誰でもできる?一攫千金を狙える仕事

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

現在は、年功序列が崩壊してなかなかお給料が増えない世の中となってしまっています。

そうした中でも、さまざまな理由から一攫千金を狙うバイタリティ溢れる人も多くいます。

そこで今回は一攫千金のお仕事や方法を紹介していこうと思います。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

一攫千金とはそもそも何?基本的な意味や用法は?

「一攫千金のお仕事」や「一攫千金を狙う」と言われても、もしかしたらピンとこない人もいるかもしれません。

そこでまずは、そもそも「一攫千金」とはどういうことなのかについて、簡単に説明しておきましょう。

一攫千金の意味

「一攫千金」の意味について調べてみると、「いっぺんに、たやすく大金をもうける」「一度にたやすく大きな利益を手に入れること」というような検索結果が出てきます。

一攫千金の「攫」という漢字は、訓読みだと「つかむ」とか「さらう」と読め、「千金」には大金という意味があるので、「一攫千金」を構成しているパーツごとの意味を考えても、まさにその通りですね。

一攫千金は、まさに多くの人が夢や理想としていることと言えるでしょう。

一攫千金の使い方

一攫千金という言葉は、上述したように「一攫千金を狙う」とか「宝くじを買って一攫千金をもくろむ」というような形で用いられます。

一攫千金という言葉は前提として、「一度に」「たやすく」大金を手に入れられることを指すので、地道に働いてお金を得られるようなシチュエーションでは用いられません。

また、たやすくお金を得られるとは言うものの、この場合の「たやすく」の捉え方は2通りあると考えられます。

1つは、文字通り「何の苦労もせずに」お金を得られる場合で、たとえば宝くじを当てて大金を得るようなケースですね。

そしてもう1つは、「そのお金を得られるのであればこの程度は大した苦労ではない」という程度の苦労が伴う場合です。

記事中では、一攫千金を狙える方法をいくつかご紹介しますが、「何の苦労もせずに」と「ある程度の苦労を伴って」の両方の場合を紹介していますので、その点には注意してください。

