北海道銀行のキャッシング機能を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

北海道銀行は北海道を中心に営業する地方銀行です。

北海道内では、唯一の都市銀行だった北海道拓殖銀行から道内営業を引き継いだ北洋銀行が道内ではトップのシェア率を誇っています。

一方で、今回紹介する北海道銀行も北洋銀行に次ぐシェア率を誇っています。

バブル崩壊の影響を受けて一時期、経営難に陥って当時の経営陣は血の気が引く思いをしたようですが、公的資金の注入や北陸銀行との経営統合などによって無事再建しました。

都道府県名が付いた覚えやすい銀行名であり、「道銀」の愛称で道民に親しまれる北海道銀行ですが、各種ローンが充実していて奨学資金のための教育ローンやWEBで申し込みが完結するフリーローンなどがあります。

また、通常の銀行業務以外に専門家を講師として招いて、起業者などがスキルアップするためのカリキュラムを組むサポート活動などに取り組んでいます。

今回は、そんな北海道銀行の魅力の一部を紹介します。

北海道銀行では、道銀カードと提携したクレジットカードを発行しています。

このキャッシング機能はどのような特徴があるかを中心に解説し、利用すべきポイントを紹介します。

この記事をおすすめしたい人
  • 北海道銀行のクレジットカードの種類が知りたい人
  • 北海道でキャッシングの利用を考えている人
  • カードローンラピッドに興味がある人

北海道銀行のキャッシュカードは?


後で説明しますが、北海道銀行のキャッシュカードはお金の預け入れと払い出しを行うだけの機能を持ったカードではなく、種類によって異なりますがクレジットカードや電子マネーと一体型のカードとなっています。

そして、北海道銀行のキャッシュカードは、「道銀キャッシュ・クレジットカード」と「道銀キャッシュ・クレジットカードKitaca」の2種類があります。

「道銀キャッシュ・クレジットカード」「道銀キャッシュ・クレジットカードKitaca」の発行元は道銀カードで、発行するためには審査に通過する必要があります。

「道銀キャッシュ・クレジットカードKitaca」は、キャッシュカード機能と電子マネーのKitaca機能、クレジットカード機能の3つを合わせ持った非常に便利なカードです。

2つのカードそれぞれに特徴があるので、解説していきます。

クレジットカードと一体型

道銀キャッシュ・クレジットカードは、キャッシュカード機能とクレジット機能が一体になったものです。

クレジットカードのブランドは、VISAとUC(マスターカード)の2つから選択でき、クレジット機能が付くため利用者は高校生を除く満18歳以上に限られます。

なお、未成年で道銀キャッシュ・クレジットカードを申し込む場合は、親権者の同意が必要です。

審査完了から3~4週間ほどでカードが交付され(補足事項:通帳はカードよりも先に受け取れます)、クレジットの利用料金は翌月または翌々月の引き落とし日に北海道銀行の普通預金口座から引き落とされます。

道銀キャッシュ・クレジットカードは2つの機能を1枚にまとめられるので、管理が楽になることがメリットです。

クラシックカードは色が選べる

道銀キャッシュ・クレジットカードでVISAを選択するとクラシックカードになり、カードデザインを以下の4色から選べます。

  • グリーン
  • ピンク
  • シルバー
  • ライトブルー

北海道銀行の公式ホームページに5色から選択できると案内がありますが、もう1色のゴールドはクラシック(一般)ではなく、利用条件などが異なるので後ほど詳しく紹介します。

一般的なクラシックカードはグリーン、ピンク、シルバー、ライトブルーの4色から選択できるということです。

Kitaca搭載のカードもある

北海道銀行のカードは、電車やバスなどで使える電子マネーのKitacaを搭載した「道銀キャッシュ・クレジットカードKitaca」もあります。

札幌市周辺のJRはもちろん、提携する全国の鉄道でも使える便利なカードです。

年会費無料やサービスの特典がある

道銀キャッシュ・クレジットカードは、クレジット機能付きのカードであり年会費がかかります。

本会員は通常1,350円の年会費がかかりますが、初年度は無料で、次年度以降も指定の条件を満たすと年会費がかかりません。

具体的には下記の条件のうち、いずれかをクリアすれば年会費が無料になります。

  1. クレジットカードの利用金額合計が10万円以上(1年間)
  2. クレジットカード決済でPHS・携帯電話料金を支払う
  3. クレジットカード決済で北海道電力料金を支払う
  4. クレジットカード決済で北海道ガス料金を支払う(VISAカードのみ)

