マイカーローンの仮審査で信用情報は影響してくるのか

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

車の購入は高額な買物なので、現金支払ではなくカーローンを組む人も珍しくはありません。

しかしカーローンでも審査があるため、気になってくるのは個人信用情報機関での情報です。

他社での延滞や借入が多いなどの状況は、どのように影響するのか心配です。

仮審査の段階でも審査に影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

個人信用情報は仮審査にも影響するのか

結論から言うと、影響する可能性もあれば影響しない可能性もあって、どちらとも断言できないということです。

申込先の金融機関によってどこまでを仮審査にするのか、明確ではないためです。

最近はわざわざ店頭に行かずともインターネットで仮審査をしている金融機関も多くなっていますが、その場合はある程度「この項目に該当すれば〇点」など点数を付けるスコアリング方式で行っています。

スコアリング方式の場合は、単純に入力された情報を数値化するだけなので、その場で仮審査の結果が出るというメリットもあります。

しかし、詳しい裏取りを本審査で行うため、仮審査ではとおったけれど、本審査はとおらなかったというデメリットも存在します。

一方、仮審査の段階で個人信用情報に照会をかけ、ある程度の精査をする金融機関もありますので、一概に影響をするかしないか断言できないのです。

仮審査で確認される項目とは

審査基準は各金融機関で異なりますが、どこのカーローンを扱う金融機関でも仮審査時に確認する項目は同じです。

それではどの部分を確認しているのかという点ですが、大きく分けると「年収」「属性」に分けられます。

年収は単純に収支のバランスが崩れていないか、申込金額を確実に返済できる程度の年収なのかという箇所を審査されます。

属性では、勤務先や勤続年数、持家などの財産はあるのか、役職には就いているのかなどの項目を見られます。

カーローンは申込者を信用して、先に車の代金をディーラーなどに支払うのですから、安定した収入が継続して入ってくることを貸付けの最低条件としています。

幾ら収入が高くても勤続年数が短かったり、勤務先が不安定であったりする人は、「本当に毎月同じ金額を返済できるのか」という不安材料となり、審査を見送られることも考えられます。

仮審査と本審査の違いとは

本審査は申込時の記載内容が本当に事実なのかを確認する作業です。

仮審査で個人信用情報に照会をかけない金融機関は、本審査で情報を取得しますから、例えば「他社借入件数0円」と申告していても、本審査で事実は判明します。

また勤務先なども記載されていますので、実はもう退職した勤務先を偽って申込みをしていたら、それも本審査の段階ですべてバレてしまいます。

虚偽の申告があったと判明しても申込者にその事実を確認することはほぼありません。

単純に「偽って申込みをした」と認識され審査に落とされる原因となります。

もし故意に虚偽申告をしたのではなく、単なる書き間違いであったとしても弁明する機会はありませんので、申込時には不備がないのかを最後に必ず確認することをおすすめします。

マイカーローンの審査の流れ

マイカーローンの手続きは、店舗で直接行うこともできますが、Webからの申込みができる銀行も多いです。

マイカーローンを申込む前に、審査がどのような流れで行われるのか知っておくと安心です。

審査の大まかな流れを確認していきましょう。

  1. 仮申し込みをする
  2. 仮審査を受ける
  3. 本申込みをする
  4. 本審査を受ける
  5. 契約
  6. 融資が実行される

上記のような順番で審査を受けて、承認されれば融資を受けることが可能になります。

必要書類

マイカーローンの仮審査にとおると、正式に申し込みをして本審査を受けることになります。

その本審査に先立ち必要書類を準備する必要があるため、余裕をもって準備しておくとスムーズにすすめられます。

本審査に必要になる書類は次のものです。

  • 借入申込書
  • 身分証明書
    (運転免許証、パスポートなど)
  • 収入確認書類
    (所得証明書、源泉徴収票、給与証明書など)
  • 見積書、注文書、売買契約書
  • 通帳、銀行届出印

