宮崎銀行の4つの住宅ローンを解説!特徴と流れについて紹介

通称「みやぎん」と呼ばれる宮崎銀行には、4つの住宅ローン商品があります。

住宅ローンには新規購入から借り換え、リフォームなどかあり、いずれも宮崎銀行で取り扱われています。

またお得な金利引下げ可能な商品もあるので、特徴をしっかり押さえておきましょう。

そこで、審査で見られることを解説していきます。

宮崎銀行のエリアを確認しよう

地方銀行は近隣の都道府県が営業エリアとなることが多く、宮崎銀行も同様に営業エリアが宮崎はもちろん、鹿児島などの九州を中心としています。

したがって住宅ローンも営業エリア内の住宅が対象となります。

住宅ローンの相談ができる、住宅ローンプラザは、下記の箇所となるので確認しておきましょう。

宮崎県 鹿児島県
  • 本店プラザ
  • 都城プラザ
  • 日向プラザ
  • 延岡プラザ
  • 鹿児島プラザ
  • 鹿児島南プラザ
  • 国分プラザ

宮崎銀行の住宅ローン商品について紹介

宮崎銀行には4つの住宅ローンがあります。

それぞれ違った内容となっているため、特徴を順番に確認していきましょう。

1.満額快答

満額快答は、新築・新規購入から借り換えまでに対応する商品です。

特徴は次の3つがあります。

  1. 変動金利を選択した人は一部繰上げ返済手数料が無料
  2. 当初固定金利の選択期間が終了した時点の住宅ローン基準金利より1.0%引下げ
  3. 団体信用生命保険料が不要
    (宮崎銀行が負担)
申込条件
  • 申込時の年齢が満25歳以上70歳以下で返済完了時に81歳以下の人
  • 給与所得の人は、安定継続した収入のある人
  • 自営業の人は、直近3年間の安定継続した収入のある人
  • 安定継続した勤務をしている人
  • 保証会社の保証を受けられる人
  • 給与振り込み指定または公共料金振替3項目以上を利用している人、あるいは新規に利用する人
  • 団体信用生命保険に加入できる人
使いみち
  • 土地建物購入資金
  • 住宅増改築修繕資金
  • 住宅ローン借換資金
  • 住み替え建て替えによる住宅購入資金
  • 上記にかかる外構工事、造園工事、解体工事諸費用
借入金額 100万円~5,000万円
借入期間 35年以内、固定金利型は25年以内

またキャンペーンをしているときは、「保証料・取扱手数料が不要」「借入条件を緩和 (年収・勤続年数など)」があります。

とてもお得なキャンペーンですので、宮崎銀行の住宅ローンを検討する人はホームページなどをこまめにチェックしておくといいかも知れません。

2.住まいるいちばん

借り換えや住み替え、またはリフォームを検討している人に向けた商品です。

住まいるいちばんの特徴は、「審査がスピーディー」「土日祝日も相談申込が可能」「団体信用生命保険付き(保険料銀行負担)」という点です。

申込条件
  • 満20歳以上満65歳未満で返済完了時の年齢が満80歳未満の人
  • 永久許可を受けている外国人
  • 同一勤務先に1年以上勤務している給与所得者、個人事業主の人は2年以上、法人役員の人は2年以上の事業歴がある人
  • 安定した収入が継続して見込める業種職種
  • 前年度税込み収入が100万円以上の人
  • 団体信用生命保険に加入できる人
  • 保証会社全国保証株式会社の保証を受けられる人
使いみち
  • 本人や家族が住むための住宅購入とともに行われる増改築資金
  • 上記に関する諸費用
借入金額 100万円~6,000万円以内
借入期間 2年以上35年以内
(固定金利は25年以内)

3.未来設計

宮崎銀行の新しくできた住宅ローン商品です。

正社員のほか契約社員や派遣社員の人も申込みができます。

また返済期間が最長40年と長く、ゆとりをもって返済ができるプランです。

申込条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上70歳以下で、返済完了時の年齢が満81歳以下の人
  • 同一勤務先に6か月以上勤務している人、自営業の人は営業開始後6か月経過している人
    (ただし派遣社員・契約社員の場合は就業期間の累計が3年以上)
  • 給与所得の人は前年度の収入が税込み年収100万円以上の人
  • 自営業者の人は直近の所得が100万円以上の人
  • 給与振り込み指定または公共料金振替に3項目以上の利用をしている人、または新規に申し込みできる人
  • 宮銀保証株式会社の補償を受けられる人
  • 団体信用生命保険に加入できる人
使いみち
  • 土地住宅購入資金
  • 住宅の増改築修繕資金
  • 住宅ローン借換資金
  • 住み替え建て替え資金
  • 上記に関する諸費用
借入金額 100万円以上3,000万円以内
借入期間 1年以上40年以内

