ろうきんでブライダルローンを利用することのメリット・デメリットとは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

結婚式を挙げるためには莫大な費用が必要になるため、ローンを利用してまかないたいと考える人は多いです。

結婚式の費用として利用できるローンは、一般的にブライダルローンと呼ばれることが多いですが、ろうきんでもブライダルローンの取り扱いがあります。

そこで今回は、ろうきんでブライダルローンを利用するメリットやデメリットについて、説明します。

この記事はこんな人におすすめ

今回の記事は、下記のようなことに悩む人におすすめの記事です。

  • ブライダルローンをどこで借りるか悩んでいる人
  • ろうきんのブライダルローンが気になる人
  • ろうきんのブライダルローンのメリットとデメリットが知りたい人

そもそもろうきんとは?

ろうきんでブライダルローンを利用する是非について説明する前に、そもそも「ろうきん」がどのような組織か簡単に紹介します。

ろうきんとは「一般社団法人全国労働金庫協会」の通称で、銀行や信用金庫のように預貯金や融資を受けられる金融機関です。

普段の生活でメインの金融機関が銀行などの人にとって、あまりなじみがないかもしれませんが、ろうきんの基本的な立ち位置は銀行などと同じです。

関連記事をチェック!

3204view

銀行とろうきんの違いとは

「銀行」と「労金(ろうきん)」は、どちらも預金や融資を行っており、「銀行」と「ろうきん」の違いが分からないと言う人もいるのではないでしょうか。 「銀行」と「ろうきん」はそれぞれ特徴があり、融資を...

それぞれの地域にそれぞれのろうきん

実は銀行とろうきんには大きく違う点が1つあります。それは「地域特化で事業を行っている」ことです。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行のようなメガバンクは各地方に支店を設けていますが、ろうきんはそれぞれの地域ごとに別々のろうきんが管轄しています。

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県に住む人が利用できるのは「中央ろうきん」、愛知県・岐阜県・三重県に住む人が利用できるのは「東海ろうきん」といったように、全国それぞれの地域に対応した13個のろうきんが存在しています。

各地域のろうきんで取り扱う商品は微妙に異なるため、自分が住む地域を管轄するろうきんが取り扱うローン商品を調べておきましょう。

ろうきんにブライダルローンは有る?

ろうきんはブランドローンの取り扱いがありますが、ろうきんによって「ブライダルローン」以外の商品名を用いています。

今回は便宜上「ブライダルローン」に統一して、内容やメリット・デメリットなど次の記事で紹介していきます。

ろうきんでブライダルローンを組むなら

ろうきんで結婚資金を調達するために利用できるローン商品を具体的に紹介します。ろうきんでローンを利用する際の条件も併せて説明します。

結婚後に返済していく必要があるので、無理のない返済回数で借り入れをしましょう。

ろうきんでブライダルローンになるのは

ろうきんが扱うローンの中で、ブライダルローンが利用ができる商品は下記のとおりです。

ろうきん

ローン商品名

近畿ろうきん

フレックスローン

中央労働金庫

フリーローン

東北労働金庫

フリーローン

上記のように同じろうきんでも、取り扱う商品名が若干異なります。

自分の地域にあるろうきんで、結婚資金を調達できるローン商品があるか確認してみましょう。

ろうきんには、この他にもブライダルローンとして利用できる商品が多数あります。詳細は近くのろうきんで確認しましょう。

ろうきんのローンを利用できる条件

ろうきんのローンを利用する場合に、必ずクリアしなければならない条件があります。

それはろうきんが管轄する地域に居住か勤務していることです。

原則この条件をクリアすれば利用できますが、場合によってローン契約できないことがあるので、事前に近くのろうきんに問い合わせてみましょう。

ろうきんに出資して労働組合などの構成員である人は会員組合員、ろうきんに出資して生活協同組合に加入する人は生協の組合員として契約できます。該当しない場合は、一般勤労者として扱われます。

ろうきんを利用するメリットは?

銀行や結婚式場と提携している信販会社のブライダルローンではなく、あえてろうきんでブライダルローンを利用することにはメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか、確認していきましょう。