一攫千金を狙う前に覚悟すべきこと

一攫千金の意味が分かれば、「俺だって一攫千金を狙いたい!」と考える人がどんどん出てきてもおかしくありません。

お金持ちというのは、古今東西を問わずに多くの人が夢見る状態ですからね。

しかし、一攫千金を狙う場合には、以下に挙げるようなことを覚悟しておかなければなりません。

基本的には成功しない

大前提として、一攫千金は基本的には成功しません。

一攫千金を成し遂げる人がポンポン出てきてしまえば、世の中はお金持ちだらけになってしまいます。

そうならないのは、一攫千金が何千、何万、それこそ何億というチャレンジが試みられて、ようやく達成できることだからです。

「お金が欲しいからバイトしよう、副業しよう」というのは感覚としては正解です。

しかし、それと同じような感覚で「お金が欲しいから一攫千金を狙おう」というのは、あまりおすすめはしません。

かえって大きな損が出ることもある

一攫千金を狙うためには、チャレンジや設備投資のために多大なお金が必要なことも多々あります。

目論見通り一攫千金に成功すれば、それまでに費やしたお金をはるかに上回るリターンが返ってきます。

しかし上述したように、一攫千金は基本的には成功しないことのほうが多いため、それまでに費やしたお金がすべてムダ金になる可能性も高いのです。

「一攫千金を狙うためには後のことなど考えていられない」という気持ちで猪突猛進する人もいますし、そういう気持ちを持ち続けることが成功の秘訣である場合もあります。

しかし、ハイリスクハイリターンであることは、あらかじめきちんと認識しておくべきでしょう。

一攫千金を出すために大事なこと

一攫千金を達成するのは並大抵のことではありませんし、運否天賦の要素が多分に含まれるので、努力したからと言って必ず成功するとも限りません。

しかし、それでも一攫千金を夢見たいという場合は、以下で挙げるようなことを注意すれば、一攫千金を成し遂げられる確率を多少なりとも上げられるでしょう。

1.協力してくれる仲間を増やすこと

この次の章で、一攫千金を狙える方法をいくつかご紹介しますが、その中の1つに「埋蔵金を見つける」という方法があります。

埋蔵金の中でも有名なのは、江戸幕府が大政奉還に際して密かに地中に埋蔵したとされる、いわゆる「徳川埋蔵金」です。

一攫千金を狙ってこの徳川埋蔵金を見つけようと思っても、一人だけで見つけるのはもちろん不可能でしょう。

そもそも、どこを探せば埋蔵金を見つけられるのかがまったく分かりません。

しかし、徳川埋蔵金について書かれた書物に詳しい人が仲間にいれば、探すべき場所の目安は大まかに付けられるでしょう。

また、埋蔵金を探す場合は実際に地面等を掘り起こすことになりますから、ショベルカーやダンプなどの重機を運転できる人がいたほうが効率が上がりますね。

他にも、地質学に詳しい人、江戸幕府に詳しい人、その地域の歴史に詳しい人など、協力してくれる仲間は多ければ多いに越したことはありません。

自分一人の力で一攫千金を狙うというのは、よほどの才能・条件・運が重なり合わなければ無理だということを、まずは自覚しましょう。

2.すでに成功した人に話を聞くこと

一攫千金を狙う方法にはいろいろありますが、すでにその方法で一攫千金を成し遂げている人がいるならば、その人に話を聞いてみるのがおすすめです。

実際に成功した人にしか分からないコツや、陥りやすいポイントなどをアドバイスとして聞けるのは、一攫千金のチャレンジに向けてこの上ないアドバンテージとなるでしょう。

ただし、すでに成功した人に聞くのはいいのですが、まさに同じ夢を追いかけている人に話を聞くのは、やめておくべきでしょう。

一攫千金を狙う人にとって、同じ方法にチャレンジしている人というのは、「同志」や「仲間」ではなく「ライバル」でしかありません。

間違ったアドバイスを教えられて、一攫千金への道が遠ざかってしまう可能性すらあります。

3.ダメならスッパリ諦めること

繰り返しになりますが、一攫千金を成し遂げられる確率は天文学的な低さです。

人生をかけて一攫千金を狙っている人でも、何の収穫もないまま断念してしまうことすら珍しくありません。

そのため、ダメだと思ったらスッパリ諦めることも、一攫千金を狙う上ではあらかじめ考えておかなければならないことです。

資金が続く限り、体力が続く限り、一攫千金の夢を追い続けたいと考える人も多いと思いますが、本当に限界までチャレンジを続けてしまうと、チャレンジがダメだった場合に何も残らない可能性もあります。