4.Elena(エレナ)

女性を対象としたプランで、未来設計と内容はほぼ同じです。

正社員ではなく派遣社員や契約社員の人も利用できるため、幅広い層の人が利用できます。

Elenaの特徴は次のものがあります。

  • 出産や育児などで仕事を休業した場合は最大5年間元金据置き返済が可能
  • 働く女性を応援するメディカルコールサービスがある
申込条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上70歳以下で、返済完了時の年齢が満81歳以下の人
  • 同一勤務先に6か月以上勤務している人、自営業の人は営業開始後6か月経過している人
    (ただし派遣社員・契約社員の場合は就業期間の累計が3年以上)
  • 給与所得の人は前年度の収入が税込み年収100万円以上の人
  • 自営業者の人は直近の所得が100万円以上の人
    給与振り込み指定または公共料金振替に3項目以上の利用している人、または新規に申し込みできる人
  • 宮銀保証株式会社の補償を受けられる人
  • 団体信用生命保険に加入できる人
使いみち
  • 土地住宅購入資金
  • 住宅の増改築修繕資金
  • 住宅ローン借換資金
  • 住み替え建て替え資金
  • 上記に関する諸費用
借入金額 100万円以上3,000万円以内
借入期間 1年以上40年以内

宮崎銀行の団体信用生命保険について紹介

宮崎銀行の住宅ローン商品は、病気などで死亡や高度障害となったときに、住宅ローンを0円にできる保険に加入することが条件となっています。

団体信用生命保険の種類は、以下の2種類あります。

◇地銀協がん団信

一般社団法人全国地方銀行協会「がん保障特約付きリビング・ニーズ特約団体信用生命保険」のことです。

がんの既往歴のある人は申し込めません。

特徴として死亡や高度障害となった場合や、がんと診断確定または余命6か月以内と診断されると住宅ローン残高が0円になります。

◇ライフサポート団信

一般社団法人全国地方銀行協会のライフサポート保険です。

3大疾病と言われる「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」となった場合や、所定の就業不能状態のけがや病気が12か月以上継続したときに住宅ローンが0円になります。

ライフサポート団信に加入できる人は、以下の人となりますので確認しておきましょう。

  • 借入時の年齢が満20歳以上満50歳以下で、返済完了時の年齢が満76歳未満の人
  • 生命保険会社の承諾を得られる人
  • がんの既往歴のある人や、告知日に病気やけがで休職中の人以外
  • 借入金額が5,000万円を超える場合は、生命保険会社の専用診断書を提出

また「住まいるいちばん」が選択できる団信は「就業不能団信」のみとなります。

火災保険

宮崎銀行の住宅ローン契約時には火災保険に加入することになっています。

宮崎銀行の住宅ローンと提携する火災保険は4つあります。

  1. 東京海上日動火災保険「トータルアシスト住まいの保険」
  2. あいおいニッセイ同和損害保険「マイホームぴたっと」
  3. 三井住友海上火災保険「GK すまいの保険」
  4. 損害保険ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」

いずれも、宮崎銀行で住宅ローン契約者専用の火災保険です。

借入れ契約と同時に窓口で火災保険の契約手続きができるため、火災保険の契約漏れなく手続き可能です。

申込みから融資を受けるまでの流れを紹介

住宅ローンの申込みは何度も経験できるものではないため、どのように手続きを進めればいいか知らない人も多いでしょう。

宮崎銀行で住宅ローンを利用する場合の、申込みから融資を受けるまでの流れをまとめました。

Step1.相談 来店し相談・仮申込みをします。
Step2.事前審査 仮審査が行われ、審査結果を待ちます。
Step3.事前審査結果の通知 審査結果通知後、審査に通ると正式な申込み手続きに移ります。
Step4.正式申込 正式申込みには、幾つかの書類を提出しなければなりません。
あらかじめ用意しておきましょう。
Step5.本審査 宮崎銀行及び保証会社の審査を受けます。
Step6.本審査結果の通知 本審査に通過すると契約手続きとなります。
Step7.契約・火災保険の加入 契約時には火災保険の加入をすることになるので、事前に内容を確認しましょう。

関連記事をチェック!

5108view

住宅ローンの仮審査と本審査の違いとは

住宅ローンには仮審査と本審査があります。 住宅ローンの仮審査と本審査について徹底解説いたしますので、ぜひ万全に準備を整えてから住宅ローンに申し込んでください。 この記事はこんなひとにおすすめ 今...

宮崎銀行住宅ローンの金利は高い?

