北日本銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定
この記事はこんな人におすすめ

この記事は以下のような人におすすめの記事になります。

  • 複数の借入金をまとめたいと考えている人
  • 北日本銀行のカードローンとフリーローンの違いを知りたい人
  • 北日本銀行の審査に通過できるか不安な人

北日本銀行のカードローンとフリーローンで借り換えやおまとめを行う方法について詳しく解説していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

北日本銀行のフリーローン

岩手県盛岡市に本店を置く北日本銀行では、「フリーローンASUMO(アスモ)」と「スーパークイカ」いう2つのフリーローンを提供しています。

フリーローンは、自由な資金に利用できる資金使徒に規制がない商品であり、他の銀行や消費者金融などで借りているローンを借り換えすることができます。

またカードローンも使い道は自由ですので、他の金融機関から借りている借入金をまとめることも可能です。

これらのローンでは、クレジットカードのリボ払いや分割払いをしている分も借り換えすることができますので、貸金業者からの借入金しかまとめることができない消費者金融のおまとめローンよりも幅広い資金に利用することが可能です。

金利も低く設定されていますので、借り換えすることのメリットを多く得ることができます。

しかし、フリーローンやカードローンでローンやリボ払いなどを借り換えするためには、注意しなければならないこともあります。

この記事では、北日本銀行のフリーローンやカードローンで、ローンやリボ払い分などを借り換えする場合の、審査基準や審査に通るポイント、利用方法などを解説していきたいと思います。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは、必要な資金を一括で借りる「証書貸付」という融資形態となります。

証書貸付の場合には、極度型のカードローンとは違って、利用中にいつでも追加で借入することができません。

従って、返済のみに集中することができ、計画的に完済することが可能となります。

ですが、フリーローンは審査が厳しく、申し込みした金額を必ず借りられるというわけではありません。

場合によっては、審査によって融資金額が減額され、すべてをまとめるための資金を借りることができない可能性もあります。

また、利用できる人を限定しているフリーローンもありますので、人によっては申し込みをすることができないこともあります。

フリーローンは、商品の特性から、おまとめローンとして活用することに向いている商品なのですが、利用の際はこれらのことに注意しなくてはなりません。

借り換えの後も追加融資を受けたいとか、フリーローンに通る自信がないという場合には、カードローンの方がより自由ですので、カードローンを利用した方がいい場合もあります。

フリーローンとカードローンの違いをよく理解して、自分に最もあった方法でおまとめや借り換えを行うことをおすすめします。

関連記事をチェック!

