キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

どうしても100万円借りたい!借りる方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

100万円という高額なお金が必要になった場合、親や家族に頼んでも、すぐにお金を借りることができる訳ではありません。

簡単に「貸して」と頼むことができない金額ですので、金融機関から借りる方法を検討すべきかもしれません。

そこで100万円を借りる方法を紹介します。

以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。

この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は以下のような人におすすめです。

  • 100万円が必要になった人
  • どこから100万円を借りていいかわからない人
  • 100万円を借りた場合の利息負担を知りたい人

100万円の借入の方法について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額60日間無利息(2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了の方)、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

100万円をかりることができる金融会社とは

100万円という高額の借入はどこに行けば貸してもらうことができるのでしょうか?

100万円を借りる事ができる金融機関として以下の4つをあげることがができます。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • 信用組合・信用金庫
  • 労働金庫

それぞれの金融機関の特徴と、取り扱っているローンなどについて、まずは紹介していきます。

銀行

銀行は、預金者からの預金を融資によって運用する民間の金融機関です。

住宅ローンや自動車ローンの他、カードローンやフリーローンなど、ありとあらゆる融資を扱っています。

また、預かっている預金の金額が大きいので高額の融資にも対応しているという特徴があります。

消費者金融

消費者金融は融資を専門に扱う民間会社です。

国や都道府県に登録をしなければ業務を行うことができず、登録を受けた消費者金融を「登録貸金業者」と言います。

銀行や信用金庫と異なり、自己資金で融資を行うので、銀行などよりもハイリスクで融資を行うことができます。

このため、貸しすぎを予防する目的から年収の3分の1を超える貸付ができない「総量規制」の対象となります。

また、ハイリスクの融資を行うので、金利も高く、ほとんどの消費者金融が利息制限法上ギリギリの高金利で融資を行なっています。

信用組合・信用金庫

信用組合や信用金庫は、出資した会員同士の互助組織というのが成り立ちですが、今や誰でも口座を作ったり、出資をしたりすることができるので、実態としては銀行と変わりません。

扱っている融資商品も、住宅ローンや自動車ローンやカードローンやフリーローンなど、銀行とほとんど変わらず、様々な用途のお金を借りることが可能です。

建前上は営利目的ではないので、銀行と比較して低金利で借りることができるローンも存在しますが、基本的には金利面でも銀行と変わらないでしょう。

労働金庫

労働金庫は、労働組合員の相互扶助を目的とした金融機関です。

そのため、労働組合の構成員であれば、かなりの低金利で融資を受けることができます。

また、労働組合員でなくても、銀行や信用金庫などよりも低金利で融資を受けることができる商品ラインナップも充実しています。

金利が低い分、審査は厳しいと言えるでしょう。

金融機関の違い

それでは、金融機関ごとの金融商品の違いをカードローンを例に比較してみましょう。

申込条件限度額金利
三菱UFJ銀行
「バンクイック 」
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  • 原則安定した収入があり、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる人
500万円1.8%~14.6%
プロミスカードローン20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある人500万円4.5%~17.8%
東京信用金庫カードローン
  • 営業地区内に住所、勤務先、事業所のいずれかを有する個人
  • 満20歳以上満65歳未満の人
  • 一般社団法人しんきん保証基金の保証を得られる人
10万円コース、30万円コース、50万円コース、100万円コースの4種類11.5%
中央ろうきんカードローン団体会員の構成員、生協会員の組合員および同一生計家族、左記以外の一般の勤労者500万円
  • 団体会員の構成員
    年3.875%
    ~年7.075%
  • 生協会員の組合員
    および同一生計家族
    年4.055%
    ~年7.255%
  • 一般勤労者
    年5.275%
    ~年8.475%

プロミスをはじめとして、消費者金融には、保証会社が存在しないので、審査はプロミス1社で完結します。

そのため、審査は早くなっています。

信用金庫のカードローンは、少額融資で低金利が基本となっていますが、信金は地域密着ですので、借りることができる対象地域がかなり狭く限定されているという点に特徴があります。

