熊本銀行のおまとめローンで借り換え【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

複数の借り入れがある場合、毎月の返済額は多くなり、返済日もバラバラなことがほとんどです。

このような場合に利用したいのが、おまとめローンであり、毎月の返済額だけでなく、総返済額も少なくできます。

また、複数のローンを一本化することで、これまでバラバラであった返済日も1つになりますので、返済管理がしやすくなります。

このおまとめローンを借りる場合、多くの人は消費者金融をイメージしますが、一部の銀行ではおまとめ専用ローンを提供しています。

それ以外の銀行でも、自由な資金に利用できるカードローンやフリーローンによって、複数のローンを借り換えられます。

この記事では、複数のローンを、熊本銀行でまとめる場合について紹介していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 熊本銀行でおまとめローンの利用を検討している人
  • 熊本銀行のカードローンに関して知りたい人
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

熊本銀行のおまとめローン


借金のおまとめをする場合、おまとめ目的のローンを利用するケースと、フリーローンをおまとめ目的で利用するケースがあります。

熊本銀行で借金をまとめる場合は、どちらになるでしょうか。

おまとめ専用ローンではない

一部の金融機関で提供しているおまとめローンは、すべてのローンをまとめられるだけの金額が借りやすくなっています。

しかし熊本銀行では、おまとめ専用ローンは提供しておらず、おまとめ以外にも家電製品の購入など、さまざまな資金に利用できます。

つまり、通常のフリーローンを、おまとめローンとして利用することになります。

通常のフリーローンをおまとめローンとして利用する場合、すべてのローン分をまとめられるだけの金額が借りられない可能性が、おまとめ専用ローンよりも高いです。

ですが、通常のフリーローンの場合、おまとめ専用ローンよりも低金利で借りられることが多いですので、利息負担は軽減できます。

熊本銀行で複数のローンをまとめる場合には、こういったメリット・デメリットを考慮したうえで申し込みするようにしましょう。

ナイスカバーの口コミ

熊本銀行が提供しているフリーローンは、「ナイスカバー」という商品名で取扱いしています。

このナイスカバーの内容を紹介する前に、まずは実際に利用した人などの口コミを紹介したいと思います。

ナイスカバーに関する口コミでは、

  • おまとめローンとしても利用できるのが便利
  • 手続きが簡単で融資までスピーディ
  • 低金利
  • 所得証明書の提出基準が甘い

というように、高評価のものが多いです。

また、フリーローンなのに「ガン保障特約付団体信用生命保険」を付帯できますので、この点についても高評価となっています。

ナイスカバーの審査基準


実際に、熊本銀行の「ナイスカバー」で複数のローンを借り換えする際に、どのような内容で借りられるのかということなどについて、紹介していきます。

まずは、ナイスカバーの申し込み基準や借り入れ条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 借り入れ時の年齢が満20歳以上69歳以下で、収入があるかた
    (アルバイト・パート・年金受給者も申し込み可)
  • 保証会社の保証が得られるかた
資金使途自由
(事業性資金は除く)
利用限度額10万円~500万円
(1万円単位)
利用期間6ヶ月~15年以内
(6ヶ月単位)
融資利率
  • Web申し込みの場合:5.9%~12.9%
  • Web申し込み以外の場合:7.0%~14.0%
返済方法元利均等毎月返済
(融資額の50%以内でボーナス返済併用可能)
遅延損害金14%
担保・保証人不要
(ふくぎん保証㈱、㈱クレディセゾンまたはSMBCコンシューマーファイナンスが保証)
団体信用生命保険任意加入
(加入する場合、ローン金利に0.3%上乗せ)

大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が、保証会社の1社を務めていますね。

収入があること

利用対象者に「収入があるかた」という条件があることから、少なくとも仕事を自分で仕事をしていて収入を得ている人でないと、申し込めないことが分かります。

銀行のローンの中には、専業主婦のかたでも配偶者の収入を利用して申し込めるものがありますが、ナイスカバーはそうではないようです。

もちろん収入の金額自体が大きく、収入の安定性が高いほうが、審査通過確率は高くなるでしょう。

なお、仕事をしておらず無収入の人が「仕事をして収入を得ている体」で申し込みを行ったところで、在籍確認を行われると一発で嘘が見抜かれてしまうので、やめておきましょう。

