アプラスカードの審査に落ちた原因と今からできる対応策とは

クレジットカードが欲しく、アプラスの審査に申込みをしたものの、残念ながら落ちしてしまうことがあります。

アプラスだけでなく、クレジットカード会社では審査に落ちた原因を教えてくれません。

原因が分かれば諦めがつき、対処もできる可能性があります。

どのような理由で審査落ちにするのか確認していきましょう。

アプラスの審査難易度はどの程度?

新生銀行のグループ企業である、アプラスは信販会社です。

一般的にクレジットカード審査は「銀行系 > 信販系 > 流通系」の順で、審査が厳しくなると言われています。

アプラスは信販系になりますので、難易度はちょうど中間に位置します。

しかし、審査基準は公開されていませんので、一概に厳しいとも甘いとも言えないのが事実です。

そこで、口コミなどの評判を見ていきましょう。

アプラスの口コミから見える審査基準

アプラスに申込みをしたか、会員であるという人の口コミを見ると、申込みに関しては、高収入であったり、他社の審査に通過したりした人が審査に落ちたという口コミもあれば、逆に審査は厳しくはないという声があります。

また、多重債務であることが審査落ちの理由と、考えている口コミも目立っていました。

ただし、これらの意見は口コミですので、個人の考えです。

信ぴょう性について言及すると、申込人の立場が違うため、インターネットの口コミは気にしないことがいいということです。

したがって、審査基準は年収面だけを見ているのではなく、総合的に申込人を確認するため結果は人によって違うということ覚えておきましょう。

Tカードプラスはアプラスが審査

TカードプラスはTSUTAYAのレンタルサービスが、お得になるクレジットカードですので、ふだんからよくTSUTAYAを利用する人は申込みする価値がある1枚です。

Tカードと言うとどうしてもTポイントカードのイメージがあるため、誰でも持てるカードという認識で申込みを行う人が多いようです。

しかし、Tカードプラスはポイントカードではなく、クレジットカードなので審査がありますので注意をしましょう。

なお、審査をしているのはアプラスです。

したがって、Tカードプラスはアプラスの審査基準によって、審査されることになります。

カードの基本情報から分かる審査基準とは?

申込みをしたクレジットカード会社の審査会社がアプラスではなく、「新生アプラスカード」に申込みをしたものの審査に落ちたという人もいるでしょう。

申込みをしたクレジットカードがどこで利用できるのか(利用できるところは国内だけではないのかなど)、サービス内容は充実しているのかというポイントの違いで、審査の基準が変わってきます。

そこで、新生アプラスカードの基本情報を確認してみましょう。

新生アプラスカードの基本情報
年会費 初年度無料、次年度1,500円(税別)
国際ブランド JCB、VISA、マスターカード
申込み条件 原則として満18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能であること
サービス内容
  • ショッピングガーディアン保険
  • アプラスワールドワイドサポート
  • カード盗難紛失保障
  • ポイントプログラム
  • 「アプラス」クイックペイ

上記の基本情報から見られるのは、新生アプラスカードは一般的なクレジットカードであるということです。

特に珍しいサービスはついていませんので、初めてのクレジットカードに適しているとも言えます。

また国内外問わず使えるカードでのため、利用者層の幅が広いでしょう。

なお、アプラスのカード発行目的は、ショッピングモールなどで発行しているカードと違い、新規顧客獲得としていません。

このようなことを総合して考えると、新生アプラスカードの審査基準は甘いと言えません。

アプラスカードの審査に落ちた原因とは

審査に落ちてしまう理由について、気になる点ではないでしょうか。

審査結果のときにハッキリと、理由を伝えてくれればいいのですが、アプラスに関わらずどこの金融機関も審査に落ちた原因を申込者に伝えることはありません。

トラブルを防止するため、コンプライアンスの観点から、金融業界では審査結果を顧客に教えてはいけないことになっています。

しかし申込者からすれば原因が分からない限り、次に申込みをしてもまた同じ結果になってしまう可能性があり、不安になってしまいます。

審査に落ちた直接の原因が分からなくても、クレジットカード審査の落ちる要因を把握しておくことで、次につながる可能性が出てきます。

そこで、審査に落ちる要因とされる項目に、どのようなものがあるか見ていきましょう。

申し込み条件に該当していない

新生アプラスカードの申込み条件は、原則として満18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能であることです。