先ほど説明したように、ろうきんは、団体会員の構成員つまり労働組合の組合員は金融優遇があります。

そうでなくてもろうきんカーローンは他のカードローンよりはかなり金利が低いので、労働者の方は金利的なメリットが大きいと言えるかもしれません。

銀行カードローンは、限度額、金利共に、他のカードローンの中間という位置で、オールマイティーなカードローンということができるでしょう。

100万円ならカードローンが現実的

100万円ならカードローンが現実的

100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多くありません。

おそらく多くの人は消費者金融や銀行などの金融機関が最初に思い浮かぶのではないでしょうか。

実際その通りで、やはり100万円を借りたいなら金融機関を利用するというのが最も現実的かと思います。

金融機関には色々な種類のローンがありますが、その中でも第一候補はカードローンでの借り入れとなります。

カードローンは融資が早い

なぜ金融機関を利用する上でカードローンが第一候補になるのかというと、融資スピードが抜群に早いということが理由です。

いつまでに100万円が必要なのかにもよりますが、必要なときまでに日にちがないなら、最も重要なのは融資スピードでしょう。

カードローン以外のローンは審査から融資までに1週間以上かかることも珍しくありませんが、カードローンは自動契約機やネットを利用した申込によって、手続きが非常にスピーディーです。

極端に言えば、もしも今日中に100万円が必要になったという場合でもカードローンならどうにかできるかもしれないというわけです。

これがカードローンが金融機関のローンの中でも特別な理由です。

担保や保証人は不要

カードローンの特徴の1つは「無担保・無保証人」ということです。

保証人や100万円の価値のある担保はそう簡単に準備できるものではありませんよね。

しかし、カードローンは担保も保証人も必要ありませんので、本人の信用さえあれば利用できるのです。

このような点からもカードローンは100万円を借りやすいと言えます。

カードローンは高金利

気を付けなくてはならないのは、他の借入方法と比べてカードローンは高金利ということです。

消費者金融のカードローンであれば金利は実質年率15%に設定されますが、住宅ローンや教育ローンは5%以下です。

年率10%の差があると、100万円では発生する利息が年間10万円多くなります。

100万円なら銀行カードローンがおすすめ

100万円ならカードローンが現実的

100万円を借りる場合、高額ですので借入先は慎重に選ばなければなりません。

では、どこを利用すればよいのかというと、銀行カードローンの利用をおすすめします。

なぜかというと銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利がかなり低いためです。

100万円を借入するとき、一般的に消費者金融カードローンの金利は実質年率15.0%、銀行カードローンの金利は実質年率12.0%程度になります。

それぞれの金利で借り入れを行うとき、総返済額はいくらになるのでしょうか。

毎月3万円返済毎月5万円返済毎月10万円返済
実質年率15.0%129万5,791円115万5,312円107万3,907円
実質年率12.0%121万8,504円111万9,413円105万8,115円

3%の金利差と聞くとそんなに大きな違いがないように聞こえますが、借り入れ金額が大きいとわずかな金利差でも利息にすると大きくなってしまうのです。

特に、毎月の返済金額が少ない人は返済期間が延びてしまい、差額は大きくなります。

高額の借入では銀行カードローンを利用したほうが良いでしょう。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい銀行系カードローンはココ

このページでは借入しやすい銀行の見分け方、借入しやすい銀行カードローンをご紹介します。 借入しやすい銀行の特徴とは? 銀行カードローンにも借入しやすいものと借入しにくいものがあります。 申込...

消費者金融では収入証明書が必要

銀行カードローンを選んだ方が良いもう一つの理由は、消費者金融では100万円を借りるために必ず収入証明書が必要になるためです。

カードローンを申し込むのに提出しなければならない、身分証明書と収入証明書の内、収入証明書は借入限度額によっては原則提出しなくても構いません。

収入証明書を提出しなくても良い限度額は、銀行ごとに異なっており、300万円や500万円など、100万円以上に設定されていることが多いです。

しかし、消費者金融では高くても50万円以上の借入限度額の場合は必ず提出しなければなならないと決められているので、100万円を収入証明書なしで借入することができません

必要な書類はできる限り少ない方が手軽に申し込むことができますので、100万円をカードローンで借りる場合は銀行カードローンの方が簡単です。

ただし、2017年くらいから銀行カードローンの審査が厳格化しており、今やほとんどの銀行で50万円超の借入から収入証明書の提出が自主的に決められています。

メガバンクやネット銀行などのメジャーカードローンは全て収入証明書の提出が必要ですが、地方銀行の中には、100万円超から必要となっているカードローンも少しですが存在ますので、どうしても収入証明書を用意したくないという人はそのようなカードローンを探してみるのもよいかもしれません。

関連記事をチェック!

