カードローンとは

当サイトは「馬でもわかる!カードローンのすべて」というタイトルですから、当然カードローンの解説をしています。

ですが、そもそもカードローンとは何なのか、ご存じない方もいらっしゃると思います。

カードローン自体の説明をしないわけにはいきませんので、このページではカードローンとはなんなのか、本当にカードローンについて何も知らない初めての方にも分かるように説明します。

カードローンは「『カード』が発行される『ローン』」

FireShot Capture 151 - カードローン「バンクイック」 I 三菱東京UFJ銀行 - http___www.bk.mufg.jp_kariru_card_banquic_※三菱東京UFJ銀行公式サイトより引用

カードローンはローンの中の1つの種類です。

ローンとは日本語で貸付という意味なので、利用者する側から見ると借入ということになります。

皆さんは住宅ローンやカーローン、教育ローンという言葉を聞いたことがあるはずです。

住宅ローンは住宅を購入するためのローン、カーローンはカー(車)を購入するためのローン、教育ローンは教育資金として用いるためのローンですよね。

ではカードローンはカードを購入するためのローンでしょうか?

いいえ、カードローンは契約時に発行された専用のカードを使って借入するので「カードローン」という名前となっています。

カードローンを使用する目的は、一部の使い方(事業資金など)を除き、基本的に自由なのです。

借入のタイミングも、必要な時に行うことができます。

返済は決められた日までに毎回一定以上の金額を行わなければなりません。

余裕がある場合はそれ以外のタイミングでも返済ができます。

つまり、カードローンとは「カードを使って好きなときに借入・返済する、使用目的が自由なローン」なのです。

カードローンを発行しているところ

  • 都市銀行:三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行など
  • 地方銀行:横浜銀行、千葉銀行、福岡銀行など
  • 消費者金融:三菱UFJフィナンシャルグループ アコム、モビットなど

電車や街に掲載してある銀行や消費者金融の広告で、有名人がカードを持って金利〇〇~〇〇%と書かれているのものを見たことがあるかもしれません。

関連記事をチェック!

キャッシュカードとクレジットカードの違い

キャッシュカードとクレジットカード、よく似ていますが、両者の違いが分からないという人もいるでしょう。 クレジットカード、キャッシュカード、さらにカードローンの3つの違いは以下の表のようになってい...

キャッシュカードとクレジットカードの違い

カードローンの限度額は審査によって変わる

カードローンを運営している金融機関は利用者に貸付を行い、利用者は返済の時に借りた金額にプラスして利息分を多く払います。

その金額が金融機関の利益となって運営されています。

カードローンは申込に保証人が必要なく、保証会社が保証を行います。

申込者は信用情報(過去の借入やクレジットカードの利用歴など)や属性(収入や職種、勤続年数などの個人情報)を元に保証会社によって審査され、それを通過しなければなりません。

信用情報は、専用の機関に保管されていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

審査を無事に通過すればローンカードが発行されて利用することができるようになります。

いくらまで借入できるのかというのは、それぞれのカードローンごとにも決まっていますし、利用者によっても変わります。

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は最高500万円までと書かれていますが、契約すれば全ての人が500万円まで借りられるというわけではなく、情報を総合的に判断した上である人は400万円まで、別の人は50万円まで、と利用者ごとに個別で決定されます。

最高限度額は、申込時に希望を申請できますが、審査によってある程度変動します。

審査結果が出たら郵便や自動契約機などの方法でローンカードが発行され、借入と返済が可能になります。

発行されたカードを対応ATMで使用したり、電話で指定の口座に振込の依頼をすることで利用できます。

主な申込条件は満20歳以上で安定した収入

では、カードローンを利用するためには何か条件があるのでしょうか。

下の画像は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件です。

FireShot Capture 152 - カードローン「バンクイック」:お_ - http___www.bk.mufg.jp_kariru_card_banquic_moushikomi.html※三菱東京UFJ銀行公式サイトより引用

