東和銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

東和銀行のフリーローン

大手消費者金融などでは、複数のローンを借り換えすることができるおまとめローンを提供しており、毎月の返済額や金利負担を軽減しながら返済していくことができます。

銀行のローンで複数のローンをまとめる場合には、基本的にカードローンやフリーローンをおまとめローンとして利用します。

しかし、カードローンで借り換えする場合には、少額の利用限度額しか契約することができず、おまとめローンとしての効果を得られないことも多いです。

また、おまとめローンとして利用したとしても、利用限度額に余裕ができると、追加の借入をして結果的に何の目的で借りたのかがわからなくなることもあります。

フリーローンはその性質上、追加の借入はできませんので、おまとめローンとしての利用適している商品であり、借り換えする場合におすすめです。

この記事では、群馬県を中心に営業している東邦銀行において、複数のローンを借り換えする際の審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきたいと思います。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは、おまとめローンとして利用するのに向いていますが、カードローンと同様に、すべてのローンを借り換えできるだけの金額が借りられない可能性もあります。

基本的に自由な資金に利用できるフリーローンは、消費者金融のおまとめローンのように、融資金を借り換え対象先に振り込むことを条件としていないことが多く、別の資金としても利用できます。

しかし、銀行や保証会社にしてみると、別の資金に利用されてしまっては、借入総額だけが増えてしまうことになりますので、返済されないリスクが高くなってしまいます。

ですので、信用が低い人に対しては、審査によって融資金額を減額し、少額しか融資しないこともあります。

また、フリーローンを申し込むことができる人を限定するために、年収や勤務形態に要件を設けているものもありますので、パートやアルバイトの人などは利用できない可能性もあります。

フリーローンは低金利で借りられるというメリットもありますが、これらのようなデメリットもありますので、注意して利用しなければなりません。

関連記事をチェック!

777view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

東和銀行フリーローンの口コミ

東和銀行では「東和イージーローン」と「フリーローン・モア」という2つのフリーローンを提供しており、どちらの商品でも借り換えするに利用することができます。

これら東和銀行が提供するフリーローンについての審査基準などを解説する前に、まずは口コミを紹介していきたいと思います。

フリーローンに対する口コミには、

  • 申し込み手続きが簡単
  • 申し込みに必要な書類が少ない
  • ボーナス返済が可能で毎月の返済額を抑えることができる

などという内容のものがあります。

その一方で、金利や審査スピードに不満を持っている方もおり、他の銀行のフリーローンと比べると、あまり商品性が高いとはいえません。

フリーローンの審査基準

ここから、東和銀行が提供する「東和イージーローン」と「フリーローン・モア」の審査基準などを解説していきたいと思います。

まず、それぞれのフリーローンは、申し込みすることができる基準や借入条件に違いがありますので、これらを紹介していきます。

また、口コミで不満があった審査スピードに関することについても、解説していきたいと思います。

東和イージーローン

「東和イージーローン」は、パートやアルバイトの人でも利用することができ、長期の返済も可能な商品です。

では、この商品の申込基準と借入条件を紹介していきます。

利用対象者

以下の項目すべてにあてはまる方

  • 申込時年齢が満20歳以上、完済時年齢が満80歳以下の個人の方
    (個人事業西の方も含む)
  • 取扱店の営業区域内に居住または勤めている方
  • 安定した収入のある方
  • 東和銀行指定の保証会社の保証が受けられる方
  • その他、東和銀行の基準をすべて満たしている方
資金使途自 由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以内
(1万円単位)
※派遣社員、契約社員、パート、アルバイトの方の融資限度額は100万円となります
融資期間1年以上15年以内
(1年単位)
融資利率固定金利:7.0%~13.0%
返済方法元利均等毎月返済
(借入金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
保証会社㈱かんそうしん

フリーローン・モア

「フリーローン・モア」は、融資金額の上限は少ないものの、申し込みがしやすい商品です。

この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者

以下の項目すべてにあてはまる方

  • 申し込み年齢が満20歳以上満65歳以下、完済時年齢が満70歳以下の個人の方
    (個人事業主の方を含む)
  • 取扱店の営業区域内に居住または勤めている方
  • 安定した収入のある方
    (専業主婦、パート、アルバイトの方も含む)
  • 東和銀行指定の保証会社の保証が受けられる方
  • その他、東和銀行の基準をすべて満たしている方
資金使途自 由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)