516view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

北日本銀行フリーローンの口コミ

各銀行のフリーローンを比較するなど、ローンを選ぶ際に口コミを見るという人も多いはずです。

口コミは、実際に利用した人の感想が投稿されていますので、これから利用を考えている人には非常に参考になります。

では、北日本銀行のフリーローンに対する口コミには、どのようなことが口コミされているのでしょうか。

北日本銀行のフリーローンに対する口コミには、

  • おまとめローンとして利用でき、低金利で毎月の返済額が抑えられた
  • パートでも融資を受けることができた

というものがあり、実際におまとめローンとして利用し、多くのメリットを得ている人も多いようです。

また、パートやアルバイトの人でも利用できる、申し込み手続きがしやすいなどということも高評価となっています。

その一方で、審査結果が来るまでの期間や融資されるまでの期間に不満を持っている人も多く、全体的にはまずまずの評価となっています。

フリーローンの審査基準

フリーローンやカードローンといっても、銀行によって審査基準は異なります。

実際に利用を考える場合は、まずそのフリーローンの申込基準や借入条件を知らなくてはなりません。

ここでは、北日本銀行が提供する「フリーローンASUMO(アスモ)」と「カードローンスーパークイカ」について、申し込みの基準や借入の条件を詳しく紹介していきます。

また、口コミでは評価が低かった、審査や融資のスピードについても解説していきたいと思います。

「ASUMO(アスモ)」の申込基準と借入条件

「フリーローンASUMO(アスモ)」は、高額な融資にも対応できる大型のフリーローンです。

下限金利も低く設定されていますので、おまとめローンにおすすめの商品であるといえます。

また、この商品はリトライ・サービスを利用することができ、一次審査で落ちてしまったとしても、別の保証会社が二次審査を行います。

では、「フリーローンASUMO(アスモ)」の申込基準と借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 申し込み時年齢が満20歳以上、完済時年齢が満76歳未満の方
    ※保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス㈱の場合、申し込み時年齢が満20歳以上満65歳以下(完済時年齢が満70歳未満)の方となります
  • 収入のある方(パート・アルバイト・主婦・年金受給者の方も申込可能)
  • 北日本銀行の営業エリア内に居住または勤務されている方
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途
  • 自由(ただし、事業性資金は除く)
  • 他社ローンの一本化(おまとめ)や借り換えにも利用可能
融資金額10万円以上1,000万円以内(1万円単位)

※パート・アルバイト・主婦・年金受給者の方は50万円が上限
融資期間6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:4.0%~14.5%
返済方法元利均等毎月返済(ボーナス併用返済も可能)
担保・保証人原則不要(審査結果により、連帯保証人が必要となる場合もあります)
保証会社きたぎんユーシー株式会社

※リトライ・サービスは、株式会社オリエントコーポレーションおよびSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

審査・融資スピード

北日本銀行では、フリーローンの申し込みを受付けると、最短で翌営業日には審査結果の連絡をするとしています。

口コミでは、審査のスピードに対して低評価としている人もいましたが、最短で翌営業日であれば、審査スピードはむしろ早いです。

銀行によっては、審査結果の連絡が来るまでに1週間程度かかるところもありますので、融資を急いでいる人でも、「ASUMO(アスモ)」を利用することができます。

ただし、申し込みのタイミングによっては、翌営業日に連絡が来ないこともありますし、リトライ・サービスによって複数の保証会社で審査を行っている場合には、結果の連絡が来るまでに時間がかかってしまいます。

「スーパークイカ」の申込基準と借入条件

次にカードローン「スーパークイカ」のスペックについても見ていきましょう。

こちらは、申込可能年齢はフリーローンよりも低くなっていますが、上限金利が14.8%と若干フリーローンよりも高くなっているので、フリーローン審査に通過することができない人でも審査に通過できる可能性があります。

利用対象者
  • お申込み時満20歳以上、満69歳以下の方、かつ契約時の年齢が満69歳以下の方
  • 収入のある方(パート・アルバイト・主婦・年金受給者の方も対象)
  • 当行所定の保証会社の保証を受けられる方
資金使途
  • 自由(ただし、事業性資金は除く)
  • 他社ローンの一本化(おまとめ)や借り換えにも利用可能
融資金額10万円以上500万円以内(10万円単位)
融資期間1年間(自動更新)
自動更新は満70歳の誕生月月末まで
融資利率変動金利:3.0%~14.8%
返済方法残高スライドリボルビング方式(随時返済も可能)
ATMでのご入金
カードローン口座へのお振込
担保・保証人原則不要(審査結果により、連帯保証人が必要となる場合もあります)
保証会社きたぎんユーシー株式会社またはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

