返済が苦しくなったら!レイクALSAを利息だけ払う方法

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

仕事がなくなったり、急な病気で仕事ができなくなった場合など、カードローンの返済が苦しくなったとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

返済に困った時ほど黙っていてはいけません。

自分からレイクALSAに事情を説明し、「返済が苦しくなった」と伝える必要があります。

レイクALSAなどの消費者金融は、そのような事情に柔軟に対応しているため、支払いを一定期間「利息だけ」としてくれることがあります。

しかし、返済を利息だけとすることについてはメリットとデメリットがあるため、しっかりと理解することが重要です。

この記事では、レイクALSAの返済を利息だけの支払いにする方法と概要について徹底解説を行っていきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

返済が苦しくなったら連絡を

レイクALSAの返済が苦しくなったら、できる限り早くレイクALSAのコールセンターに連絡を入れましょう。

レイクALSAもお金に困っている事情がある人に対して、無理に支払えとは言いません。

このため、自分から連絡を入れて、事情をしっかりと説明することが重要になります。

何も言わないと元金返済の義務

「返済に困ったらすぐに自分から相談」これはレイクALSAのみならずローンを借りた場合の鉄則です。

債権者は、何も債務者から言われない限りは、当初契約した通りの返済が履行されるものと考えており、お金を借りている側にお金に困った事情があるかどうかは理解してくれません。

何も言わなければ、カードローン契約当初の収入状況が継続しているものであると考えてしまうものです。

また、何も言わないままカードローンの返済日が到来すれば、契約通りの金額を返済する義務を負ってしまいます。

この金額を支払うことができないと延滞扱いになってしまうため、延滞扱いとなる前に自分から連絡を入れるようにしましょう。

事情を説明すれば対処してくれる

レイクALSAなどの消費者金融は、返済が困難になっている顧客に対して柔軟に対応をしてくれます。

返済に困っている事情を説明し、その事情についてレイクALSAが「仕方がない」と判断すれば、何らかの対応をしてくれることが一般的です。
理由としては、正直に話すことが大前提ですが、「入院になって仕事ができなくなり収入がない」とか、「会社が突然倒産して給料がなくなった」などの理由では、仕方がないという判断になり、何かしらの方法で返済を支援してくれることが一般的です。

具体的な対処方法

レイクALSAが何らかの対処を行わない限りは返済が難しくなると判断した場合、具体的に以下のような方法で対処してくれます。

このような手続きを条件変更とかリスケジュールと呼び、消費者金融のみならず、返済が困難になった人へリスケジュールによって返済を支援する手続きは、銀行なども行っています。

債権者は、返済が困難になっている人へ返済支援を行う努力義務があるため、困ったら、黙っていないでまずは相談してみることが重要です。

返済期間の延長

銀行が住宅ローンなどの証書貸付で返済支援を行う際にオーソドックスなリスケが返済期間の延長です。

最終の返済期日を数年間延長し、延長することによって毎月の返済額を少なくすることができるというものです。

この方法は証書貸付という最終返済期日が契約時から決まっている返済方法でのみ使用できる方法で、最終期日が決まっていない、カードローンでは、難しい方法です。

元金返済の据え置き

カードローンのリスケでは、主にこの方法で返済支援が行われます。

元金の返済を行わずに利息だけを支払っていくことで、毎月の支払金額を少なくする方法です。

カードローンは利用限度額ごとに毎月の最低返済額というものが定められています。

この金額の中には、元金の返済と、利息の支払いの両方が含まれています。

このうち、利息だけは毎月発生するものですので、支払いを行わなければなりませんが、元金の返済を行わないことで、支払金額自体は少なくすることができます。

毎月の支払額が少なくなるというメリットがある一方、元金据置期間中は借入金は1円も減少しないため、元金据置期間中は、ただ利息の支払い負担だけが大きくなるという点がデメリットです。

レイクALSAの返済に困った場合も、元金返済を据え置き、利息だけを支払っていくという方法が一般的です。

関連記事をチェック!

936view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。 最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の...

利息だけの支払いで大丈夫?

毎月の返済を利息だけとすることでは、借入の元金が減少していきません。

このような手続きを行うことで、信用情報に傷がついたりはしないのでしょうか?