※専業主婦、パート、アルバイトの方の融資限度額は30万円となります

※専業主婦の方は、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票等)が必要となります
融資期間6ヶ月以上7年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:13.0%
返済方法元利均等毎月返済
(借入金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
(保証会社が必要と認めた場合は必要となります)
保証会社㈱オリエントコーポレーション

審査スピード

「東和イージーローン」や「フリーローン・モア」に申し込んだ場合に、審査の結果連絡がどのくらいの期間で来るのでしょうか。

東和銀行では、審査結果が出るまでの期間を公表していませんので、どれだけの期間で連絡が来るのかはわかりません。

銀行によっては、最短即日で連絡が来ることもありますし、1週間~2週間かかってしまうところもあります。

口コミによると、審査スピードに不満がある人もいますので、連絡が来るまでには時間がかかると予想されます。

場合によっては、1週間~2週間かかる可能性もありますので、申し込みは早めに行うことが望ましいといえます。

審査スピードに関して、きちんとした日数などを知りたいという場合は、申し込みをする前に銀行に相談することをおすすめします。

金利は審査によって決まる

「フリーローン・モア」においては、審査に通れば一律13.0%の金利が適用されます。

ですが、「東和イージーローン」は、3段階に分かれている金利の中から、審査によって決まります。

3段階となっている「東和イージーローン」の金利は、「7.0%」「9.5%」「13.0%」であり、申し込んでみないことにはどのような利率で借りられるかがわかりません。

一般的には、信用が高くなるほど金利は低くなり、信用が低くなるほど高い金利が適用されます。

おまとめローンとして利用する場合、フリーローンの金利次第でメリットが大きく異なりますので、信用はできるだけ高い状態で申し込むことが望ましいといえます。

金利で審査の通りやすさがわかる

フリーローンの金利は借り換えによるメリットに大きく直結しますが、審査に通らなければまとめることができません。

ですので、審査の通りやすさが重要となります。

審査の通りやすさというのは、金利を見るだけである程度判断することができ、金利が高くなるほど通りやすくなります。

これは、金利に含まれている「保証料」が関係しており、保証料が多くなるほど金利は高くなりますが、その分、信用が低い人でも保証してもらえる可能性が高くなります。

東和銀行のフリーローンに当てはめてみると、「東和イージーローン」は、上限金利でも13.0%と低金利ですので、審査は通りにくいと判断できます。

「フリーローン・モア」も、上限金利は同じですので、一見すると審査に通りにくいと判断できますが、一律の金利ということで、信用が高い人にも多くの保証料が発生しますので、リスクに備えることができます。

従って、「フリーローン・モア」の方が、審査は通りやすいということができます。

審査に通るためのポイント

東和銀行のフリーローンで多くの人が利用するのは、商品名に銀行名も入っている「東和イージーローン」です。

この商品を利用するためには、厳しい審査を通過しなくてはなりませんので、信用を高めたうえで申し込みしなくてはなりません。

また、申し込みをする際に、注意しなくてはならないこともありますので、これらのポイントを紹介していきます。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する
  • 返済計画をしっかりと立てる

これら4つのポイントは、審査に通りやすくなるだけでなく、「東和イージーローン」の金利を低くさせることができる可能性もあります。

では、これらのポイントについて、以下で詳しく解説していきます。

申し込みの内容を正確に記入する

申し込みをする際の留意事項に中に、「仮申込での入力内容と正式申込書類ならびに確認資料の内容が相違している場合には、連絡した審査結果のいかんにかかわらず、希望に添いかねることもあります」というのがあります。

これは、申し込みの内容に偽りがある場合、たとえ仮審査で通っていたとしても、保証の取り消しをする可能性があることを意味しています。

こうした留意事項があるのは、申し込みの際に、実際とは異なる内容を記入し、審査を通りやすくしようとする人がいるからです。

特に、年収や勤務先の情報、他のローンの利用状況を偽る人が多く、年収を実際よりも多く記入するなど、審査で有利になるような情報を記入します。

しかし、審査に通りやすくするために行ったことが原因で、審査に落ちてしまうことになりますので、申し込みの内容は正確に記入しなくてはなりません。

他のローンは延滞なく返済する

延滞は、その人に返済能力がない、または少ないことを証明してしまう行為です。

ですので、信用情報に延滞の情報があると、保証会社は警戒し、審査に通ることが難しくなってしまいます。

フリーローンの申し込み時点での延滞は、当然審査で落されてしまいますが、申し込みの直近6ヶ月以内の延滞も注意が必要です。

銀行によっては、直近6ヶ月以内に延滞があると、フリーローンを申し込むことができないこともあります。

東和銀行のフリーローンの申込基準にはそのような要件はありませんが、申込基準はあくまでも申し込みすることができる最低条件であり、保証会社の保証基準とは異なります。

複数のローンがある場合には、毎月契約通りに返済していくことが困難な人も多いのですが、延滞をしてしまっては審査で不利になってしまいますので、きちんと返済していくようにしましょう。