保証会社の保証を受けられるかというのは審査を埋めてみなければわかりませんので、

  • 年齢が満20歳以上~満65歳未満
  • 安定した収入がある

実質この2点が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件といえます。

満20歳以上という条件はどこもほぼ同じで設定されています。

中には、満25歳以上などのように20歳より高く最低年齢を設定している商品もありますが、20歳未満でも借入できるカードローンというものはありません。

上限年齢は60歳、65歳、69歳のどれかで設定されているものが多いです。

もう一つの条件である安定した収入は、毎月大体同じくらいの金額が手に入るということです。

その条件を満たしていればアルバイトの学生ややパートの主婦の方でも申込可能となっています。

ただし、カードローンによっては学生不可という条件が存在することもありますので申込前によく確認してください。

居住地や勤務先が制限されている場合がある、地方銀行カードローン以外は、基本的に「満20歳以上〇〇歳未満で安定した収入がある」ということだけが条件のものが多く、それを満たしていれば大体のカードローンは申込むことができます。

何度も借入可能

カードローンは必ずしも契約時にお金を借りるわけではありません。

最初に○○万円までお金を借りることができるという枠を作成し、その枠の範囲内でATMからお金を引き出すことができるローンカードを発行します。

最初に枠を作成する際に審査を行っているため、カード発行後はいつでも自分の必要な金額だけ自由にお金を引き出すことができるという商品になっています。

ローンの限度額や金利は審査によって決定するため、自分の希望通りの金額を借りることが必ずできるわけではありません。

振込でも借入できる

消費者金融などは、カードを使用しなくても枠の範囲内であれば電話やインターネットなどから振込を依頼すれば指定口座へ必要金額を振り込んで融資してくれます。

返済は基本的にはカードを使用してATMから返済金を入金する方法ですが、口座振替や、振込でも返済に対応しています。

消費者金融は年収の3分の1まで

また、消費者金融には総量規制という融資金額に対する法律的な縛りがあり、消費者金融やクレジットカード会社からの借入額の合計が年収の3分の1を超えることができないため、注意が必要です。

返済日が土日祝日などの休日の場合は基本的には返済日は翌営業日(返済日が日曜だった場合には月曜など)になります。

返済金額はカードローンの利用金額に応じて変動する残高スライドリボルビング方式という方法になるのが一般的です。

例えばある銀行カードローンの場合は

50万円以下:毎月10,000円

50万円超100万円以下:毎月15,000円

100万円超150万円以下:毎月20,000円

150万円超200万円以下:毎月20,000円

となっており、カードローンの限度額に関わらず借入残高に比例して返済額も増えていきます。

カードローンの申し込み条件

カードローンには誰でも申し込むことができるわけではなく、カードローンから借入を行うにはいくつか条件があります。

必ず必要な条件

カードローンの借入に必ず必要になる条件は以下の通りです。

  1. 20歳以上であること
  2. 安定した収入があること(本人にない場合には配偶者に安定した収入があること)
  3. 日本に居住していること
  4. 外国人である場合には永住権を取得していること

カードローンの借入条件は商品によって若干異なりますが、基本的にはどの商品であれ、以上4つの基準を満たしていない場合には審査通過は難しいと考えた方がよいでしょう。

必要となる場合がある条件

専業主婦が消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りようとする場合には配偶者の収入確認と同意書が必要になります。

専業主婦の借入OKの銀行から借入を行う場合には配偶者関係の書類は一切必要ありません。

学生の場合で、学生専用の学生ローンのような商品を申し込む場合には学生証が必要になりますし、場合によっては親が連帯保証人となる必要がある場合もあります。

学生ローンではなく、アルバイトなどで一定の収入を得ている学生が一般的なカードローンで借入を行う場合には学生証も親の保証も原則的には必要ありません。

専業主婦や学生でも大丈夫

専業主婦でも学生でも通常の一般的なカードローンから借入を行う場合には特別な手続きは一切必要ありません。

しかし、専業主婦が消費者金融からお金を借りる場合には

  1. 配偶者の収入確認の提出
  2. 配偶者の同意書の提出
  3. 借入金額は夫婦合わせて配偶者の年収の3分の1以内

と定められているため、少し手続きが煩雑です。

配偶者の同意書が必要で、借入金額も配偶者の年収の3分の1以内ということはわざわざ専業主婦名義でお金を貸さなくとも、夫に貸した方が手続きが簡単です。

そのため、アコムやプロミスなどの大手消費者金融では専業主婦への貸付は行っておらず、パートやアルバイトなどで自分個人の収入を得ている主婦にしか大手消費者金融は貸付を行っていません。

