キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

かんぽ生命でお金を借りる!借入方法や返済方法は?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

お金を借りる場合には、真っ先に銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者を思い浮かべます。

しかし、保険を契約している場合、「契約者貸付制度」を利用してお金を借入することができることをご存知ですか?

生命保険会社の契約者貸付制度を利用してお金を借りることで、銀行や消費者金融などよりもお得に借りることができるようになります。

今回は、郵便局で契約できるかんぽ生命の契約者貸付制度について、利用するときにぜひとも知っておきたいことをまとめましたので、申し込む前にご覧になって下さい!

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額60日間無利息(2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了の方)、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

契約者貸付が利用できるかんぽ生命の商品

契約者貸付が利用できるかんぽ生命の商品

かんぽ生命で契約できる保険において、すべて契約者貸付制度が利用できるわけではありません。

基本的には、途中解約したときに「解約返戻金」が戻ってくる保険商品だけが契約者貸付制度を利用することができます。

かんぽ生命の保険商品の中では、以下の商品においてのみ契約者貸付制度を利用できます。

  • 終身保険(新ながいきくん)
  • 養老保険(新フリープラン)
  • 学資保険(はじめのかんぽ)
  • 長寿支援保険

なお、契約者貸付制度が利用できない具体的な保険商品は以下のようになっています。

  • 定期保険
  • 保証期間の設定がない終身年金保険
  • 財形商品および確定拠出年金商品

対象保険商品でも契約者貸付が利用できないとき

基本的には、解約返戻金がある保険商品では、契約者貸付制度を利用することができます。

しかし、解約返戻金というのは、毎月支払っていく保険料の一部を積み立てているようなものであり、契約してからまだ少ししか期間が立っていない場合は、解約返戻金が十分に溜まっていないために契約者貸付制度を利用することができません。

また、終身保険には「低解約返戻金プラン」というものもあり、保険料を払い込んでいる期間中の解約返戻金を抑え、毎月の保険料負担を少なくしています。

そのため、契約者貸付制度を利用できたとしても、少ない金額しか借りることができないこともありますので注意が必要です。

契約者貸付制度については、次の記事でも詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

view

生命保険から借り入れ可能な契約者貸付とは?メリットデメリットを徹底解説

「お金を借りたい」と考えている人で、生命保険などの保険の加入している人は、カードローンやフリーローンよりも有利にお金を借りることができる可能性があります。 それが、「生命保険の契約者貸付」です。...

かんぽ生命の契約者貸付は便利な制度?

かんぽ生命の契約者貸付は便利な制度?

かんぽ生命の契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にすることに変わりありませんが、他の生命保険会社とは異なる部分も多いです。

では、かんぽ生命の契約者貸付制度は本当に便利な制度なのでしょうか?

ここでは、かんぽ生命の契約者貸付制度の特徴を紹介していきます。

利息金が発生する

契約者貸付制度は、借入先がかんぽ生命であるという以外は、基本的に銀行などからの融資と変わりありません。

従って、利用の際には所定の金利が適用され、利息が発生することになります。

かんぽ生命の契約者貸付の金利は、契約を締結した時期によって異なります。

2018年10月1日現在の金利は、貸付期間中は年利2.50%、貸付期間経過後は年利2.5625%となります。

基本的にはこの金利が適用されるのですが、

  • 介護保険付終身保険
  • 学資保険
  • 介護割増年金付終身年金保険

に関しては、、保険金の支払事由に該当した場合や保険料の払込免除に該当した場合などの際に契約者貸付制度を利用すると、貸付期間中は1.50%、貸付期間経過後は1.5225%で借りることができます。

また、天災やその他の非常時の災害にあった場合に利用する場合には、これらよりもさらに低金利で借りることもできます。

借入期間は1年間

かんぽ生命の契約者貸付制度では、借入期間を1年と定められています。

他の生命保険会社では、借入期間を契約者貸付制度を利用する保険契約の満期までとしていることが多く、この点がかんぽ生命独自の基準となっています。

しかし、返済の期限は1年間に限り伸ばすことができ、実質的な借入期間は2年と考えることもできます。

ただし、借入した日から1年経過後は金利が高くなってしまいます。

先ほど金利の詳細を紹介した際に、「貸付期間中」と「貸付期間経過後」という言葉がありましたが、前者は借入から1年以下の場合の金利であり、後者は借入から1年超の場合となります。

