筑波銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

筑波銀行のフリーローン

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数のとこらから借入をしていると、それぞれに対して返済が必要になりますし、金利も支払っていかなくてはなりません。

また、異なる返済日によって、返済の管理がしにくくなり、延滞してしまうリスクが高くなってしまいます。

銀行のローンで複数のローンを借り換えする場合、基本的にはカードローンやフリーローンを利用します。

しかし、カードローンで借り換えする場合には、利用限度額に余裕ができると、追加で借入をしてしまうリスクがあります。

これに対し、フリーローンは追加借入ができない商品性となっていますので、複数のローンを借り換えすることに向いています。

この記事では、茨城県を中心に営業している「筑波銀行」のフリーローンで借り換えする際の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

一部の銀行では、複数のローンを借り換えできる「おまとめローン」を提供しています。

おまとめローンは、最初から借り換えを目的としている商品ですので、すべてをまとめられるだけの金額が借りやすくなっています。

筑波銀行などのように、フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、すべてをまとめられるだけの金額が借りにくくなっています。

また、フリーローンを申し込める要件に、年収や勤続年数などを設けているものもありますので、パートやアルバイトなどの収入が少ない人は申し込みすらできないこともあります。

おまとめローンよりも低金利で借りられる可能性が高いフリーローンですが、これらのことに注意したうえで利用しなくてはなりません。

関連記事をチェック!

1421view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

筑波銀行フリーローンの口コミ

筑波銀行が提供しているフリーローンは、

  • ぴったりフィットローンⅡ型
  • ポケットフリーローン
  • ボンドプレミアムローン

の3種類です。

これら3つのフリーローンの審査基準などを解説する前に、実際に利用した人などの口コミを紹介しようとしましたが、フリーローンに関する口コミはありませんでした。

ですので、口コミ件数が多いカードローンに関するものを紹介していきたいと思います。

カードローンに関する口コミには、

  • 審査が早い
  • 審査が通りやすい
  • 申し込み手続きが簡単
  • アルバイトでも借りられた

などというように、商品性に関する内容が多く、いずれも高評価となっていました。

カードローンに関する口コミで高評価となっていますので、口コミ自体はありませんが、フリーローンの商品性も高いのではと考えられます。

フリーローンの審査基準

ここから、本題であるフリーローンの審査について解説していきます。

先ほどもお話ししましたように、筑波銀行では3つのフリーローンを提供しており、それぞれで申し込みできる人の範囲や商品内容が異なります。

ここでは、筑波銀行が提供している3つのフリーローンについて、申込基準や借入条件を紹介し、さらに、審査のスピードも解説していきます。

ぴったりフィットローンⅡ型

「ぴったりフィットローンⅡ型」は、パートやアルバイトの人でも利用できる商品であり、申し込みのしやすさが特徴です。

この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 自宅・勤務先(または事業先)のいずれかが筑波銀行の営業区域内の方
  • 申込時年齢満20歳以上、完済時年齢満75歳以下の方
  • 安定継続した収入がある方(パート、アルバイト、専業主婦の方も申し込み可)
    ※専業主婦の方は配偶者に安定継続した収入がある方
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自 由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円以内)
融資期間返済回数6回以上84回以内、
もしくは6ヶ月以上7年以内
融資利率固定金利:9.8%または14.6%

※9.8%で取り扱いとなる場合、以下のいずれかの取引がある方は、▲2.0%割引し、「7.8%」での取り扱いとなります。

1.筑波銀行で給与振込を利用の方(月5万円以上)

2.筑波銀行で公的年金を受取っている方

3.筑波銀行住宅ローンまたは他行住宅ローンを利用中で、過去1年間延滞なく返済されている方

※既に完済している方で、完済前1年間延滞なく返済されている方も対象
返済方法
  • 融資利率7.8%または9.8%の場合、1万円以上5千円単位の元利均等毎月定額返済
  • 融資利率14.6%の場合、毎月5千円以上の元利均等返済
  • ボーナス返済併用不可
返済日毎月7日、17日、27日のいずれかを選択
担保・保証人不 要
保証会社㈱クレディセゾン