慌てずに済むように、事前に上記のものは準備をしておきましょう。

マイカーローンの仮審査を受けるメリットとは

仮審査を受けて審査にとおった後は、本審査にすすむことになりますが、審査を2回に分ける意味があるのかどうか疑問に思う人もいるでしょう。

マイカーローンの本審査を受ける前に仮審査を受けるメリットは、きちんとありますので説明していきます。

インターネットで簡単審査

マイカーローンの仮審査は、インターネットで簡単に申し込めますので、窓口に出向く必要がありません。

銀行は平日の日中しか窓口が開いていないため、仕事で抜けられない人は窓口に行く時間が取れないことが多いです。

しかし、インターネットであれば自分の都合のいい時間に申し込めるので、大変便利です。

ただし、仮審査をするということは、いきなり本審査で申し込みをするより、お金を借りるまでの時間がかかるということになります。

時間に余裕があるときは、仮審査から申し込みをするといいでしょう。

借入可能額の目安が分かる

マイカーローンでいくらまで借りられるのか、借入れ利用可能額が分からなければ計画的に車を購入できません。

そこで仮審査を利用すると、現在の状況での借入可能額が分かります。

したがって、購入資金は自動車ローンだけで足りるのか、他からも借入れしなければならないのかなどが事前に分かります。

本審査で落ちてしまう条件とは

仮審査と本審査の違いで話したように、仮審査は「返済できるのか」という点を審査され本審査は「仮審査での申告は事実なのか」という裏取りをします。

そのため仮審査では審査に通過したものの、本審査では審査にとおらなかったというのも珍しい話ではありません。

先に話した虚偽の申告以外に本審査で落ちてしまう条件は他にあるのか確認していきましょう。

個人信用情報での問題

仮審査の段階で個人信用情報に照会をかける金融機関もありますが、最近はカーローンも審査時間の短縮が一般的になってきていますので、本審査で初めて個人信用情報を調べることも増えてきています。

収入や属性に何の問題もなかったとしても、他社への借入件数や金額を考慮すると既に収支のバランスが崩れていたり、他社返済分を延滞していたりする場合には、「信用に値しない」「既に金銭的に苦しい状況でこれ以上貸付けはできない」と判断されてしまいます。

また過去に自己破産などの債務整理を行っている事実が判明すれば、それも審査落ちの原因となってしまいます。

在籍確認が取れない

「本当に申告している勤務先に勤務しているのか」と確認するために、在籍確認を行っても中には在籍確認が取れない人がいます。

個人情報に厳しい世の中ですから、安易に答えることができなくなったというのもひとつの要因ですが、本当に勤務しているのかを確認しない限り、融資できません。

勤務先は大事な収入源ですから、在籍確認が取れないというのは致命傷です。

その場合は事前に状況を説明し、在籍確認に変わる公的な書類などで代替できないかを相談しておくといいでしょう。

信用情報の関係で審査に落ちることは?

他社での借入れが多い

信用情報からどこから借入をしていて、幾ら借りているのか分かります。

ここで気を付けたいことは、借入件数と返済額が大きいと審査不利となることです。

借入件数が5社ほどあると、お金に困っている人と見られ、きちんと返済してもらえるか分からないので心配です。

またマイカーローンは年間返済負担率が重要となるため、負担率が高い人ほど審査通過が難しいといえましょう。

ほかに借入をしている人は算出して確認することをおすすめします。

年間返済負担率は次の計算式から求められます。

「 年間返済額 ÷ 税込み年収 × 100 = 返済負担率(%) 」

口コミでは年間返済負担率が30%~50%以上では、審査通過は難しいといわれています。

マイカーローンのほかに借入れをしている人は注意が必要です。

関連記事をチェック!

2247view

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共通す...

信用情報に記録がない

3か月以上の滞納や債務整理、代位弁済をすると審査には通りません。

マイカーローンに申込しても審査に通過せず、審査落ちしたことが記録として残ってしまいます。

そしてスーパーホワイトと呼ばれる信用情報がない人は、金融事故を起こした人と判断が難しく審査が慎重に行われます。

取引実績を作るために、クレジットカードを作るといいでしょう。

関連記事をチェック!

3245view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

虚偽の申告をすると通らない

審査に通過したいために、収入や勤務先情報にうその申告をすると審査には通りません。

故意でなくうっかりしたミスでも、虚偽の申告となってしまいます。

申込書の記入や入力後はしっかり確認してください。

同時に幾つも申し込んだ

ローンの審査落ちが心配で幾つも同時に申し込む人もいますが、申込みブラックとなってしまい審査に通らなくなるので、気を付けましょう。

幾つも申し込むという行為は、急いでお金を用意しなければならないほど困っている人と見られます。

ローンにはひとつずつ申込みをして、審査に落ちた場合はすぐに申込みをせず、少し時間をおいてから申し込みましょう。

審査に落ちた場合の対処法とは

マイカーローンの審査に落ちてしまったら、車を買うことをあきらめなければならないのかと落ち込んでしまいます。

しかし、まだあきらめるのは早いです!