収入証明不要でキャッシング【審査甘いカードローン】

収入証明不要でカードローン申込みや、キャッシングできる条件をご存知でしょうか。 お金を借りるなら知っておきたいです。 急いでお金を借りたいというときに、運転免許証だけでキャッシングできるに...

100万円借りる審査は厳しい

100万円という高額になると、やはり審査はそれに比例して厳しくなります。

誰でも100万円を借入するということはできませんので、審査に通るために重要なポイントをしっかりと抑えておきましょう。

信用情報に問題がないか確認

あらかじめやっておいた方が良いのは、信用情報に問題が無いか確認することです。

信用情報には過去のローンやクレジットカードの利用歴が載っていますので、まずは信用情報が健全でなければ100万円の借入は難しくなります。

不安な場合はカードローン申込前に信用情報を確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法~ブラックになる条件とは~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調...

働き始めたばかりでは難しい

また、100万円を借りるためには、勤続年数や年収などの属性も必要になります。

勤続年数が長い、雇用形態が安定している(正社員など)といった条件を満たさなければなりません。

借入金額が少なければ多少属性が悪くても審査に通ることはありますが、金額が増えるに従って属性に問題があると借り入れは難しくなります。

勤続年数1年未満であれば審査に通過することは難しくなりますし、できれば3年以上の勤続年数は欲しいところです。

複数合わせて100万円借りる

希望限度額100万円で申し込んでも、審査の結果残念ながらそれよりも少ない限度額しか与えられないことがあります。

しかし、カードローンは同時に複数利用することができますので、一社の審査限度額が100万円以下になっても、いくつか契約すれば全て合計すれば借入可能額は100万円を超えるということは珍しくありません。

その場合、限度額いっぱいまで借り入れしてから次のカードローンに申し込むよりも、借り入れ可能枠だけを作ってから他社に申込んだ方が高い限度額が与えられることが多いようです。

いずれにせよ、どうしても100万円借りたいという場合には、複数社からの借入を合算して100万円とすることも検討した方がよいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

カードローンで追加借入する方法。借金の追加融資

急にお金が必要になったときに便利なのが、申し込めばその日のうちに借入することも可能なカードローンです。いざというときに便利なカードローンを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。 また、...

即日融資なら消費者金融

このように、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも優れている点が多いのですが、もしあなたが即日融資を希望する場合は銀行カードローンではなく消費者金融を利用しましょう。

なぜなら、単純に銀行カードローンでは即日融資を受けることができないからです。

銀行は融資を行う際、申込者が反社会的組織と繋がりがないかどうかを警察庁に問い合わせて確認することが義務付けられており、これに日数を要するというのが最大の理由です。

消費者金融にはそういった制約がありませんので、100万円という高額であっても審査にさえ通過できれば即日融資を受けることができます。

カードローン以外で100万円借りたい場合は?

カードローン以外の方法も

事業資金はビジネスローンなどで

カードローンは審査に通過さえすれば簡単に借入が出来て非常に便利なので、100万円借りたいのであればカードローンは非常に良い方法です。

しかし、カードローン以外にも100万円の借入が可能な方法は数多くあり、何も知らずにカードローンを利用するのと、他の方法も多く知ったうえでカードローンを選択するのでは大きく違います。

今回は100万円の借入をするにはどのような方法があるのかも合わせて皆さんに紹介しようと思います。

使い道が決まっているのであれば、カードローン以外の方法で100万円を借りる方が金利的にはメリットがあります。

カードローンは使い道自由で便利ですが、使い道自由なローンはギャンブルなどにも使うことができてしまうので、金融機関にとってリスクが高く、その分金利も高くなっているのです。

以下はカードローン以外のローンの一覧です。

もしも、この中に自分の目的に見合った用途があるのであれば、そちらを利用した方が金利を低くすることができますよ。

用途工面方法利用可能額金利
自動車購入費用カーローン1,000万円2~3%程度
結婚式費用ブライダルローン500万円6%程度
教育費用教育ローン500万円4%程度
リフォーム費用リフォームローン 1,000万円3%程度
生活費福祉費580万円保証人あり:0%、保証人なし:1.5%程度
不動産担保生活資金不動産価値の70%3%
自由定期預金担保貸付 預金の90%か200万円定期預金の金利(平均0.025%)+0.5%
保険契約者貸付 解約返戻金の80%程度4%程度
年金担保貸付年間受給額の0.8倍1.9%
クレジットカードキャッシング 定められたキャッシング枠15.0%程度