もし不安であれば、念のために道銀キャッシュ・クレジットカードの年会費が無料になる条件の詳細は、北海道銀行に問い合わせて確認することをおすすめします。

また、道銀キャッシュ・クレジットカードに申し込んでから2か月以内に2万円以上利用すると、2,000円のギフトカードがもらえますので、クレジットカードの郵送時に応募に関する案内が同封されているのでチェックしておきましょう。

国際ブランドはVISA又はMaster

先に少し触れましたが、北海道銀行のクレジットカードはVISAかMasterから国際ブランドを選べます。

ただし、Kitaca搭載カードの国際ブランドはVISAだけなので注意しましょう。

利便性や手持ちのクレジットカードの国際ブランドに合わせて選択することをおすすめします。

2枚以上の道銀カードは持てない

すでに道銀カードが発行するクレジットカードを持っている場合は、2枚以上は持てないため発行できません。

この場合は既存の道銀カードを解約するか新しいカードの切替手続きをする必要があります。

クレジットカードの利用条件を解説


北海道銀行のクレジットカードには、大きく分けてクラシック(一般)カードとゴールドカードがあります。

続いては、それぞれの利用条件について詳しく説明します。

カードの利用条件について

道銀カードの利用条件を分かりやすく表にまとめたのでチェックしてみましょう。 (※表内の金額は消費税込表記)

なお、前提条件として本人に収入がないと申し込みができないので、高校生や専業主婦・主夫は道銀カードの申込対象者ではありません。

項 目クラシック

(一般)カード
Kitaca一体型

カード
ゴールドカード
年 齢18歳以上18歳以上27歳以上
勤続年数、収入安定した収入が
あること
安定した収入が
あること
勤続5年以上

年収400万円以上
国際ブランドVISA、Master VISAVISA、Master
年会費1,350円

(初年度無料)
1,350円

(初年度無料)
10,800円
家族会員年会費432円

(初年度無料)
取り扱い無し1人目無料

2人目以降1,080円

ゴールドカードは初年度から年会費がかかりますが、キャンペーンなどで半額になることが多いです。

10,800円の年会費が半額になるのはとてもお得なので、できるだけキャンペーン期間に北海道銀行のゴールドカードに申し込むことをおすすめします。

キャッシング利用枠は最大50万円以内

道銀カードのキャッシング利用枠は最大で50万円で、審査内容に応じて金額が決定されます。

キャッシング利用枠は道銀カードが個別に指定の上、会員に通知する仕組みです。

また、国内キャッシングはリボ払い、海外キャッシングは一括払いが基本です。

借入方法について


道銀カードのキャッシングは国内・海外の提携ATMで手続きできますが、所定の手数料が発生します。

また、道銀カードは振込融資にも対応しているので、やり方や仕組みを詳しく見ていきましょう。

借入はATMで可能

キャッシングの利用は、北海道銀行や提携金融機関のATMやコンビニATMで借り入れられます。

コンビニATMは24時間利用できるATMが多いですが、提携ATMのひとつであるイオン銀行は8時から21時までの利用に限られるので注意しましょう。

また、各ATMとも以下の曜日や時間は借入ができず、システムメンテナンスなどで臨時休止する場合もあります。

  • 日曜日23時30分~月曜日7時(バンクタイム)
  • 第1、第3月曜日の2時~6時(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行・VIEW ALTTE)
  • 成人の日、海の日、敬老の日、体育の日の、前日23時から当日8時まで(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行・VIEW ALTTE)

