カードローンは免許証なしでもお金を借りられる

 5.0  (4)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (4)

この記事を評価する

決定

「運転免許証を持ってないんだけどカードローンでお金を借りられるの?」

多くの人はそんな心配をしながらこのページをご覧になっているのではないでしょうか。

タイトルにもある通りカードローンは免許証なしでもお金を借りることができます

お金を借りるのに免許証が必須だったら、車が運転できない人はお金が借りられないということになってしまいます。

この記事では、

を紹介しています。

最後まで読んでもらえれば、提出書類の心配をすることなくカードローンに申し込みことができるようになると思います。

免許証の代わりはたくさんある

このページを読んでいる人は、ほぼ100%免許証を持っていないと思います。

そんな人のために、免許証の代わりにカードローンの申し込みで使える身分証明書を紹介します。

こちらが大手消費者金融で身分証明書として使える書類の一覧です。

 健康保険証パスポートマイナンバーカード在留カード特別永住者証明書住民基本台帳カード
アコム
レイクALSA
プロミス
SMBCモビット
アイフル

カードローンで必要な身分証明書には「顔写真付き」で「国や市町村が発行したもの」という点を満たしているかどうかが重要になります。

逆を言えば、この2点を満たしていれば身分証明書として認められる場合が多いということです。

身分証明書を提出する際には

  • 有効期限内かどうか
  • 記載されている住所に変更がないか

を確認するようにしましょう。

健康保険証

免許証と並んで多くの人がいつも持ち歩いている健康保険証も、レイクALSAとSMBCモビットでは身分証明書として使用することができます

健康保険証は免許証と違い基本的にすべての人に発行されますから、身分証明書がなくてカードローンに申し込めないということはおそらくないでしょう。

なお、アコム・プロミス・アイフルは保険証だけでは申し込みができませんので、この3社についてはこの後説明します。

アコム、プロミス、アイフルは保険証+もう1つ必要

パスポート

運転免許証の代わりにパスポートを身分証明書として使用することも可能です。

パスポートは大手消費者金融5社すべてで身分証明書として使用できますので、パスポートを持っていれば身分証明書について心配する必要はありません。

パスポートを使う場合は、顔写真と住所が記載されているページを提出します。

マイナンバーカード

国民全員に発行されているマイナンバーカードも、カードローンの身分証明書として認められています。

パスポートと同じく、大手消費者金融全てで利用可能です。

ただし、マイナンバーの通知カードでは身分証明書にはなりませんので気を付けてください。

なお、マイナンバーカード提出するときは、マイナンバーが見えないように加工して提出してください。

在留カード

日本に中長期間住んでいる方は在留カードを持っているはずです。

外国人の方は在留カードを身分証明書として使用してください。

在留カードはSMBCモビット以外の大手消費者金融では身分証明書になります。

特別永住者証明書

特別永住者は「特別永住者証明書」を所有していると思います。

SMBCモビットでは身分証明書として認められていませんが、その他の業者なら特別永住者証明書で借入を申し込むことができます。

特別永住者とは

第二次大戦終戦前からの在日朝鮮人・韓国人・台湾人とその子孫

住民基本台帳カード

マイナンバー制度の開始に合わせて住民基本台帳カードの発行は終了しました。

しかし、発行から10年以内のものなら身分証明書として使用できます。

他の書類でも相談すれば身分証明書と認めてくれるかも

上の表の中で「-」と記載している書類は、各社の公式サイトや電話で問い合わせても、はっきりと身分証明書になるという答えは得られませんでした。

しかし、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カードは国や市町村が発行した顔写真付きの書類です。

相談すれば身分証明書として認めてもらえる可能性は高いと思います。

申込時に電話で相談してみると良いでしょう。

住所が変わったときは追加の書類を提出

身分証明書には氏名と合わせて住所が記載されていますが、発行後に住所が変わっている人もいますよね。

その際は身分証明書だけではなく、公共料金の領収書、住民票、納税証明書といった、住所が記載された書類を追加で提出しなければなりません。

面倒に思う人はあらかじめ身分証明書の住所を更新しておくようにしましょう。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

アコム、プロミス、アイフルは保険証+もう1つ必要

先ほどの表で、アコムやプロミス、アイフルの健康保険証が△になっていましたね。

これはどういうことかというと、アコム、プロミス、アイフルでは保険証だけでは身分証明書として認めてくれないのです。

先ほど説明した通り、身分証明書には顔写真付きというのが重要なのですが、健康保険証には顔写真はついていませんよね。

国民県健康保険でも社会保険でも、どんな種類の保険証でも同じです。

そのため、以下の消費者金融では保険証に合わせて以下の書類を提出する必要があります。

アコム公共料金の領収書、住民票、納税証明書
プロミス住民票
アイフル公共料金の領収書、住民票、年金手帳、母子健康手帳、戸籍謄本(抄本)、国民健康保険被保険者資格証明書

