セントラルはブラックでも借りれる、はウソ!

セントラルはブラックでも借りれるとしているサイトは半分疑ってかかった方が良いかもしれません。そもそもセントラルは1973年創業の老舗の消費者金融です。

ブラックでも借りれる金融会社はないかと探してみると必ずと言って良いほど出てくるセントラルですが、筆者の単独取材によって事実関係が判明しました。簡潔にまとめてみましたのでご参考にどうぞ。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

セントラルはブラックも借りれる?

max16011508-2_TP_V1 (1)

ブラックでも借りれるカードローン、消費者金融としてよく紹介されているサイトに書いてある内容は完全に間違いとは言えないまでも、信憑性に欠ける部分が多くあります。

なぜそう断言できるのかと言うと、筆者がセントラルの広報担当に取材したからです。

最初に結論からご説明すると、金融事故を起こしたブラック属性の人はセントラルでも審査に落ちる確率がかなり高いそうです。

100%審査に落ちるとは言えないまでも、ほぼ審査に通ることはないとはっきり断言していました。

セントラルはブラックでも借りれるという内容を信じてしまい、直接セントラルのホームページから申し込んでも審査には通らないことになりますね。

審査に通らないのに闇雲に申し込み、審査を受けてしまうと申し込み情報が信用情報機関に自動的に登録されてしまい、また審査の結果不成立の情報も同時に登録されてしまいます。

不成立の申し込み情報をいくら積み上げても、信用落とすばかりで何も良いことはありませんよ。

短期間に複数申し込みをしてしまうと、それだけで申し込みブラックと認定されてしまい、ますます借りることができなくなってしまいます。

ただでさえ金融事故を起こしてブラック認定されているのに、それに加えて申し込みブラック認定されたのではダブルでブラック扱いされてしまい、審査に通るのはまず不可能になるでしょう。

ちなみにセントラルの広報担当男性社員は、過去に自己破産や債務整理している人でも借りることができる可能性があると書いてあるサイトは、セントラルの名前を勝手に使っている闇金の可能性があると言っていました。

また借入件数が5件以上でも借りることができるとか、他社借入に少々延滞があっても借りることができるかのように書いてあるサイトは、迷惑であるとも答えています。

本物のセントラル情報について

150415511840_TP_V1 (1)

中堅の消費者金融であるセントラルの情報についてまずご説明しましょう。

単にセントラルという名前だけでお金を借りてしまうと、それはもしかしたら闇金かもしれません。

闇金被害を防ぐためにもまずはセントラルの会社がどこにあるのか、電話番号や登録番号などホームページ上で公表されている内容をご確認ください。

◆商号:株式会社セントラル
◆本社:愛媛県松山市
◆電話番号:0570-038-038(089-934-7887と同一)
◆登録番号:四国財務局長(7)第00083号
◆日本貸金業協会員:第001473号
◆加盟信用情報機関:日本信用情報機構(JICC)

全国に17店舗あり、半分以上は岡山、愛媛、香川、高知にありますが最近になって東京や神奈川埼玉にも進出しています。

借入申し込みはインターネットから行うことができ、全国の借入希望者に対応しています。

審査の内容によっては平日14時までの申し込みを行うことで当日中に振込キャッシングによって借入することもできるとしています。

近くにセントラルの営業支店があれば直接店舗でも契約出来ますし、自動契約機から借入申込も可能です。

また中堅の消費者金融らしくローンカードの発行にも対応しており、セントラル自社ATMとセブン銀行のATMならほぼ24時間365日いつでも借入れ、及び返済が可能です。

サービス面も充実しており、会員になった翌日から30日間無利息サービスや利用限度額の増額申請なども大手消費者金融と遜色ありません。

セントラルの公式サイトには借入3問診断がありますが、これは年齢が20歳以上かどうかという点と、年収に対していくら借金があるのか、つまり総量規制に引っかかっていないか調べる簡易的なものです。

実際セントラルから借り入れするためにはJICCから取得した個人データによって審査を行いますので、簡易診断はあくまでも目安として考えるようにしましょう。

筆者が試してみたところ年収600万円で他社借入金額が300万円と入力しても、借入可能と判断が出ていますので、あまりあてにはなりませんね。

とにかくセントラルという名前だけで借入を申し込むのではなく、本社の住所や電話番号、貸金業登録番号や日本貸金業会員番号が間違いなく株式会社セントラルなのか確認してから申し込めば闇金被害に遭うことを防ぐことができますね。

セントラルの融資額と金利

f6d4358d554439a1a5f1e401f5558921_t

セントラルの借入限度額は審査内容によって3つに分かれています。

◆融資限度額
①1万円から30万円まで
②30万円超100万円未満
③100万円以上300万円まで

◆貸付金利
①100万円未満:上限金利年18.0%(金利下限年4.8%)
②100万円以上:上限金利年15.0%(同上)

融資限度額によって借入金利が変わるのは利息制限法に基づくものです。

基本的にセントラルでも初回会員に対する貸付は年収の10%程度を基準としているため、年収300万円なら30万円、年収500万円でも50万円が利用限度額となるようです。

もちろんセントラルのカードローンも無担保無保証でお金を借りることができますが、貸付限度額が30万円までの人は最長返済期間が3年となっていることに注意しましょう。

なお貸付限度額が30万円を超える場合でも返済期間は最長で4年です。

ただしカードローンの特性として返済途中でも追加借り入れができることから、返済期間については借入の都度延長になります。

セントラルはブラックは借りれない

MAX86_gaijinnohannouryoute20140531_TP_V1 (1)

セントラルをご紹介している個人のサイトには、他社で断られた人も申し込みできることや、過去に債務整理や自己破産をした人も相談してくださいと紹介しているところがあります。

もちろん他社で断られた人もセントラルに申し込みすることはできるでしょう。

しかし申し込みができるというだけで審査に通るとはセントラルの公式ページにも書いてありません。

また過去に債務整理や自己破産した人も相談してくださいとなっていても、公式サイトにはそのような案内は一切ありません。

確かに相談することは可能かもしれません。しかし審査に通るかどうかはまた別の話ですね。

セントラルは信用情報機関であるJICCに加盟し、日本貸金業協会の会員です。

信用情報機関に加入しているということは、3つある信用情報機関のうちどこか一箇所にでもブラック情報が登録されれば、セントラルでも「この人は金融事故を起こした人だ」とバレてしまいます。

ブラックの人にお金を貸すほどセントラルは甘くはありません。ブラックの人にお金を貸したら貸したお金は戻ってこない貸し倒れリスクが高いです。

また日本貸金業協会の会員であるということはセントラルでも自主規制規則を作っているはずで、協会が推奨している他社借入件数は3件以内です。

セントラの自主規制規則の内容までは取材することはできませんでしたが、おそらく過剰貸付防止という観点から他社借入件数は3件までと推測できます。

安易に口コミ情報サイトを信用してはいけない良い例ですね。

関連記事をチェック!

109466view

ブラックでも借りれる消費者金融!極甘審査ファイナンスとは?

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」...