借入期間の更新も可能

かんぽ生命の契約者貸付制度は、返済期間が短いのですが、借入期間を更新することもできます。

借入期間の更新とは、今現在借りている金額と同額の金額を借入することです。

この方法は「契約者貸付制度の借り直し」とも言うことができ、これをすることで更新した日から1年後が返済の期限となります。

保険金から返済額が差し引かれることがある

養老保険は、一定期間が経つと保険契約が満期となり、満期保険金を受け取ることができます。

こうした保険契約で契約者貸付を利用し、借りている途中に満期を迎えた場合は、満期保険金から借入している元金と利息分が差し引かれる(返済に充当される)ことになります。

例えば、満期保険金が100万円の養老保険において、契約者貸付制度で50万円を借りたまま満期を迎えた場合には、利息が1万円だとすると満期保険金100万円から契約者貸付制度の元利金合計51万円が差し引かれ、49万円しか受け取ることができません。

満期保険金を何かの資金に利用することを考えて契約していた場合、予定していた金額よりも少ない金額しか受け取ることができなくなってしまいます。

学資保険を利用した借り入れの注意点

かんぽ生命には、教育資金を目的とする学資保険「はじめのかんぽ」があります。

学資保険は子供が大学進学などの時に合わせて満期保険金を受け取ることができますが、契約の仕方によっては中学や高校に進学する際に祝い金を受け取ることもできます。

しかし、学資保険の解約返戻金を担保として契約者貸付を利用する際に、返済途中で祝い金の支払いが発生すると、祝い金が契約者貸付の返済に充当されてしまうことがあります。

また、場合によっては祝い金を受け取れないこともありますし、満期時に契約者貸付があることで、受け取ることができる満期金が少なくなってしまいますので注意して下さい。

尚、かんぽ生命の学資保険については、次の記事で詳しく説明しています。

関連記事をチェック!

1988view

郵便局の学資保険でお金を借りる時の注意点

郵便局の学資保険は、保険料の支払いは10年以上の長期となり、時には急にお金が必要になることもあります。 このような時に利用したいのが、契約者貸付制度です。 この記事では、かんぽ生命の学資保...

かんぽ生命契約者貸付のメリット・デメリット

かんぽ生命契約者貸付のメリット・デメリット

ここで、かんぽ生命の契約者貸付制度を利用することのメリットとデメリットを紹介していきます。

まず、メリットとして挙げられることは、

  • 利率が低い
  • 審査が簡単

の2つであり、デメリットとしては以下の3つが挙げられます。

  • 返済期間が短い
  • 保険金額が減額される可能性がある
  • 保険が失効してしまう可能性がある

では、これらのメリット・デメリットについて、これから詳しく解説していきます。

メリット:利率が低い

特徴のところでもお話しましたように、かんぽ生命の契約者貸付制度の金利は、現状で2.50%または2.5625%となっています。

契約者貸付制度で借りたお金は、どのような目的にも利用でき、銀行などでいうところのカードローンやフリーローンと同じです。

しかし、カードローンなどで借りた場合には、金利が10%を超えることも珍しいことではなく、貸付の利率は非常に低いです。

また、契約者貸付制度の一般的な金利は3%前後であることから、他の生命保険会社と比べてもかんぽ生命は低めであると言えます。

関連記事をチェック!

102view

借金の金利の相場を知っておこう

借金をすれば必ず金利がかかります。親や友達など個人間融資であれば無利息ということもあるでしょうが、金融機関からお金を借りれば必ず利息が必要です。 利息は金利によって計算することができます。また金利に...

