当座貸越の契約書はどこで入手?印紙代は幾ら?

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

中小企業の強い味方と言えば、個人カードローンのように借入可能限度額枠内で自由に入出金ができる「当座貸越」です。

しかし名前は聞いたことがあるものの、どのような仕組みになっているのか、手続きはどうすればいいのかなど疑問が出てきます。

当座貸越の基本内容、契約書の入手方法など詳しく見ていきましょう。

今更聞けない当座貸越とは一体何?

当座貸越とは、当座預金口座を持っている銀行で契約を結び、契約日から1年間、借入限度額内であれば書類1枚でお金を借りることができることです。(契約から1年経過後更新が必要となります。)

先に、中小企業の売上額(月商2か月分が目安)に応じて、借入れ極度枠の申込み審査を行いますので、お金を借りる都度の審査は必要ありません。

簡単に言えば、企業向けのカードローンのようなものだと想像すれば、分かりやすいのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

14269view

当座貸越とは?どんなメリットがあるの?

融資の方法は一括融資で毎月返済を行っていく証書貸付や、一括融資で期日一括返済の手形貸付だけではありません。 当座貸越という融資方法もあります。 当座貸越はふだん我々が目にする機会が非常に多い、カー...

一般当座貸越と専用当座貸越の2種類ある

「当座貸越」と一言に言っても、2種類に分けることができます。

ひとつ目は「一般当座貸越」と言い、例えば当座預金の口座で預金残高額以上の金額の引き落としがあったにも関わらず、残高がないときに自動的に貸付けを行うものです。

個人で例えると、銀行のカードローン一体型キャッシュカードと同じような働きです。

残高が不足していれば、その分だけ自動的に貸付けを行います。

なお、「専用当座貸越」ですが、事前に貸し付け限度額を銀行に申し込み契約し、その範囲内で借入れや返済を行うものです。

当座という名称から、当座預金での貸付けを行うイメージですが、正しくは「当座貸し勘定」という融資専用の口座を設定し、その中で借入れを行います。

返済金額や金利はどうなっているのか

返済金額や金利は、企業の決算内容を踏まえた審査の結果によって変わってきますので、一概に幾らの返済で何%だとは言えません。

さらに言えば、借入上限額が幾らになるのかも審査次第です。

また、毎月の分割返済はなく、1年契約で契約期間内に返済可能な金額を返済可能なときに入金し返済をするという流れです。

翌年の契約期間を迎えたときは、再度審査して更新も可能です。そのため、極端な話をすると1年間は利息だけを支払い、その翌年も利息だけを支払っても問題がないのです。

このように、利用者に得な契約内容になりますので、銀行の審査も非常に厳しいものです。

どの程度審査は厳しいのか

契約者にとって一方的に有利だとも言える借入れが当座貸越ですので、貸出しする銀行としても貸倒れがおきないと思われるなるべく優良な企業としか契約は行いたくないものです。

そのため一般的には、「手形割引>手形貸付け>証書貸付け>当座貸越」の順に審査が厳しくなると言われています。

プロパー契約が最も難しい

申込み方法として、保証会社を介しての申込みと、保証会社をとおさずに申込みをするプロパー契約の2種類が存在します。

保証会社をとおす契約ですと、万が一返済ができなかった場合に、保証会社が融資金額の肩代わりをしてくれるので、銀行としても安心して融資しやすいです。

一方、保証会社を挟んでいないプロパー契約は、返済できなかった場合に肩代わりしてくれる会社がないので、債務を回収が難しくなってしまいます。

したがって、より審査が厳しくなるのです。

もし貸倒れになってしまうと、どこからも融資金額分の回収が見込めません。

融資する相手が個人ではなく企業ですので、融資金額も非常に大きなものになります。

回収できなければ、銀行も甚大な被害を追うことになりますので審査もより慎重になってきます。

関連記事をチェック!

4195view

銀行のプロパー融資と保証付き融資(マル保融資)の違い

銀行から事業資金を借りる場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資と言う融資があります。 ふたつの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか? また、プロパー融資のメリットとデメリットはどの...

当座貸越の契約書はどこで入手可能なのか

当座貸越の契約書は、申込先の銀行が保有していますので、審査にとおれば銀行が開いている時間に出向いて契約書を入手できます。

銀行によっては公式ホームページよりダウンロード可能にしているところもありますので、なかなか銀行にいく時間を作れないという人は、契約書をダウンロードできる銀行にも巣込みをしてみるといいでしょう。

当座貸越契約書と当座勘定貸越約定書との違いとは

審査にとおればあとは契約です。契約書は基本的には銀行へ向かい直接手渡しでもらい、署名押印をして契約完了になります。

しかし中には契約書記載の前に「、当座勘定貸越約定書」への署名押印を求められる場合があります。

これは申込先の銀行での当座貸越に対する、基本的な内容が記載されている書類で、契約書とはまた異なった意味合いを持ちます。

銀行によっては、当座勘定貸越約定書と当座貸越契約書を一緒にしているところもありますが、2枚出される場合もあると覚えておくといいでしょう。

当座貸越契約書に印紙は必要なのか

通常、融資に関わる契約書の場合は、収入印紙が必要になります。

融資金額に応じて印紙代金も変わってきますが、当座貸越契約の場合には200円の収入印紙のみで構いません。

なぜ200円の収入印紙でいいのか

詳しくは印紙税の話になってしまうのですが、通常融資金額に応じて収入印紙の金額は変わってきます。

しかし当座貸越の場合は、カードローンと同じく貸付け極度額内であれば、いつでも入出金可能という側面を持ち合わせています。

このように反復して貸付けを行うような契約内容であれば、極度額が幾らであろうと印紙税法上の記載金額には該当しません。

ただし融資金額での入出金以外(手形や小切手など)で、当座貸越を活用する場合には、また印紙代金は変わってきますので、注意が必要です。

まとめ

当座貸越は契約者に利が大きいため、審査自体が非常に厳しいものとなっています。

それでも申込みを行ってみないと、審査にとおる、とおらないは誰にも分かりませんので、気になるようであれば一度申込みを検討してみてもいいのではないでしょうか。

契約書に関しても申込みをする銀行によって、書式など異なる場合がありますので、一度確認してみることをおすすめします。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談