銀行カードローンとしては珍しく「スーパークイカ」には30日の無利息期間がついているという点が最大の特徴です。

さらに、北日本銀行の口座がある人は、カード到着前に自分が保有する北日本銀行口座へ振込融資を受けることができるので、最短1営業日で融資を受けることができます。

この他、地方銀行カードローンとしては珍しく口座を持っていなくても契約することができ、来店不要でWEB完結にて契約をすることができるなどの特徴があります。

審査・融資スピード

カードローンにおいても審査結果が出るのは最短で翌営業日です。

今は銀行は融資の前に警察庁の反社会的勢力データベースへの照会を行なっています。

この照会にはいくら早くても1営業日の時間がかかるので、審査に通過するまでにもいくら早くても1営業日の時間がかかってしまうのです。

しかし、北日本銀行の口座すら持っていれば、審査通過後にすぐ振込融資を受けることができるので、翌日にはお金を借りることができます。

ただし、口座を持っていない場合には、カード到着までお金を借りることはできませんので、融資を受けることができるまでに1週間程度の時間がかかってしまいます。

金利は審査によって決まる

「フリーローンASUMO(アスモ)」を実際に借りる際には、4段階の金利のいずれかが適用されます。

どのような金利で借りることができるのかは、審査によって決まることになりますので、申し込みの前に知ることはできません。

従って、人によっては、4.0%という非常に低金利で借りることができますが、場合によっては銀行カードローン並みの金利しか借りられないこともあります。

フリーローンの金利によっては、借り換えするローンとの金利差がほとんどなく、メリットを多く得られないこともありますので、申し込みをする段階で信用を高めておく必要がります。

また、スーパークイカの場合には金利が限度額に応じて異なります。

貸越極度額利率(年利)
100万円以下6.0%~14.8%
100万円超200万円以下5.5%~14.3%
200万円超300万円以下5.0%~9.0%
300万円超400万円以下4.0%~8.0%
400万円超500万円以下3.0%~7.5%

おまとめによって1本化して限度額が大きくなれば適用される金利は低くなります。

高額のローンを借り換えたい場合にはフリーローンよりもカードローンの方がメリットが大きくなるかもしれません。

金利で審査の通りやすさがわかる

ローン全体に言えることですが、審査に通らなければ借りることはできません。

複数のローンなどをまとめる場合には、一本化するだけで毎月の返済額を少なくさせることができますので、審査に通ることを重視している人も多いです。

では、「フリーローンASUMO(アスモ)」は、審査に通りやすいのでしょうか、または審査が厳しく、通りにくい商品なのでしょうか。

結論を言いますと、「フリーローンASUMO(アスモ)」は審査が通りやすい商品であるといえます。

「フリーローンASUMO(アスモ)」の上限金利は、14.5%と比較的高く、金利が高くなるほど審査は通りやすくなります。

また、リトライ・サービスがあることで、保証基準が異なる保証会社の審査を受けることができますので、この点も通りやすくなる要因であるといえます。

また「スーパークイカ」も同じ金額帯でも金利の幅があります。

審査によってリスクが低い場合には低金利が適用されることもありますし、リスクが高い人でも14.8%の高金利で審査で拾われる可能性もあります。

このように、カードローンにおいても北日本銀行のローンは、金利に幅を設けることによって、様々なリスクの人をカバーできるように設計されているのです。

金利優遇キャンペーン

北日本銀行では、条件を満たすことで「フリーローンASUMO(アスモ)」の金利を優遇するキャンペーンを行っています。

このキャンペーンは、平成30年6月1日~平成30年10月31日の期間中に、フリーローンを借入する人を対象としており、以下のいずれかの条件を満たすことで、金利が3.0%~11.5%となります。

  • 北日本銀行をはじめて利用する方
  • 他社からの借り換えを含む方
  • 北日本銀行で以下のいずれかの取引がある方
    住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローン、きたぎんUCカード、給与振込

このキャンペーンは、普段から北日本銀行を利用している人だけでなく、これから取引する人も対象としていますので、この機会を利用して、フリーローンを借りるのも1つの方法です。

「スーパークイカ」については金利の優遇はありません。

保証会社はどこ?