アコム、プロミス、アイフルに保険証で申込む場合にどうやって必要な書類を手に入れればよいのか説明します。

公共料金の領収書が一番簡単に手に入る

最も手軽に用意できるのは公共料金の領収書です。

公共料金に含まれるもの

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 電話
  • NHK

公共料金の領収書は毎月自宅に届くので、わざわざ役所に行って発行する必要がありません。

「そんなもの届いてもすぐ捨ててるよ」という人でなければ、いくつかは手元にあるはずです。

また、もし全部捨ててしまった人でも、遅くても1か月待てば自動的に自宅に届きます

今すぐお金が必要というわけでないのなら、公共料金の領収書が次に届くのを待ってからカードローンに申し込みしましょう。

年金手帳も自宅にあるはず

表紙に「年金手帳」と書かれた、青もしくはオレンジの手のひらサイズの手帳に見覚えはありませんか。

年金手帳は年金に加入した時点で自動的に郵送されて来るので、本当ならば全員持っている物です。

公共料金の領収書が現在手元になくて今すぐお金を借りたい人は年金手帳を探してください。

住民票は保険証があれば取得可能

「家中探したけど年金手帳も公共料金の領収書も見つからなかった」

そんな人は役所で書類を発行してもらわなければいけません。

住民票はアコム、プロミス、アイフルのすべてで保険証の補助書類として受け付けていますので住民票を発行するのがおすすめです。

住民票を発行するためには「顔写真付きの身分証明書」や「健康保険証+年金手帳」のような書類が求められるのですが、ここを読んでいる人は持っていませんよね。

そんな場合は、健康保険証に加えて口頭でいくつかの質問に回答することで本人の証明と判断してくれる市町村が多いようです。

つまり、健康保険証さえあれば住民票を発行でき、アコム、プロミス、アイフルに申込が可能になるということです。

ちなみに、カードローンの契約では学生証は認められませんが、役所で書類を発行する場合なら「学生証+口頭の質問」でOKというところが多いようです。

通帳やキャッシュカードでも住民票は発行できる

「保険証もないから住民票が発行できない!」

そんな風に焦っている人も安心してください。

銀行の預金通帳やキャッシュカード、病院の診察券のように、名前が記されているものがあれば住民票を発行できる可能性があります。

もちろんその際もいくつかの質問に答えなければなりませんが、身分証が一つもないからといってあきらめる必要はないのです。

まずは氏名が記載されたものをできるだけ集めて、役所に相談してみることから始めましょう。

アイフルは身分証明の方法が豊富

アコムとプロミスは「健康保険証」と「書類1点」が必ず必要ですが、アイフルでは健康保険証がなくても申込が可能です。

AB
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 戸籍謄本(抄本)
  • 住民票
  • 国民健康保険被保険者資格証明書
  • 公共料金の領収書

アイフルはこれらの書類の内、Aから2つ、もしくはAとBから1つずつの書類を提出すれば身分証明と認めてくれます。

また、Bの書類しか持っていない人でも、アイフルから自宅宛てに簡易書留を送ってもらい、それを受け取ることで申込を行うことができます

アイフルは身分証明についてかなり柔軟に対応してくれるようですね。

つまり、先ほど説明した身分証なしで住民票が手に入る方法と組み合わせれば、身分証明書が一つもなくても、通帳やキャッシュカードで住民票を発行⇒住民票+簡易書留でアイフルに申込という方法で契約できるかしれないということです。

関連記事をチェック!

1292view

【馬三郎が】アイフルに申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 また一つ新たにカードローンの申し込みを行ったのでその紹介をしたいと思います。 今回私が申し込んだのは、チワワのテレビCMがいまだに記憶に残るあの会社、「アイフル」で...