年齢について目が行ってしまいますが、重要なのは電話連絡が可能であることです。

特にWEB申込みをしている人に多いようですが、申込みをした後に知らないところからの番号という理由で、電話に出ないというパターンです。

見知らぬ番号からの着信は出ない人でも、クレジットカードに申込みをした場合は、プラスから着信があるものと考えておきましょう。

また未成年の場合は、親権者の同意が必ず必要です。

親権者から同意が得られなければ、審査にとおることはありませんので注意が必要です。

またカード種類によっては、申込者年齢が20歳以上に設定されていることもあるので、申込み前に必ず条件を確認しておきましょう。

収入が安定していない

収入の額が問題ではなく、安定した収入を得ているかということが大事になります。

年収の基準は申込み条件には明記されていませんが、年収が低くても生活が成り立っているのであれば、さほど気にする必要はありません。

幾ら高収入であっても、収入金額よりも支出金額が大きかったり、月によって収入金額が大きく変動したりする場合は、どうしても不安定な収入とみなされますので、審査に落ちてしまう可能性が出てきます。

勤務年数が短い

勤務年数も重要な審査要項です。

勤務年数が短いと、安定した収入には結び付きませんので、最低でも1年以上で理想としては3年以上の勤務年数が望ましいと言えるでしょう。

勤務年数が長ければ、過去の給与額を統計上から出しやすくなりますが、勤続年数が短いとどうしても給与額がすべて予測金額になってしまいます。

確実に返済を行うことがカード発行の条件ですので、予測金額よりも実績としてもらった給料額は信ぴょう性が増すのです。

信用情報機関での情報

カードに申込みを行うと、必ず信用情報機関に照合をかけられます。

そこで他社の返済状況や返済実績、過去に自己破産などの債務整理を行っていないか確認されます。

申込時点で他社返済に遅れがある場合は、生活が苦しいのではないかと判断され、融資をしても自転車操業になってしまうという懸念材料になります。

また、〇月×日に△件の、融資(カード発行)申込みを行ったのかも確認されます。

申込をしたとしても、審査に通過したものがあるから問題ないと思う人もいるようですが、否決なのか審査中なのかは信用情報では分かりません。

また同時期に複数の会社に申込みを行うと申込ブラックとなり、審査にとおることが難しくなってきますので注意をしてください。

多重債務の確認

信用情報機関で、現在何社から借入を行っているのかも確認できます。

もちろん総借入金額も審査要項ですが、何社借入をしているのかという件数も重要になってきます。

現在使用していないカードでも、使おうとすれば利用可能ですので、借入限度額がそのまま借入している金額とみなされるケースもあるので注意が必要です。

関連記事をチェック!

5205view

アプラスの各種ローン申込に影響する信用情報は?

アプラスは高金利で審査難易度が低めといったイメージがあるため、消費者金融会社と思われている方も少なくありません。 しかし実は新生銀行グループに属する、中堅の信販系クレジットカード会社です。 ...