約定を変更するため延滞ではない

利息だけの支払いにするということは、延滞ではありません。

レイクALSAが元金返済を一定期間据え置くという手続きを行う場合には、契約当初の契約を変更するということです。

つまり、契約が新たに「〇月◯日までは利息だけの支払いにする」という内容の契約になっているため、契約変更後に利息だけを支払うということは、まさに契約通りの支払いです。

延滞とは、契約した金額の返済に遅れることを示すため、一度、レイクALSAとの契約を利息だけの支払いと変更してしまえば、それは延滞ではなく、約束通りに支払いとなるのです。

信用情報に傷はつかない

「利息だけの支払い」というようにリスケを行ったあとに、利息だけの支払いを行っても延滞ではないため、信用情報に傷はつきません。

レイクALSAと「利息だけの支払い」という契約を行わずに、勝手に利息だけの支払いを行なっても、これは延滞になってしまいます。

信用情報に傷がつかないためにも、返済が苦しくなったらレイクALSAへ連絡をしてリスケジュールの相談を行いましょう。

リスケ中の増額は不可能

銀行も消費者金融も原則的にリスケジュール中の顧客には新規融資は行いません。

このため、レイクALSAの支払いを「利息だけ」とした場合には、少なくとも利息だけを支払っている間は、増額手続きを行うことは不可能です。

関連記事をチェック!

1431view

利息のみ返済は信用情報に影響あるの?

銀行カードローンや消費者金融の借入返済は、どうしても元金充当分を入金できない場合利息のみ返済でもOKです。しかし契約では最低支払金額を返済することの約款があり、利息のみ返済だと信用情報に何か登録される...

いつまで続けられる?

利息だけの支払いを行なっても、元金が減少するわけではありません。

どのくらいの期間、このようなリスケを続けることができるものなのでしょうか?

事情によって期間は異なるものの、基本的には短期間だけの臨時的な措置であると理解しておいたほうがよいでしょう。

事情によって相談

どのくらいの期間「利息だけ」とすることができるのかは事情によって異なります。

「入院中のため仕事ができない」という事情の人は、入院中期間中だけ「利息だけ」の支払いとすることが一般的です。

筆者が銀行員時代には、仕事がなくなり返済が苦しくなった人に対して1年間元金の返済を据え置き、その間、時間をかけて仕事を探すという手続きを行なったことがあります。

このようにリスケジュールはケースバイケースで元金の返済を据え置くことができる期間は変わります。

永遠には待ってくれない

返済が苦しいからといって、永久的に元金の返済を待ってくれるわけではありません。

基本的には1年を超えて元金の返済を据え置き、利息の支払いだけを行なっていくことはできないと考えた方がよいでしょう。

借りたお金はどこかのタイミングで返済しなければなりません。

根本的な解決を

返済が困難になっている理由が「入院」や「会社の倒産」などの一時的な原因ではない場合には、むやみにリスケを行っても利息負担が大きくなるだけで根本的な解決にはなりません。

特に借金の金額や本数が多いため、返済が困難になっている場合には、リスケを行うよりも根本的な解決を図ったほうがよいかもしれません。

具体的には、自己破産や個人再生などの法的手段による解決や任意整理などの方法です。

これらの方法は、素人が行なってもうまくは行きませんので、債務整理を得意としている弁護士や司法書士にまずは相談してみましょう。

まとめ

レイクALSAは返済が困難になっている顧客に対して無理に「どうしても当初の契約通りに返済しろ」とは言いません。

返済が困難になっている人の事情がやむを得ない事情であれば、元金の返済を据え置き、利息だけの支払いを一定期間行うことを認めてくれます。

しかし、永久に利息だけを支払うことはできません。

返済が困難になった事情を解決することができれば、元金の返済を再度始める必要があります。

多重債務などの事情によって返済が難しくなってしまった場合には、債務整理などの方法で根本的な解決を図る必要があります。

少し時間を開ければ返済が可能になるという事情でない場合には、レイクALSA
へ相談すると同時に弁護士や司法書士などに相談することも検討しましょう。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アコム
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    プロミスレディース

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談