メリット:審査が簡単

かんぽ生命では、契約者貸付制度を利用するためには審査があるとしています。

審査と聞くと、銀行や消費者金融で行っているような審査を思い浮かべるかもしれません。

しかし、かんぽ生命は個人信用情報機関には加盟していません。

そのため、契約者の信用を照会することはできませんし、そもそも解約返戻金を担保にしていることで、いつでも回収できます。

契約者貸付制度に審査があるといっても、その内容は「書類に不備がないか」「利用できるだけの解約返戻金があるか」といった簡単な審査しか行われていません。

なお、貸付に信用が関係しているわけではありませんので、自己破産などでブラックとなっている人でも、契約者貸付制度でお金を借りることが可能です。

デメリット:返済期限が短い

かんぽ生命の契約者貸付制度は低金利で借りられる方法ですので、お金が必要なときはぜひとも利用したい制度だと言えます。

ですが、返済期限が1年間と非常に短く設定されていますので、あまり高額を借り入れてしまうと、返済が厳しくなってしまいます。

もしも1年で返済できない場合は、金利が高くなることはもちろん、他のデメリットに繋がってしまう危険性もあります。

デメリット:保険金額が減額される可能性がある

借入した日から1年では返済することができず、さらに1年が経っても返済できない場合には、保険金額を減額されてしまいます。

保険金額が減額されてしまうのは、解約返戻金を契約者貸付制度の返済に充てられるためです。

そもそも解約返戻金というのは、保険金の原資となる部分であり、これが少なくなってしまうと契約時に設定した保険金を維持することができなくなってしまいます。

そのため、解約返戻金を返済に充てることで、自然と保険金額も少なくなってしまいます。

「減額前保険金-(返済元金+利息)=減額後保険金額」とはならない

解約返戻金は保険会社が運用し、その利益も含めて保険金額を設定していますので、解約返戻金が少なくなれば運用で得られる利益も少なくなってしまいます。

そのため、契約者貸付制度の返済のために減額される保険金額は、「返済元金+利息」よりも大きくなってしまいます。

例えば、保険金額が100万円で、契約者貸付制度の元利金合計が30万円である場合、減額後の保険金額は70万円以下となってしまいます。

デメリット:保険が失効してしまう可能性がある

契約者貸付制度では、担保となる解約返戻金の一定割合を限度に借りることができます。

また、発生した利息は元金に組む入れられることになりますので、カードローンなどのように毎月返済する必要はありません。

しかし、限度額いっぱいまで借りた場合や、終身保険に解約返戻金の低減型をセットした場合には、利息によって契約者貸付制度で借りられる限度額を超えてしまうことがあります。

この場合、かんぽ生命が指定する期日までに超えている分を返済することができなければ、保険が失効してしまうことになります。

失効とは、保険の効力がなくなる状態のことをいい、失効中に保険金の支払事由に該当(被保険者が亡くなった場合など)した場合でも、保険金を受け取ることができなくなってしまいます。

基本的に失効は、保険料を3ヶ月滞納することでなりますが、契約者貸付制度を利用することでもなる可能性があることに注意しなければなりません。

かんぽ生命の契約者貸付制度利用方法

かんぽ生命の契約者貸付制度利用方法

かんぽ生命の契約者貸付制度は、最寄りの郵便局で手続きすることができます。

ただし、簡易郵便局では手続きできませんので注意が必要です。

また、契約者貸付制度に関する相談や手続きは、「かんぽコールセンター」に電話することでも可能となっています。

【かんぽコールセンターの詳細】

  • 電話番号:0120-552-950
  • 受付時間:平日・・・9:00~21:00、土日休日・・・9:00~17:00

かんぽ生命の借入は委任状でも可能!

通常、契約者貸付制度を利用するときは、契約者本人が手続きを行わなくてはなりません。

しかしながら、かんぽ生命の契約者貸付制度は、契約者本人でなくても「委任状」を使用して代理人が手続きすることもできるのです。

特殊な事情により契約者自らが手続きを行えない時は、代理人に郵便局へ行ってもらい、手続きを実施するようにしましょう。

◆かんぽ生命公式サイト:「委任状とその記載例」

契約者貸付制度の申し込み手順

契約者貸付制度を申し込む際の手順は、以下のようになっております。

① 必要書類の準備

② 郵便局で手続き

③ かんぽ生命による審査

④ 貸付金の受け取り

郵便局で契約者本人(または代理人)が手続きを行うと、かんぽ生命によって審査が行われます。

審査が終わり、契約者貸付制度を利用できることが決まった場合、貸付金の受取方法を「窓口」または「預貯金口座への振込み」のいずれかから選択し、貸付を受けることができます。