他社からの借り入れ

ナイスカバーでは収入がある人しか申し込みができませんが、その理由はローンの審査においては「返済能力」が重要視されるからです。

そして、収入同様に返済能力に関わる要素として挙げられるのは、「他社からの借り入れ」です。

他社からの借り入れがあると、そちらに返済能力を割かなければならないため、その分ナイスカバーに振り分けられる返済能力が少なくなると見なされてしまい、審査通過が難しくなります。

他社からの借り入れが○○万円以上あるとアウト、のような明確な基準が決められているわけではありませんが、ローンの審査では貸金業法の総量規制ラインが1つの目安となります。

そのため、他社からの借り入れ金額がすでに年収の3分の1近くになっている場合は、ナイスカバーで審査落ちになる確率が高いでしょう。

ナイスカバーに申し込む前には、他社借り入れ金額および件数を、できるだけ減らしておくことを心がけましょう。

信用情報

信用情報機関で管理されている信用情報も、審査において重視される情報です。

信用情報には、これまでの金融商品の利用状況や返済状況が記録されています。

そのため、信用情報をチェックすれば、クレジットカードの利用状況やカードローンの返済遅延などが、手に取るように分かるのです。

ローンの長期延滞やクレジットカードの解約、または債務整理といったようなことがあった場合、信用情報には事故情報と呼ばれる情報が登録されてしまいます。

事故情報は、ローン等の審査においては最大級のマイナス要因なので、信用情報に事故情報が登録されている場合は、ナイスカバーの審査に通過することは諦めましょう。

審査スピード

消費者金融のおまとめローンが人気である理由の1つは、申し込みをしたその日の内に借りられることです。

消費者金融では、こうした審査スピードもサービスの一種としていますので、おまとめローンでさえも即日融資を可能としています。

では、ナイスカバーに申し込んだ場合、審査の結果が出るまでにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