早朝や深夜にお金を借りたい場合は、ATMの利用時間内であるかあらかじめ確認しておきましょう。

ATMでの借入や返済には手数料が必要

ATMを使ってキャッシングをするときや返済する場合は、所定のATM利用手数料がかかります。

手数料は取引金額が1万円まで108円、1万円を超える場合は216円発生します。

振込融資を希望する場合

カード会員本人が国内で借り入れる場合は、インターネットか電話で申込めば融資金を指定口座に振り込むサービスを受けられます。

振込融資の詳細については、道銀カードに確認してから利用しましょう。

北海道銀行キャッシングの返済について


北海道銀行のキャッシングを利用した場合の返済方法は、基本的にリボ払いで、あらかじめ注意点を押さえればとても便利な支払方法です。

まずは北海道銀行のキャッシングの返済に関する以下の注意点を2つ紹介します。

  • ボーナス月のみの返済は選べない
  • 月々の返済額は自動的に下がらない

その後、北海道銀行のキャッシングの利用料金を一括で支払うときのポイントを解説します。

利用前に確認することで利用しやすくなるので、必ずチェックしましょう。

リボ払いするときの注意点

北海道銀行のキャッシングをリボ払いで支払うときの注意点はふたつあり、先にリボ払いの返済条件を確認してから後でボーナス返済について解説します。

リボ払いの返済条件

リボ払いの返済条件は、以下の通りになります。

項 目内 容
返済方式元利定額返済またはボーナス月増額返済
年 利一般カード:年15.0~18.0%

ゴールドカード:年14.1~14.4%
支払方法北海道銀行普通預金口座からの自動引き落とし
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日
(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)
ボーナス月のみの返済は選べない

北海道銀行はボーナス月に毎月の返済額より増額して支払えますが、ボーナス月のみの返済には対応していません。

このため借入残高がある場合は、毎月10日の返済が必須です。

なお、ボーナス増額返済は夏と冬の年2回で1万円単位の設定ができます。

ボーナス増額返済を取り入れると返済期間が短くなるので、賢く利用するのがポイントです。

利用中でもボーナス支払月の変更や増額金額の変更ができるので、北海道銀行に問い合わせてみましょう。

月々の返済額は自動的に下がらない

月々の返済額は、道銀カードから指定されるので自動的には下がりません。

締め日時点の借入残高が20万円を超える場合は、月々の最低返済額は2万円に上がります。

一度返済額がアップすると、返済が進んで借入残高が20万円以下になっても月々の返済額は2万円のままで変わりません。

ただし新たにキャッシングした場合は、返済額が下がる可能性があります。

一括払いするときの注意点

続いて、北海道銀行のキャッシングの利用額を一括払いするときの注意点を紹介します。

北海道銀行のクレジットカードは、ショッピングでの利用時には一括払いの選択ができますが、キャッシングの場合はリボ払いとなります。

リボ払い、ボーナス払いもできる

北海道銀行のクレジットカードを海外で利用すると一括払いになりますが、後からリボ払いやボーナス払いに変更できます。

「キャッシングもあとからリボ」に申し込めば、支払方法を一括払いからリボ払いにできます。

この場合、適用される金利は以下の通りです。

  • 借入日からあとからリボの申込日までは、海外キャッシュサービスの金利
  • あとからリボ申込日以降は、リボ払いの金利

あとからリボを申込んだ場合、ゴールドカードの方は金利が下がります。

その一方で、一般カードの方は金利がアップする可能性があることに注意が必要です。

なお、支払い方法の変更は所定の手続きが必要なので北海道銀行の窓口に行くか、電話で確認してみましょう。

また、国内で借り入れる場合は、自動的にリボ払いになるので一括払いを指定して借りられませんが繰上返済は利用できます。

毎月の返済額以上の支払いをする繰上返済なら、一括払いと同様の返済ができるのでお金に余裕がある場合は利用をおすすめします。

最長36回まで分割払いが出来る

北海道銀行のクレジットカードは、最長36回まで分割払いができ、最低3回から指定できるので、利用内容や状況に合わせて分割回数を選択しましょう。

分割払いをするときに注意すべきなのは利用枠です。

クレジットカードの申込者ごとに利用枠が設定されているので、利用代金明細書などでいくらまで使えるのか事前に確認しておきましょう

続いては、海外で北海道銀行のキャッシングを利用した場合の返済条件を確認します。

海外キャッシュサービスの返済条件

北海道銀行のカードで海外キャッシュサービスを利用した場合、返済条件は以下の通りです。

なお利息は、借入日の翌日から日割り計算で発生します。

項 目内 容
年 利年15.0%
支払方法北海道銀行普通預金口座からの自動引き落とし
支払回数一括払い
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)
海外キャッシュサービスの返済条件

北海道銀行のクレジットカードは海外でも便利に利用できますが、返済は元利一括返済であり、手続きをすれば後からリボ払いに変更できます。

締め日は15日で利用額と利息を合わせて翌月10日に指定口座から引き落とされます。

利用代金はすべてアメリカドル換算で請求さ、利用データが遅延すると支払いが翌々月になることがありますが、基本的には翌月に請求されると覚えておきましょう。

返済を上手に行うための3つのポイント

北海道銀行のキャッシングを上手に返済するために3つのポイントを紹介します。

返済の目途が立たないときの対象法やおすすめの繰上返済の方法、返済遅延に関する情報について解説します。

1.返済に困ったときは相談しよう

北海道銀行のキャッシングの利用額は毎月10日に口座から引き落とされますが、どうしても返済の目途が立たないときは担当者に相談しましょう。

返済をせずに延滞すると信用情報に記録され、カードの解約を要求されることもあるので、返済に困ったときは放置せずに北海道銀行に返済の意思があると伝えることが大切です。