自分なりに「ここまでチャレンジしてダメなら諦める」というラインを決めておいて、それでダメならスッパリとあきらめるようにしましょう。

粘り強いことと往生際の悪いことをはき違えないように、十分注意してください。

4.他人に迷惑をかけないこと

一攫千金を狙うのはあくまでも自分の都合であり野望なので、その過程で他人に迷惑をかけるのはご法度です。

先ほど例に挙げた徳川埋蔵金をもう一度例に出すと、徳川埋蔵金が埋まっていると考えられる場所が、現在では他人の私有地である可能性も十分あります。

その際に、そこを調査すれば埋蔵金を発見できる可能性があるとしても、土地の所有者に無断で調査を行うなどの行動は厳禁です。

所有者に連絡をして許可をもらうなど、必ず筋を通したうえで自分の本懐を成し遂げられるようにすべきです。

そうでなければ、違法なことをしてお金を得るのと何ら変わりませんからね。

5.本業をきちんと持つこと

一攫千金を成し遂げられれば、使いきれないほどの莫大なお金が舞い込んでくる可能性があります。

しかし100人中99人は、いや10,000人中9,999人は一攫千金を成し遂げられないまま諦めていくのが現実です。

そのため、一攫千金を実現できなかった場合に備えて、普段の生活を維持していけるだけのお金を得られる手段である、本業はきちんと持っておかなければなりません。

本業をきちんと持っているという安心感があるからこそ、一攫千金を狙うという大胆なチャレンジも行えるようになるのです。

間違っても、イチかバチかのチャレンジだけは行わないようにしましょう。

6.チャレンジを継続すること

一攫千金を狙うためには、チャレンジを継続することが何より重要です。

先ほど、「ダメならスッパリ諦めること」が大事だとお伝えしたので、少し矛盾するように思われるかもしれませんね。

確かに、もう可能性がないと感じたときには、スッパリとあきらめることが何より重要です。

しかし、まだ可能性が残されているとか、まだ試していない方法があるというときに諦めてしまうのは、非常にもったいないことです。

可能性が残されている限りは諦めずにチャレンジを続け、可能性が尽きた(と自分が感じた)ときにはいさぎよくあきらめる、という姿勢が大事ですね。

そこの見極めを誤ると、惜しくもチャンスを自分のものにできなかったり、人生を棒に振ってしまったりする結果になってしまいます。

一攫千金を狙える5つの方法

運に頼って一攫千金

それではここで、一攫千金を狙える方法をいくつかご紹介しましょう。

方法によって得られるお金はさまざまなので、どれぐらいのお金を得たいかによってチャレンジする方法を決めていただくといいでしょう。

ただし、どの方法も運の要素が非常に多いということだけは、あらかじめ念頭に置いておいてくださいね。

1.埋蔵金を見つける

一攫千金を運で掴み取るとなると、可能性があるのは埋蔵金を見つけることです。

埋蔵金なんて見つかるものではない、と思う人もいるかもしれません。

ただ、古民家を解体していたら小判が出てきたとか、ゴミ捨て地を整備していた際に武田信玄の軍資金が出てきたという話もあります。

そのため、埋蔵金は決して見つけられないとは言えませんね。

現在価値にすると超巨額な豊臣秀吉の埋蔵金や徳川埋蔵金伝説など、様々な埋蔵金に関する逸話が今でも残っています。

もし埋蔵金を狙うのであれば、こうした逸話を紐解いていくのも面白そうですね。

2.沈没した船から高価なものを引き上げる

過去の財物によって一攫千金を狙うに当たっては、埋蔵金以外にも選択肢があります。

それは、沈没船の財宝を引き上げるというものです。

大航海時代の船は造船技術が低いため、沈没することは珍しくありませんでした。

そして、そうした船には数多くの財物が積まれていることが多々あります。

ですから、そうした船を見つけられれば一攫千金のチャンスがあると言えるのです。

実際に沈没船に積まれていた財宝を引き上げて巨万の富を得たという人もいるので、この選択肢は不可能とは言えませんね。

もちろん、近代に沈んだ船からも価値があるものが引き上げられることがありますよ。

ただ、こうした沈没船からお金になるものを引き上げるためには、相応の装備や機材が必要になってきます。

ですから、気軽には始められないのがネックではありますね。

ただ、もし本当にお宝を見つけられたら、何十億円という単位でお金を手に入れられる可能性もありますよ。

3.隕石を見つける

隕石を見つけて売ることも、一攫千金への重要な一歩になるでしょう。

隕石1つに数百万円の値段もついたことがあり、一攫千金にはもってこいの手段かもしれませんね。

こうした隕石の販売によって、数億円もの大金を築き上げた人もいるそうです。

ただ、そうした高値の付く隕石は砂漠などで発見されることがほとんどだそうです。

ですから高値で売れる隕石を見つけるためには、海外に飛んだりそれなりの装備や支度が必要になったりしそうです。

4.宝くじやギャンブル

運で一攫千金を目指すのでしたら一番始めやすいのが、宝くじといったギャンブルでしょう。

日本でできるギャンブルは、宝くじや競馬といった公営ギャンブルと、後はパチンコくらいです。

ただ、どれも基本的には胴元が勝てるようになっています。

もし運良く勝つことができたのでしたら、儲けをそのまま新しいゲームに賭けることは止めておいたほうが良いでしょう。

ギャンブルで一攫千金を狙うのでしたら、勝負するにあたって深追いを避けることが重要でしょう。

5.エラーコイン、エラー紙幣

エラーコインやエラー紙幣を探してみるのも良いかもしれません。

エラーコインやエラー紙幣とはどういったものかというと、穴が開いているべき5円玉に穴が空いていなかったり、印刷がずれてしまった紙幣などです。

つまり、製造時のミスに気づかれないまま市場に出てきてしまった紙幣やコインのことですね。

こうしたエラーコインなどは、時にはその硬貨や紙幣が持つとされる価値の何十倍、何百倍の値段で取引されることがあります。

実際、刻印がかなりずれた1円玉が280万円で取引されたという事実があります。

一攫千金をねらうのでしたら、財布や貯金箱の中にあるコインや紙幣を見直してみてはどうでしょうか。

関連記事をチェック!

