荘内銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

荘内銀行のフリーローン

荘内銀行は、山形県鶴岡市に本店を置く地方銀行です。

この荘内銀行では、数多くの融資商品を提供しており、カードローンなどの借り換えできる商品は4つあります。

それぞれの商品名は、

  • <荘銀>ローンドリームコンシェル(フリープラン)
  • 荘内銀行フリーローン1000
  • 荘内銀行「フリーローンWeb」
  • <荘銀>シニアローン「年金プラン」

となっています。

これらのフリーローンは、他の銀行や消費者金融のカードローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いなども借り換えの対象とすることができます。

ですので、消費者金融のおまとめローンよりも幅広い資金をまとめることができ、毎月の返済額を大幅に軽減させることが可能です。

この記事では、荘内銀行のフリーローンの審査基準や審査に通るためのポイントなどを紹介していきますので、おまとめローンとして利用する際の参考にしてください。

また、フリーローンで借り換えを行う際には注意しなければならないこともありますので、このことについても解説していきます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは商品の特性上、おまとめローンに向いている商品です。

しかし、審査によっては融資額を減額されてしまうこともあり、一部分しかまとめることができない可能性もあります。

また、利用できる人や資金使途を限定しているフリーローンもありますので、きちんと商品の内容を確認しなければなりません。

フリーローンで借り換えする際には、これらのことに注意して利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

493view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

荘内銀行フリーローンの口コミ

ここで、荘内銀行のフリーローンに関する口コミを紹介し、選ぶ際の参考にしてもらえればと思いましたが、残念ながらフリーローンへの口コミはほぼありませんでした。

代わりに、口コミが比較的多いカードローンの対するものを紹介していきたいと思います。

カードローンの口コミには、

  • 審査は比較的早い
  • 銀行ならではの金利で満足
  • 利便性が高い

などというものがあり、全体的にはまずまずの評価となっています。

フリーローンの審査基準

どのフリーローンで借り換えをするかは、それぞれの申込の基準や借入の条件を知らなくてはなりません。

ですので、ここでは各フリーローンの特徴、申込基準、借入条件を紹介していきたいと思います。

また、フリーローンを申し込んだ場合に、審査の結果はいつ頃来るのか、融資までにはどれだけの期間かかるのかということについても解説していきます。

<荘銀>ローンドリームコンシェル(フリープラン)

<荘銀>ローンドリームコンシェルには、5種類のプランがあり、ローンのおまとめに使えるのが「フリープラン」です。

この商品は、最低4%台の低金利で借りることができ、融資額も500万円までとなっております。

また、リトライサービスがありますので、一次審査に通らなかったとしても、二次審査で融資を受けられる可能性もあります。

では、<荘銀>ローンドリームコンシェル(フリープラン)の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上で、完済所の年齢が満70歳未満の個人の方
  • 安定した収入がある方
    (パート・アルバイトの方も利用可)
資金使途自由
(転貸資金・事業性資金・投機性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以内

※パート・アルバイトの方は30万円まで
融資期間1年以上10年以内
融資利率固定金利:4.5%~14.6%
※リトライサービスは4.75%~14.0%
(固定金利
返済方法毎月元利均等返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
(審査によっては保証人が必要になる場合があります)
保証会社フィデアカード㈱

※リトライサービスは㈱オリエントコーポレーション

荘内銀行フリーローン1000

「荘内銀行フリーローン1000」は、融資限度額が1,000万円までの大型フリーローンです。

上限金利も13.5%と低く設定されていますので、審査に通ることができれば借り換えのメリットを得ることができます。

では、「荘内銀行フリーローン1000」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時年齢満20歳以上で、完済時年齢が満76歳未満の方
  • 安定した収入がある方(パート・アルバイトの方は申し込み可、学生の方は申し込み不可)
  • 荘内銀行の審査基準を満たされる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由
(転貸資金・事業性資金・投機性資金は除く)
融資金額10万円以上1,000万円以内
(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上10年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:3.5%、5.5%、7.5%、9.5%、11.5%、13.5%のいずれか
返済方法毎月元利均等返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
保証会社オリックス・クレジット㈱

