済日)は5日であり、返済期日になると5日時点の利用残高に応じた以下の金額(最低返済額)が自動で返済用預金口座から引き落としされます。

利用残高返済額
1万円未満前月5日現在の利用残高
1万円以上30万円以下1万円

最低返済額は基本的に1万円なのですが、1万円未満の場合は「前月」の利用残高に相当する金額が返済額として引き落とされることに注意が必要です。

随時返済

お金に余裕があって随時返済したい場合は、借入時と同じようにATMやインターネットバンキングで返済することができます。

利用できるATMは借入時と同じであり、マイカードプラスの返済用預金口座のキャッシュガードを使って返済できます。

ただし、ATMの利用時間などによっては1回につき最大で200円(税抜き)もかかりますので、返済についてもできるだけ手数料がかからないようにすることをおすすめします。

インターネットバンキングからの返済も、借入時と同じように事前に指定口座の登録が必要であり、パソコンや携帯から返済が可能です。

なお、随時返済をしても約定日になると最低返済額の引き落としがされてしまいますので、返済用預金口座には返済額分を入金しておくようにしましょう。

もしも、随時返済を行ったからといって約定返済をおろそかにしてしまうと、それが延滞となって信用に傷がつくことになりますので注意しましょう。

また、平日の0:00~19:00以外に随時返済をした場合は、反映が翌営業日となりますので、リアルタイムで残高が減るわけではありません。

一括返済時の返済額は?

マイカードプラスで借りたものを一括で返済したい場合、まずは残高照会をして確認した金額を一括で返済しましょう。

残高照会の方法は、ATMの場合は「マイカード」「残高照会」の順にボタンを押していけば残高が表示されます。

インターネットバンキングの場合は、トップページにある「口座一覧(残高)をみる」をクリックし、カードローン(マイカード)のところに残高が表示されます。

一括返済の方法は、随時返済と同様にATMやインターネットバンキングで行うことができます。

ATMからの返済は1,000円単位でしか行うことができませんが、余剰金が出た場合は翌営業日に返済用預金口座へ返金されます。

インターネットバンキングでの返済は1円単位で行うことができますので、借入分のみを返済することも可能となっています。

ただし、一括返済時の残高を返済したとしても、前回の約定返済日から一括返済をした前日までの利息は残ったままです。

この利息は次の約定日に引き落とされることになりますので、返済に必要な分の残高は残しておくようにしなくてはなりません。

なお、一括返済と同時にマイカードプラスを解約する場合は、解約時に利息を含めて返済することになります。

また、随時返済と同様に、平日0:00~19:00以外に返済を行った場合は、翌営業日に残高へ反映されることになります。

【注意】知らない間に借入残高が増える?

口座残高が足りなくても、自動融資によって引き落としを成立させてくれるとても便利なマイプラスですが、注意して利用しないと知らない間に借金が膨らんでしまう可能性があります。

自動融資を利用する前に、注意点についてもしっかりと理解しておくようにしましょう。

自動融資に頼っているとカードローン残高が膨らんでしまう

自動融資は頼りすぎは危険です。

手元や銀行口座の中にお金がないからといって、「自動融資があるから大丈夫」と考えていても、それはすべて借金です。

まして、三菱UFJ銀行「マイカードプラス」は限度額が30万円までしかありませんので、あっという間に限度額がいっぱいになり、限度額がいっぱいになった後は、借金の返済金だけが残ることになります。

自動融資は恒常的に利用するのではなく、どうしても引き落としに必要なお金が足りないときだけの臨時の借入手段として考えておくようにしてください。

自動融資に気づかないと延滞の恐れも

自動融資によってカードローンの借入が行われたということに気づかないと、延滞になってしまうこともあります。

カードローンは利用しなければ返済金は発生しません。

本人は利用したつもりがなくても、自動融資によってカードローンの借入が行われると、返済の義務が発生します。

本人がこの借入に気づかずに、返済用口座にお金を入れておかなければ延滞になってしまい、信用情報には傷がついてしまいます。

必ずお知らせメールに登録し、自動融資が行われたことを確認するようにしましょう。

おすすめの利用方法は当日に返済すること

便利な自動融資機能ですが、利息が発生し、そのコストは公共料金などの支払いに遅れた時よりも高くついてしまうことが少なくありません。

このため、おすすめの利用方法としては、自動融資が行われた日にカードローンを返済してしまうということです。

カードローンは利用した当日に返済すれば利息は発生しないので、自動融資によって一時的に口座引落を成立させておき、自動融資お知らせのメールが届いたらすぐにインターネットバンキングでカードローンを返済してしまえば利息は全く発生せず、引き落しも成立させることができます。

このように、自動融資機能は融資に頼るのではなく、本当に一時的な残高不足分だけを補うように利用する方が、経済的負担を無くし、自動融資の良い面だけを活用することが可能になります。

