群馬銀行のフリーローンで借り換え,おまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借入件数が複数になると、毎月の返済額が大きくなり、生活苦に陥ることもあります。

そこで、複数社からの借金をおまとめローンで一本化すると、返済金額を減らせ、無理のない返済計画を立てられるでしょう。

群馬銀行には他社からの借り入れのおまとめにも利用できる、複数のフリーローンがあります。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務
この記事はこんな方におすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • 群馬銀行でおまとめローンを利用したい人
  • 群馬銀行におまとめローンとして使えるローン商品があるか知りたい人
  • 群馬銀行のフリーローンにどのような差があるか気になる人

おまとめローンはどういうもの?

おまとめローンは借金を一本化できると紹介しましたが、具体的にはどのような特徴を持った商品なのでしょうか。

おまとめローンを契約することで、複数ある金融機関からの借り入れをひとつの借り入れにまとめられます。

借金をまとめてひとつにすることで金利が低くなる可能性があり、返済総額や毎月の返済金額を低く抑えることもできるでしょう。

なお、利息制限法によって100万円を超える融資の金利は、15.0%以内と定められています。

消費者金融のカードローンは上限金利が18.0%など高く設定されているため、100万円を超える借金があるときには、おまとめローンの利用で金利を低くできれば効果的です。

ただし、おまとめローンの利用目的は、他社の借り入れの返済に限られます。

生活費に利用することは契約違反となるので注意が必要です。

おまとめローンは、カードローンのように追加で借入もできないので注意しておきましょう。

また、おまとめローンを利用すると、返済期間が延びて総返済額が増える可能性がありますので気を付けてください。

関連記事をチェック!

1224view

おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。 毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか? おまと...

関連記事をチェック!

341view

利息制限法とは

利息制限法はお金の貸し借りについてお金を借りた側が不利にならないように上限金利を定め、お金の借主の利益を害することないように定められた法律です。 各種ローン契約やカードローン契約でお金を借りれば必ず...

群馬銀行のフリーローンはおまとめにも使える?

群馬銀行では金利や最大融資額が異なる、3つのフリーローンがあります。

フリーローンは原則として使い道が自由で、群馬銀行のフリーローンはおまとめローンとしても利用できます。

ただし、フリーローンによっては、一部の利用目的(ギャンブルなどに利用)には使えないことがあるので注意が必要です。

また、消費者金融のカードローンに比べて、銀行のフリーローンは金利が低く設定されていることが多く、実際に群馬銀行のフリーローンも上限金利が14.8%に設定されています。

そして、群馬銀行と特定の取引があれば、金利が差し引かれる優遇サービスもあり、さらにお得に利用できる可能性もあります。

それでは、群馬銀行のフリーローンについて詳しい特徴を見ていきましょう。

群馬銀行フリーローン「おまとめ太郎」の特徴

※群馬銀行公式WEBサイトより引用

最初に紹介するフリーローンは、おまとめ太郎と呼ばれる商品です。

こちらの商品は名前のとおり、クレジットカードやカードローンの支払いをまとめることが認められているフリーローンで、おまとめローンとして非常に使いやすくなっています。

銀行の取扱っているローン商品の中には、おまとめローンとして利用を推奨していない商品もあります。

これらのローン商品に、おまとめローンとしての利用申し込みをしてしまうと、審査落ちをする危険性があります。

おまとめ太郎は、おまとめ利用が公式に認められているため、審査で特別不利になることもなく積極的に利用できます。

所得証明書不要で最大300万円まで融資可能

群馬銀行フリーローン「おまとめ太郎」は、限度額が10万から300万円(1万円単位)で所得証明書も不要です。

金利は審査によって「4.6%」「7.8%」「9.8%」「12.0%」「14.5%」のいずれかに決まります。

事業資金でなければ使い道は自由であるため、おまとめローンとしても利用できます。

午前中の申込みであれば、借り審査の結果が当日中にわかるというスピード回答も、特徴のひとつとしてあげられます。

ただし、即日融資は不可能なので注意しましょう。

なお「おまとめ太郎」に申し込むことができるのは、満20歳以上かつ最終返済時に満71歳未満の継続した安定収入のある人です。

パートやアルバイトでも、申し込めることは魅力的ですね。

なお、保証会社である(株)クレディセゾンの保証が得られる必要があります。

返済期間は6か月以上7年以内(6か月単位)となっており、無理のない返済計画を立てられます。

また、収入を証明する書類や、使い道を確認する資料を提出する必要はありません。

なお申込みには群馬銀行の普通預金口座が必要となりますが、フリーローンの申込みをするときに同時に開設すれば問題ありません。

また申し込みはネットからできますが、正式な契約を結ぶには来店する必要があります。

群馬銀行の「ぐんぎんネットDEローン」とは?