ナイスカバーを申し込んだ場合、審査の結果は5日~7日程度で連絡が来ます。

また、審査の状況によっては、連絡が来るまでに3週間程度かかることもあります。

銀行によっては、最短で翌営業日に審査結果の連絡が来ますので、熊本銀行の審査スピードは遅いと言えます。

ですので、ナイスカバーを申し込む場合には、かなり余裕を持って申し込みするようにしなくてはなりません。

金利は審査によって決まる

ナイスカバーの金利は、申し込みをWebで行うか、それ以外の方法で行うかによって違います。

しかし、共通して言えることは、金利は審査によって決まるということです。

また、決定される金利は、

  • Web申し込みの場合:5.9%、9.9%、12.9%
  • Web申し込み以外の場合:7.0%、11.0%、14.0%

というように、それぞれ3段階のいずれかとなります。

決定される金利は、年収や勤続年数、他のローンの利用状況などを総合的に判断しますので、実際に適用される金利は、申し込んでみないとわかりません。

一般的には、信用状況が良好な人(返済能力があり、返済されないリスクが低い人)ほど、低金利となります。

なお、団体信用生命保険を付帯する場合には、審査で決定された金利に0.3%が上乗せされますので、その分利息負担は増えてしまいます。

しかし、万が一がんなどで支払事由に該当した場合には、生命保険のほうから返済されますので、以後の返済はなくなります。

金利で審査の通りやすさがわかる

ローンを選ぶ際に、審査の通りやすさを重視する人も多いです。

特に複数のローンをまとめる場合には、審査に通らなければ何も意味がありません。

しかし、審査の内容を公表している保証会社はなく、実際にどのような審査が行われているのか、審査は通りやすいのかということはわかりません。

ですが、金利を見ることで、審査の通りやすさというのはある程度判断できます。

というのも、金利は保証会社へ支払う保証料が多くなるほど高くなり、反対に少なくなるほど低くなるからです。

保証会社へ支払う保証料が多くなると、保証会社はそれだけリスクがある人でも保証できます。

ナイスカバーの金利は5.9%~14.0%と低金利ですので、比較的審査は厳しいと予想されます。

2つの保証会社が審査する

ナイスカバーの審査は、金利を見る限りでは厳しいのですが、借り入れ条件でも紹介しましたように、保証会社が複数あります。

基本的な保証会社は「ふくぎん保証㈱」ですが、ここで審査に通らなかった場合には、「㈱クレディセゾン」または「SMBCコンシューマーファイナンス」が審査をします。

つまり、審査は2回チャンスがあるということであり、審査に通る可能性は高くなっています。

もちろん2回の審査両方で通らないということもありますが、確率的には通りやすくなっています。

保証会社が複数あるのに、それらのどの審査にも通らないということは、それだけ「信用情報等に問題がある人」ということなのでしょう。

申し込み方法

ナイスカバーへの申し込みは、以下の方法によって行えます。

  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口
  • FAX
  • 電話

インターネットからの申し込みは、熊本銀行のホームページから、必要事項を入力することで簡単に手続きできます。

郵送による申し込みでは、電話などで資料請求を行い、熊本銀行から申し込み用紙を郵送してもらい、届いた書類に必要事項を記入し、返送することで申し込めます。

窓口では、担当者と直接面談し、申し込み書に記入することで手続きができ、FAXで申し込む場合には、ホームページからFAX専用申込書をダウンロードし、必要事項を記入して送信します。

電話で申し込む場合には、専用ダイヤルに電話をすることで手続きができますが、受付時間は平日の9時~20時までとなっていますので、電話する時間には注意が必要です。

申し込みの流れ

ナイスカバーは、インターネットだけで契約までできる「Web完結」に対応しています。

申し込みをしてから借り入れできるまでの流れは、WEB完結とそれ以外の契約手続きの場合で異なりますので、それぞれの流れを紹介していきます。

Web完結申し込みの場合

Web完結でナイスカバーを申し込みする場合の流れは、以下のようになっています。

  1. インターネットで申し込み
  2. ショートメールでの必要書類アップロード
  3. 審査結果の連絡、契約内容の確認
  4. 融資実行

Web完結ですので、申し込みは必ずインターネットから行います。

申し込みを受け付けると、熊本銀行から携帯番号にショートメール(SMS)が届きます。

SMSで届いた本文の中にURLが記載されていますので、そこから必要書類のアップロードを行います。

必要書類のアップロードが完了すると、審査が開始され、審査の結果と契約内容の確認が電話または郵送で連絡されます。

審査に通ると、契約手続きなどを経て融資実行(融資金の入金)され、それを借り換え対象のローンへ返済します。

Web完結以外で契約する場合

Web完結以外の方法で契約する場合の流れは、以下のようになっております。

  1. 申し込み
  2. SMSで必要書類のアップロード
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約手続き
  5. 融資実行

まず申し込みは、先ほど紹介したいずれかの方法で手続きします。

インターネットや電話で申し込みをした場合には、Web完結の時と同じように、SMSで必要書類のアップロードを行います。

それ以外の方法で申し込んだ場合には、必要書類を契約時に提出しますので、この時点で提出する必要はありません。

申し込みが完了すると、審査の結果が電話または郵送で連絡が来ることになり、審査に通った場合は、窓口または郵送で契約手続きとなります。

窓口または郵送による契約手続きが完了すると、融資が実行されます。

Web完結をする際の注意事項

Web完結でナイスカバーを利用する場合には、熊本銀行の口座(キャッシュカードが発行されているもの)があることが条件となっています。

ただし、口座を持っていても、届け出ている住所と現住所が異なる場合などの時は、利用できません。

また、Web完結で申し込みをしたものへは、団体信用生命保険を付帯できず、300万円を超える申し込みはできません。

なおWeb完結でも、契約内容の書類などは自宅へ郵送されます。

申し込みに必要な書類

ナイスカバーを申し込む際に必要となる書類は、本人確認書類だけです。

本人確認書類は、原則、運転免許証となりますが、運転免許証を持っていないという場合には、健康保険証などで本人確認することになります。

また、借り入れ金額が50万円を超える場合には、以下の所得を証明する書類も必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書(個人事業主の場合)
  • 給与明細書
  • 年金振込通知書

これらの書類は、最新年度(最新月)のものが必要となりますので、準備したうえで申し込みするようにしましょう。

また、おまとめの場合には、借り換えするローンの残高を確認する書類も必要となる可能性がありますので、返済予定表なども準備しておくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

12487view

給与支払証明書とは会社で発行する独自の書類

住宅ローン申し込みなどに必要な「給与証明書」とは一体何でしょうか? 源泉徴収票や給与明細とは違うの?といった疑問にお答えします。 給与証明書はどこで発行? 「給与証明書」と「給与明細」は別物です...