保証会社はそれぞれ以下のようになっています。

  • フリーローンASUMO(アスモ):きたぎんユーシー株式会社、リトライ・サービスは、株式会社オリエントコーポレーションおよびSMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • スーパークイカ:きたぎんユーシー株式会社・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

きたぎんユーシー株式会社は北日本銀行の関連会社です。

銀行の関連会社の保証審査は基本的に厳しいので、きたぎんユーシー株式会社の審査に通過できるのは、正社員などの安定した人でないと審査に通過することはできないでしょう。

ただし、フリーローンはオリエントコーポレーションとSMBCコンシューマーファイナンスでリトライ審査を受けることができますし、カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスという信販系、消費者金融系の保証会社がついているので、パートやアルバイトなどの人はこちらの審査で拾われる可能性もあります。

リスクの低い人は、きたぎんユーシー株式会社で低金利で借りることができ、リスクの高い人は消費者金融系などの保証審査に通過することができることができるのでどのようなリスクの人でもカバーできるような保証会社の設定になっています。

審査に通るためのポイント

フリーローンやカードローンの審査に通るためには、何よりも信用を高めることが重要になります。

信用を高めるためのポイントとしては、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

という2つのことが大事です。

しかし、信用を高めただけでは通ることができないこともあり、申し込みの際には注意しなければならないこともあります。

フリーローンを申し込む際に注意しなければならないことは、以下の2点です。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

これらのことをしっかりと行うことができれば、フリーローンやカードローンの審査に通りやすくなるだけでなく、審査で決まる金利も低くなる可能性があります。

では、これら4つのポイントについて、これからさらに詳しく解説していきたいと思います。

他のローンを延滞なく返済する

ローンを複数のところから借りている、ローンの他にもクレジットカードでリボ払いを利用しているなど、毎月多くの返済や支払をしていると、管理をしていくことが難しくなってしまいます。

こうした状況を長く続けていると、返済日や引き落し日を忘れ、延滞や対応をしてしまうこともあります。

個人信用情報機関では、延滞などの情報をおよそ2年間登録していますので、ローンの審査で見られることになります。

主にフリーローンを審査する保証会社では、信用情報に延滞や滞納がある場合、返済能力が低く、不良債権となる危険性があると判断します。

ローンの取引というのは、その人の信用に対して融資をしますので、信用に傷が付かないように日頃から注意しなくてはなりません。

審査の緩いカードローンの方が若干ですが、他社借入の返済状況について若干ですが寛容に審査してくれる可能性があります。

少額のローンは完済する

消費者金融や銀行のカードローンは、借入件数が多くなるほど少額の限度額となることが一般的です。

ですので、中には10万円の利用限度額となっているカードローンを持っている人も多いと思います。

このような少額のカードローンもフリーローンで借り換えすることができますが、こうしたローンは完済することが望ましいです。

少額のローンでも、完済をすることでフリーローンの申し込み金額を少なくさせることができ、審査に通りやすくなります。

また、完済をしたローンがあるという実績を保証会社に見せることで、信用を高くすることもできます。

また、借入金額が同じだとしても、借入件数が多い人の方が審査では不利になってしまいますので、完済できるローンは完済した方が借入件数が少なくなるので審査には有利になります。

ただし、カードローンの場合、単に残高をなくすだけでは完済とはならず、解約をして初めて完済となりますので、注意が必要です。

申し込みの内容を正確に記入する

審査に通りやすくするために、申し込みの内容を偽って記入する人もいますが、これは信用を失ってしまうことになりますので、絶対にしてはいけません。

最近ではカードローンやフリーローンをインターネットで申し込むことができるものも多くなっています。

インターネットで申し込みをする場合には、入力ミスに注意しなければなりません。

申し込みをした際の内容と、実際の内容に相違がある場合、保証会社に保証を取り消しされてしまうことがあり、入力ミスでもこの可能性があります。

インターネットで申し込みをする場合は、入力した内容を何度も見直し、内容に間違いがないことを確認してから送信するようにしましょう。

年収や勤務先の情報などは特に間違えやすい項目ですので、申込時から会社の名刺や収入証明書を手元に用意して、書類を見ながら申し込みをするようにしてください。

返済計画をしっかりと立てる

ローンを借りるうえで、返済計画を立てることは非常に重要であり、保証会社もこのことを厳しくチェックしています。

北日本銀行の「フリーローンASUMO(アスモ)」は、最長10年の長期返済が可能な商品ですが、金利や返済期間によっては総返済額が借り換え前よりも多くなることがあります。