157214view

意外と高く売れるもの28選【完全保存版】

この記事を見ているということは、身の回りのもので何か高額で売れるものがないか探している人が多いと思います。 「取りあえずお金が必要だから、家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値...

とにかく働く系

とにかく働く系

ガッツリと働けば働くほど儲かる仕事は、まだまだ存在します。

しかもそうした仕事は、資格や何やらが無くとも働けるものが多いです。

そこで必要とされているのはガッツだけですから。

ただ、時には大怪我や時には死亡のリスクもあるので、そのへんは覚悟が必要です。

どういった仕事があるのか、さっそく見ていきましょう。

カニ漁師

年に数ヶ月働くだけで、月給に換算すると100万円から200万円も稼げるようです。

特にアラスカ近くにあるベーリング海でのカニ漁では、一回の漁で一千万円以上の利益を生み出すとも言われています。

このようにかなり儲かるカニ漁ですが、当然リスクも存在します。

極寒の海の上で作業を行うのです、しかも数ヶ月間も。

また漁の最中にケガをしても、海の上ですからすぐに病院に行けるわけでもありません。

そのため指を失ったり、最悪の場合ですと命を失うこともあるそうです。

カニ漁師の求人は、ハローワークに行っても残念ながら見つからないと思います。

本気でカニ漁師になりたいのでしたら、全国の漁業就業者確保育成センターが主催しているイベントやセミナーに参加するのが、一番現実的でしょう。

引っ越しなどの力仕事

一番手っ取り早く稼げる仕事は、やはり引越しや工事現場関係の力仕事でしょう。

こういった仕事ですと経験を問わないことも多いので、すぐに始められます。

また何よりも、コンビニバイトのような普通のバイトよりも、時給は高く設定されています。

実際、日給にすると1万円から高いところだと2万円以上も稼げます。

ただ一回の力仕事で消耗する体力は、人によっては相当なものがあります。

ですので、力仕事でお金を作ろうと考えているのでしたら、そのあたりは覚悟する必要があるでしょう。

力仕事に関する求人は、「バイトル」のようなアルバイト求人サイトで日雇いや引越しというキーワードで検索すると、すぐに見つかるはずです。

治験

美味しいバイトとして知られている治験。

病院などに数日間宿泊しながら検査を受けるだけで、数十万円ほど稼げたりします。

仮に治験でなにか副作用が出ても、法律できちんと対応してもらえるようになっているので、安心して応募できますね。

ただ、治験によっては数日間病院に閉じ込められっぱなしということもあります。

ですから、泊りがけの治験に行くのでしたら、暇つぶしに使えそうな物をもっていくべきですね。

治験アルバイトで即金?後日口座振り込みだった【馬太郎が語る】

卒論代行

論文の執筆を卒業要件にしている大学は、少なくありません。

ただ学生によっては就活が忙しかったり、論文をどのように書くべきなのかがわからず、卒論を書けないという人もいたりします。

そのような人に代わって、文字通り卒業論文を代筆するのが卒論代行の仕事です。

原稿用紙一枚あたりの相場としては、2000円前後と言われています。

ですので、論文一本あたり10万円から20万円を稼ぎ出せるでしょう。

ただし、場合によっては論文を書くだけでは済まないこともあります。

大学によっては中間発表などがあり、その際に使うレジュメなども作成し依頼者に提供する必要があったりします。

なので論文代筆以外の仕事でも言えることかもしれませんが、依頼者と情報共有をマメに行う必要がありますね。

関連記事をチェック!

397654view

裏バイト、闇仕事のすべて【即金高収入】

皆さんは裏バイトと呼ばれる仕事にどんなものがあるのか興味があってこのページを訪れてくれたのではないでしょうか。 日本にも裏バイトや闇バイトと呼ばれる、公表されていない仕事があります。 しかし、表立...

宝くじで一攫千金を実現するのは現実的?

もっとも身近に一攫千金を狙える方法として考えられるのは、宝くじです。

1つ300円のくじを購入して、一等が当たれば5億円とか7億円という大金が得られるわけですから、夢が詰まっていますよね。

一等が当たらなくても、一等の前後賞であれば1億円超が手に入りますから、それでも十分です。

しかし、宝くじで一等を当てられる確率は、「0.000005%」だと言われています。

確率が低すぎてよく分からないという人のために、少しわかりやすく説明すると、1億人中5人が一等に当選するということです。

日本の現在の人口が1.3億弱なので、日本国民が全員1枚ずつ宝くじを購入するとすると、その中で6人ほどが一等に当選する計算になりますから、非常に低い確率であることが分かりますね。

ちなみに、一等前後賞が当たる確率は「0.00001%」で、こちらは1千万人に1人の確率です。

この数字をどうとらえるかは人それぞれだと思いますが、宝くじで一攫千金を成し遂げるのは、決して簡単なことではないと思っておいたほうがいいですね。

カジノで一攫千金!高額は33億!