ポケットフリーローン

「ポケットフリーローン」は、最高融資額が少なく、年金受給者などの方でも申し込むことができる商品です。

この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 筑波銀行の営業区域内に居住または勤務している個人の方
  • 申込時年齢満20歳以上75歳以下の方(申込金額が100万円以上の場合は65歳以下となります)
  • 主婦、学生、パート、アルバイト、年金受給者の方も申し込み可
    ※本人(主婦を除く)の収入がない方は利用不可
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上200万円以内
(1万円単位)
※主婦、学生、年金受給者は99万円まで
融資期間1年以上5年以内
融資利率固定金利:14.6%
返済方法毎月元利均等分割返済
(ボーナス返済併用可)
返済日毎月25日
担保・保証人不 要
保証会社SMBCコンシューマーファイナンス

ボンドプレミアムローン

「ボンドプレミアムローン」は、申込基準は厳しいのですが、高額な借入が可能な商品であり、長期の返済もできます。

この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 申込時年齢満20歳以上、完済時76歳未満の方
  • 前年度の税込み年収が300万円以上の方
  • 自宅・勤務先(もしくは事業先)のいずれかが筑波銀行の営業区域内の方
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自 由
(自称性資金を除く)
融資金額10万円以上1,000万円以内
(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上10年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:3.8%~13.8%
返済方法元利均等分割返済
(融資金額の50%を上限にボーナス返済併用可)
返済日2日、7日、12日、22日、27日のいずれかを選択
担保・保証人原則不要
※保証会社が条件とする場合は連帯保証人が必要となります
保証会社㈱オリエントコーポレーション

審査スピード

消費者金融が即日融資で人気があるように、審査スピードを重視している人は多いです。

では、筑波銀行のフリーローンを申し込んだ場合、どのくらいの期間で審査結果の連絡が来るのでしょうか。

筑波銀行では、審査スピードに関する情報を公表していませんので、実際にどれだけの期間で審査結果の連絡が来るかはわかりません。

しかし、「ぴったりフィットローンⅡ型」と「ポケットフリーローン」は、急な時にも利用できると記載しています。

ですので、即日融資とまではいかないものの、審査スピードは早いと予想され、少なくとも1週間以内には連絡が来ると思われます。

金利は審査によって決まる

「ポケットフリーローン」は、審査に通ると一律14.6%が適用されますが、「ぴったりフィットローンⅡ型」と「ボンドプレミアムローン」は、審査によって適用される金利が決まります。

「ぴったりフィットローンⅡ型」は、審査によって9.8%または14.6%のいずれかとなり、9.8%となった場合は、取引に応じて7.8%となります。

「ボンドプレミアムローン」は、審査によって「3.8%」「7.8%」「9.8%」「13.8%」のいずれかとなります。

フリーローンの審査を主にしているのは保証会社であり、保証会社では保証の可否を判断するとともに、どのような金利を適用するかということも審査しています。

一般的に低い金利で借りられる人は、信用が高く、返済されないリスクが低い人です。

反対に、高い金利が適用される人というのは、信用が低く、返済されないリスクが高い人です。

複数のローンを借り換えする場合、フリーローンの金利が低いほどメリットは大きくなりますので、できるだけ信用を高めたうえで申し込むことが望ましいです。

金利で審査の通りやすさがわかる

どんなに有利な条件で借りられるフリーローンでも、審査に通らなければ何も意味がありません。

ですので、審査の通りやすさを重視してローンを選ぶ人も多いです。

審査の内容というのは、実際に審査をしている保証会社の人しかわからないのですが、金利を見ることで、ある程度の通りやすさは判断することができます。

そもそも金利というのは、

  • 銀行の収益部分
  • 銀行がリスクに備える部分
  • 保証会社に保証してもらうための保証料

の3つで構成されており、これらのうち、金利の高低に大きく影響するのが「保証料」部分です。

保証料が多くなるほど、金利が高くなりますが、保証会社ではリスクが高い人でも保証することができるようになり、審査が通りやすくなります。

筑波銀行のフリーローンでは、上限金利が高い「ぴったりフィットローンⅡ型」と「ポケットフリーローン」は審査が通りやすく、低金利な「ボンドプレミアムローン」は審査に通りにくいと予想されます。