※群馬銀行公式WEBサイトより引用

ぐんぎんネットDEローンはインターネットでの申込みに特化した商品で、「群馬銀行の口座を所有している」など、一定条件を満たすことで窓口に行かずに契約ができます。

ローンの貸付条件も他のフリーローンよりも優れている部分がありますので、群馬銀行の口座を持っていて、おまとめローンを検討している人には特におすすめです。

申込みから契約までがネットで完結

「ぐんぎんネットDEローン」はその名のとおり、ネットからの申し込みのみ受付している商品で、365日24時間受付しています。

ネット申込みは申込み受付から契約までを来店せずに手続きできますが、群馬銀行の普通預金口座とキャッシュカードを保有していることが条件となっているため注意が必要です。

「ぐんぎんネットDEローン」に申し込めるのは、満20歳以上で最終返済時に満70未満の人です。

また、継続して安定した収入があり、(株)ジェーシービーの保証が得られる必要があります。

「ぐんぎんネットDEローン」の限度額は10万円から700万円で高額融資を受けられる可能性があり、複数の借り入れをひとつにまとめるのに向いているでしょう。

金利は審査によって決まり、「4.9%」「6.5%」「9.8%」「12.5%」「14.8%」の中から決定されます。

なお、融資額が300万円以上の場合は収入を証明するための書類として、「源泉徴収票」や「住民税決定通知書」などの提出が必要です。

あらかじめ書類を準備しておくと契約をスムーズに行うことができるので、提出が必要となる書類を事前に準備しておくとよいでしょう。

関連記事をチェック!

1196view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借入できると思っている方も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借入する際は、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

群馬銀行多目的ローン「グッドライフプラン」の特徴

※群馬銀行公式WEBサイトより引用

最後に紹介するフリーローンのグッドライフプランは、群馬銀行を積極的に利用している人におすすめの商品です。

特に、群馬銀行で住宅ローンの契約をしていたり、給料の振込口座に設定していたりする人は、特典を受けられます。

群馬銀行を利用している人が、グッドライフプランを利用することで、どのような特典が受けられるのか詳しく見て行きましょう。

群馬銀行との取引状況に応じて金利優遇サービスがある

多目的ローンとしていろいろな場面で利用することが可能である「グッドライフプラン」は、融資金額が10万円から300万円以内(1万円単位)となっています。

最大の特徴は群馬銀行との取引に応じて最大で金利が0.7%差し引かれ、金利4.0%で融資が受けられることです。

群馬銀行の「グッドライフプラン」に申し込めるのは、満20歳以上で最終返済年齢が満71歳未満で、勤続年数が1年以上であることが条件となっていますが、新卒の場合は1年未満でも可能です。

ただ自営の場合は3年以上の営業年数が必要ですので注意してください。

また、前年税込年収が100万円以上で、群馬信用保証(株)の保証が得られる必要があります。

なお、金利優遇のサービスが受けられる取引は次のとおりです。

 お取引状況差し引く金利
A群馬銀行で給与受け取り0.3%
群馬銀行の住宅ローンの利用0.2%
B「ぐんまちょい得キッズパスポート」を持っている0.1%
「健康事業所宣言証」を持っている0.1%
「ぐんま結婚応援パスポート」を持っている0.1%
GBドリームプラスカードを契約の方0.1%
「クリック申し込みサービス」で仮審査を申し込んだ人0.1%

上記の表でB欄に記載されている項目では、合計で0.2%まで金利を差し引くことができ、A欄に記載されるふたつの項目と合わせて最大0.7%が差し引かれます。

群馬銀行をメインバンクにしている人は利用がしやすいですね。

おまとめローンを選ぶときのポイント

群馬銀行のおまとめローンとして利用できる商品を3つ紹介してきましたが、初めておまとめローンの利用を検討している人にとっては、どのローンを選べば良いか悩みますよね。