アプラスカード審査に落ちても今からできる対応策とは

アプラスカードの審査に落ちてしまっても、すぐに他社のカードに申込みをすることはおすすめできません。

理由は申込みブラックと、みなされてしまう恐れがあるためです。

申込みの記録は信用情報機関に6か月残りますので、他社への申込みは6か月たってからにしましょう。

6か月の間に、次の審査のための対応策を考えておきましょう。

使っていないカードは解約

クレジットカードは使っていなくても、持っているだけで利用限度額まで借入をしているとみなされることがあります。

実際使っているのであれば納得もできますが、使っていないカードのせいで借入件数や、借入総額が増えるのは避けなくてはいけません。

使っていないクレジットカードがあれば、積極的に解約手続きをしましょう。

また、ふだんショッピング枠しか使っていないカードもあれば、キャッシング枠を0円にしてください。

他社返済を遅れないようにする

カードの返済に遅れたことはなくても、携帯料金の支払いを遅れてしまった経験はなかったでしょうか。

スマートフォンの端末代を分割購入している場合は、月の利用料金と合算して請求されますので、携帯料金の支払い遅れは他社の延滞と同様に見られます。

そのため審査に落ちた原因に心当たりがないという人は、携帯料金の支払いに遅れがなかったのかを確認して、遅れた経験がある人は遅れないようにしてください。

審査にとおりやすい条件はあるのか

審査基準が未公表なため、審査に確実にとおる条件をハッキリと言える人は、アプラスの審査をしている人以外はいません。

しかしアプラスに限らず、審査落ちの原因は各金融機関でも共通しているものがありますので、審査落ちの原因をなくすことが優先されます。

そのうえで、年収金額が比較的高いこと、勤務年数が長いことなどの属性を満たせば、審査にとおりやすいと言えるでしょう。

また他社で借入をしている場合は、返済比率も重要になってきます。

借入が少なければ余り気にすることもありませんが、全く今まで借入がない状態の場合は、過去に債務整理を行って情報が消えている可能性があると疑われてしまうこともありますので注意が必要です。

今まで借入履歴がない人はクレジットヒストリー(クレジットカードなどの返済履歴)を作っておくと、審査によりとおりやすくなります。

アプラスカードの審査落ちしたら検討したい再申込先とは

一度審査に落ちた人で6か月を経過してから、他社にクレジットカードの申込みを行う場合は、アプラスに申込したときよりも慎重に申込先を検討しなければいけません。

申し込み条件が厳しいところだと、審査に落ちてしまい6か月待つことになってしまいます。

しかし、カード会社は数多くあり、何を選んでいいのかよく分からなくなってしまう人もいるでしょう。

そのときには、最初にアプラスカードを選んだ理由を思い出し、同じようなサービスを提供しているカード会社へ申込みをするといいでしょう。

シンプルな機能が魅力「Yahoo!カード」

クレジットカードを持っていなく最初の1枚と考えていたり、クレジットカードの機能は必要最小限でいいと言ったりする考えであれば「Yahoo!カード」もおすすめです。

年会費無料でポイント還元率は1.0%と、高還元率なことのおすすめの理由のひとつです。

よく「Yahoo!ショッピング」や「ロハコ」を利用する人であれば、ポイントが3倍になるのも魅力です。

またたまるポイントはTポイントですので、Tカードプラスの審査に落ちた人も利用しやすいカードと言えます。

サービス内容は極めてシンプルで、「ショッピング保険」「ネットセーフティーサービス」「ICカード」「海外利用分割・リボ払い」が、基本機能として附帯しています。

内容がシンプルなため入会間口も広く設定されていますので、初めてのクレジットカードとしては適しているのでしょう。

同じ信販系クレジットカードで選ぶなら「三菱UFJニコスVIASOカード」

信販系のカードに魅力を感じていたのであれば、三菱UFJニコスVIASOカードも検討するといいでしょう。

ネットショッピングをするとポイントが最大10%で、携帯料金やプロバイダー料金の支払いはポイント2倍になりますので普通に使うにはピッタリです。

年会費は無料にも関わらず、海外旅行傷害保険サービス(最高2,000万円)が附帯されており、ショッピングパートナーサービス(年間最大100万円)や、カード利用限度額も最高100万円と使い勝手のいいサービス内容となっています。

国際ブランドはマスターカードだけですが、会員特典として月額300円で全国各地のレジャー施設の優待特典がついてきます。

使えば使うほど、お得なカードになっています。

まとめ

アプラスカードの審査は決して甘いとは言えませんので、審査落ちしてしまうことも珍しくはありません。

審査落ちの原因となる項目をできる限りなくしていくことで、次の申込みの結果も変わってきます。

しっかりと審査落ちの理由を自己分析して、自分の需要に合うカード会社を検討してみてください。

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事