どうしても100万円借りたい!必要な時に借りる方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

100万円ほどのまとまった金額をカードローンで借りようと検討している人がいますが、本当にカードローンで借り入れるのが良いのでしょうか。

100万円を借りるのであれば、マイカーローンや銀行のフリーローンも利用できるので、どれを選べば良いか気になります。

そこで、100万円借りたいときのローンの選択について解説します。

100万円の使い道によっては目的ローンを利用しよう

金融機関から100万円を借りるには、カードローンやフリーローンと言った、お金の使い

目的別ローン道が自由なローンと、車を購入するためや、結婚のためなどお金の使い道が決まったものしか利用できない目的ローンがあります。

インターネットで検索すると、よくカードローンなどの商品が紹介されていますが、100万円のようにまとまったお金が必要なときは、ほとんどの人はお金の使い道が決まっています。

そこで、100万円を借入するときには、借り入れの目的に合った目的ローンを利用してください。

100万円を借りたい場合には、ある程度借り入れの目的が決まっていることが多いため、目的に沿った目的ローンが利用できます。

目的ローンと聞くと、マイカーローンや住宅ローンをイメージしますが、年々目的ローンの種類は増えてきており、代表的なものだけでも以下のような目的ローンがあります。

  • リフォームローン
  • ブライダルローン
  • 教育ローン
  • ペットローン
  • トラベルローン
  • 多目的ローン

ペットや旅行用の目的ローンも存在するため、「カードローンしか借り入れる方法がないな」と考えていた人でも、利用できる商品があるかもしれません。

また、多目的ローンであれば借り入れ目的を金融機関に相談して、認めてもらえればどのような目的でも借入できます。

ただし、目的ローンは年収や他社借入の条件が厳しいことも多いため、もしも利用できない場合には、フリーローンやカードローンを検討してください。

車の購入やリフォームであれば金利が低い

100万円を借りるときには、目的ローンの利用がおすすめと紹介しましたが、おすすめの理由としては低金利であることがあげられます。

例えば、銀行が取り扱っているマイカーローンは、5%以下のものが多くカードローンで100万円借りるよりも低金利で利用可能です。

10万円以下の少額であれば短期間での返済もありえますが、100万円であれば1年以上返済期間があることも珍しくありません。

このような場合には、金利が1~2%違うだけで利息の差が数万円も出てしまいます。

「具体的にどのような借入理由だったらどの商品を利用したら良いの?」

うんうん。たしかに自分が利用できる目的ローンがあるか気になりますよね。

そこで、目的ローン商品ごとにおすすめの利用者をまとめてみたので確認してください。

ローン名金利借入までの期間おすすめの人
マイカーローン
(横浜銀行)
1.7~2.7%7~20日程度新車購入を目的にしている人
※中古車の購入には向いていません
リフォームローン
(横浜銀行)
1.7~2.7%7~14日程度住宅のリフォームや庭の修繕費用を借りたい人
ブライダルローン
(千葉銀行)
5.0~5.2%14日~結婚式や披露宴に関連する費用を借りたい人
※金融機関によっては新婚旅行にも使える
教育ローン
(横浜銀行)
1.7~2.7%7~14日程度幼稚園から大学に関連するまとまったお金が借りたい人
入学金など一度に高額な支払が必要な人におすすめ

※金利は2019年11月時点の商品名に記載している銀行のものです。
※借入までの期間は申込方法や審査内容によって変動します。

目的ローンは条件が難しい?