総返済額が多くなるような申し込みは、返済計画が立てられていないと判断されやすくなってしまいます。

特に、フリーローンの金利が14.5%となった場合には、借り換えするローンとの金利差がほとんどありませんので、きちんとシミュレーションをして確認するようにしましょう。

借り換え前のローンの返済予定表を用意して、借り換え前と借り換え後の支払い利息額の比較をしっかりと行い、メリットがある場合には借り換えを検討するとよいでしょう。

申し込み方法

「フリーローンASUMO(アスモ)」は、さまざまな方法で申し込みを行うことができますので、自分の都合に合わせて手続きすることが可能です。

フリーローンを申し込むための方法には、

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口
  • ATM

という6つがあります。

インターネットでの申し込みは、北日本銀行のホームページから行うことができ、電話の場合は土曜日でも9時~12時までであれば受付してくれます。

FAX・郵送での申し込みは、ホームページから「仮審査申込書」を印刷し、専用の番号へ送信、またはポストへ投函することで手続きできます。

ATMでの申し込みは、北日本銀行のATMからタッチパネルを操作するだけで手続きが可能ですが、審査に必要な情報を確認するために、当日または翌営業日までには電話がかかってきます。

また、「スーパークイカ」は以下のようになります。

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口

近くに北日本銀行の店舗がある人は店頭へ来店してでの申し込みも可能です。

WEBからの申し込みの場合には、WEBで契約手続きを完結させることができ、書類の記入などは一切必要ありません。

インターネットと店頭以外の契約の場合には、契約書の締結を郵送によって行う必要があります。

気軽に申し込みをしたいのであればインターネットから、不明点などを聞きながら申し込みをする場合には電話や窓口を利用するとよいでしょう。

申し込みの流れ

フリーローンに申し込みをしてから、融資を受けるまでの流れは、以下のようになります。

  1. 仮審査申し込み
  2. 仮審査結果の連絡
  3. 正式申し込み
  4. 審査結果の連絡
  5. 契約内容の確認
  6. 融資

「フリーローンASUMO(アスモ)」では、仮申し込みと正式申し込みで2回審査を受けることになり、いずれの審査にも通ることができた場合に融資を受けることができます。

北日本銀行では、普通預金口座を持っている場合、郵送でも契約の手続きを可能としていますので、窓口へ行く必要がありません。

ただし、郵送による契約をできない場合もありますので、注意しなければなりません。

「スーパークイカ」についてはWEB完結契約の場合には、審査通過がEメールで通知され、本人確認書類と収入証明書(60万円以上の借入の場合)をアップロードします。

その後カードを受け取れば借入をスタートさせることができます。

また、郵送の場合には、北日本銀行から送付されてくる契約書類で契約内容をご確認し、提出書類とともに専用の返信用封筒で北日本銀行へ返送することで契約でき、書類確認後にカードが郵送されます。

なお、前述したように北日本銀行の口座を持っている人は、カード到着前であっても振込によって融資を受けることができます。

在籍確認はある?

フリーローンもカードローンも審査の際には必ず在籍確認が行われます。

在籍確認は北日本銀行の審査担当者から会社に電話をかけて行われますが、この際に会社の人にローンの借入がバレてしまうことはありません。

「〇〇様(申込人名)いらっしゃいますか?」とだけ確認して、本人に繋がるか、「不在」とか「おやすみ」という会社へ在籍していることが分かる回答をもらえれば確認完了です。

会社の人から「何の電話?」と言われた時に自然な言い訳さえ用意しておけば問題ありません。

申し込みに必要な書類

「フリーローンASUMO(アスモ)」の仮審査申込み時には、本人確認書類として以下のいずれかの書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

