プロミスではどうやって一部返済を行えばいい?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを利用していると返済のことで頭を悩ませることも多いと思いますが、それでも返済を続けていかなければ利用残高は一向に減っていきません。

効率的に返済を行うためには一部返済を活用することが重要ですが、利用するカードローンによってその方法がまちまちだったりするので、あらかじめそのカードローンでの一部返済の方法を確認しておくことが重要です。

そこで今回は、プロミスでの一部返済の方法について、説明を行っていきたいと思います。

プロミスの返済は大きく分けると2種類

プロミスでの返済の種類は大きく2種類に分けることができますので、まずはそれぞれの返済について簡単に説明をしておきましょう。

約定返済

1つは約定返済と呼ばれる返済です。

カードローンを利用すると、毎月決まった日や決まった周期ごとに一定の金額以上の返済を行うことが求められますが、この返済のことを約定返済と呼びます。

プロミスでは、借入後残高に応じて約定返済の際の最小返済金額を求める計算式が、以下のように定められています。

借入後残高 約定返済時の最小返済金額
30万円以下 借入後残高×3.61%
(1,000円未満切り上げ)
30万円超~100万円以下 借入後残高×2.53%
(1,000円未満切り上げ)
100万円超 借入後残高×1.99%
(1,000円未満切り上げ)

たとえば借入後残高が45万円だった場合、約定返済金額は45万円×0.0253=11,385円→12,000円ということになります。

関連記事をチェック!

8559view

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存じでしょうか。 カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶときに必ず書いてある用語ですが、知らずに何となく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。 しかし、...

関連記事をチェック!

2428view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。 最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の...

一部返済(随時返済)

そしてもう1つが一部返済で、随時返済や追加返済と呼ばれることもあります。

返済期日までに約定返済金額の返済を終えてしまえば、それ以降の返済はすべて一部返済とみなされます。

一部返済をいかに使いこなすかによって、カードローンの返済負担は大きく変わりますので、手持ちのお金に余裕があるときには積極的に一部返済を行っていきたいですね。

また、その他には借入残高を一気にまとめて返済する一括返済という返済方法もありますが、これは一部返済の一種として考えることができるでしょう。

一部返済を行う方法は?

では、一部返済はどのような方法で行うことができるのでしょうか。

約定返済の方法に関しては、ATMを利用したり銀行振込を利用したりといった説明がプロミスのホームページ上にも記載されていますが、一部返済の方法に関しては詳しい説明があるわけではありません。

と言うのも、返済を行うタイミングによって「約定返済」「一部返済」と名前が変わってはいるものの、どちらも「プロミスに対する返済」であることに変わりはないので、一部返済も約定返済と同じ形で行うことができるからです。

そのため一部返済を行いたい場合は、普段約定返済を行っているのとまったく同じ方法で返済を行えばOKです。

カードローンの中には、一部返済を行う場合には事前にその旨を金融機関まで連絡しなければならないようなところもありますが、プロミスの場合はそういった手間もなく非常に便利ですね。

プロミスの返済期日は選択可能

返済を「約定返済」か「一部返済」かに分ける基準となるのは返済期日ですが、プロミスの返済期日はいつに設定されているのでしょう。

多くのカードローンでは返済期日があらかじめ決められていますが、プロミスでは「毎月5日」「毎月15日」「毎月25日」「毎月末日」の中から、利用者にとって都合のいい日を返済期日に設定することが可能です。

仮に毎月25日を返済期日として設定したとして、次回の返済期日が8月25日だったとしましょう。

この場合、7月26日以降に初めて約定返済金額以上の返済を行うとそれが約定返済として扱われ、それ以降8月25日までに行ったすべての返済は一部返済として扱われます。

このサイクルを理解していないと、約定返済を行ったつもりが一部返済になってしまったり、その逆のことが起きたりしてしまうので注意しておきましょう。

一部返済を行うメリットは?

一部返済の方法が分かったところで、一部返済を行うことのメリットについて考えていきましょう。

総返済額を減らすことができる

一部返済を行うことの一番のメリットは、何と言っても総返済額を減らすことができるということです。

プロミスで総返済額が増える理由は、借入残高に対して利息が発生しているからなので、借入残高を早く減らすことでそのぶん発生する利息を抑えることが可能です。

約定返済のみを行っている場合だと借入残高が減るスピードはゆっくりなので、利息もその分かさんでいくことになってしまいますが、一部返済を定期的に行っていくことで借入残高を効率的に減らすことができ、利息および総返済額が減るという結果になるんですね。

もちろん、一部返済を行った後に手持ちのお金が苦しくなって追加借り入れを行ってしまっては意味がありませんから、一部返済を行うタイミングや一部返済の金額に関しては十分注意しておく必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

6177view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

業者からの評価が上がる

一部返済を活用して上手に返済を行えているということは、当然返済遅延等もないはずなので、カードローンを取り扱っている業者からは優良顧客だと思ってもらえるでしょう。

カードローン業者からの評価が上がると、利用限度額のアップや適用金利の引き下げなどの打診が来る可能性が高まります。

特に適用金利の引き下げに関しては、返済負担にダイレクトに関わってくるものですから、業者側から打診されるようなことがあれば願ったり叶ったりですね。

完済後も解約することなくずっと利用し続けていこうと思うのであれば、業者からの評価を上げておくことは非常に大きな意味を持つでしょう。

返済へのモチベーションが上がる

一部返済をうまく活用して利用残高を早めに減らしていくというサイクルをうまく継続することができれば、返済に対するモチベーションも自然と上がっていきます。

一部返済にまわすためのお金をキープするために節約することもあまり苦ではなくなり、それがさらに一部返済をうまく行うことにつながっていく…というようにどんどん正のスパイラルの中に入っていけるようになるのです。

もちろんその逆のことも起きうるということは言葉にしなくてもお分かりかと思いますので、一部返済を上手に行っていけるかどうかということは、返済全体に関わってくる問題でもあるのです。

どうせ返済を行うのであれば、苦しみながら行うよりも前向きに行っていきたいですよね。

まとめ

以上、プロミスでの一部返済の方法についての説明を行ってきました。

カードローンの利用と一部返済は切っても切れない問題なので、それぞれのカードローンを利用する場合での一部返済の方法はきちんと把握しておくべきです。

約定返済さえ済ませてしまえば一部返済の金額に制限はないので、できる範囲の金額でかまわないので、定期的に一部返済を行っていくことが望ましいと言えます。

今回は特にプロミスでの一部返済について取り上げましたが、同じような考え方はどのようなカードローンを利用する場合にも当てはまるので、プロミス以外のカードローンを利用する場合でも、今回ご説明させていただいた内容を参考にしてみてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談