目的ローンは利用目的が決まっているため、実はフリーローンやカードローンよりも審査の敷居は低いものになっています。

利用目的を証明するため見積書や、契約書などの提出が必要になりますが、利用条件が整えば、フリーローンやカードローンよりも審査に通過する確率が高いのです。

ただし、条件に合ったからと言って、申し込みをしたら審査に通過するわけではありません。

「じゃあ、目的ローンの審査落ちをしてしまったらどうしたらいいの?」

たしかに、目的ローンの審査に利用できないときには、どうやって100万円借りればよいか気になりますよね。

目的ローンが利用できないときには、次はフリーローンやカードローンを利用してみると、100万円借りられる可能性があります。

「えっ、カードローンやフリーローンは目的ローンより審査が厳しいんでしょ?」 「目的ローンに落ちたら、カードローンやフリーローンの審査に通らいないでしょ」

そうですね。その通りなのですが、例えば150万円を借りたいという人が、100万円であればフリーローンの審査に通過するということもあります。

また、審査基準も異なることから、目的ローンに残念ながら落ちてしまった人は、フリーローンやカードローンを狙って申し込みしてみてください。

というわけで、ここからはフリーローンやカードローンで100万円を借りる方法について詳しく説明していきます。

高額借り入れは信用組合や労金・銀行がおすすめ

カードローン以外の方法も
100万円を借りたいときには、幾つかの金融機関や会社が候補にあがりますが、おすすめは信用組合や労金・銀行です。

「えっ、消費者金融はお金が借りやすいから楽じゃないの?」

そうですね。素早くお金を借りたいときには、消費者金融のは利用しやすく借りやすいイメージがあります。

しかし、100万円程度のまとまった金額は、消費者金融ではなく信用組合や銀行から借入をすると、様々な面でメリットが多いです。

ここでは、100万円借りるときに信用組合や銀行がなぜおすすめか、信用組合のどのような商品を利用すれば良いか解説します。

消費者金融よりも信用組合や銀行がおすすめの理由

100万円借りる場合の金利先ほど消費者金融は新容器見合いや銀行よりもおすすめできないと紹介しましたが、理由としては総量規制という法律があります。

消費者金融では利用者への貸付を制限するために、年収の3分の1以上を貸付してはいけないと総量規制という法律で決められています。

したがって、100万円借りるためには最低でも300万円以上の年収がなければ、そもそも審査にとおりません。

また、消費者金融は初めての利用者に高額融資は行わない傾向にあるため、年収300~400万円程度の人がいきなり100万円を借りるのは現実的に難しいです。

「消費者金融で100万円借りない方がいい理由は他にもあるの?」

はい。まだまだ理由は存在します。

消費者金融のキャッシングやカードローンは、無利息期間などを設定している代わりに、金利が銀行のローン商品よりもかなり高めに設定されています。

マイカーローンなどと比較すると、金利が2倍以上違うこともあるため、1年以上の長期間借り入れを行うと利息の支払いだけで10万円近い差が出るかもしれません。

このことから、100万円程度の高額な借入を長期返済しようと計画している場合には、基本的に消費者金融よりも信用組合や銀行を選択してください。

まずはフリーローンを検討しよう

信用組合や銀行にもカードローン商品はありますが、基本的にはカードローンではなくフリーローンで100万円を借りると良いです。

フリーローンの利点は、カードローンよりも金利が全体的に低めである点にあります。