それぞれの商品金利を紹介

それぞれの住宅ローン商品には変動金利と固定金利選択型、固定金利あります。

以下に住宅ローン商品それぞれの基準金利を紹介します。

満額快答 未来設計・Elena
変動金利 2.725% 2.725%
固定金利 2.5%~2.9% 2.5%~2.9%

金利引下げ前の金利は、銀行の住宅ローンにしては高いものとなっています。

宮崎銀行では金利引下げプランも用意されているため、事前によく確認しておきましょう。

金利引下げプラン

宮崎銀行の住宅ローン商品には決められた基準金利より、条件によっては金利が引き下げられることがあります。

金利引下げとなるプランを見ていきましょう。

◇みやぎんエコプラン

宮崎銀行が対象とするエコ関連設備の資金を利用する場合、当初固定金利選択型店頭基準金利より(2年5年10年のみ)年0.1%の金利引下げをしてもらえます。

エコ関連設備とは、オール電化、環境配慮型ガス化、住宅用陽光発電システムのことを言います。

◇みやぎん子育て応援プラン

扶養する子供が3人以上の家庭を対象に、当初固定金利選択型店頭基準金利より(2年5年10年のみ)年0.1%の金利引下げをしてもらえます。

◇おまかせくん

みやぎんパートナーカードローン「おまかせくん」を既に所有している人またはこれから所有する人を対象に、当初固定金利選択型店頭基準金利より(2年5年10年のみ)年0.1%~0.3%の金利引下げが可能です。

◇環境貢献型みやざきスギの家認定

宮崎県が定める、環境貢献型宮崎すぎの家認定制度の認定を受けた住宅を対象に、当初固定金利選択型店頭基準金利より(2年5年10年のみ)年0.1%の金利引下げができます。

◇自己資金20%以上

自己資金が20%以上の場合、当初固定金利選択型店頭基準金利より(2年5年10年のみ)年0.1%~0.3%の金利引下げが可能です。

固定金利

宮崎銀行住宅ローンの固定金利には全期間一定の金利設定とものと、ある一定の期間のみ固定金利とするものがあります。

固定金利は変動金利と異なり、将来的に金利が上がった場合のリスクがないため返済額は変わりません。

返済計画を立てやすいというメリットもありますが、変動金利より高めに設定されています。

なお、宮崎銀行の固定金利選択型は、2年、5年、10年、15年の中から期間を選ぶことができます。

変動金利

変動金利は返済期間中に金利が見直されるタイプのことを言います。

そのため期間ごとに金利が異なるため、金利が上昇するリスクもありますが、宮崎銀行の変動金利は住宅ローンの中では一番低い設定となっています。

金利の見直しは6か月ごとに行われますが、返済額の見直しは5年ごととなるので覚えておいてください。

また変動金利から固定金利への変更はできますので、金利が上昇したときは検討するといいかも知れません。

また変更するときは、手数料が5,400円(税込み)かかりますので注意してください。

宮崎銀行の住宅ローンの必要書類

宮崎銀行住宅ローンの手続きには、様々な書類が必要となります。

事前に用意をして、スムーズに手続きができるようにしておきましょう。

本人確認書類

申込時に必要な本人確認書類を確認しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民票
  • 印鑑証明書

収入に関する資料

◇給与所得者

  • 前年度の源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書

◇個人事業主及び確定申告をしている人

  • 確定申告書
  • 申告所得納税証明書、事業税納税証明書

◇法人代表者

給与所得者または確定申告をしている人が用意しなければいけない書類と、そのほかに以下のものが必要となります。

  • 法人の決算報告書
  • 法人税納税証明書
  • 法人事業税納税証明書

物件関連の資料

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • パンフレットやチラシ、販売図面など物件情報が分かるもの
  • 工場請負契約書など