また、次のいずれかに該当する場合には、正式申し込み時に源泉徴収票や住民税決定通知書などの所得証明書類が必要になります。

  • 借入金額300万円超で、資金使途に借り換えを含む場合
  • 借入金額300万円超で、保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス㈱の場合

なお、資金使途に借り換えが含まれる場合には、対象ローンの残高などを確認することができる「返済予定表」なども必要になることがあります。

必要になる書類は、審査結果連絡の際に案内されますので、求められた書類は必ず提出しましょう。

「スーパークイカ」もフリーローンと同じ本人確認書類が必要になります。

また、借入額が60万円以上になる場合には収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書の提出基準はフリーローンの方がゆるいので、書類の用意が面倒という人はカードローンよりもフリーローンの方がメリットは大きいでしょう。

返済方法

フリーローンとカードローンの返済方法についても確認しておきましょう。

フリーローンは口座振替、カードローンはATMでの入金によって返済していく方法になります。

返済額は月々2,000円~

フリーローンの返済は借入額と返済期間によって返済額が変わります。

借入金額が少なく、返済期間が長ければ返済金額は少なくなりますので、自分の収入状況と勘案して無理のない返済計画を立てましょう。

カードローンは借入残高に応じて、毎月の返済金額が決定する残高スライドリボルビング方式という方法で以下のように決まっています。

前月末日の最終貸越残高約定返済金額
1千円未満貸越残高
1千円以上1万円以下1,000円
1万円超10万円以下2,000円
10万円超20万円以下4,000円
20万円超30万円以下6,000円
30万円超40万円以下8,000円
40万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超200万円以下30,000円
200万円超300万円以下40,000円
300万円超400万円以下50,000円
400万円超60,000円

このように、カードローンは毎月の負担ができる限り少なくなるように設定されてはいますが、約定返済だけ返済してもなかなか残高は減少しません。

カードローンはいつてもATMから任意の金額を返済することができますので、お財布に余裕がある時はできる限り随時返済を行なっていくようにしましょう。

返済で利用できるATM

北日本銀行のカードを利用することができる提携ATMはゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット(ファミリーマート等)、七十七銀行、イオン銀行のATMになります。

日本全国どこでも借入と返済が可能となっていますが、七十七銀行ATM以外のATMは平日と土曜日が108円、日曜祝日が216円の手数料がかかります。

あまりも提携ATMでカードを利用しすぎてしまうと、利息負担よりもATM手数料の方が高くなってしまいますので、ある程度まとまった金額を利用した方がよいでしょう。

おまとめローン利用時の注意点

おまとめローンを利用する際には以下の点に注意するようにしましょう。

利用できるのは営業エリア内の人だけ

北日本銀行のフリーローンを利用することができるのは、北日本銀行の営業エリアに居住または勤務している人だけになります。

インターネットから申し込むことはできますが、営業エリア外の人は申し込みを受け付けてもらうことすらできませんので注意しましょう。

北日本銀行の口座開設の必要あり

カードローンで口座なしタイプを選ぶ場合以外は、カードローンもフリーローンも北日本銀行の普通預金口座の開設が必須です。

口座を持っている人であれば、すぐに融資を受けることができますが、口座を持っていない人は口座開設後の契約となります。

口座を持っていない人は事前に北日本銀行に口座を作成しておくのがよいでしょう。

まとめ

銀行によってはフリーローンを複数提供しているところもありますが、北日本銀行では「フリーローンASUMO(アスモ)」の1つだけです。

ですので、どのフリーローンを利用したらいいのかということを選ぶ必要がありません。

北日本銀行のフリーローンは、高額な融資にも対応でき、幅広い人が利用できる商品となっています。

現在はキャンペーンも行っており、通常よりも低金利で借りることができますので、これを機に、北日本銀行と取引するのもいいかもしれません。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談