ただし、フリーローンはカードローンよりも金利が高いという地方銀行もあるため、利用前に金利の比較はしておいくと良いです。

「でも、カードローンのはフリーローンよりも審査にとおりやすいのでは?」

実はそれが誤解なんですよ~。多くの人が勘違いしやすいですが、実はフリーローンとカードローンではフリーローンは審査通過率は高めです。

なぜ、フリーローンは審査通過率が高いかは、反復利用が不可能という点が理由としてあります。

フリーローンはカードローンと違い、返済をすすめたとしても再度借り入れができません。

したがって、借金の返済がカードローンよりもすすみやすく、銀行側にとってリスクが低いため、審査通過率も高いのです。

低金利のローンには細かい申し込み条件があることが多い

借りたここまで、低金利の目的ローンやフリーローンがおすすめと紹介してきましたが、このようなローンは申し込み条件が少し細かいという点に注意が必要です。

例えば、「フリーローンの申込には当行の口座開設が必要です」や「当銀行の営業エリア内でなければ申込できません」など、カードローンにはない制限が追加されやすいです。

申し込み前に自分が条件を満たしているか、ホームページの申し込み条件や借り入れ条件を確認してください。

銀行の利用デメリット

ここまで、銀行や信用組合などのローン商品がおすすめと紹介してきましたが、これらのローンにも利用するうえで幾つかデメリットがあります。

具体的には以下のような点です。

  • 即日融資を受けられない
  • 年収の3分の1以上の融資に積極的ではない

このようなデメリットがあるため、人によっては消費者金融など他の会社のローン商品を利用するのが良い人もいます。

そこで、具体的にどのようなデメリットがあるか解説するので、自分が利用するうえで問題ないか確認してください。

銀行は審査で警察のデータも照会するため即日融資不可

銀行カードローンでは即日融資を受けることができません。

銀行は融資を行う際、申込者が反社会的組織とつながりがないかどうかを警察庁に問い合わせて確認することが義務付けられており、これに日数を要するというのが最大の理由です。

したがって、どれほど審査が早く済む銀行でも最短で翌日の融資となります。

銀行も年収の3分の1以上の融資は控えている

銀行は総量規制の対象でありませんが、自主規制を行っているため、年収の3分の1以上の融資を積極的に行っていません。

2017年に銀行業界は、個人向けの融資を年収の3分の1以内に収めるという自主規制を発表してから、個人向けのローン商品で簡単には高額な貸付を行わなくなりました。

ただし、目的ローンに関しては自主規制の対象外であるため、マイカーローンなどは年収の3分の1以上でも借り入れができるケースが多いです。

100万円を借りるときの審査通過のコツを3つ紹介

100万円という高額な借入をする場合には、審査通過するためのコツを抑えておくと良いです。

具体的にフリーローンの審査を通過しやすくなるコツは以下の3点です。

  1. 信用情報をきれいにしておく
  2. 短期間に複数の申し込みをしない
  3. 勤続年数が1年以上になってから申し込む

それぞれ、詳しく確認していきます。

1.信用情報をきれいにしておく

個人信用情報に未払や過去の延滞の記録が残っていると、審査に通過する可能性が低いです。

提携している個人信用情報機関によっては、クレジットカードや携帯電話の分割払いの情報まで確認される可能性があるため、できる限り信用情報がきれいな状態でフリーローンの審査を行ってください。