少額のローンは完済する

信用を高くする方法の1つとして、「完済実績を作る」というものがあります。

完済実績とは、契約通りに完済したローンがあるという過去の実績のことであり、この情報も信用情報に一定期間登録されます。

複数借入しているものの中には、少額の利用限度額となっているカードローンなどもあると思いますので、こういったものは完済することでフリーローンを借りやすくすることができます。

また、完済をすることで、フリーローンの借入金額を少なくさせることができますので、毎月の返済額や金利負担を軽くすることもできます。

ただし、カードローンのような極度型のローンの場合は、解約をしなければ実績を作ることができませんので、残高を「0円」にするだけでなく、必ず解約するようにしましょう。

返済計画をしっかりと立てる

ローンを借りる際には、返済計画が重要となるのは言うまでもなく、おまとめローンとして利用する場合には、特に重要となります。

しかし、一言で返済計画といっても、余裕を持って返済していく金額に設定することや、できるだけ早く完済となるように返済していくなど、人によって考え方は異なります。

「東和イージーローン」は、最長で15年という非常に長期の返済が可能となっていますので、余裕を持って返済したい人には素晴らしい商品です。

ですが、毎月の返済額を少なくさせることばかり考えていると、まとめる前よりも返済総額が多くなってしまうことがあります。

こうした申し込みは、審査に悪影響が出るだけでなく、借り換えのメリットを1つなくしてしまうことにもなりますので、返済額や返済期間の設定には注意しましょう。

申し込み方法

「東和イージーローン」と「フリーローン・モア」はいずれもインターネット、FAX、窓口で申し込むことができます。

インターネットからの申し込みは、ホームページ内の「仮審査お申し込みはこちら!」から手続きすることが可能です。

FAXからの申し込みは、ホームページ内で申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入したうえで、申込書に記載されている番号へ送信することで手続きできます。

いずれの方法も、受付は24時間365日してくれますので、自分の都合の良い時に手続きすることが可能です。

申し込みの流れ

フリーローンの融資を受けるまでの、簡単な流れを紹介していきます。

  1. 仮申込み
  2. 申込確認
  3. 審査結果の連絡
  4. 正式な申し込み、契約
  5. 融資

簡単な流れはこのようになっており、インターネットまたはFAXで申し込んだ場合は、審査の前に申し込みの内容確認のために電話がかかってきます。

なお、正式な申し込みや契約は、窓口での手続きとなります。

申し込みに必要な書類

フリーローンを申し込むためには以下の3つの書類が必要になります。

  • 本人確認書類・・・運転免許証、パスポートなど
  • 返済用普通預金通帳および届出印
  • 年収確認書類・・・源泉徴収票、確定申告書など
    ※借入希望額50万円超の場合

なお、おまとめローンとして利用する場合は、借り換え対象ローンの返済予定表などの資料が必要となる可能性もありますので、求められた場合は対応するようにしましょう。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

まとめ

東和銀行には、おまとめローンとして利用できるフリーローンを2つ提供しています。

このうち、「東和イージーローン」は15年の長期返済が可能となっていますので、余裕を持って返済していきたい人に向いている商品です。

「フリーローン・モア」は、融資限度額は少ないものの、審査は通りやすいですので、借りやすさを重視する人に向いています。

特徴が異なる2つのフリーローンのうち、どちらを利用するかは、その人の考えたかによりますので、十分に考えたうえで申し込みするようにしましょう。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-04-24 08:17:09

    こんにちは。飛雄馬です。

    おまとめローンの審査に通ったのですか?それともこれから申し込むのでしょうか?

    もしこれからおまとめローンの審査に申し込むなら、「その他」の分は借りられませんよ。あくまでも借金返済のためのローンです。ローン返済以外の、例えば生活費を加えて借りることはできません。

    ただし銀行のフリーローンで予め借りる金額を決定し、審査に通ったのであれば借金返済以外で余ったお金は何に使っても構いません。

  2. 福島真理子さん|2019-04-24 05:53:22

    家電、車購入代金、その他に、使用します

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談