おまとめローンを利用するときには、貸付条件を見比べることでローンごとを比較しやすいのでおすすめです。

特に、金利や審査期間はおまとめローンを利用するときには注目したいポイントです。

おまとめローンを利用するときには、毎月の返済金額を減らすことが目的となりますが、返済金額を減らすためには、金利を下げるか返済期間を延ばすかのどちらかを行う必要があります。

基本的には返済期間を延ばしてしまうよりも、金利を下げた方が最終的な利息も減らせるため、金利が低いローンを探してみましょう。

また、カードローンと比較しておまとめローンやフリーローンは、審査期間が長くなりやすいため、審査期間が1週間以内の短いローンを選びましょう。

ローンシミュレーションを利用しよう

群馬銀行のホームページには、3つのローンシミュレーションがあります。

ローンシミュレーションを行うことで、現在のローンと比較して幾ら返済金額を減らせるのか、また最終的な支払利息が幾らになるのかを把握できます。

3つのシミュレーションの内容は、借り入れ可能かどうかがわかる「5秒診断」、毎月の返済額がわかる「返済額シミュレーション」、返済金額から借入額を逆算できる「借入額シミュレーション」です。

おまとめローンでは生活費に直結する毎月の返済金額が、今より少なくなるかどうかが気になるところでしょう。

このとき注意しなければならないことは、月々の返済金額にこだわる余り、結果として返済期間が長くなってしまうと、その分だけ返済総額が増えてしまう可能性があるということです。

希望している借入額では月々どのくらいの返済金額になるのか、フリーローンを申し込む前にシミュレーションを利用して、適切な返済期間を検討することもおすすめです。

関連記事をチェック!

2138view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

群馬銀行にはカードローンもある

群馬銀行にはフリーローンの商品以外にも、カードローンも取扱っています。 消費者金融のカードローンと違いおまとめローンとして利用できるので、フリーローンと併せて確認してみましょう。

ナイスサポートカードの基本情報

群馬銀行のカードローンは2種類ありますので、まずはナイスサポートカードから確認して行きましょう。

金利2.8~14.5%
借入限度額800万円
借入期間1年
(70歳まで自動更新)
返済方式残高スライド定額返済
返済方法銀行ATM
保証会社(株)アコム

ナイスサポートカードは、インターネットから申し込みができるため、夜間や土日でも申し込みができます。

ローン専用カードは郵送で送られてくるため、受取も含めて銀行窓口に行かずに済むのは嬉しいですね。

また、返済方法も群馬銀行のATMだけではなく、コンビニATMや提携銀行のATMも利用できるので、借入や返済も通勤の途中や休日でも可能です。

申し込みに関しては、群馬銀行の銀行口座を持っていない人や、収入のある配偶者がいる専業主婦でもできます。

申し込みが行いたい人や気になる部分がある人は、ナイスサポートカード受付専用ダイヤルに連絡してみましょう。

申し込み受付はインターネットからも行えるため、連絡しやすい方法を選びましょう。

群馬銀行|ナイスサポートカード

すまいるパートナーの基本情報

続いてすまいるパートナーと呼ばれるカードローンについて解説します。

金利5.975~9.975%
借入限度額200万円
借入期間1年
(65歳まで自動更新)
返済方式残高スライド定額返済
返済方法口座引落し
保証会社群馬信用保証(株)

すまいるパートナーは、先ほど紹介したフリーローンのグッドライフプランと同じように、群馬銀行の他のローン商品を利用していると、金利の引下げサービスが受けられます。

また、基本の金利もナイスサポートカードよりも低く、借入期間が長期間になる人は積極的に利用したいです。

ただし、申込条件には年収の指定や勤続年数の条件が設定されているため、ナイスサポートカードよりもさらに条件を確認しておきましょう。

群馬銀行のローン審査に通らない原因は?

群馬銀行のフリーローンやカードローンを紹介してきましたが、中にはローンの申し込みをしたけれど、審査にとおらなかった人もいるでしょう。

審査落ちをした場合に、銀行から落ちた原因を知らせてもらえれば対策の取りようがありますが、残念ながら審査落ちの内容は教えてもらえません。

しかし、審査落ちをした原因は共通していることが多いため、ここでは審査落ちをしてしまった人にありがちな特徴を紹介します。

借入件数が多すぎる

おまとめローン利用者の人は、他社からの借金をまとめるためにフリーローンなどを利用する人が多いですが、他社からの借入件数が多過ぎると審査に落ちてしまいます。

特に借入先の件数が4社を超えると審査に大きく影響をあたえてしまうため、審査落ちをしてしまう危険性が高いです。

カードローンやフリーローンの中でも、おまとめローンとして利用できると公表していない商品は、借入件数を重視しやすいため注意しましょう。

また、借入件数と併せて借入金額も重要となり、他社の借入限度額の合計が年収の3分の1を超える場合には、審査に悪影響を与えるので気を付けてください。

申込内容や書類に間違いがある

申込内容や提出した本人確認書類の内容に間違いがある場合には、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