また、学生はそもそもアルバイトなどで収入を得ている人しか借入ができないため、審査の際にはフリーター扱いとなるので、特別に必要な提出書類はありません。

審査の通過が借入には必須

カードローンはだれでも必ず借入ができるとは限りません。

借入には必ず審査があり、審査に通過した人だけが借入ができます。

銀行や消費者金融などのお金を貸す側の立場としては貸したお金は返してもらわなければなりません。

そのためにカードローンへ申し込みを行うと「この人はお金を返せる人かどうか」という審査が行われるのです。

審査の基準は主に5つ

審査の際には以下の5つのポイントに主に着目して審査が行われます。

  1. 個人信用情報
  2. 勤務先
  3. 年収
  4. 勤続年数
  5. その他
個人信用情報

個人信用情報とは過去5年程度の申込人のお金を借りたということに関するあらゆる項目が記録されている情報です。

日本には個人信用情報機関が3つありCICとJICCと全国銀行個人信用情報センターの3社です。

CICは主にクレジットカードに関する情報、JICCは主に消費者金融に関する情報、全国銀行個人信用情報センターは主に銀行取引に関する情報を記録収集して3社間で情報を交換しあっています。

クレジットカードを作った、クレジットカードを利用した。クレジットカードの支払いをした、お金を借りた、お金を返済したなどの事象が起こるとそれらの情報は個人信用情報センターへ登録されます。

また、支払いを長期間延滞した、保証会社に返済金を立て替えてもらったなどの事故の情報はブラックと呼ばれ、銀行や大手消費者金融はブラック情報が見つかって時点で審査に通しません。

個人信用情報には借入金残高、借入金やクレジットカードの支払状況も記録されており。借入残高が多すぎたり、支払状況に遅れが多い場合にも審査に落ちてしまう場合もあるようです。

勤務先

審査の際には勤務先は非常に重要で、審査の際には申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認する勤務先の在籍確認という審査が、ほぼすべてのカードローンで行われます。

確認方法は審査担当者が個人名で会社へ電話をかけて確認する方法で、電話をかけて本人に繋がった場合や、同僚が電話に出て不在や休みをとっているなどの言質が取れれば確認完了となります。

審査の際には、公務員、上場企業会社員が最も審査に通りやすい属性であると言われています。

反対に、事業資金と生活費が一体化しており収入的にも安定しない自営業者や小規模会社の経営者が最も審査には不利であると言われています。

年収

収入は消費者金融の場合には勤務先よりも上位に来る審査項目です。

消費者金融は年収の3分の1以内までしか融資ができないため、収入は非常に重要です。

銀行では収入確認を必要としない融資金額までは収入はそれほど重視していませんが、一応、年収の2分の1程度までしか融資を行わないということが暗黙の了解となっています。

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど、今後も同じ勤務先に勤務する蓋然性が高く、今の給料が継続的に入ってくると考えれ、最終的には退職金も期待できるため審査の際には有利となります。

反対にコロコロと勤務先を変えている人は審査担当に「今の勤務先もすぐに辞めて収入が安定しなくなるかもしれない」という疑義を持たれるため審査には不利になります。

最低でも勤続年数は1年以上あった方がよいと言われており、3年以上勤続していれば審査的には全く問題ないようです。

その他

その他の項目としては、持ち家に住んでいるか、家族と同居しているかも審査の際にはプラスポイントとなります。

持ち家に住んでいる人はカードローンの返済ができなくなったからと言って、家を捨てて逃げてしまうというリスクが借家に住んでいる人と比べて圧倒的に低くなります。

また、家族(特に親)と同居している人は本人が返済に苦しくなっても返済を助けてくれる親がいるため、審査の際にはプラスとなるようです。

審査の際にはこれらのポイントをスコアリング(点数化)して融資を行うか否か、いくらまで貸すのか、金利をどうするのかなどを決定します。

まとめ

カードローンが何なのか大体わかってもらえましたでしょうか。

説明をまとめると、

  • カードローンとは「カードを使って好きなときに借入・返済する、使用目的が自由なローン」
  • 借入限度額が審査によって決定される
  • 満20歳以上で安定した収入があれば大体のカードローンに申込むことができる

となります。

今回はカードローンの基本的な説明をしましたが、他のページでもう少し詳しく説明していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

借入とは~ローン・融資との違い~

一口に「借入」といいますが、借入の本来の意味は一般社会で通常使われる意味とは多少異なるようです。借入という言葉は金銭や品物を借りることを言います。 通常「借入」というと、あたかもお金を借りること...

062f5acaf954f91c7a6cb8b9d388248e_s

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