リクルートスタッフィングで給料の前借りはできる?

大手人材派遣会社「リクルートスタッフィング」を利用している人は大勢います。当記事では「リクルートスタッフィングで給料の前借りが可能なのか」について、情報をまとめています。

非常時とはいえ、給料の前借りは出世に響いたり、社内での信用を落とたりしかねず、派遣・契約社員も例外ではありません。
「上司に前借りする理由や言い方はどうしよう⋯⋯」と、頭を悩ませなくても気兼ねなく利用できる前借りアプリがあるので、下記ページをぜひ参考にしてみてください。
>>> お金を前借りできるアプリ

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短30分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

リクルートスタッフィングではできない

業界大手の会社ですので、派遣として登録している人も多くいますし、派遣社員を探す時に利用する人も多くいます。

派遣社員として登録している人で、実際に働いている人の中には、給料の前借りを依頼したいと思っている人もいると思います。

ここでは、リクルートスタッフィングでの給料の前借りについてご紹介します。

前借りに関する規則はない

多くの会社で給料の前借りに関して定義があるのですが、リクルートスタッフィングでは給料の前借りに関しての取り決めはありません。

特例でも取り決めがあれば、条件に合っていれば示された手順の沿って手続きすれば前借りができます。

ですが、取り決めがないのですからどの様に手続きをすればいいのかわからないですよね。

派遣先をコーディネートしている人にとっても取り決めがないのですから、申し出を受けた場合にどうすれば良いのかが分からないという事になります。

もし、相談をされることになってしまうと、今度は上司や管理者に対して相談をする事になるのですが、これには時間も手間もかかってしまいます。

ですので、派遣先との話し合い、派遣社員との話し合いなど多くの業務をこなしているコーディネーターに話をしてもなかなか話は前に進まないのが現実です。

理由によっては借りれることもある

前述の通りリクルートスタッフィングでは給料の前借りの規則がありませんが、給料の前借りに関しては労働者の権利として労働基準法に明記されています。

それは、労働基準法第25条に書かれているもので、出産や結婚、病気、災害などの非常時に対して前借りができるというものです。

したがって、給料の前借りが必要になった理由がこれらの非常時に該当する場合には、企業は給料の前払いをする義務があるわけです。

しかし、気を付けておかないといけないのが、支払うべき給料という事です。

例えば、「これから一生懸命働きますので、2か月先の給料分まで前借りさせてください。」という様なことはできません。

あくまでも現在まで働いた実績分の給料を前借りするという事になります。

また、非常時という事でもありますので、遊興費として利用するとか、散財してしまって生活費が足りないという様な場合には支払う義務はないのです。

十分に働いていて、非常時の対応として請求することはできますが、そうでない場合には基本的に企業の支払い義務はありません。

前借りを依頼する方法

前借りができる要件をすべて満たしている場合には、給料の前借りを主張しても構いません。

ですが、給料の前借りをお願いすると、お金にルーズである、もしくは生活やお金に問題がある人と思われてしまう結果になります。

契約で決まっている場合には、その契約期間内であればいいのですが、契約期間が切れた場合には継続して契約をしなければならない決まりはありません。

ですので、これらの事が原因で契約続行が望めない場合も考えられます。

このようなリスクがあることを理解したうえで、リクルートスタッフィングで給料の前借りを依頼する方法はとにかくコーディネーターに相談することです。

最初は動いてくれないような場合でも、何度もお金が必要な状態であることをアピールして相談をすると相談に乗ってくれる場合があります。

もし、それでも聞いてくれないような場合には、コーディネーターが所属している部署の上司に掛け合ってみるのも良いですよ。

ただし、あくまでも派遣社員が話し合いをするのはコーディネーターですので、上司に話をした時点で次の契約時に不利になる可能性があるという事は肝に銘じておきましょう。

前借りできない時の対処法

前述したとおりリクルートスタッフィングでは、緊急時以外に給料の前借りはできません。

しかし、最低限の生活をするお金もない時には困ってしまいますよね。

ここでは、給料の前借りができない時の対処方法をご紹介します。

短期のアルバイトなどで稼ぐ

必要になった金額にもよるのですが、お金が必要になるまでに時間がある場合には、短期で夜間のアルバイトなどを行うのも良いですよ。

夜間のアルバイトは時給もいいので、1日で1万円以上手にする事も不可能ではありません。

緊急で2,3万円が必要となるような場合には、体的にはきついですが、ダブルワークで働くと2~3日でお金を用意することは可能です。

アルバイトをする際に気を付けておきたいのが給料の支払日です。

即日払いが可能か、必要になる時までに給料が支払われるところを選ぶようにしておきましょう。

支払われる給料は魅力的でも、支払日が1ヶ月後となると、何の解決策にもなりません。

カードローンを利用する

お金が必要だけど用意することが難しい場合には、カードローンを利用するのも一つの手です。

時間的に余裕がある場合には、金利が低い銀行のカードローンを利用すると良いですね。

月々返済する金額も低額な物を選ぶと、完済するまでに時間はかかりますが、今現在の窮地を脱出することはできます。

例えば、楽天銀行や三井住友銀行のカードローン等があります。

もし時間的に余裕がない場合には、金利は高いですが即日融資も可能な消費者金融のカードローンを利用すると良いですね。

例えばプロミスやアコム、アイフルなどは全国対応で便利に使うことができます。

申込から利用できるまで最短だと一日かかりませんので、便利に使うことができます。

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事