荘内銀行「フリーローンWeb」

荘内銀行「フリーローンWeb」は、インターネットだけで契約することができるWeb完結型のフリーローンです。

融資額は少ないものの、低金利で借りられることが魅力の商品です。

では、荘内銀行「フリーローンWeb」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時年齢が満20歳以上で、完済時年齢が満76歳未満の方
  • 安定した収入がある方(パート・アルバイトの方は申し込み可、学生の方は申し込み不可)
  • 荘内銀行の審査基準を満たされる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由
(転貸資金・事業性資金・投機性資金は除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
※パート・アルバイトの方は30万円まで
融資期間6ヶ月以上10年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:3.5%、5.5%、7.5%、9.5%、11.5%、14.6%のいずれか
返済方法毎月元利均等返済
担保・保証人不要
保証会社㈱オリエントコーポレーション

<荘銀>シニアローン「年金プラン」

<荘銀>シニアローン「年金プラン」は、荘内銀行で年金を受取っている方専用のフリーローンです。

年金で返済していくことを前提としていますので、融資額は少なめに設定されています。

しかし、金利は低いですので、無理なく返済していくことができます。

では、<荘銀>シニアローン「年金プラン」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満60歳以上満75歳以下で、完済時の年齢が満80歳以下の個人の方
  • 原則として、借入時満70歳以下の場合は、団体信用生命保険へ加入が認められる方
  • 荘内銀行で公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)を受取っている方、または荘内銀行口座への年金受取の手続きが完了している方
  • 年金担保貸付を利用していない方
  • 自宅、または勤め先(または事業先)のいずれかが荘内銀行営業区域の方
  • 電話連絡(携帯電話も可)が可能である方
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自由
(事業性資金、投機性資金は除く)
融資金額10万円以上200万円以内(1万円単位)または年間年金受給額のどちらか低い金額
融資期間6ヶ月以上7年以内
融資利率固定金利:4.5%または6.5%
返済方法元利均等返済額指定返済
返済日偶数月の16日
担保・保証人不要
保証会社 ㈱クレディセゾン

審査・融資スピード

荘内銀行の審査や融資スピードに関してですが、ホームページを見る限りでは、審査の結果連絡をいつ頃するかの記載がありませんので、審査スピードはわかりません。

ですが、融資スピードについては、「フリーローンWeb」が唯一記載されており、契約同意の完了後、原則として2営業日後には融資を実行するとしています。

しかし、契約同意の2営業日後に融資をするといっても、審査の結果がいつになるのかによって期間がまったく違います。

各フリーローンを保証する保証会社は、いずれも多くは審査スピードが早いと評判の会社ですので、審査スピードは遅くないと思いますが、あくまでも予想ですので、心配な人は荘内銀行へ問い合わせることをおすすめします。

金利は審査によって決まる

先ほど紹介しました荘内銀行の各フリーローンは、いずれも一律の金利が設定されているわけではありません。

少ないもので2段階の金利が設定されおり、非常に金利の幅が大きいものもあります。

実際にどのような金利でフリーローンを借りることができるのかということは、審査によって決まることになります。

従って、申し込みをする段階では、金利を知ることはできず、審査の結果が来た時でなければわかりません。

フリーローンの金利次第では、借り換えするローンとの金利差が少なく、金利によるメリットをほぼ得られない可能性もあります。

金利で審査の通りやすさがわかる

金利には、保証会社に保証してもらうための保証料が含まれています。

この保証料が多くなると、それに合わせて金利も高くなるのですが、審査には通りやすくなります。

保証会社は、ローンを保証する対価として保証料を得るのですが、貰った保証料の中から債権肩代わりに備える必要があります。

多くの保証料が発生することで、その分だけリスクが高い人も保証することができるようになりますので、金利が高いものほど審査が通りやすくなるというわけです。

荘内銀行のフリーローンでは、上限金利が14.6%の「ローンドリームコンシェル(フリープラン)」と「フリーローンWeb」が最も審査が通りやすく、「フリーローン1000」は審査に通りにくいです。

なお、シニアローン「年金プラン」に関しては、年金の受給月に合わせた返済日設定をしていますので、他のフリーローンよりも回収しやすいですので、低金利でも審査は通りやすくなっています。