必要な書類

契約者貸付制度を利用するために必要となる書類は、以下のとおりです。

  • 保険証券(保険証書)
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)

この他に、代理人が手続きをする場合は、以下の書類もあわせて必要となります。

  • 委任状
  • 代理人の方の本人確認書類

なお、本人確認書類が健康保険証などで顔写真がない書類の場合は、以下のように2種類の書類によって本人確認されることになります(取引時確認が必要な場合に限る)。

  • 健康保険証と国民年金手帳
  • 健康保険証と現住所が記載された公共料金(電気・ガス・水道など)の領収書
代理人手続き時の注意点

かんぽ生命では、代理人による手続きも可能としていますが、委任の意思確認を行う場合もあります。

委任の意思確認は、契約者本人への電話により行われることになります。

電話が来た際に、なにかの事情で電話を取ることができない場合、契約者貸付の手続きができないこともありますので注意が必要です。

契約者貸付制度で借りられる限度額

契約者貸付制度では、解約返戻金の一定割合を限度に借りることができます。

具体的な限度額は、加入した時期や保険商品によっても異なりますが、およその目安は「解約返戻金の8割程度」です。

といっても、解約返戻金がどのくらいあるのかがわからないという人も多いです。

解約返戻金は、保険証券に経過年数ごとに記載されていますし、定期的に送られてくる保障内容を確認する書類で確認できます。

また、郵便局やかんぽコールセンターでも確認できますので、より具体的な限度額などを知りたい場合は、電話などで相談することをおすすめします。

かんぽ生命の契約者貸付!借入返済方法は?

かんぽ生命の契約者貸付!借入返済方法は?

契約者貸付制度は、生命保険の解約返戻金を担保として保険会社から融資を受ける制度です。

借入金ですから、定められた期間内に返済しなくてはいけません。

ここでは、契約者貸付制度における返済方法を紹介していきます。

契約者貸付制度の返済手順

かんぽ生命の借入金返済は、郵便局内の窓口で手続きできます。

また、窓口に行かずに返済を行いたい人は、かんぽコールセンターに問い合わせてください。

なお、借入期間を更新する場合も手続きが必要となります。

返済額に決まりはない

契約者貸付制度では、借入期間は定めているものの、期間内に完済できればいいですので、決まった返済額はありません。

返済方法には、「全額返済」と「一部返済」の2種類があり、借入金をすべて返済する場合には全額返済をして完済しましょう。

余裕がある時に少しずつ返済していく場合は、金額を指定して一部返済できますが、都度手続きが必要となります。

契約者貸付とカードローン!便利なのは?

契約者貸付とカードローン!便利なのは?

審査が速く、高額な借入もできることが特徴のカードローンは、テレビやネットで頻繁に宣伝していますので、身近な手段だと感じている人も多いでしょう。

では、かんぽ生命の契約者貸付と金融会社のカードローンは、どちらが便利なのでしょうか?

利息が低いのはかんぽ生命の契約者貸付

初めてカードローンを利用する場合の金利は、消費者金融では年利15~18%、銀行や信用金庫では年利12~15%が適用されることが一般的です。

一方、かんぽ生命の契約者貸付なら通常で年利2.5%ですので、非常に低金利で利用できます。

同じ金額を借りた場合、金利差が10%以上もあると、利息負担が全然違います。

低金利でお金を借りたいのなら、カードローンよりもかんぽ生命の契約者貸付を利用する方が良いでしょう。

カードローンの金利の仕組みについては、次の記事をぜひご覧になって下さい。

関連記事をチェック!

10view

消費者金融の金利と利息の関係を知っておきたい

消費者金融でお金を借りるのに気になるのは金利と利息ですよね。 金利が安ければそのぶんだけ利息の負担額が減ります。 また消費者金融を選ぶ場合、金利の平均はどのくらいなのかという情報も必要です...