熊本銀行のおまとめローンの審査に通らない理由

先ほど、ナイスカバーの審査基準について説明しましたが、その内容も踏まえてナイスカバーの審査に落ちてしまう理由を、いくつか挙げていきましょう。

信用情報に事故情報がある

信用情報上の事故情報は、ローン審査においては最大限のタブーなので、事故情報が登録されていれば即審査落ちとなってしまいます。

ローンの返済を長期延滞した自覚があるとか、債務整理を行ったというような場合は、信用情報に事故情報が登録されていることを自分でも分かると思いますが、中には自覚がない人もいるでしょう。

自分の信用情報に事故情報が登録されているかどうか気になる場合は、信用情報機関に情報開示請求を行うといいでしょう。

CIC・JICC・KSCの各信用情報機関は、インターネット経由・郵送・窓口による情報開示請求を受け付けています(KSCは郵送のみ)。

信用情報を確認してみて事故情報が確認された場合は、ナイスカバーへの申し込みを控えるのが賢明です。

申し込みブラックである

借金のおまとめを検討している場合に、「申し込んだローンの審査に落ちてしまっておまとめができなかったらまずい」と考えて、複数のローンへの同時申し込みを検討している人はいませんでしょうか。

複数のローンに同時に申し込みを行うと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥ってしまい、それだけで審査落ちの原因になってしまうので、絶対にやめましょう。

ローンへの申し込み情報も、信用情報に登録される情報の1つなので、信用情報をチェックすれば複数のローンに同時に申し込みを行っていることが、簡単にバレてしまいます。

熊本銀行の視点で考えると、「複数のローンに申し込んでいる=それだけお金に困っている=返済できない可能性が高い」となってしまうので、そのまま審査に落ちてしまうのです。

「もし審査に落ちたら…」と心配になる気持ちも分かりますが、そういうときこそ1つずつ申し込みを行うようにしましょう。

申し込み内容に嘘や間違いがある

ローン審査に通りたいという一心で、年収を水増しして申告したり、派遣社員なのに正社員と偽って申し込みを行う人がいますが、これも厳禁です。

ローン審査では、申し込み者が申告した情報が正しいかどうかを確認するために、本人確認書類や収入証明書類の情報と申告情報を突き合わせて、チェックを行います。

この際に内容に齟齬があると、嘘の情報で申し込みを行ったということで、審査落ちになる可能性が非常に高いです。

嘘ではなくたまたま間違ってしまったんだという場合も、熊本銀行に「嘘を付いた」と判断されてしまえば同じことなので、申し込み内容に間違いがないかを確認することも重要です。

審査に通るためのポイント

比較的審査の厳しいナイスカバーにおいて、必ず審査に通るという方法はありません。

しかし、審査に通りやすくする方法はありますので、以下のポイントを押えたうえで申し込みするようにしましょう。

  • 申し込み内容は正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • 返済期間の設定には注意する

これらのポイントを押えることで、審査に通りやすくなるだけでなく、審査で決定する金利も低くなる可能性があります。

申し込み内容は正確に記入する

ローンを申し込みする際の基本的なことではありますが、申し込み書に記載する内容は、現在の状況を正確に記入しなければなりません。

申し込みをするにあたり、人によっては年収や勤務先などを偽り、審査に通りやすくしようとします。

しかし、保証会社では、これまで多くの人を審査してきた実績があり、年収や勤務先の業種を見ることで、ある程度の年収を把握しています。

保証会社が把握している年収と、申し込み書に記載されている年収に大きな差がある場合、その内容に偽りがあるのではと警戒します。

また、勤務先の情報は、審査をする際に照会する個人信用情報機関に登録されていますので、内容を偽っているのかはすぐにばれてしまいます。

申し込み書の内容に偽りがあった場合、保証会社は申し込み者の人間性を疑い、回収できなくなるリスクが高いと判断します。

特に、インターネットで申し込む場合には、入力ミスもこれに該当してしまう危険性がありますので、入力した内容をしっかりと確認してから送信するようにしましょう。

他のローンは延滞なく返済する

ナイスカバーを申し込む時点において、他のローンで延滞をしている場合には、ブラックの状態となっていますので、審査に通ることはありません。

また、延滞の情報は、個人信用情報機関におよそ2年分は登録されていますので、この期間中に延滞があった場合には、それも審査の対象となります。

特に、申し込みの直近ヵ月月以内の延滞は、審査を不利にしてしまいます。

延滞は自分に返済能力がないことを証明する行為ですので、延滞をした場合には、最後に延滞をしてから最低でも6ヵ月は申し込みを控え、しっかりと返済をして信用の回復に努めるようにしましょう。

