イオン銀行のデンタルローンとは

イオン銀行では、住宅ローンをはじめとしてさまざまなローンを取り扱っていますが、その中の1つにデンタルローンというローンがあります。

住宅ローンや自動車ローンであれば、どのような目的で利用するローンか分かりやすいですが、デンタルローンに関しては資金使途が分かりにくいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、イオン銀行で取り扱われているデンタルローンとはどのようなローンかについて、説明を行っていきたいと思います。

イオン銀行デンタルローンの商品詳細

デンタルローンとは、歯の治療や矯正に利用できるローンのことです。

歯医者さんのことを「デンタルクリニック(dental clinic)」と呼ぶことを知っていれば、分かりやすいかもしれませんね。

では、イオン銀行のデンタルローンの商品詳細を見ていきましょう。

なおイオン銀行のデンタルローンは、「イオンアシストプラン」という商品の中のコースの1つとなっています。

利用できる人
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満のかた
  • イオン銀行に普通預金口座をお持ちのかた
  • 安定かつ継続した収入の見込めるかた
  • 日本国内に居住しているかた
    (外国籍のかたは永住許可が必要)
利用限度額 30万円~700万円
適用金利 3.8%~8.8%
返済方法 毎月元利均等返済
(6ヵ月ごとの増額返済の併用も可)
借入期間 最長8年
担保・保証人 不要

イオン銀行のローンなので、イオン銀行に普通預金口座を持っていないと利用できない点には注意が必要ですね。

どんなメリットがある?

では、イオン銀行のデンタルローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

来店不要で契約手続きが可能

ローンの契約を行う際は、来店して店頭で手続きを行わなければならない場合も多いですが、デンタルローンの場合は融資まで来店が不要です。

イオン銀行のホームページ上にある申し込みフォームに必要事項を入力して申し込みを行うと、申し込み内容に基づいて審査が行われます。

その後ローン契約書が送付されてきますので、必要事項を記入・捺印して必要書類同封のうえで返送すれば手続きは完了で、融資を受けることができるようになっています。

申し込み内容の確認のために、自宅もしくは勤務先に電話がかかってくる可能性こそありますが、融資を受けるまでに一度も来店をしなくていいというのは非常に楽ですよね。

歯に関することなら幅広く利用可能

「歯の治療・矯正」と一口に言っても、その内容は非常に幅広くなっています。

虫歯の治療のために歯医者に通うという人もいるでしょうし、特に悪いところがあるわけではないものの定期的なお手入れのために歯医者を利用する人もいるでしょう。

また、ホワイトニングやオールセラミックのような審美歯科的な目的で歯医者に通う人もいますし、インプラントのような保険適用外の治療もありますが、このような幅広い治療のいずれにもデンタルローンを利用することが可能です。

特に、保険適用外のインプラント治療の費用などは自力で支払おうと思うとなかなか大変なので、デンタルローンを有効活用できると非常に助かるのではないでしょうか。

担保・保証人なしで利用可能

ローンを利用する場合は担保や(連帯)保証人を求められることも多々ありますが、イオン銀行のデンタルローンでは、担保も保証人も必要ありません。

人によっては、担保が用意できなかったり保証人になってくれそうな人がいなかったりということもありえると思いますので、担保・保証人不要で利用できることでより幅広い人が利用できるようになっています。

ただし、担保・保証人が不要である代わりに、オリックス・クレジット株式会社の保証を受ける必要があります。

過去にオリックス系列のクレジットカードやローンで返済を遅延したことがあるような場合は、保証を受けられずに審査落ちになってしまう可能性があることには、十分注意しておきましょう。

審査落ちのときはフリーローンの審査へ

オリックス系列の金融機関で問題を起こしている場合は、審査落ちになってしまう可能性があるのは上述した通りですが、そうでなくともそもそも属性や信用情報に問題があって審査落ちになってしまうということも考えられるでしょう。

歯の治療のためにお金を借りたいと思っていたのに、審査落ちになってしまったとなると大きな痛手ですが、イオン銀行ではデンタルローンの審査に落ちてしまった場合は、そこからフリーローンの審査に切り替えてもらうことができます。

フリーローンはその名の通り、資金使途が定められておらず自由に利用することができるローンなので、もちろん歯の治療費として利用することも可能です。

デンタルローンの審査に落ちてしまったとしても、フリーローンの審査に通過できて融資を受けることができればとりあえず一安心ですね。

ただし、一般的に資金使途が自由なローンは資金使途が決められているローンと比較すると金利が高い傾向にありますので、フリーローンでの融資になった場合はデンタルローンでの融資になった場合よりは返済が少し大変になるであろうことは、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

融資を急ぐときはカードローンが便利

デンタルローンを利用して実際に融資を受けるまでには、申し込み~契約手続き~融資という流れが必要ですが、ローン契約書を郵送で送付してもらってそれを返送しなければならないため、申し込んですぐに融資を受けるというわけにはいきません。

実際に歯の治療費を支払うまでに猶予があればいいですが、今すぐ支払わなければならないというような場合には、デンタルローンの融資が間に合わないという可能性も考えられます。

そのようなときには、契約が完了次第すぐに融資を受けられるカードローンを利用するというのも1つの手です。

イオン銀行のカードローンでは、審査完了後約5日でローンカードを受け取ることができますが、イオン銀行の口座を所有していれば審査完了後すぐに口座振込で融資を受けることができるため、デンタルローンを利用する場合よりも早く借り入れを行うことが可能です。

ただし、カードローンもフリーローン同様に資金使途が自由なローンとなっているので、デンタルローンを利用する場合と比べると返済負担が多少重くなる可能性は否めません。

返済負担やいつまでにお金を用意しておかなければいけないか、などをいろいろと考慮に入れたうえで、デンタルローンを利用するかカードローンを利用するかを決めるといいでしょう。

まとめ

以上、イオン銀行で取り扱われているデンタルローンとはどのようなローンかについての説明を行ってきました。

最近では、歯をキレイに保っておくことも自分磨きの一環だという風潮が強まってきているため、以前にも増してホワイトニングなどの審美歯科的治療を行う人が増えてきています。

歯科治療の中には保険適用外のものも多く、その分歯医者に通う人の負担も重くなってしまいがちなので、デンタルローンの需要は今後ますます高まっていくと考えられます。

今回はイオン銀行のデンタルローンを取り上げて説明しましたが、他の金融機関の中にもデンタルローンを取り扱っているところはありますので、それぞれのデンタルローンを比較してみて自分にとってもっとも条件がいいと思われるデンタルローンを利用するといいでしょう。

歯医者の支払いを分割にする方法

関連記事をチェック!

8892view

デンタルローンは審査が甘い?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 保険外治療では高額な治療費が必要 歯の治療では虫歯治療や歯垢除去などの場合であれば数千円で治療...

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事