※この表は一般的な情報を記載していますので、実際には当てはまらない商品もあるかもしれません。

自動車ローンなどの目的別ローン

目的別ローン

100万円という高額を借入したい方は、特定の使い道が決まっている方が多いのではないでしょうか。

その場合はカードローンやフリーローンのような何にでも使えるローンではなく、使用目的が決まっている専用のローンを利用することができます。

目的別ローンは色々な種類が用意されており、低金利で借入することが可能です。

目的別ローンは、使い道に関して見積書を銀行へ提出することができれば利用することができますよ。

旅行、結婚、家電購入など、様々な目的で低金利で利用することができます。

自動車だけに特化して、さらに低金利にしたローンが自動車ローンになります。

ただし、目的別ローンは、生活費などの見積書が出ない使い道や、複数の使い道には利用することができません。

金利
(年率)
5%~13%程度
借入限度額500万円程度
100万円借りるための条件特になし
返済期間1年~10年
利用方法①インターネットや電話で申込
②必要書類(身分証明書や見積書など)を提出して審査
③借入
借入までの期間2週間程度
取扱機関銀行や信用金庫など

関連記事をチェック!

目的別ローンはカードローンより低金利でお得ってご存知ですか?

目的別ローンは低金利でお得なローンであるということをご存知でしょうか。 銀行カードローンよりも金利は安いですよ。 カードローンの台頭によりすっかり影を潜めてしまった目的別ローンですが、まと...

不動産担保生活資金

不動産担保生活資金

また、皆さんがもし、

  1. 不動産を所有して、そこに住んでいる
  2. 世帯の構成員が夫婦か両親だけ
  3. 全員65歳以上

この3つの条件をすべて満たしている場合は、同じく福祉協議会から不動産担保生活資金という借入を行うことができます。

保証人が必ず必要ですが、借入は不動産価格の70%の金額までできるため、かなりの高額の借入が可能です。

不動産担保生活資金
金利
(年率)
3%
借入限度額不動産価格の70%
100万円借りるための条件不動産価格が150万円以上
返済期間3年~20年
利用方法①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込
②必要書類(身分証明書や不動産の証明書など)を提出、推定相続人を保証人として審査
③借入
借入までの期間1ヶ月程度
取扱機関社会福祉協議会

リフォームローン

リフォームローン

家などの物件を購入するときは当然みなさん銀行の住宅ローンを利用するでしょう。

購入ではなくリフォームをしたいという場合はリフォームローンを利用して借入することができます。

リフォームでも内容によってはかなりの金額がかかるものもありますので、1,000万円までの借入ができます。

高額借入が可能のため、返済期間も他のローンよりも長い15年に定められているものもあり、無理なく返済することができます。

金利
(年率)
3%程度
借入限度額1,000万円程度
100万円借りるための条件特になし
返済期間15年程度
利用方法①インターネットや電話で申込
②必要書類(身分証明書やリフォームの契約書など)を提出して審査
③借入
借入までの期間最短4営業日
取扱機関銀行や信用金庫など

生活費が必要なら社会福祉費

生活費が必要なら社会福祉費

100万円という高額が必要な場合、車やリフォームの費用などもそうですが、そもそも生活に困っていて当面の生活費をどうにかしたいと考えている人が多いようです。

低所得世帯、障碍者世帯、65歳以上の高齢者世帯の方で、生活費のために100万円を借入したい場合は各都道府県の福祉協議会が融資している福祉費を利用できます。

借入の理由によっても金額は異なりますが、最大で580万円まで借入可能です。

福祉費
金利
(年率)
保証人あり:0%
保証人なし:1.5%
借入限度額最高580万円
100万円借りるための条件目的によって借入額が異なる
詳しくは厚生労働省公式サイトをご覧ください
返済期間3年~20年
利用方法①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込
②必要書類(身分証明書など)を提出して審査
③借入
借入までの期間1ヶ月程度
取扱機関社会福祉協議会

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

一生懸命働いているのにもかかわらず低収入のために、銀行カードローンや消費者金融で借りられない人がいます。生活費で足りない部分はとりあえずお金を借りて解決しようと考えるのが普通ですね。 しかし低収...