審査に通るためのポイント

「ぴったりフィットローンⅡ型」と「ポケットフリーローン」は審査が通りやすいのですが、申し込みをするとだれでも借りられるわけではありません。

また、「ボンドプレミアムローン」は審査に通ることができれば、低金利で借りることができます。

ローンに審査がある以上、必ず通る方法というのはありませんが、審査を通りやすくするポイントはあります。

審査を通りやすくするポイントとは、

  • 申込内容を正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • しっかりとした返済計画を立てる

という3つであり、これらを押さえたうえで申し込むことで、審査で決まる金利を低くすることができる可能性があります。

では、これらのポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

申込内容を正確に記入する

申込書を記入する際には、申し込み時点の情報をありのまま申告することが基本です。

ですが、中には審査に通りたいがために、内容を偽って記入する人もいます。

偽る内容で特に多いのが、「年収」や「勤務先・勤続年数」であり、審査で有利のなるような数値などを記入します。

しかし、保証会社ではこれまで多くの審査をしてきた実績がありますので、勤務先の業種や勤続年数を見るだけで、ある程度の年収がわかります。

また、個人信用情報機関には、勤務先の情報も登録されていますので、内容を偽ったとしてもすぐにばれてしまいます。

申し込みの内容に偽りがある場合、保証会社はリスクが高いと判断しますので、審査に通ることはありません。

もしも、仮審査で通っていたとしても、契約までに偽っていることが判明すると、保証を取り消しされてしまいますので、内容は正確に記入しなくてはなりません。

他のローンは延滞なく返済する

申し込み時点で他のローンを延滞している場合には、一種のブラックとなっていますので、審査に通ることはありません。

また、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合、返済能力が低いと判断されてしまいますので、審査に通ることが難しくなってしまいます。

申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合には、最後の延滞を解消してから6ヶ月以上は申し込みをせず、信用が回復するのを待つようにしましょう。

ただし、延滞の情報は信用情報におよそ2年間登録されていますので、少なからず審査に影響が出てしまいますので、注意が必要です。

しっかりとした返済計画を立てる

「ぴったりフィットローンⅡ型」は最長7年、「ボンドプレミアムローン」は最長10年というように、長期返済が可能となっています。

長期で返済をしていくと、毎月の返済額を抑えることができますが、必要以上に期間を長くしてしまうと、まとめる前よりも返済総額が多くなってしまうことがあります。

返済総額が多くなるような申し込みをすると、保証会社ではきちんと返済の計画を立てていないと判断し、審査に通りにくくなってしまいます。

返済総額の軽減も借り換えのメリットですので、メリットを失わないためにも、返済計画はしっかりと立てるようにしましょう。

筑波銀行は、ホームページ内で返済額などのシミュレーションをすることができますので、試算をしてから申し込みすることをおすすめします。

申し込み方法と融資までの流れ

フリーローンに申し込みするための方法は、商品によって異なります。

それぞれのフリーローンに申し込むための方法は、以下のようになっております。

ぴったりフィットローンⅡ型インターネット、電話、窓口
ポケットフリーローン
ボンドプレミアムローンインターネット、FAX、窓口

融資までの簡単な流れは、

  1. 仮申込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 正式申し込み
  4. 契約
  5. 融資実行(融資金の入金)

となります。

なお、申し込みはインターネットや電話などでできますが、契約は窓口でなければ手続きすることができませんので、銀行の営業時間内に窓口へ行かなくてはなりません。

申し込みに必要な書類

フリーローンに申し込むために必要な書類は、

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 収入確認資料(源泉徴収票、納税証明書、確定申告書など)
    ※契約金額50万円超の場合
  • 返済用口座の通帳、印鑑(銀行印)

となります。

また、「ボンドプレミアムローン」で融資金額が500万円超となる場合には、資金使途を確認できる資料(借り換えの場合、「返済予定表」や「利用明細書」など)も必要となります。

ただし、審査によっては資金使途を確認できる資料を求められる可能性もありますので、あらかじめ準備をしたうえで申し込みすることで、スムーズに手続きできます。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

まとめ

筑波銀行で複数のローンを借り換えする場合、3種類あるフリーローンをおまとめローンとして利用することになります。

それぞれのフリーローンは、申込基準や借入条件が異なりますので、自分に合った商品を選んで申し込むことができます。

自分に合った商品がわからないという場合には、直接窓口へ行き、担当者に相談するようにしましょう。

もしも、仕事などで平日に窓口へ行けないという場合には、土日も営業している「すまいるプラザ」もありますので、こちらを利用することも1つの方法です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談