申込内容を少し間違えただけで、審査に落ちてしまう可能性があるのは大げさに感じるかも知れませんが、実際に審査落ちをしてしまう人は大勢います。

金融機関としては、申込内容や提出した書類の内容が違うということは、嘘の申告をしてだましてお金を借りたいのではと思います。

特に他社からの借入金額や年収、勤続年数など審査に直結する内容は、少しでも間違いがあると審査落ちの危険性が一気に上がるのです。

書類の記入ミスをうっかりしないように、記入した内容を何度か確認しましょう。

在籍確認が取れない

フリーローン、カードローンどちらも、審査時には会社に実際に勤務しているかの確認をする在籍確認が行われます。

この在籍確認時に、申込者が働いている情報が確認されない場合には、審査落ちをしてしまいます。

勤務先に電話連絡をする時間などは、ある程度調整をしてもらえるため、申込時に営業日で電話連絡がつくタイミングを相談してみると良いでしょう。

返済トラブルを起こしたことがある

おまとめローンを検討している人の中では、返済に困っている人も多いでしょうが、現在や過去に返済に関してトラブルが発生している人は、審査落ちをしてしまいます。

返済トラブルと言っても、1日、2日返済日が遅れてしまっただけでは、大きく審査に影響をあたえませんが、2か月以上滞納をしたことがある人はローンの審査にはとおらないと考えておきましょう。

また、フリーローンの審査時には、奨学金や携帯電話の分割払いの滞納情報も確認されるため、金融機関のローン商品以外で滞納をしたことがある人も気を付けましょう。

信用情報にキズがある

借金の返済が行えず、債権回収会社に代位弁済されたり、自己破産などの債務整理を行ったりした人も審査にとおることはほぼ不可能です。

代位弁済や自己破産を行なった人は、信用情報にキズがあると表現され、現在の返済能力が幾ら高くても審査にとおらないようになるのです。

ただし、信用情報にキズがついたとしても、原因となった代位弁済や自己破産が発生してから5~10年経過すれば、キズの情報が消えるのでローン商品を利用したい人は、情報が消えるまで待ちましょう。

申し込みブラック

先ほど紹介した信用情報にキズが入った状態を金融ブラックとも呼びますが、ローン審査に影響するブラックには申し込みブラックと呼ばれるものもあります。

この申し込みブラックは短期間の間で、何度もローン商品の申し込みをしてしまった場合に発生し、最後の申し込みをしてから6か月以上期間を空けなければ、金融ブラックと同じように審査落ちをしやすくなります。

何回申込みをすれば申し込みブラックと認定されるかは、金融機関ごとに基準が違うので一概には言えませんが、3~4回以上ローン商品の申込みをすると、申し込みブラックに認定されやすいので気を付けましょう。

フリーローンとカードローンどちらがおすすめ?

おまとめローンに利用できる商品として、群馬銀行のフリーローンとカードローンを紹介してきましたが、おまとめローンとして利用するのであればフリーローンがおすすめです。

カードローンの場合、借入上限金額も審査時に決定されますが、申込者の年収などの条件によっては希望額よりも少額に設定される可能性があります。

少額になってしまった場合には、他社からの借入を全額おまとめできないかも知れません。

また、2017年以降、銀行は個人向けのカードローンで高額な貸付をしないように、自主規制をする流れとなっています。

フリーローンの方がおまとめローンとして利用できる可能性が高いため、多少借入の条件が悪くてもフリーローンの利用をおすすめします。

まとめ

借入件数が複数になると、毎月の返済が苦しくなります。

おまとめローンで借金を一本化もできますが、フリーローンを使って借金をまとめることもできます。

群馬銀行にはおまとめローンとしても利用ができる、特徴の異なる3種類のフリーローンがあります。

金利や限度額だけでなく利用できる条件にも違いがあるので、特徴を踏まえて利用を検討すると良いでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談