返済期間の設定に注意する

ナイスカバーの返済期間は最長15年ですので、毎月の返済額を大幅に軽減できます。

しかし、返済期間を長くすることは、それだけ利息を支払わなければならない期間が長くなってしまうということでもあります。

また、毎月の返済額が少ないと、残高が減るスピードも遅くなり、月の利息負担額が多くなってしまいます。

このような状況を完済まで続けていくと、まとめる前よりも総返済額が多くなってしまいます。

こうしたことは保証会社でもよく見ていることであり、総返済額が多くなるような申し込みをする人は、返済の計画をきちんと立てていないと判断します。

総返済額の軽減もおまとめローンのメリットの1つですので、毎月の返済額を軽くすることだけを考えるのではなく、総返済額でも軽減できるような返済期間を設定しなくてはなりません。

ナイスカバーのメリットとは?

※熊本銀行公式WEBサイトより引用

では、ナイスカバーのメリットとして考えられることをいくつか挙げていきましょう。

幅広い人が利用可能

まずは、幅広い人が利用可能であるということです。

先ほどの商品詳細の表中にも記載しましたが、ナイスカバーはアルバイト・パート・年金受給者のかたでも利用できます。

アルバイトやパートのかたでは利用できないおまとめローンもたくさんある中で、アルバイトやパートのかたでも利用できるナイスカバーは、貴重な存在でしょう。

また、年金受給者のかたも利用対象者に含めるとなると、そのようなローンは非常に数が少なくなってきますが、ナイスカバーはそんな数少ないローンの中の1つです。

より多くの人が利用を検討できるのは、ナイスカバーの大きなメリットの1つであると言えます。

web申し込みで金利優遇あり

続いてのメリットとしては、web申し込みを行った場合に金利優遇を受けられるということが挙げられます。

ナイスカバーの元々の金利は7.0%、11.0%、14.0%のいずれかですが、web申し込みを行うことによって金利がそれぞれ1.1%ずつ引き下げられて、5.9%、9.9%、12.9%のいずれかとなります。

通常、金利優遇のための条件というのは当該銀行で口座を開設していたりだとか、定期積金を利用していたりといったような条件を含んでいるものですが、ナイスカバーの場合はただweb申し込みをするだけでOKです。

これだけで1.1%という大幅な金利優遇を受けることが可能なのですから、web以外の方法で申し込みを行わなければならないような理由がなければ、web申し込みを行って金利優遇を受けるのが賢い選択だと言えるでしょう。

来店不要での契約も可能

ナイスカバーは、他社・他行借り入れのおまとめを資金使途に含むローンとしては珍しく、来店の必要なしで契約を終えてしまうことが可能です。

来店が必要であることが利用者にとってネックとなりえるおまとめローンが多い中で、最初から最後まで来店不要で手続きを完了できるのは、大きなメリットですね。

カードローンとナイスカバーを比較!


Yahoo!知恵袋に、以下のような質問が投稿されていました。

借金をカードローンでおまとめしたいと考えています。

アコム→50万
バンクイック→50万
クレジットリボ→60万
年収→400万

三井住友カードローンを300万で申し込んだら50万限度しか無理でした。

早急におまとめできる別を探したいのですが、
どこのローンがおまとめで限度額200万以上にあがるでしょうか??
在籍確認もあるので可能性高いところに絞って申し込みたいと考えてます。

おまとめして、
地道に返していければと思いますのでお願いします。

借金をおまとめする際に、おまとめローンでもフリーローンでもなく、カードローンを利用するという選択肢も、もちろんあります。

今回はおまとめローンである「ナイスカバー」を中心に説明していますが、熊本銀行では他にも資金使途自由の「熊本銀行カードローン」を取り扱っており、そちらでも他社・他行借り入れのおまとめを行うことは可能です。