カードローンには収入証明書も必要

ここまで、免許証がなくてもカードローンが契約できること、免許証の代わりに身分証明書として使える書類について解説してきました。

カードローンの契約の時には身分証明書だけでなく収入証明書も必要になることがあるので簡単に説明しておきます。

アコム・アイフル・プロミス・レイクALSAでは、

  1. 限度額が50万円を超える場合
  2. 限度額+他の貸金業者からの借入金額が100万円を超える場合

このどちらかに当てはまる時には収入証明書を提出しなければなりません。

モビットは「○○万円以上」という条件はなく、審査の中で収入証明書が必要かどうかを判断しています。

アコム・アイフル・プロミス・レイクALSAでも、審査次第で収入証明書の提出を求められる場合があるので、年収を適当に申告してはいけません。

収入証明書は給与明細でOK

「収入証明書って何?用意するのが大変そう」と心配している人がいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

収入証明書という名前の書類があるわけではなく、収入を証明できるものをまとめて収入証明書と呼んでいるだけです。

免許証を身分証明書と呼ぶようなものですね。

サラリーマンをやっている人は毎月会社から給与明細をもらっていると思いますが、給与明細も収入証明書になります。

氏名と収入が記載されていて直近のものかどうかがポイントです。

必ずしも公的でなくて良いので、役所に行って発行するといった面倒な手続きは必要ないのです。

カードローンで収入証明書を求められた場合は以下の書類のどれか一つを提出しておけば問題はありません。

  • 給与明細(2ヶ月)
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 年金証書
  • 支払調書

※すべて直近のもの

会社勤めなら給与明細や源泉徴収、個人事業主なら確定申告書や支払調書が一番手っ取り早いでしょう。

また、収入が年金のみという人は年金証書だけで大丈夫です。

給与明細や源泉徴収票は紛失しても会社に頼めば再発行が可能です。

しかし、再発行を頼みづらいという人は毎年発行される住民税決定通知書を使うか、所得証明書を役所で発行して提出するという方法もあります

ちなみに住民税決定通知書と所得証明書は以下のような用紙です。

市民税・県民税額決定通知書

所得証明書

図所得証明書とは公的な収入証明書

免許証が一番手軽だからよく使われるだけ

「カードローンを利用するために免許証が必要なんじゃないか」と心配していた人は、こんな風に考えていたのではないでしょうか。

カードローンには身分証明書が必要

身分証明書=免許証

カードローンには免許証が必要

確かに「カードローンには身分証明書が必要」というのは事実です。(身分証明書なしでお金を貸してくれるようなところは間違いなく闇金です。)

しかし、身分証明書は免許証だけではありませんので、「カードローンには免許証が必要」というわけではないのです。

ほとんどの場合で身分証明書として免許証を提出するので「身分証明書=免許証」というイメージになったのだと思いますが、そうではありません。

一般的に身分証明書に免許証が使用される理由は、顔写真も確認でき常に持ち歩いていて一番手軽だからというだけです。

パスポートも身分証明書の一つですが、パスポートを常に持ち歩くという人には会ったことがないですよね。

まとめ

今回は免許証がなくてもカードローンでお金を借りられるということを解説しました。

免許証はあくまでも身分証明書の一つでしかなく、一番簡単だから免許証を使っているというだけなのです。

免許証がなくても、だれでも持っている健康保険証でも契約できるカードローンはありますし、マイナンバーカードやパスポートがあればどこでも問題ありません

アコム、プロミス、アイフルでは健康保険証だけでは認められず、住民票や公共料金の領収書、年金手帳といった追加の書類が必要になります。

身分証明書が全くないというときでも、キャッシュカードや診察券があれば役所で住民票を発行してもらえる可能性があります。

限度額が50万円を超える場合などは身分証明だけでなく収入証明書の提出も求められます。

収入証明書は会社から発行される給与明細2ヶ月分や源泉徴収票で大丈夫なので、用意するのは簡単だと思います。

給与明細も源泉徴収票も手元になく会社に再発行も頼めないのであれば、住民税決定通知書を探すか役所で所得証明書を発行してもらいましょう。

「免許証なしで借りられるカードローン」No.1はアイフル

ところで、ネット上で「免許証なしで借りられるカードローン」として大手消費者金融が紹介されている場合がありますが、実際はどこの業者でも免許証なしで借りることはできます。

その中であえて一つ「免許証なしで借りられるカードローン」を選ぶなら、身分証明の方法が非常に豊富なアイフルが当てはまるのではないでしょうか。

アイフルなら、以下のように身分証明書が本当に一つもない状態からでも申し込みまでたどり着くことができるのです。

  1. キャッシュカード等で住民票を発行
  2. 簡易書留を送ってもらい、住民票と組み合わせて身分証明

関連記事をチェック!

1292view

【馬三郎が】アイフルに申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 また一つ新たにカードローンの申し込みを行ったのでその紹介をしたいと思います。 今回私が申し込んだのは、チワワのテレビCMがいまだに記憶に残るあの会社、「アイフル」で...

 5.0  (4)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (4)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談