「信用情報がきれいかどうかってどうやったら分かるの?」

たしかに、個人信用情報はふだん目にするものではないため、過去の延滞の記録が残っているか分からないですよね。

このような場合は、個人信用情報機関に直接情報開示を行うことで、自分の現在の情報が分かります。

個人信用情報機関は国内に3つありますが、銀行にローン審査の申し込みを行うのであれば、KSCと呼ばれる個人信用情報機関にまずは情報開示を行ってみてください。

2.短期間に複数の申し込みをしない

短期間に複数の金融機関に申し込みをしてしまうと、非常に審査にとおりにくい状態となってしまいます。

金融機関によっても異なりますが、1か月の間に3~4社以上申し込みをしてしまうと、審査に全くとおらない「申し込みブラック」と認定されてしまいます。

「申し込みブラックになってしまったら、どうすれば審査にとおるようになるの?」

申し込みブラックも信用情報に残るので、一定期間を空けてから申し込みをすれば大丈夫です。

金融機関にローンの申し込みをした情報は、6か月で消えるため、最後の申し込みから半年間空けてから申し込みしてください。

3.勤続年数が1年以上になってから申し込む

転職をして間もない人は、勤続年数が1年以上になってから申し込みすると審査にとおりやすいです。

100万円を借りるためには、勤続年数や年収などの属性も必要になります。

勤続年数が長い、雇用形態が安定している(正社員など)といった条件を満たさなければなりません。

借入金額が少なければ多少属性が悪くても審査にとおることはありますが、金額が増えるに従って属性に問題があると借り入れは難しくなります。

勤続年数1年未満であれば審査に通過することは難しくなりますし、できれば3年以上の勤続年数は欲しいところです。

100万円借りるときに気を付けたいポイントを3つ紹介

100万円を借りるときには、先ほど紹介した審査通過のコツ以外にも気を付けておくのと良いポイントもあります。

そこで、以下の3つのポイントも併せて確認しておいてください。

  • 返済期間と返済額、利息を把握する
  • 収入証明書の準備を事前に行う
  • ATMには引き出し上限があることを確認する

1.返済期間と返済額・利息をしっかり把握しておこう

返済期間と返済額、利息など借り入れや返済に関する情報は、事前に確認してください。

100万円ものお金を借りるとすると、返済に必要な期間も2~3年以上かかることも珍しくありません。

また、ローンの返済期間の設定によっては、同じ100万円の借入だとしても毎月の返済額や、最終的に支払う利息の総額が異なってきます。

このため、事前に返済額などを計算して、利息で損をしていないか、返済で毎月の生活は苦しくならないか確認してください。

「返済額や利息の計算って面倒くさいからどうにかならないの?」

うんうん、分かります。たしかに利息の計算って非常に難しいですよね。

このような場合には、返済シミュレーションを利用すれば簡単に利息などの計算が行えます。

銀行の公式サイトに、利用金額と返済期間を記入するだけで、毎月の返済額や最終的な利息の支払総額が、簡単に分かるシミュレーターが用意されています。

計算に慣れていないと時間がかかるため、シミュレーターで簡単に返済シミュレーションをしてみてください。

2.収入証明書の提出が必要となるので事前準備が大事

100万円を借入するときには、基本的に収入証明書の提出が必要となるため、事前に準備しておくことが大切です。

収入証明書として活用できる書類は、以下のとおりです。

  • 源泉徴収票(直近のもの)
  • 確定申告書(直近のもの)
  • 給料明細(直近2~3か月分)
  • 課税証明書

どの書類も手元になければ、会社や役所に取り寄せなければならないため、取得するまでに時間がかかります。

「消費者金融や銀行に関係なく、収入証明書の提出は必須なの?」

収入証明書の提出基準は、金融機関ごとに異なりますが、消費者金融や信販会社の場合には提出が必須です。

また、銀行の場合も100万円を借りる場合には収入証明書の提出が必要なことが多いですが、中には200万円や300万円以上の借入でなければ、提出不要なケースもあるため確認してください。

3.ATMには引き出し上限がある

ATMには引き出しの上限があるため、100万円を借り入れしたとしても、ATMではその場で引き出せない可能性があります。

ATMの取引限度額は会社ごとに異なりますが、1日に50万円程度に制限されている会社もあるため、100万円を1日でATMから借入できないかもしれません。

もしも、お金を引き出したい場合には、金融機関の営業時間内に窓口で引き出しをすれば、確実に借り入れができます。

カードローンも一緒に作っておくと安心できる

100万円ならカードローンが現実的フリーローンを利用するときには、カードローンも併せて申し込みすると、フリーローンの金額で足りないときの保険として活用できます。

フリーローンでは追加融資が行えないため、もしも「100万円で足りると思っていたけど、実際には110万円必要だった」というときに対応できません。

このような事態にならないためにも、カードローンを同時に作っておき、もしものときに対応できるようにしておくと良いです。

「カードローンを同時に申し込みしても、銀行の人から不審に思われないの?」

たしかに、ローンを立て続けに申し込みすると、「お金に困っているのでは?」と思われそうで少し不安ですよね。

しかし、実際にはカードローンの申し込みをしても、銀行の人から嫌な顔をされることはありません。

逆に、フリーローンと同時にカードローンの契約まで結べると、銀行員としても成績があがるため、積極的に話を聞いてもらえる可能性もあります。

いずれにしても、カードローンは借りすぎてしまう危険性があるため、不用意な借入はせずに必要な分だけ行うことを心がけてください。

100万円を借りられる消費者金融機関はある?

いきなり消費者金融で100万円を借りることは、現実的には難しいと言えます。

消費者金融は審査を素早く行っている関係上、初回の借入金額を低く設定されため、初めて利用する消費者金融で100万円もの高額借入は行いにくいのです。

消費者金融で借入を希望する場合には、100万円の満額を借りるのではなく、頭金や支度金など、急ぎで必要な少額のお金を借りるために利用すると良いです。

ここでは、消費者金融が借り入れにおすすめできない理由や、高額な借入ができる金融機関を紹介します。

初回で100万円を借りられる可能性は低い

先ほども紹介したように、初回で100万円を借り入れることは、消費者金融では難しいです。

消費者金融は継続的に利用している人や、返済の滞納を起こさない利用者に対して、信用を持ちやすいため、1年程度問題なく利用していれば100万円を借りることも不可能ではありません。