では、熊本銀行カードローンとナイスカバーではどちらを利用するほうが便利なのか比較してみましょう。

カードローンのほうが自由度が高い

まずは熊本銀行カードローンですが、カードローンの強みは自由度の高さにあります。

利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れと返済を繰り返すことができるというのは、他のローンにはないカードローンのみの特徴です。

おまとめ目的で利用している場合は返済に比重が置かれることになると思いますが、そうは言っても急きょお金が必要になるような場面は出てくるでしょう。

そのような場合に、フリーローン形式のローンだと再度借り入れを行えずピンチになってしまうかもしれませんが、カードローンであれば一度返済をストップして借り入れを行うことで、乗り切れます。

このように、随時利用法を変えられるというのは、カードローン独自のメリットだと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

388view

熊本銀行カードローンの借り入れ方法,返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 カードローンの利用を検討する際には、メガバンクや消費者金融などが取り扱っている知名度のあるカードローンを中心に検討するという人は多いと思います。 しかし地方銀行が取...

おまとめローンのほうが高確率で低金利

一方のナイスカバーですが、ナイスカバーの強みは金利の低さにあります。

熊本銀行カードローンの適用金利は3.0%~14.5%となっているため、下限金利に近いほうの金利が適用された場合は、熊本銀行カードローンのほうが低金利で借り入れを行えます。

ただ、熊本銀行カードローンの適用金利は、利用限度額に応じて決定される形となっています。

Web申し込みで金利優遇を受けた場合の、ナイスカバーの5.9%や9.9%という金利よりも低い金利で借り入れを行うためには、熊本銀行カードローンの場合は数百万円単位での借り入れが必要となります。

100万円や200万円程度の借り入れの場合に適用される金利は10.0%や12.0%なので、かなりまとまった金額の借り入れを行わない限りは、ナイスカバーのほうが低金利で借り入れを行えることは間違いありません。

一長一短なので好みや資金使途で判断

つまり、熊本銀行カードローンにもナイスカバーにもそれぞれに長所があり、どちらを利用すべきとは断定できないというのが正直なところです。

ローンを利用するにあたって何を重視するかということや、利用限度額に応じてどちらのローンを利用するのかを、決めるのがいいでしょう。

返済中の突発的な資金需要にも対応できるようにしておきたいのであれば熊本銀行カードローン、とにかく金利を低くして返済負担を抑えたいのであればナイスカバー、といったような感じですね。

どうしてもどちらかに決めきれない場合は、熊本銀行で相談をしてみてアドバイスをもらうといいでしょう。

熊本銀行カードローンを最速で借りるには

カードローンは、申し込んでから融資を受けるまでがスピーディーなのが、魅力の1つでもあります。

それでは、熊本銀行カードローンに申し込んで審査通過して、実際に融資を受けるまでを最速にするにはどうすればいいのでしょうか。

申し込み前に普通預金口座は必要?

銀行カードローンの中には、その銀行の普通預金口座を持っていなければカードローンが利用できないところもありますが、熊本銀行カードローンは熊本銀行の普通預金口座なしで利用できます。