審査に通るためのポイント

いくら審査の通りやすいフリーローンを選んだとしても、信用がなくては審査に通ることができません。

ですので、フリーローンに申し込みをする段階で、審査に通れるだけの信用を築いていなければなりません。

信用を高くする方法は主に2つあり、以下のことを申し込みの前から行っておくことで、審査に通りやすくなりますし、金利も下がる可能性があります。

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

しかし、信用を高くしたとしても、申し込みの仕方を間違ってしまうと、融資を断られてしまうこともあります。

融資を断られない申し込みの仕方とは、

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

ということが大事です。

では、審査に通るためのポイント、申し込み時のポイントをそれぞれ詳しく解説していきます。

他のローンを延滞なく返済する

ローンを借りていると、急な出費などで延滞してしまうことがありますし、複数のローンを抱えている人は、返済管理がしにくくなることで延滞することもあります。

しかし、延滞をしてしまうと、そのことが信用情報に登録され、審査の際に返済能力が低い人だと思われてしまいます。

返済能力も信用を判断するうえで非常に重要になりますので、この能力が低いと判断されてしまうと審査に通りにくくなってしまいます。

ローンを借りる以上は、契約通りに返済していかなくてはならず、きちんとできている人ほど信用が高くなっていきます。

延滞は、損害金が発生するだけでなく、今後の借入にも悪影響が出てしまいますので、きちんと管理をして返済していくようにしましょう。

少額のローンは完済する

フリーローンの審査は、申込金額が少なくなるほど通りやすくなりますので、できるだけ金額を抑えて申し込みしたいところです。

しかし、すべてを1つにまとめなければ借り換えのメリットが少なくなりますので、少額なローンを完済して申込金額を少なくすることが望ましいです。

また、ローンは完済することで「完済実績」ができ、これによって信用が高くなります。

少額のローンを完済してから申し込むことで、融資金額が少なくなる、信用が高くなるという2つの効果で審査に通りやすくなります。

ただし、少額のカードローンを完済する際は、解約をしなければなりませんので、必ず解約手続きをしてください。

申し込みの内容を正確に記入する

どうしても審査に通りたいからといって、申込書の内容を実際とは異なる内容で記入する人もいます。

また、インターネットで申し込みをする際に、入力ミスが原因で実際の内容と違い情報で送信していることもあります。

フリーローンは、基本的に仮申込と正式申込の2段階となっており、仮申込で審査に通っていたとしても、内容に違いがあると正式申込で保証会社の保証が取り消しされ、融資を断られてしまいます。

ですので、審査に通るためにと行ったことが、逆に融資を受けられなくなってしまう原因となりますし、単純な入力ミスで借りられなくなってしまいます。

このようなことにならないためにも、正確な情報を記入し、入力ミスがないかを何度も確認してから送信するようにしなくてはなりません。

返済計画をしっかりと立てる

シニアローン「年金プラン」以外の商品は、最長で10年の長期返済が可能となっています。

ですので、毎月の負担を大幅に軽くすることができますが、金利がかかる期間も長くなってしまいます。

場合によっては、借り換えする前よりも総返済額が多くなってしまうこともあり、特に銀行カードローンのように、比較的低金利なものを借り換え対象とする際には注意が必要です。

保証会社が審査をする際も、借り換えによるメリットは見ていますので、総返済額が多くなるような申し込みは通ることが難しくなってしまいます。

毎月の返済額を少なくすることも借り換えのメリットなのですが、総返済額の軽減もメリットの1つですので、これを失くさないためにもきちんとシミュレーションをして、返済計画を立てるようにしましょう。

申し込み方法と必要書類

4つのフリーローンのうち、シニアローン「年金プラン」に関しては、窓口でしか申し込みすることができません。

その他の商品は、インターネットで申し込みすることができ、「ローンドリームコンシェル(フリープラン)」と「フリーローン1000」はFAXや電話でも申し込みが可能です。

また、これらの商品は窓口でも申し込むことができ、担当者と相談やシミュレーションしてもらいながら手続きすることができます。

申し込む際は、本人確認書類(運転免許証など)だけで手続きできますが、融資金額が300万円を超える場合は所得確認資料(源泉徴収票)も必要になります。

この他にも、借り換えの場合は対象ローンの返済予定表を求められることもありますので、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

まとめ

荘内銀行には、おまとめローンとして利用できるフリーローンが4つもあります。

利用する際は、どれを利用するか、どのローンが自分に合っているかを選ぶ必要がありますが、いずれの商品も借り換えに向いている商品ですので、メリットを得ることができるはずです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談