主婦は定期預金や保険を活用

主婦がカードローンで100万円を借りるのはほぼ不可能と言えます。

主婦にはパートやアルバイトで収入を得ている人と一切仕事をしていない専業主婦の2種類があります。

消費者金融のカードローンは利用者の年収の3分の1までしか借り入れすることができないので、そもそも専業主婦は利用できません。

また、銀行カードローンでも現在は同様に専業主婦の利用が厳しくなっており、いくら借りることができたとしても50万円が限度ですので100万円の借入はできません。

専業主婦ではなくても、パートで年間300万円の収入を稼いでいる人はいないでしょうから、主婦がカードローンで100万円の借入はできません。

主婦は定期預金や保険に加入している人が多いと思いますので、定期預金担保貸付や保険契約者貸付などの制度を利用するのが良いでしょう。

また、消費者金融へ夫の同意書と収入証明書を提出すれば夫婦合わせて夫の年収の3分の1まで借りることはできますが、こうなってしまうと、夫名義で借りることと同じですので、やはり主婦が100万円を借りるということは現実的とは言えないでしょう。

関連記事をチェック!

急な出費に定期預金の引き出しは可能?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 急な出費のときどのように準備する? 急な出費によってお金が必要となった場合にはどの...

奨学金なら学生が100万円借入可能

カードローンの条件は20歳以上で安定した収入があれば利用できるという条件の者がほとんどなので、学生でもアルバイトをして入れば利用可能です。

また、未成年であっても借入可能な「学生ローン」という業者もあります。

ただし、主婦と同様の理由で100万円の借入を実現するのは難しいでしょう。

学生ローンで借りることができる金額は10万円〜30万円程度の旅行資金を借りる程度の金額が限度です。

しかし、日本学生支援機構の奨学金であれば学生自身の名義で契約を結ぶことができるので、学生でも100万円が借入可能です。

ただし、奨学金は1度に希望額をまとめて貸付するのではなく、毎月一定額ずつを貸付するという仕組みです。

さらに、連帯保証人(基本的に両親)が必要なので、完全に一人で借入しているとは言えないかもしれません。

民間の金融機関の教育ローンの場合は奨学金と異なり学生自身が契約することはできません。

もし、両親がおらず自身で生計を立てており、生活に苦労しているということでしたら、社会福祉費などの公的な制度を利用できる可能性はありますので一度市役所の窓口に相談してみましょう。

関連記事をチェック!

学生ローンと奨学金の違い

学費の支払いを学生ローンで借りた方が良いのか、奨学金で借りた方が良いのか迷う人はまずいないと思います。なぜなら学生ローンと奨学金ではそもそも目的が違っています。それに借りれる金額もかなり違いますので、...

100万円をかりるときにチェックすること

実際にお金を借りるときには、金融機関や金融商品によって注意しておかなければならないことがあり、誰が借りるのか、どこから借りるのかによって制限があります。

いざ100万円の借入が必要になった時に慌てないように、事前に注意点を理解しておきましょう。

消費者金融では総量規制がある

消費者金融からお金を借りるには、他社との合計で年収の100万円以上を借りることができないという総量規制という決まりがあります。

年収450万円の人であれば、消費者金融や信販会社などの貸金業者全体からの借入で3分の1である150万円までしか借りることはできません。

この人がすでに他社か50万円借りている場合には、残りの100万円までしか借りることはできないのです。

では、100万円の借入をするのだから年収300万円で誰でも消費者金融から100万円借りることができるのかと言えば、そのようなことはありません。

ほとんどの消費者金融は最初から総量規制ギリギリの金額を融資するようなことはしていないので、最初は年収の6分の1程度の融資となることが一般的です。

つまり、消費者金融からいきなり100万円を借りようと思ったら、600万円程度の年収があった方が安心ということが言えるでしょう。

地方銀行や信金では地域制限がある

地方銀行や信用金庫では日本全国どこからでも借りることができるわけではありません。

地方銀行や信用金庫が融資対象としている人は、当該金融機関の営業エリアに居住または勤務している人に限定されていることが一般的です。

いくら融資条件がよいローンがあったとしても、対象地域に居住しているか勤務していないと借りることはできませんので、あらかじめ、自分が融資対象になっているかどうはチェックするようにしておきましょう。