既存ローンに関する資料

他社で借入がある人や、借り換えをする人は次のものが必要となります。

  • 借入中の償還予定表
  • 借入中の償還返済口座の通帳

宮崎銀行の住宅ローンの審査をしっかり把握しよう

宮崎銀行に安心して申し込みするために、審査がどのように行われるのか事前に把握しておくことも大事です。

そこで、審査がどのように流れるのか説明をしていきます。

審査の流れ

宮崎銀行の住宅ローンに申し込みを行うと、事前審査が行われた後に本審査に移ります。

事前審査と本審査の違いを、解説しますので参考にしてください。

事前審査

事前審査は本審査よりも審査項目は少ないですが、契約者の年齢や収入、勤務先などの属性情報や、他社借入状況などの個人信用情報の内容まで、しっかりとチェックされます。

事前審査では、本人確認書類や収入証明書類、他社借入中の償還予定表などの資料提出を求められます。

したがって、本審査よりも簡易的ではありますが、住宅ローンの審査に必要な事項がしっかりと組み込まれています。

本審査

事前審査に通過すると正式申し込みをし、正式本審査に入ります。

本審査は事前審査よりも詳細な確認作業を必要とします。

本審査で落とされる人は少ないと言われていますが、落とされることもありますので安心しないようにしましょう。

審査基準や審査項目

住宅ローンの審査では「返済能力」「信用力」「物件担保評価」「健康状態」が重要と言われています。

申込条件にあるように同一勤務先に長い年数勤務している方が返済能力は高いとされます。

勤続年数が浅いと転職を繰り返し、収入が安定していないと思われるからです。

そしてローンの審査では必ず個人信用情報をチェックされます。

金融事故を起こしたことがある人は、信用力がないため審査に通る可能性が低いでしょう。

これから住宅ローンを考える人は、他社借入で返済を延滞しないように気を付けて信用力を上げるように努めましょう。

宮崎銀行の住宅ローンでは団信に加入する必要があるため、健康状態に問題がある場合は団信に入れず、住宅ローンを組めない可能性があります。

また物件に対する評価も大事で、申込金額にと購入する物件価格に開きがないか確認されます。

宮崎銀行で住宅ローンの借り換え商品は?

満額快答・住まいるいちばんも借り換えできる

満額快答・住まいるいちばんは新築購入以外に借り換えにも利用できます。

満額快答で借り換えをするときの例を挙げてみました。

◇他社での借入残高2,000万円で固定金利2.80%

※ボーナス時の返済が50万円

  • 月々の返済額は69,581円
  • 年間返済額は1,114,414円

◆宮崎銀行に借り換え後、借入残高2,000万円で金利1.10%

※固定金利選択型・10年固定の最大引下げ金利適用

※ボーナス時の返済が50万円

  • 月々の返済額は57,212円
  • 年間返済額は915,848円

上記の計算するときのポイントは、借り換え前よりも金利を引き下げ可能かどうかになります。

事前に十分シミュレーションをしてから、借り換えを行うようにしましょう。

ソーラー・リフォームローン「十人十色」

宮崎銀行のソーラー・リフォームローンの特徴は3つあり、「担保・保証人不要」「幅広いリフォームに対応」「借り換えOK」です。

商品名 十人十色(保証料一括前取り型)
申込条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、完済時の年齢が満75歳以下の人
  • 勤続年数が2年以上の人(自営業は3年以上)
  • 前年度税込み収入が150万円以上(自営業は400万円以上)
  • 融資金額が300万円以内の場合は、勤続年数が5年以上
  • 対象物件の所有者が本人または親族であること
  • 所得合算をする場合は、前年度税込み収入を100%とする
  • 保証会社である株式会社宮崎信販の保証を受けられる人
借入金額 10万円以上500万円以内
借入期間 6か月以上15年以内
利率 変動金利型または固定金利型から選択できます

なお、東京・大阪営業所では取り扱っていませんので注意してください。

宮崎銀行の住宅ローンと保証会社の関係は?

保証会社の役割

保証会社が住宅ローンにどのように関わっているのか見ていきましょう。

保証会社は銀行が貸倒れを防ぐためにあります。

保証会社は審査で貸し付けできるかを判断し、契約者が返済できなくなったとき、契約者の代わりに支払うことになっています。

いざというときのために保証料を支払うのです。

ただし、保証会社が払ったからと言って契約者に支払い義務がなくなるわけではなく、今後は保証会社に返済していかなければなりません。

保証料

満額快答と住まいるいちばん、リフォームローン「十人十色」の100万円あたりの保証料は以下の表の通りです。

満額快答
借入期間 保証料
10年 4,706円
20年 8,776円
25年 10,529円
30年 12,080円
35年 13,430円
住まいるいちばん
借入期間 保証料
10年 11.117円
20年 19,896円
25年 23,673円
30年 27,016円
35年 29,929円
リフォームローン「十人十色」
借入期間 保証料
1年 5,000円
3年 15,000円
5年 25,000円
10年 50,000円
15年 75,000円

保証料は意外に大きな金額が必要となるため、幾ら必要となるのか事前に確認しておくようにしましょう。

宮崎銀行の住宅ローンの気になる口コミは

宮崎銀行の住宅ローンを利用する前に、実際に利用した人の口コミは、とても気になるのではないでしょうか。

多くの口コミには、事務的な内容や審査について書かれています。

事前審査に通過した人の多くは、本審査に通ったとありますが、審査は個人により変わりますので参考程度にしておきましょう。

また担当者の対応が丁寧だった、スムーズに手続きができたという口コミも見かけることから、評判はまずまずと考えてもいいかも知れません。

まとめ

宮崎銀行の住宅ローンは4種類ありますが、それぞれの商品には特徴がありますので、しっかり確認しましょう。

また金利引下げプランが多く、とてもお得になるので、対象となる人は受けるようにしましょう。

そして審査は個人の状況により違いますので、事前審査に通過しても最後まで安心しないでください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン申込体験談