バンクイックとの違い

最後に、三菱UFJ銀行の有名なカードローン「バンクイック」と、マイカードプラスの違いについて解説していきます。

どちらも特徴が異なるカードローンであり、状況に応じて使い分けることが賢い利用方法だと言えます。

UFJのカードローンに「バンクイック」と「マイカードプラス」がありますが、それぞれ審査の行程や基準は違うのでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

便利で安心できる自動融資機能

バンクイックには、マイカードプラスにある自動融資機能が付いていません。

そのため、バンクイックを利用している場合に公共料金などの引き落とし分のお金が必要となれば、引き落としが行われる前にわざわざバンクイックから借入して、それを口座に入金しなくてはなりません。

マイカードプラスの場合は、自動融資機能によって手間なく借りられるのですが、バンクイックの場合は振替する手間がかかり、これがバンクイックとマイカードプラスの最大の違いです。

三菱UFJ銀行の口座が必要

バンクイックは、三菱UFJ銀行の口座がなくても、専用のカードで借入や返済を行うことができます。

一方で、マイカードプラスは自動融資機能がついていることからも、三菱UFJ銀行の口座がなくては利用できません。

また、三菱UFJ銀行の口座でキャッシュカードを発行していることも利用条件です。

マイカードプラスは、三菱UFJ銀行の口座とキャッシュカードがあって初めて利用できるカードローンであり、どちらかというとメイン利用者向けのカードローンであると言えます。

利用するまでに時間がかかる

バンクイックは、テレビ窓口で申し込みをすると、その場でローンカードを受け取ることができ、審査の状況によっては翌営業日には利用できるようになります。

一方でマイカードプラスは、手持ちのキャッシュカードで利用できますが、審査結果が郵送でしか行われないこともあり、利用までには2週間程度かかります。

そのため、お金が必要なときまでに時間がない場合はバンクイック、まだ時間がある場合はマイカードプラスというように、利用する時間を考えたうえで使い分けることが大切です。

限度額

バンクイックは、利用限度額が最大500万円の大型カードローンです。

マイカードプラスも当初は最大100万円の利用限度額まで増額できていましたが、現在では30万円の利用限度額でしか契約できません。

また、バンクイックは利用限度額に応じた金利が適用され、高額な利用限度額を契約できると非常に低金利で借りることができます。

これに対しマイカードプラスは30万円という少額な利用限度額ということもあり、一律で14.6%の金利が適用されます。

低金利で高額融資を希望する場合はバンクイック、少額で比較的高い金利でも、使いすぎの防止や自動融資をメインに考えるならマイカードプラスというように、カードの特徴で選ぶと良いでしょう。

ATM手数料が必要

バンクイック、マイカードプラスともに、ATMを利用した場合は手数料が必要となることがあります。

必要となる手数料は同じであり、こちらに関してはどちらを利用しても違いはなく、できるだけ手数料がかからない方法で取引することをおすすめします。

自動引き落としなので滞納しにくい

バンクイックは、ローンカードだけで借入や返済を行うことができ、三菱UFJ銀行の口座も必要ありませんが、毎月の返済をATMなどで行うのは正直手間であり、滞納する可能性も高いです。

マイカードプラスの約定返済は必ず返済用預金口座からの引き落としですので、残高を管理してさえいれば滞納のリスクは少ないです。

カードローンの滞納は信用情報に直結することですので、滞納のリスクが少ない自動引落による返済が望ましいです。

なお、バンクイックも三菱UFJ銀行の口座があれば自動引き落としによる返済が可能ですので、口座を持っていない場合はできるだけ開設することをおすすめします。

まとめ:自動融資は残高を管理しながら利用しよう

三菱UFJ銀行で自動融資を利用するためには、マイカードプラスというカードローンに契約する必要があります。

自動融資機能は入金忘れがあった時などは非常に便利ですが、利息が発生する上に、借入残高が膨らみ限度額がいっぱいになってしまうと、カードローンの返済金分だけが毎月の家計を圧迫してしまうという難点があります。

このようなことがないように、自動融資機能がついているカードローンは他のカードローンよりも残高管理を徹底する必要があります。

三菱UFJ銀行マイカードプラスは自動融資が行われたことをメールでお知らせするサービスがありますので、必ず利用し、自分がいくら借りているのかということを常に把握できるようにしておきましょう。

関連記事をチェック!

193view

三菱UFJ銀行マイカードプラスとバンクイックの違いは?金利や審査徹底比較

三菱UFJ銀行は言わずと知れたメガバンクで、多くの人が利用しており、銀行という安心感からカードローンも人気があります。 三菱UFJ銀行のカードローンと言えば『バンクイック』が有名ですが、同銀行は...

三菱UFJ銀行マイカードプラスとバンクイックの違いは?金利や審査徹底比較

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談