しかし、長期利用を行うのであれば、銀行や信用組合など他の金融機関の商品が向いているため、やはり消費者金融以外のローン商品を検討するのが良いです。

高額融資を受けられる金融機関を紹介

100万円程度の高額融資を受けることができる金融機関は、銀行や消費者金融以外にも幾つかあります。

ここでは、それぞれの金融機関の金利や限度額などの情報をまとめたので、一覧で確認してください。

金融機関金利限度額無利息サービス
銀行
(イオン銀行 フリーローン)
3.8~13.5%700万円なし
消費者金融
(アコム)
3.0~18.0%800万円あり
信用組合・信用金庫
(東京信用金庫 フリーローン)
2.95~14.0%500万円なし
労働金庫
(中央労働金庫 フリーローン)
5.825~7.5%500万円なし

上記の金利や限度額は、代表的な金融機関の情報を載せているため、他の金融機関では少し条件が異なります。

「信用組合や労働金庫は条件が良いように見えるけど?」

そうなんです。ローンの条件だけで比較をすれば、信用組合や労働金庫などは条件は良いため、利息を抑えたい人にはおすすめです。

ただし、信用組合や労働金庫のフリーローンは、組合員や会員でなければ利用しにくいものもあるため、地域の信用組合や労働金庫に加入している人向けと言えます。

学生・専業主婦や個人事業主が100万円を借りるのは可能?

学生や専業主婦や個人事業主など、ローンを行いにくいイメージがありますが、100万円が借り入れができるのか気になるところです。

そこで、最後に会社員ではない人でも高額借入ができるのかを解説します。

学生と専業主婦が100万円借りるのは難しい

結論から言いますと、学生や専業主婦は100万円を借りることは難しいです。

特に消費者金融では、本人の収入に対して貸付けを行っているため、収入のない学生や専業主婦では借り入れができないのです。

また、銀行のローン商品の中には、一部専業主婦でも利用できる商品もありますが、ほとんどの商品が30~50万円しか借り入れができないため、100万円もの高額は借入できません。

「じゃあ、どうやっても100万円の借入は不可能なの?」

いえ、絶対に可能性がないわけではありません。

例えば、専業主婦の場合には配偶者貸付と呼ばれる制度を利用すれば、配偶者の収入と合算して借り入れが行えます。

学生の場合も親の名義を使うことで、教育ローンを借り入れできる可能性もありますが、いずれにしても学生や専業主婦本人のみでは、100万円の借入は難しいです。

個人事業主は事業性のローンを利用できる

個人事業主の場合、事業性のローンを利用すれば100万円を借り入れできる可能性があがります。

個人事業主の収入は、経費などが差し引かれてしまうため、会社員と同じだけ稼いでいても記入する収入は少なくなってしまいます。

このため、一般的なカードローンやフリーローンの審査では不利となってしまいやすく、100万円の借入は難しいです。

しかし、事業性の資金が目的であれば、フリーローンではなくビジネスローンや事業者専用ローンを利用できるため、高額な借入ができる可能性があります。

個人向けの金融機関であっても、プロミスなどのように事業者向けのローンを用意している会社があるため、個人事業主はそちらを検討するのが良いです。

まとめ

100万円を借りたいときには、銀行などのフリーローンの利用をまずは検討してください。

ただし、消費者金融以外の金融機関は即日融資に対応していないため、時間に余裕を持って申し込みを行ってください。

また、借り入れが間に合わない場合には、頭金などを消費者金融から借りるのも一つの手です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-10-29 09:02:18

    こんにちは。
    引き落としが1回出来ないからと言ってすぐにキズがつくわけではありません。一般的には滞納から2カ月、または3カ月となっています。まずは管理会社に電話相談しましょう。

  2. むたさん|2018-10-28 15:59:06

    家賃滞納避けるために、大手の消費者金融審査連続落ちました!明日が口座引き落としされますがもう信用情報に傷が残るしかないですか。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談