先ほど、一攫千金を狙う方法の1つとしてギャンブルを挙げましたが、ギャンブルと言えばラスベガスやマカオなどが有名なカジノを思い浮かべる人もいるでしょう。

確かにカジノは一攫千金を狙うドリーマーの聖地ですし、実際にカジノのスロットマシーンで数十億円を手に入れた人も多数います。

カジノで一攫千金を狙うことについて、詳しく説明します。

日本のマシンは効率が難しい

まずそもそも、現在の日本では合法なカジノというものは存在しません。

そのため、日本でカジノを遊びたい場合は、いわゆる「裏カジノ」と呼ばれるところを利用することになります。

裏カジノは警察に摘発されれば逮捕が確実なので、そういったリスクの部分も含めたレート設定になっており、利用者にとっては勝つのが非常に難しくなっています。

カジノの雰囲気を味わいたいとか、そういった非合法の場で勝負することに興味があるというのであれば、裏カジノに行ってみるのも悪くはないかもしれません(特別なツテがなければ行くこと自体難しいですが…)。

ただし、カジノで一攫千金を狙いたい場合は、日本ではなくカジノが合法な外国で勝負することをおすすめします。

確実に狙うならメガバックス

ラスベガス等のカジノで一攫千金を狙いたい場合に、もっとも可能性が高いのは、「メガバックス」と呼ばれるスロットマシーンです。

メガバックスは「プログレッシブ型」と呼ばれるスロットマシーンで、他の同機種とネットワークを通じてリンクしあっています。

そして、それぞれのメガバックスをプレイした人の掛け金が、「ジャックポット」にどんどん貯まっていき、大当たりを出した人に今までジャックポットに貯まっていた全額が支払われるという仕組みになっているのです。

このジャックポットのおかげで、過去には50億近いお金を手にした人もいることで知られるメガバックスなので、一攫千金を狙うには持ってこいのスロットマシーンと言えますね。

ちなみに、一度ジャックポットに貯まっていたプール金をすべて支払った後は、最低保証金の1,000万ドルに戻ってしまいます。

一攫千金を狙いたい場合は、ジャックポットに貯まっている金額が増えているときにチャレンジするのが効率がいいと言えるでしょう。

とは言え、1,000万ドルでも日本円に換算すれば10億円以上ですし、大当たりは狙って出せるものでもありません。

そのため、一攫千金で20億円以上を狙いたいというような場合を除いては、タイミングはそこまで気にしなくてもいいかもしれませんね。

発想の逆転で大金を稼ぎだしたアイデア商品

商品開発に生かせるアイデアを生み出せるのであれば、そのアイデアを企業に売り込むことで、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

何も、まったく新しい商品をゼロから作り出す必要はありません。

既存の商品の不便な点や使いにくさを改良できるアイデアは、企業にとってはのどから手が出るほど欲しいものですからね。

たとえば、傘を閉じるときに傘の表面に付いた水滴が気になることって多いですよね。

閉じるときに水が撥ねたり、閉じた後に人にぶつかって濡れたりしてしまうかもしれません。

そんな不便さを改良するためのアイデアが、「傘の閉じる向きを逆にする」というアイデアです。

こうすることで傘の濡れている面が内側に来るので、水撥ねや他人にぶつかったときのことを心配しなくてよくなります。

まさに、「傘は濡れた面が表になるように閉じるもの」という従来の固定観念を覆すアイデアだと言えるでしょう。

もちろん、こういったアイデアを生み出すのは簡単なことではありません。

ただ、普段からどんなささいなことでもいいので、不便さを改良するためにはどうすればいいかを考える習慣を身に付けるようにしましょう。

そうすると、その中の1つがアイデア商品につながって、一攫千金を成し遂げられるかもしれません。

その勝負本当に大丈夫?勝負の前に自分の手相をチェック!