2.繰上返済をしたい場合はコンビニ以外でしよう

繰上返済をする場合はコンビニ以外で手続きをすることをおすすめします。

なぜなら、コンビニのATMは利用時間が長くて便利ですが、その分手数料が高いのがデメリットだからです。

繰上返済をすれば借入期間が短くなって支払利息を抑えられますが、手続きに手数料がかかるととてももったいないので、少しでも返済額を多くするためにもコンビニ以外で繰上返済をするようにしましょう。

なお、北海道銀行のカードで繰上返済をするための条件は、以下の通りです。

繰上返済方法 ATM毎月の引き落とし金額を増額道銀カード

指定口座へ振込
一括払いの繰上返済全額返済のみ可不 可
リボ払いの一部返済
リボ払いの全額返済

一部返済を行った場合、返済額は全額元本に充当されます。

お金に余裕ができたら利息を少なくするために、積極的に繰上返済を利用しましょう。

関連記事をチェック!

1027view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

3.返済が遅れるとさまざまな不利益がある

返済が遅れると、遅れた日数分の遅延損害金を支払わなければなりません。

遅延損害金の利率は年20.00%となっており、通常の借入利率よりも高いです。

また、返済が遅れるとショッピングやキャッシングの利用限度枠が減額されたり、カードの利用を停止されたりする可能性があります。

個人信用情報機関に返済の遅れの情報が登録される場合もあるので、きちんと返済することが重要です。

関連記事をチェック!

7821view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

北海道銀行にはカードローンのラピッドもある

北海道銀行には、クレジットカードの他にカードローンの「ラピッド」もあります。

もちろん、この他にもフリーローンや教育カードローンなどたくさんの商品がありますが、今回はローンカード利用で便利に借り入れができるラピッドについて詳しく紹介します。

その後、先に説明したキャッシングの補足回答を解説するので比較しながら見ていきましょう。

ラピッドの基本スペック

北海道銀行カードローンのラピッドは、ローンカードを利用してお金を借り入れる銀行カードローンです。

商品概要は以下の通りです。

利用対象者
  • 満20歳以上75歳未満の人
    (パート・アルバイトの申込可)
  • 安定した収入のある人
  • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる人
利用方法
  • 専用のローンカードを発行
  • 北海道銀行ATM、提携コンビニATM(セブンイレブン・ローソン・セイコーマート・ファミリーマート)にて利用可能
資金使途自由(事業性資金を除く)
借入限度額1万円~800万円(審査により設定)
利用期間3年ごと(自動更新)
借入利率(実質年率)年1.9%~14.95%(審査により設定)
遅延損害金(実質年率)年18.00%

電話オペレーターが24時間365日対応しますので、日中は仕事で忙しい会社員の人にも嬉しいサービスですね。

ラピッドに申し込む方法

ここでは、北海道銀行カードローン「ラピッド」の申し込み方法から契約・カードの受け取りまでをご紹介します。

1.申し込み方法
ラピッドの申し込みは、郵送・FAX、電話、インターネット・スマホから行います。

郵送やFAX、電話からの申込みの場合は書類を取り寄せることができますし、インターネットやスマホでの申し込みの場合、申し込みから契約までWEB完結が可能です。

よって、窓口が開いている時間は仕事で行けない人にも便利ですし、銀行に行くところを知人に見られたくない人にはありがたいサービスですね。

いずれの方法でもまずは基本情報を記入もしくは入力し、仮審査の結果を待ちます。

2.仮審査の連絡
仮審査申し込みを行うと、入力した内容に基づいて保証会社が審査を行います。

無事に仮審査に通過すると、メールもしくは電話にて本人確認書類の提出依頼があります。

3.本人確認資料のアップロード
北海道銀行カードローン「ラピッド」は、本人確認書類を郵送する必要がありません。

本人確認の方法は、スマホもしくはパソコンで運転免許証や健康保険証、パスポートなどを撮影してアップロードすると、本審査に進む流れです。

撮影した本人確認書類の画像を取り込んで送信するだけですのでとても簡単です。

もしもアップロードできない場合は、北海道銀行ラピッド支店に問い合わせてください。
北海道ラピッド支店|Tel:0120-433-919

4.本審査
本審査では、アップロードした本人確認資料と入力した内容に基づいて審査を行い、その後メールにて本審査の結果がきます。

なお、正確な審査をするために在籍確認が実施されますが、銀行名ではなく個人名で電話がくるので会社の人に銀行からの電話だとバレる心配は少ないでしょう。

5.契約・カードの受け取り
本審査が問題なく完了すると、お住まいの住所にローンカードが送付されますが、カード送付台紙に記載されてある電話番号に連絡をしないと利用できませんので注意してください。