消費者金融の金利と利息の関係を知っておきたい

ただしどちらも審査がある!

通常、保険会社の契約者貸付を利用するときは審査を受ける必要はないのですが、かんぽ生命では審査を受ける必要があります。

とはいっても、銀行や消費者金融の審査とは違い、信用情報を照会することはありません。

かんぽ生命が行う審査は、書類に不備がないかなどをチェックするだけの審査であり、ブラックの人でも借りることができます。

収入や借入状況などから、銀行や消費者金融のカードローン審査には通過することが難しそうな人は、かんぽ生命の契約者貸付制度を利用する方が良いでしょう。

一般的な保険会社の契約者貸付の審査については、次の記事をご覧になって下さい。

関連記事をチェック!

242view

生命保険でお金を借りる方法

9割以上の方が加入している生命保険ですが、この生命保険でお金を借入できることをご存知でしょうか。 生命保険には、「契約者貸付制度」というものがあり、この制度を利用して生命保険会社から融資を受ける...

まとめ

かんぽ生命で終身保険や学資保険を契約していると、契約者貸付制度を利用できます。

契約者貸付制度を利用すると、自由に使える資金を銀行よりも低金利で借りることができます。

しかし、かんぽ生命の契約者貸付制度は、借入期間が1年と短く、遅くとも借入してから2年以内に返済しなくてはなりません。

2年以内に返済できない場合は、保険金額の減額や保険そのものが失効してしまう可能性があります。

保険本来の目的は、万が一の時の備えや計画的な貯蓄であり、お金を借りるためのものではありません。

このことは絶対に忘れてはならず、契約者貸付制度を利用する場合は、必ず1年以内に返済できる金額を限度に借りるようにしなくてはなりません。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-04-23 08:25:29

    こんにちは。飛雄馬です。

    様々なことが度重なって大変ですね。しかし避けて通れないものはやらなければなりません。やらなければならないことは、嫌なことほど早めにしたほうが精神的にはラクです。

    さて契約者貸付についてですが、そもそも契約者貸付は契約者本人のみが利用できる制度です。ですから受取人がお金を借りることはできません。

    つまり受取人が誰であっても、それはあくまでも最終的な受取人ですから受取人の承諾は必要ありません。

    必要なものは、

    保険証券と保険契約の際に使用した印鑑、それと契約者の運転免許証やマイナンバーカード

    それに加えて

    委任状と、依頼された人の印鑑証明書の原本、運転免許証またはマイナンバーカード、印鑑

    以上をもって窓口に来店しましょう。 委任状については郵便窓口か、かんぽの公式サイトからダウンロード可能です。

    https://www.jp-life.japanpost.jp/customer/tetuzuki/seikyu/ctm_tzk_sik_no205.html

  2. 藤嶋幸子さん|2019-04-23 04:37:14

    初めまして。主人の母は、認知症で、その保険の貸し付けについてお伺いします。
    実は、現在義父も認知症で、有料老人ホームに入ってますが、人工透析をしないといけなくなりました。
    そこで、私達が、代理人で、1部貸し付けを受けたいのですが、お伺いしたいのは、この保険の受取人は、主人の弟になってますが、代理人貸し付けをする際に、受取人である主人の弟の承認は、必要ですか?貸し付け可能額は、50万位だったと思いますが、再来月には、私達も事業の収入が入りますので、20万位あれば、老人ホームのお金も払えます。
    また、近い内に、義母も糖尿病の治療で、入院を控えてます。ご回答、お願いします。
    因みに、義母の世話は、全て私達がしてますし、また、委任状を書くのは、かなり厳しい状況です。
    因みに、保険の契約者は、義母、受取人は、主人の弟に、なってますが、義母の認知症が酷いので、証書は、私達が管理してます。

  3. 飛雄馬先生さん|2019-03-15 08:02:59

    こんにちは。
    返済方法は郵便局の窓口でOKです。
    その他の返済方法もありますので、カンポのコールセンターに問い合わせましょう。

  4. 永福小百合さん|2019-03-14 14:14:39

    返済の仕方は窓口に持っていくのですか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談