一攫千金を狙うのは、まさに人生を賭けた勝負になることが多いです。

そんな大きな勝負に臨むのであれば、後押しとなる材料は多ければ多いほど心強いことは間違いありません。

そんな後押しの1つとなりえるのが、「手相」です。

手相を見れば、その人についていろいろなことが分かりますが、手相の中にはお金に関することを表すものもたくさんあります。

手相占い芸人として有名な島田秀平さんが名付けたお金に関する手相には、「セレブ線」「財運線」「覇王線」の3つがあります。

今回の記事では、それぞれの線がどこにあるものなのかを詳しく説明することはしませんが、実際にこれらの線が手相にあることが確認できれば、気持ちも上向きになること間違いありません。

また、太陽線や運命線なども、気にしておきたい手相に含まれます。

一度手相を見てもらえる占い師の人などに、自分の手相を見てもらうことで、背中を押してもらうのもいいかもしれませんね(逆効果になる可能性もありますが…)。

リスク覚悟で稼ぐ裏バイト

一攫千金を成し遂げるのは、ある程度のリスクを覚悟しなければならないことは、これまでお伝えしてきた通りです。

普通のバイトで一攫千金を狙うのは難しいですが、「裏バイト」と呼ばれるような特殊なバイトであれば、一攫千金を狙える可能性があります。

しかし裏バイトと言われる以上は、多少なりともリスクがあるのも事実です。

そういったリスクがあることを承知で一攫千金を狙いたいのであれば、以下で挙げるような裏バイトに挑戦してみてもいいでしょう。

特殊清掃員

一般的には「事件現場清掃業」と呼ばれる特殊清掃員は、事件や事故・自殺等の変死現場や、発見が遅れて腐敗が進んだ遺体がある部屋などを清掃する仕事です。

もちろん普通の清掃業とは異なり、遺体がある場所を清掃するわけですから、遺体から滲み出している体液や血液によって発生している細菌で、感染症にかかるリスクがあります。

また、場合によっては遺体を直接目にしなければならないわけですから、大きなトラウマを抱えることにもなりかねません。

実際に特殊清掃員を行っている人に対するインタビューによると、月収で70万円近く稼げることもあるようなので、通常のバイトと比べるとはるかに稼げる仕事であることは間違いありません。

上述したようなリスクと収入を天秤にかけて、行うべきかどうかを判断するといいでしょう。

マグロ漁船

先ほど、「とにかく働く系」でカニ漁師の仕事を紹介しましたが、それと同じような仕事に、マグロ漁船に乗ってマグロを捕まえる仕事があります。

捕まえる対象がカニからマグロに変わっただけですので、基本的なポイントや注意事項は、カニ漁師の説明の際に触れたことと大きくは変わりません。

ただ、マグロを釣る方法にはいくつかありますが、その中の1つである「遠洋漁業」の場合は船の上で1年以上すごすのが当たり前です。

その期間はある意味社会から隔絶されることになりますし、船に酔ってしまうようだと最悪です。

体力勝負の仕事でもあるので、働ける人は限られますが、高給が得られることは間違いありません。

もろもろのリスク込みでもお金を稼ぎたい場合は、ぜひ応募してみましょう。

一攫千金を狙うにしても絶対にすべきでない仕事

一攫千金を狙うにしても絶対にすべきでない仕事

ここまで、一攫千金に向いている仕事をいくつか紹介してきました。

また、世の中にはまだまだ一攫千金にはちょうどいいと言われる仕事があります。

ですが、中には犯罪に手を染めてしまうものもあります。

そうした仕事の代償で最悪のものですと、死刑になってしまうこともあります。

そこで、絶対にすべきでない一攫千金の仕事も挙げておこうと思います。

運び屋

スーツケースや手荷物を運ぶだけで、数十万円もらえる仕事があったりします。

そうした仕事の中には、運送業者では締切に間に合わないから人に運んでもらうという、違法性がない仕事もあります。

ですが、こうした運び屋の仕事の中でも報酬がやけに高いものは、麻薬などの禁輸品の密輸を実行するような仕事がほとんどです。

麻薬などの密輸は、多くの国で重大な犯罪として裁かれることになります。

大金が欲しいからといって安易に密輸の仕事を受けて、無期懲役や死刑になったら元も子もありません。

ですから、こうした怪しい運び屋の仕事は絶対に避けましょう。

関連記事をチェック!