北海道銀行に口座を持っていなくても利用できるのがラピッドのメリットのひとつであり、発行されたカードさえあればATMで借入・返済ができますが、利用方法を守り正しく上手に利用しましょう。

増額申し込みについて
ラピッドの利用実績が優良な顧客には、北海道銀行から郵送で増額案内が来ます。

利用限度額の増額には利用実績に基づいた審査が必要なので、ラピッドの申込直後に引き上げることは難しいです。

利用を開始してからしばらくすると自動で増額案内がくるので、それまで待ちましょう。

ラピッドの利用や申し込みに関する詳細な情報は、北海道銀行のホームページの利用規約を確認してください。

返済金額は月2,000円から

北海道銀行カードローン「ラピッド」の月々返済額は以下の通りです。

借入残高返済額
借入限度額400万円以下借入限度額400万円超
10万円以下2,000円1,000円
10万円超20万円以下4,000円2,000円
20万円超30万円以下6,000円3,000円
30万円超40万円以下8,000円4,000円
40万円超借入金額が10万円増すごとに
2,000円を追加1,000円を追加

ラピッドの返済金額は月々2,000円から可能であり、毎月の返済金額は借入額に応じて最低返済額が決定されます。

例えば、借入限度額が400万円以下で借入残高が10万円以下なら、返済額は2,000円になります。

ただし、あくまでもこの金額は最少返済額です。

「他に回さなくちゃならないお金もあるから・・・」と最少返済額を払い続けて完済するのもいいですが、その分借入期間が長くなると完済までにかかる総支払額が多くなりますので返済方法には十分に注意してください。

また、もしボーナス月などのお金に余裕がある時期には、できるだけ毎月の最少返済額に上乗せ返済し、なるべく早く完済できるようにしましょう。

なお、ラピッドの返済日は35日ごとの支払いか、毎月6日を除く指定日にお金を準備するかのどちらかを選択できます。

北海道銀行キャッシングのQ&A

最後に、北海道銀行のキャッシングサービスに関するよくある質問を紹介します。

キャッシングの利用を開始する前にチェックしておけば、スムーズに使いこなせるのでしっかり見ておきましょう。

Q.キャッシングの審査は厳しいの?
北海道銀行のキャッシングの審査は、消費者金融と比較すると甘いとは言えません。しかし、他の銀行よりも審査スピードが速く回答を受けるまでの時間が非常に短いのが特徴です。適用金利も比較的低めの設定なので、審査を受ける価値は十分にあります。
もし、審査落ちしてしまいそれでもどうしてもキャッシング枠が必要な場合は、過去にトラブルを起こした保証会社かどうかを確認してみましょう。
もしかしたら、他の保証会社が保証するキャッシングに申し込みをすると通る可能性があるかもしれません。
Q.収入確認書類の提出が必要な場合は?
北海道銀行のキャッシングを申し込むときに本人確認書類以外に収入確認書類の提出を要求されることがあります。
以下のいずれかに該当する場合は、収入確認書類の提出が必要になる場合があるのでチェックしてみましょう。

  • あなたの借入残高が合計で100万円を超える場合(他の貸金業者も含みます)
  • 道銀カードからのローン借入額とキャッシング利用枠が、合計で50万円を超える場合

該当する場合はカード発行会社から連絡がありますから、指示に従い書類を提出してください。
また、会社の経営者や自営業者はキャッシングを利用するときに必ず収入証明が必要です。所得証明書や納税証明書、確定申告書などを準備してコピーを用意しておきましょう。

Q.即日借り入れはできる?
契約書類などに不備がなく、銀行側から特に質問などがなければ最短で即日融資が受けられます。
ただし、融資金のカード振込処理がされる時間は午後4時なので、午後1時までにすべての工程を完了させる必要があります。
以前に利用したローンやカードの支払いを催促されたことなどがあれば、即日融資を受けるのは現実的に難しいと頭に入れておきましょう。
Q.提携ATMがあるコンビニはどこ?
北海道銀行の提携は、セブン銀行やローソン銀行などです。
北海道銀行のカードをATMに挿入するとATM画面に北海道銀行ATMと同様の表示がされます。
画面に沿ってATM操作をすればキャッシングの手続きができます。 北海道銀行と提携しているコンビニATMは、以下の通りです。