審査に落ちてしまっても、まだ対処法はありますので紹介していきます。

頭金を増やす

まず、頭金を増やす方法がありますが、これはできれば仮審査・本審査前に行っておきたい対処法です。

頭金を増やすことによって借入額を減らせますので、審査にとおりやすくなります。

借入金が少なければ銀行側の貸倒れリスクが軽減されることから、「完済できるだろう」と判断してもらえますので、できるだけ頭金で支払えるように準備しておくことが望ましいです。

とはいえ、数十万円の頭金を、ポンと用意できるなら苦労はしません。

その場合は、頭金分をカードローンで用意する方法もあります。

銀行のカードローンを利用してもいいですし、すぐにお金を用意したいなら大手消費者金融のカードローンを検討してもいいでしょう。

ディーラーのローンに申し込む

銀行のマイカーローンに落ちてしまったら、ディーラーローンを検討してみてもいいでしょう。

ディーラーローンは金利が高くなることが多いですが、その分審査にはとおりやすくなっています。

ただし、ディーラーローンを組むと完済するまで車の所有権はディーラーになったり、返済期間が銀行に比べて短い傾向があったりしますので、利用する場合は注意が必要です。

銀行のカードローンを利用する

銀行で提供しているローンはマイカーローンだけではないため、通常のカードローンを利用するのもひとつの方法です。

銀行のカードローンはマイカーローンに比べて金利が高くなりますが、その分審査基準のハードルが多少低くなっている傾向にあります。

マイカーローンの審査に落ちてしまった銀行ではなく、他の銀行のカードローンを利用した方が審査にとおる可能性が高くなるのでしょう。

ただし、すぐに申し込んでしまうと申込みブラックになりかねませんので、間を開けてから申込みましょう。

申込先は銀行?オートローン?

銀行もオートローンもカーローンを取り扱っていますので、どちらに申込みをするのかも悩ましい所ではないでしょうか。

それぞれ一長一短ありますから違いを把握し、需要に合う申込先を見つけていきましょう。

それぞれのメリット・デメリット

銀行、オートローンどちらを選択しても必ずメリット・デメリット存在します。

しかしどこにメリットを感じるのかは人それぞれですし、デメリットだと言われることでも申込者が気にならないレベルならば問題ありません。

【銀行マイカーローンのメリット】

  • オートローンと比較すると金利が低い
  • 銀行から借りているという安心感がある

【銀行マイカーローンのデメリット】

  • 審査結果が分かるまで時間を要する
  • 審査基準が信販系のオートローンよりも厳しめに設定されている

【オートローンのメリット】

  • 土日祝日の関係なく審査ができるので、申込みしやすい
  • ディーラーなどからその場で申し込み可能である

【オートローンのデメリット】

  • 銀行と比較すると金利が高い
  • 融資結果が申込者以外(申込みを行った中古車販売店やディーラー営業マン)に伝わる

何をデメリットと感じるのかは個々で異なりますので、申込み前によく検討しておくといいでしょう。

関連記事をチェック!

172view

マイカーローンはどれがお得?車のローン会社を一覧にしてみた!

新車を購入する場合には、主に「現金派」と「ローン派」に分かれると思いますが、特にローンを利用する場合は、ローン会社にも様々な種類があり、金利の差だけではなく、審査の通りやすさなども重要なポイントになり...

3つの個人信用情報機関

金融機関や貸金業者が加盟している個人信用情報は以下の3つあります。

◇株式会社シーアイシー(CIC)

加盟している会社は消費者金融や信販会社、一部の銀行です。

◇日本信用情報機構(JICC)

消費者金融と信販会社の多くと金融機関も加盟しています。

◇全国銀行信用情報センター(KSC)

加盟しているところは多くの銀行です。

マイカーローンを利用するところによって、信用情報機関が異なります。

ただし複数の個人信用情報機関に加盟しているところも多く、クレジットカードやローンの取引内容は把握されると考えてもいいでしょう。

また申込先に保証会社が付いていれば、保証会社の審査を受けることにもなるため、保証会社の加盟する個人信用情報機関も確認されます。

登録される情報は?

個人信用情報機関には申込情報と契約情報、金融事故情報があります。

申込情報には、申込みしたときの氏名や住所といった基本情報と商品内容などが登録されています。

契約情報には取引内容が主で、返済状況と完済情報が細かく登録されています。

返済日に1日でも遅れると遅延扱いとなり、1年間に何回も繰り返すと信用が下がりますので、返済は期日に支払うようにしましょう。

また、個人信用情報には、金融事故を起こした情報も登録さています。

いわゆるブラックリストにのるという言い方になりますが、債務整理や長期の滞納、代位弁済などのことで、今後の借入れで不利となってしまいます。

過去に金融事故を起こした人は金融事故の情報が登録されている期間が長いので、マイカーローンを申し込むときに、何年経過しているのか確認してください。

金融事故を起こした人は、5~10年間はお金を借りることが難しい状態です。

関連記事をチェック!