4486view

運び屋で無実の人が懲役10年の実刑【即金どころじゃない】

運び屋とは特定のものを指定された場所へ届ける人、のことをいいます。 運ぶものは拳銃や銀行口座、携帯電話、麻薬など多岐にわたります。 トランスポーターというジェイソン・ステイサムが出演する映画は...

口座売買

口座売買とは、その名前の通り開設した銀行口座を他人に売却することを指します。

一口座あたり2~3万円程度で取引されているそうです。

ただ、この売買された口座は詐欺などに利用されていることから、口座売買に関与した人も法的措置を取られるようになりました。

ですから、口座売買は前科がつく危険性があります。

それだけでなく、売却した口座が詐欺などに利用されたことが判明すると、売った口座以外も凍結されることになります。

そうなると、日常生活にも大きな影響が出ることになりますね。

一攫千金のために安易に口座売買をしても、手に入る金額とその代償はどう考えても割に合いません。

ですから口座売買は止めておくほうが賢明でしょう。

関連記事をチェック!

8805view

口座売買による本当の罪のつらさ~獄中からの反省記~

筆者の回りには、口座売買でお金を調達したことのある人が数人います。 その中のひとりは先月逮捕され現在罪を償い中です。 何故口座売買は増え続けるのか、そこには個々に抱える問題の違いはあります。 色...

出し子

詐欺によって得たお金をATMから引き出す役割を、一般的に出し子と呼びます。

出し子のバイトは、よく裏バイトの募集をかけている掲示板などで見つけられ、一回あたりの報酬は数万円程度だそうです。

ATMからお金を引き出すだけで数万円もらえるのですから、非常に簡単に思えます。

ただ、出し子行為は窃盗罪に抵触するので、逮捕されるリスクがかなり高いです。

もし逮捕され有罪判決となれば、10年以下の懲役または50万円以下の罰金を課される危険性があります。

一攫千金のための行為で得た金額よりも高い金額を没収されたのでしたら、何のためにしたか分かりません。

なので、出し子行為も止めましょう。

以上のような危険な一攫千金の方法は、デメリットが大きすぎるので絶対に止めておきましょう。

関連記事をチェック!

3853view

即金掲示板は犯罪の影~最悪死刑の実刑判決~

急な出費でお金が必要となった場合、少ない金額だったら日払いのアルバイトなどでお金の工面ができますが、 その額が高額である場合、なるべく短期間で多くの稼ぎを必要とします。 そういった際に...

コツコツ真面目に稼ぐときにおすすめの方法

ここまで、一攫千金を得るための方法についていろいろと詳しく説明してきましたが、お金を得るために正直そこまでのリスクを負えないと感じてきている人も、いるかもしれません。

身の丈を超えるほどの大金でなければ、リスクを負うことなく得られる方法はたくさん存在しますからね。

本業でお金を稼ぐことは大前提として、それ以外にもコツコツ稼ぎたい場合には、副業をするのがおすすめです。

副業と言えば、今までは本業以外に何かアルバイトで仕事をするのが一般的でしたが、最近ではインターネット上で行える副業も増えてきています。

もっとも有名なのはポイントサイトやアンケートサイトで、サイト上でちょっとした操作を行ったりアンケートに答えたりするだけで、お小遣い程度のお金を稼げます。

お小遣いよりはもう少し多くのお金が欲しいというのであれば、クラウドソーシングサイトで仕事を探すのがいいでしょう。

いろいろな内容の仕事が募集されていますので、内容・条件・報酬などを確認したうえで、自分に合った仕事に応募できます。

中には、本業に近いほどのお金を稼いでいる人もいるので、年収が倍近くになるポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

一攫千金の話をした後なので物足りなく思われるかもしれませんが、今より少しでも収入を増やせればいいと考える人にとっては、すこぶるいい話だと思いますよ。

まとめ

一攫千金は、誰でも多少なりとも夢に見ることだと思います。

それを「一攫千金なんてどうせ無理だし…」とあきらめるのも1つの選択ですし、どれだけ年齢を重ねてもあきらめずに一攫千金の夢を追い続けるのも、また1つの選択です。

今回は、一攫千金を成し遂げるために重要なことを説明させていただきましたし、一攫千金が可能な方法もいくつか挙げました。

一攫千金を夢見る人にとって、少しでも参考になる情報があれば幸いです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談