総じて金利が低い

ろうきんでブライダルローンを利用する一番のメリットは、何と言っても金利の低さです。

ろうきん以外でブライダルローンを利用できる主な金融機関は銀行が挙げられます。

ろうきんは、低金利な銀行よりさらに低い金利で融資を受けられるケースが多いです。

銀行や信販会社のブライダルローンと、ろうきんのローン金利を比較してみましょう。

金融機関名

金利

限度額

楽天銀行「ブライダルローン」

固定金利 年7.0%

300万円

北陸銀行「ブライダルローン」

変動金利 年5.675%
固定金利 年6.450%

300万円

ジャックス「ブライダルローン・プレシャンテ」

固定金利 年6.50%

500万円

中央労働金庫「フリーローン」

変動金利 年5.825%~6.325%
固定金利  年7.000%~7.500%

500万円

近畿ろうきん「フレックスローン」

固定金利 年3.7%~4.5%

1,000万円

東北労働金庫「フリーローン」

変動金利 年5.125%
固定金利(5年以内) 年4.900%
固定金利(5年超10年以内) 年5.500%

1,000万円

上記のように、銀行や信販会社よりもろうきんの方が低金利で借りられる可能性があります。

ブライダルローンの借り入れ金額は大きくなる傾向にあるため、金利差が返済額に大きな影響を与えます。

できるだけ低い金利で借り入れたい人にとって、ろうきんの利用するは非常に大きなメリットがあります。

ただし返済期間が長くなるといくら低金利で借りても返済総額が増えてしまうため、計画的に返済するようにしましょう。

金利優遇を受けられる可能性も

また、ろうきんによって一定の条件を満たすと金利優遇が受けられる場合があります。

ろうきんごとに金利引下条件を見ていきましょう。

中央労働金庫「ずっとサポート引下げ」

中央ろうきんでは、団体会員または生協会員に限り、下記の条件に該当した場合は金利が年0.2%引き下げられます。

  • フリーローンの申込時(仮審査申込含む)に、「契約日から1年以上経過」かつ「残高12万円以上」の財形貯蓄またはエース預金を契約した人
  • フリーローンの申込時(仮審査申込含む)に、中央ろうきんの有担保ローンまたは無担保ローン(マイプランを含む)を返済中の人
九州労働金庫の金利引き下げサービス

九州ろうきんでは、契約内容に応じて最大3.0%金利を引き下げています。

  • 3取引以上契約している人は0.1%引き下げ(給与・年金振り込み、財形預金・エース預金、無担保ローン契約、公共料金口座振替など)
  • 住宅ローンを利用している人は0.1%引き下げ
  • カードローンを契約している人は0.1%引き下げ
北陸労働金庫の金利引き下げサービス

北陸ろうきんでは、契約内容に応じて最大0.7%金利引き下げを行っています。

  • 住宅ローン利用中の人は0.7%引き下げ
  • 給与振込、財形貯蓄、エース預金、公共料金口座振替、カードローンなどの中から3契約以上で0.7%、2契約で0.35%、1契約で0.15%金利引き下げ
  • 年金振り込み指定をしている人は0.15%引き下げ

※そのほかにも多数の引き下げ条件あり

上記のように、ろうきんでの取引内容によっては金利の引き下げがあるため、条件に該当すればかなり低金利で借りられる可能性があります。

ろうきんを利用するデメリットは?

では逆に、ろうきんでブライダルローンを利用するデメリットとしてどのようなことが考えられるでしょうか。

組合員でなければ旨みがあまりない

先ほど、ろうきんを利用するメリットとして金利の低さを挙げましたが、ろうきんで取り扱われるローンは、ろうきんの組合員であるかどうかで適用金利が変わることが大半です。

中央ろうきんで取り扱われるフリーローンは、団体会員の構成員だと5.825%の金利で融資を受けられますが、生協会員の組合員なら適用金利は6.105%、それ以外の一般の場合は6.325%の適用金利となります。

団体構成員や組合員以外の人が利用する場合でも金利は低めですが、自分より低い金利で融資を受ける人がいると分かると少し残念な気持ちになりますね。

審査には時間がかかる傾向にある

ろうきんでは、どのローンでも全体的に審査に時間がかかる傾向があります。

消費者金融では最短即日で融資が可能で、銀行カードローンは最短翌日で融資を受けられるスピード感に慣れていると、ろうきんでの融資は遅いと感じるかもしれません。

参考までに、ろうきんのフリーローンは、契約までに数週間かそれ以上かかると言われています。

もちろんカードローンとブライダルローンは別物なので、単純に比較できませんが、ろうきんのローンは、銀行で取り扱うブライダルローンより審査結果が分かるまでに時間を要すると思っておいたほうがいいでしょう。

何を優先してローンを選ぶかが重要

ろうきんのブライダルローンの利用はメリットとデメリットがありますが、大切なのは、自分が結婚式の費用を調達する際に何を重視するかです。

優先事項によって、ろうきんのブライダルローンを検討すべきか変わってきます。

とにかく低金利で融資を受けたいなら、ろうきんのブライダルローンは候補の1つに入ることは間違いないでしょう。

式が近づいてきてできるだけ早く融資を受けたい場合は、ろうきんのブライダルローンより銀行のブライダルローンや資金使途が自由な消費者金融で融資を受ける方がいいでしょう。

メリットとデメリットは客観的な事実ですが、それぞれどのように捉えるかは、各人がローンに対して何を求めるかによって変わります。

自分にとって最適なローンを選んで、お金を調達したいですね。

まとめ

ろうきんでブライダルローンを利用することのメリットやデメリットについての説明をしました。

普段の生活の中でろうきんを利用しない人は、「ろうきんで結婚資金を借りる」という選択肢がそもそもなかったのではないでしょうか。

ろうきんではさまざまなローンを取り扱っており、組合員以外の人でも便利に利用できます。

しかし、ろうきんがあまり積極的にPRを行わないため、ほとんどの人が便利さに気付かないことが多いのです。

今回の記事をきっかけに、ろうきんで取り扱うローンの利用をぜひ検討してみましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談