  • バンクタイムATM
  • セブン銀行
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • VIEW ALTTE
Q.キャッシング利用枠が低い場合がある?
キャッシング利用枠は審査によって借り入れ限度額が決定されます。
したがって、希望した金額を満額借り入れるのは難しい場合があり、他のクレジット会社の利用残高が多かったり、他社への代金を払っていなかったりすると限度額を低く設定される可能性があります。
保証会社が利用者の年収や借入額などに応じてキャッシングの利用枠を決定するので、一定の条件に該当しなければ審査落ちとなるため注意しましょう。
既存の借入がある人は、残高を減らしたり完済してからキャッシングに申し込むと利用枠のアップできるかもしれません。

豆知識

北海道銀行のキャッシュ・クレジットカードに関する豆知識を紹介します。

カードの有効期限が切れた場合の対応や暗証番号、家族カードなどについて解説します。

ここまでチェックすれば不安なく北海道銀行を利用できるでしょう。

キャッシュ・クレジットカードの有効期限が切れると再発行される

北海道銀行のキャッシュ・クレジットカードの有効期限が切れると再発行されます。

郵送でカードに関する案内の手紙が送付されるのでそれに従って手続きをしましょう。

キャッシュとクレジットの暗証番号は別にしよう

できるだけキャッシュ利用とクレジット利用の暗証番号は違うものを設定しましょう。

なぜなら、同一の暗証番号は覚えやすいですが、セキュリティ面では推奨できないからです。

誕生日や電話番号など他人に類推されやすいものを避けて、自分にしかわからない番号にすることをおすすめします。

なお、契約済みの暗証番号も変更可能であり、北海道銀行の窓口やATMで簡単に手続きができますので、現在の暗証番号が心配な人はこの機会に暗証番号の変更を検討してみましょう。

家族カードなども申込から3週間程度で届く

北海道銀行は家族カードなども3週間程度でお住まいの住所に郵送されます。

もし、ご主人の名義で家族カードを発行した場合は、ご主人の口座から利用料金が引き落としされます。

審査回答が出てから3週間でカードを利用できるので、北海道銀行はとても利便性が高いです。

他行提携ATMもある

北海道銀行は他行に提携ATMがあり、東北の地方銀行を中心にATMが提携されているので、居住地が北海道もしくは東北地方なら預金の預け入れや引き出しに困りません。

北海道銀行と提携している他行ATMは、以下の表を参照ください。

  • イオン銀行
  • 北陸銀行
  • 青森銀行
  • みちのく銀行
  • 秋田銀行
  • 荘内銀行
  • 岩手銀行
  • 東邦銀行
  • 横浜銀行
  • 沖縄銀行
  • 北央信用組合

公共料金の支払いも出来る

ファミマTカードやdカードなどと同じく、北海道銀行のカードもガス代や電気代などの公共料金の支払いが可能です。

公共料金の請求書などにクレジットカード払いに変更するための方法が記載されているので、一度確認してみましょう。

口座引落や現金では付きませんが、クレジットカード払いはポイントが付きますので、とてもお得な支払方法です。

まとめ

北海道銀行のキャッシングは、提携金融機関やコンビニATMなどさまざまな場所で利用でき、深夜や早朝でもお金を借り入れられるのが大きなメリットです。

返済方法は国内利用分であればリボ払い、海外利用分なら一括払いが基本となっていて分かりやすく設定されています。

海外利用分も後からリボ払いに変更でき、国内利用分も繰上返済を利用すれば実質的に一括払いが選択できます。

ただし、一括払いからリボ払いに変更すると一般カード会員の場合、利率面で損をする可能性があるので利用前によく検討することがポイントです。

なお道銀カードではボーナス併用の有無に関わらず、毎月1回の返済が必ず必要です。

月々の返済額は変更できますが借入残高に応じた最低返済額があるので、多くお金を借り入れるほど月々の返済額が大きいことに注意が必要です。

キャッシングの利用限度額は50万円以内で個別に指定されるので、商品やサービスの値段に合わせて使うタイミングを見極めましょう。

利用限度額いっぱいまでキャッシングすると、急にお金が必要になっても使えないので計画的な利用と返済を心掛けることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談