申込時や完済時の年齢制限

先ほどご説明したように、ローンには申込時や完済時の年齢制限が設けられています。

三菱UFJ銀行バンクイックであれば64歳までしか申し込むことができませんし、消費者金融プロミスも69歳までです。

一般的に65歳を超えると申し込むことができるカードローンは少なくなりますので、自分の年齢が申込条件に該当しているかどうかチェックすることも申込前に忘れないようにしてください。

ハードルは低いが収入制限がある

フリーローンなどの中には、「前年度年収〇〇円以上」などの収入条件が設けられているローンも存在します。

例えば三井住友銀行フリーローンは前年度年収200万円以上、そのほか、ほとんどの自動車ローンでは年収200万円以上が条件となっていることが一般的です。

それほどハードルが高い条件ではありませんが、基本的には正社員でないと満たすことができない条件ですので、この点も申し込む前にはチェックしておいた方がよいでしょう。

口座開設が必要となることがある

ローンを借りる条件として、当該銀行の普通預金口座の解説が必要になることが少なくありません。

口座開設が必要なローンに申込をする場合には、口座作成までに時間がかかってしまうので、融資までに時間がかかってしまうことを覚悟しておく必要があります。

例えば、みずほ銀行カードローンは口座作成が必須ですし、楽天銀行以外のネット銀行は全て口座を持っていないとカードローンを利用することができません。

このようなカードローンに何も知らずに申込をしてしまうと、融資までに2週間以上の時間がかかってしまうことも珍しくないので、事前に口座作成が必要かどうかをチェックすると同時に、急いでいるのであれば、口座を持っている金融機関へ申込をした方がよいかもしれません。

申し込み時に来店する必要がある

今やネットからの申込でネット上で契約完結が当たり前のような時代ですが、ローンによっては申込時や契約時に必ず来店が必要になる場合があります。

金融機関によっては平日の9時〜15時までに来店する必要があることも珍しくないので、銀行窓口に行くのが遅くなり、借入までに時間がかかってしまうことも珍しくありません。

地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、中小の消費者金融などは来店が必要になることもありますので、この点も事前に確認が必要な事項です。

必要とされる書類の数が違う事がある

ローンによって必要な書類は異なることがあります。

本人確認書類だけでOKという場合もあれば、収入証明書や健康保険証や見積書の提出などが必要になることもあります。

必要書類が足りない、いつまでたっても融資を受けることはできません。

スムーズに融資を受けるためにも事前に借入に必要な書類をしっかりとチェックしておくようにしてください。

返済が不便な場合がある

ローンによって返済方法は様々です。

大手消費者金融のようにATMやコンビニやインターネットや口座振替などありとあらゆる方法で返済が可能なローンもありますが、そのようなローンは実は少数派です。

地方銀行や信用金庫などでは、返済方法が口座振替のみなどとなっている場合も少なくありません。

普段自分が利用していない口座にわざわざ毎月入金しなければなりませんし、返済に遅れてしまうと、信用情報に傷がついてしまうことになります。

このようなことがないように、自分が借りようとしているローンが、自分の返済しやすい方法かという確認を怠らないようにしてください。

100万円借りる場合の金利

100万円借りる場合の金利

100万円借りるための方法をたくさん紹介しましたが、お金を借りるということは返さなければならないということです。

お金を借りるときには返済のこともしっかり返済のことも考えておきましょう。

では、100万円を借りた場合の金利や利息はいくらになるのでしょうか。

まず、金利が最も高いのはカードローンンを利用する場合の15.0%です。

100万円以上の借入では15.0%が上限と法律で決まっていますので、これより高い値になることはありません。

社会福祉協議会の貸し付けは保証人がいれば無利息での借入も可能なので、100万円借入する場合の金利は15.0%~0%まで幅広いですが、5%弱の物が多いようです。

利息を計算

金利が分かっても、実際に利息がどれくらい発生するのかを知っておかなければ返済額が思わぬ大金になって慌てることになります。

金利と返済回数ごとに総返済額がいくらになるかまとめました。

12回24回36回
15.0%1,081,929円1,161,324円1,244,308円
10%1,054,219円1,105,947円1,159,282円
5%1,026,907円1,052,165円1,077,825円
3%1,016,095円1,031,100円1,046,248円
0.5%1,002,666円1,005,131円1,007,601円