熊本銀行カードローンでは、返済方法を直接入金型と口座引落型から選べるのですが、直接入金型で利用する場合は熊本銀行の口座なしでOKなのです。

カードローンの申し込み前に、わざわざ熊本銀行の口座を開設する手間が省けるため、普段から熊本銀行を利用しているかどうかを気にせず申し込めます。

口座引落型を利用したい場合は、熊本銀行の普通預金口座が必要ですよ。

申し込みから利用できるまでの流れと時間

申し込みから最短で利用するためには、申し込みはインターネット経由で行います。

その後、審査結果は電話もしくは郵送にて連絡されますが、審査結果が分かるのは申し込みから5~7日程度です。

審査結果の連絡を受けて、電話で契約内容を確認した後、カードが発行されて郵送されてきます。

そのため、申し込んでから最短で利用できるまでの期間は、およそ2週間弱程度となるでしょう。

一般的な銀行カードローンと比べると、利用できるまでに少し時間がかかるかもしれませんね。

必要書類

申し込みに必要な書類は、本人確認資料と収入を確認する資料ですが、収入を確認する資料が必要になるのは、融資限度額が50万円を超える場合のみです。

本人確認資料としては原則、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかの提出が求められます。

これらの書類をいずれも所有していない場合は、熊本銀行に相談してみましょう。

収入を確認する資料としては、源泉徴収票や給与明細書などが利用できます。

審査に通りやすくするコツ

審査に通りやすくするための一番のコツは、希望する利用限度額をできるだけ少なめにして申し込むことです。

利用限度額が大きくなるほど審査も厳しめに行われるので、それだけ審査落ちになってしまう可能性が高くなります。

利用限度額が50万円以下の場合は、収入を確認する資料を提出する必要もないので、それだけ申し込みの手間も省けますしね。

また地方銀行は、当該銀行の利用者に対する審査を優遇する傾向にあります。

そのため、熊本銀行カードローンに申し込む前に、熊本銀行で口座を開設したり定期積金を利用したりすることで、熊本銀行の利用実績を積んでおくのもおすすめです。

熊本銀行カードローンの返済方法

熊本銀行カードローンの返済方法は、先ほど少し触れたように「口座引落型」と「直接入金型」の2つです。

どちらの返済方法を選んでも、借り入れ残高が2,000円未満の場合を除いては、毎月の返済金額が変わるようなことはありません。

熊本銀行の普通預金口座がない場合は直接入金型しか選べませんが、熊本銀行の口座を所有している場合は、どちらか好きな返済方法を選ぶといいでしょう。

約定返済

約定返済の返済日は、口座引落型の場合は1日~26日の任意の日で、直接入金型の場合は毎月14日までです。

熊本銀行カードローンの毎月の約定返済金額は、借り入れ残高に応じて以下のように決まります。

借入残高返済金額借入残高返済金額借入残高返済金額
2,000円未満全額50万円超
100万円以下
20,000円600万円超
700万円以下
80,000円
2,000円以上
10万円以下
2,000円100万円超
200万円以下
30,000円700万円超
800万円以下
90,000円
10万円超
20万円以下
4,000円200万円超
300万円以下
40,000円800万円超
900万円以下
100,000円
20万円超
30万円以下
6,000円300万円超
400万円以下
50,000円900万円超110,000円
30万円超
40万円以下
8,000円400万円超
500万円以下
60,000円 
40万円超
50万円以下
10,000円500万円超
600万円以下
70,000円

なお、直接入金型で返済する場合は、借り入れ残高が2,000円未満の返済金額が1,000円となります。

随時返済

約定返済金額として定められた金額以上の金額を返済すると、それは随時返済と見なされます。

約定返済で返済した金額は、借金の元金の返済と利息の支払いに充てられますが、随時返済で返済した金額はすべて借金の元金の返済に充てられます。

そのため、適宜随時返済を行うことで、借金の元金をより効率的に減らせ、完済までのスピードを早められるのです。

ただし、手持ちのお金があまりないときに無理して随時返済を行おうとしてしまうと、追加借り入れを誘発してしまうことになりかねません。

返済シミュレーションを行いつつ、余裕のあるときに随時返済を行っていくようにしたいですね。

一括返済時の注意点

借金の元金が残り少なくなったら、一括返済を行って一気に完済してしまうのも、1つの手です。

ただし、一括返済を行う場合は、その時点での「借金の元金+発生している利息」をすべて返済しなければならないことには、注意が必要です。

熊本銀行カードローンでは、日割で利息が発生しているため、1日経過すると返済しなければならない金額は前日よりも増えていることになります。

一括返済をする場合は、必ずその当日に返済金額を確認して、過不足の内容にお金を準備することを心がけましょう。

まとめ

熊本銀行で複数のローンをまとめる場合、自由な資金に利用できる通常のフリーローンで行うことになります。

熊本銀行では、ナイスカバーをおまとめローンとして利用できるとしていますので、他の銀行のフリーローンよりも、すべてを借り換えできる金額が借りやすくなっています。

しかし、審査は比較的厳しいですので、ここで紹介した審査に通るためのポイントを押さえたうえで申し込むようにしましょう。

そうすることで、審査に通りやすくなるだけでなく、金利も低くなる可能性がありますので、より多くのメリットを受けながら返済していくことができます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談