3684view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

個人信用情報に保管される期間

個人信用情報の保管期間は情報内容によって違います。

一部の登録内容ですが、まとめましたので参考にしてください。

情報内容登録期間
申込情報6か月
取引実績解約日から延滞情報は5年
債務整理解約日から任意整理・特定調停は5年、個人再生5~10年、自己破産10年です。
多重申込み6か月

申込時に申告した基本情報は6か月であるの対し、金融事故情報は5~10年と長く保管されます。

個人信用情報の傷が回復するまでの時間は長いので、傷が付かないように返済することがとても大事です。

個人信用情報に登録されると遅延したことがばれてしまい、審査に不利となることもあります。

しかし個人信用情報に登録された内容が良ければ信用度が上がり、審査にいい影響となります。

期日に遅れたことがなかったり、完済したことがあったりすれば、返済能力も信用度も高いと判断されるのです。

なお、完済をしても解約をしないと信用情報から、期間が過ぎても消えませんので、覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

5269view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

心配なら開示請求しよう

これまでのローンやクレジットカードの支払で、遅延をしたことがある人は、信用情報がどうなっているか気になるでしょう。

個人信用情報機関に開示を求めれば、調べることができます。

情報開示には1,000円ほどの費用がかかりますが、ローンの申込みをする前に情報を確認できることは、メリットがあるといえます。

関連記事をチェック!

6165view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

審査についてのQ&A

では最後に、マイカーローンの仮審査・本審査についてのよくある疑問について説明していきます。

Q1.複数の銀行に同時に申し込んでもいいの?

一般的にローンは、短期間のうちに複数の申込みをすると「申込みブラック」になり審査にとおりにくくなります。

マイカーローンの本審査は個人信用情報に記録されるため、何度も審査を受けているとその情報が登録されますが、仮審査の結果は記録に残らないとされています。

そのため、複数社に仮審査を申し込んでも問題ないという解釈ができますが、銀行によっては仮審査の同意書の中で、「個人情報の取扱い」において「個人信用情報機関の利用について」が明記されています。

したがって、仮審査で個人信用情報機関へ照会をされることがほとんどです。

これの事実は、銀行にしか分かりませんので、短期間に申し込むのは2~3個のマイカーローンにしておいた方がいいでしょう。

Q2.仮審査に受かって本審査に落ちることってある?

仮審査に受かるとそれで審査が終了した気持ちになる人もいますが、たとえ仮審査にとおっても本審査で落ちることはあります。

考えられる原因としては、申込時よりも収入が減少した、融資希望額が大幅に高額になった、仮審査から本審査の間の信用情報に問題が発生したなどがあります。

本審査に通過するまでは、安心できないということになります。

Q3.仮審査通過後にキャンセルできる?

仮審査通過後に、より条件のいいマイカーローンを見つけて「そっちにしたい」と思うこともあります。

しかし、仮審査に通過してしまうとキャンセルできるのか疑問ですが、審査にとおった後でもキャンセルできます。

なお、本審査通過後でもキャンセルは可能なので他のマイカーローンとじっくり比較してよりいい条件のものを選べます。

Q4.パートやアルバイトでも大丈夫?

パートやアルバイトだとマイカーローンの審査にとおるか心配な人は多いですが、一定の条件さえ満たせば審査にとおることは可能になります。

パートやアルバイトでも、勤続年数が長ければ今後も継続した安定収入が見込めますし、他からの借入れがなければより審査に有利になります。

しかし、ローンの年間返済額は年収の30%~40%ほどとされているため、あまり高価な車は選べないかも知れません。

その場合は、保証人になってくれる人がいればより信用度が増すため、ローンの審査に有利になりますし、希望借入額も増額できる可能性があります。

まとめ

仮審査で個人信用情報が審査に影響するかどうかは、申込先の金融機関によって異なります。

しかし仮審査で見られなかったとしても本審査では必ず確認されますから、どちらにせよ最終審査結果は変わらないと言えます。

高額な車になるほど魅力は増しますが、その分借入をする金額も大きくなってしまうので、申し込む前に「本当に今後無理なく返済できる金額なのか」をよく考え検討することをおすすめします。

関連記事をチェック!

5670view

300万の車をローンで買うとどれ位の借金返済が必要になるの?

車が欲しいけど、まとまったお金が無いというときに役立つのがマイカーローンです。 高額の買い物となる車でも、マイカーローンを使えば購入しやすくなります。 参考として、300万円の車を購入する場合の借...

関連記事をチェック!

123view

自動車ローンの借入は簡単?難しい?

人生においてマイホームと並んで大きな買い物の1つとも言われるのが自動車購入。 購入価格の大小があるとはいえ、年齢に関係なく高額出費となるケースがほとんどです。 よって、一括購入できる方は少...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談