※返済回数は毎月1回、1ヶ月は30日で計算

金利や返済回数(返済期間)によって利息は大きく変わることが分かりますね。

15.0%で36回払いの場合と0.5%で12回払いの場合では24万円以上利息に差が生まれます。

返済期間を短くするということはその分毎月の返済額が多くなるため大変になりますが、借入額が多い分利息が増えるのは早いので、できる限り早く完済するようにしましょう。

もっと詳しく利息を計算したい方はこちらをご覧ください。

関連記事をチェック!

借入利息の計算方法

お金を借り入れすれば利息が掛かる、知ってはいても計算方法となるとあやふやになる人は多いです。 金利と利息の関係です。 知らなくても言われた通りに支払っていれば問題はありませんが、お金を借り...

「100万円貸します」を信じると危険

インターネットで100万円の借入方法を探していると、「100万円貸します」という書き込まれている掲示板を見つけることができます。

このページで紹介している借入方法がどれも利用できそうにない人にとっては大変ありがたい話ですが、はたして簡単に信じて良いものでしょうか。

結論から言うと、ネット上の貸付の提案に乗ることは非常に危険です。

こういった、お金を貸したい人とお金を借りたい人がやり取りを行う所を「個人間融資掲示板」と呼びますが、個人間融資掲示板は闇金や詐欺に満ち溢れています。

ネットで少し話しただけの人にお金を貸すでしょうか。

普通に考えれば返ってくる可能性が非常に低いため、よほど親切な人でない限りは、個人間融資掲示板に「お金を貸します」とは書き込みませんし、基本的にそのような人は存在しないと考えましょう。

個人間融資掲示板に書き込みをする人は、どこからもお金を借りることができない困った人をターゲットにした詐欺や闇金です。

闇金からであれば、確かに確実にお金を借りることはできるかもしれません。

しかし、一度お金を借りてしまうと、借りた額の数十倍もの利息を請求され、自宅や職場に執拗な取り立てが行われることになり、後からさらに苦しい思いをすることになります。

個人間融資掲示板を利用してお金を借りることは絶対にやめてください。

関連記事をチェック!

【悲報..】個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw

最近周りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困って...

まとめ

カードローンは広告やCMで目にする機会も多いので、借入を検討するときには多くの人が一番最初に思いつく方法かもしれません。

確かにカードローンは知名度が高いというだけではなく、100万円を借りるために最も適していると言えます。

カードローンは利用するための条件がほとんどなく、使用目的も事業資金を除きほぼ自由なので、どなたでも利用することが可能です。

ただし、カードローンで100万円を借りるということは、高額借入の部類に入りますので審査に通過することはそれほど甘くはありません。

また、カードローン以外にも借入方法はたくさんあります。

特に100万円という高額なら金利が少し異なるだけでも利息にかなりの差が出ますので、皆さんの状況や使用目的に合った方法を選択しましょう。

紹介した制度は使用目的や対象者が限定されているので、どの方法も利用できないという方はカードローンを利用しましょう。

関連記事をチェック!

急な借り入れ?即日どうしてもお金借りたいときの対策

どうしてもお金借りたいときってありますよね。理由はともかく今日、明日中にはなんとかお金を工面しなければならない。 そんな切羽詰まった状況になったらどうすればいいのでしょうか。できるだけ安心して借...


関連記事をチェック!

お金を借りる最終手段!お金を作る方法

複数の金融機関から借りてしまい、気づいたら返済能力を超えた金額を借りていた、という状況になることも。 返済能力を超える借入を行い、返済ができなくなってしまうと、最悪のケースとして、全ての借金で一...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-10-29 09:02:18

    こんにちは。 引き落としが1回出来ないからと言ってすぐにキズがつくわけではありません。一般的には滞納から2カ月、または3カ月となっています。まずは管理会社に電話相談しましょう。

  2. むたさん|2018-10-28 15:59:06

    家賃滞納避けるために、大手の消費者金融審査連続落ちました!明日が口座引き落としされますがもう信用情報に傷が残るしかないですか。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談