一人暮らしの初期費用がない!引っ越し資金を借金できる?

 4.8  (6)
+ この記事を評価する
×
 4.8  (6)

この記事を評価する

決定

「一人暮らしをしたいけれど初期費用が高いと払えないかも…」

「お金はないけどどうにか一人暮らしをしたい」という人は、初期費用の問題をどのように解決すればよいか気になります。

このページでは、一人暮らしの初期費用はいったいいくらかかるのか、少しでも初期費用を節約する方法を解説します。

「一人暮らしの初期費用に必要な金額を詳しく知らない人」や「初期費用を少しでも減らしたい人」は是非参考にしてください。

一人暮らしに必要な初期費用は家賃の4.5~5か月分

家を借りるときには「初期費用」として家賃以外に主に下記の費用がかかります。

  • 敷金…家賃の1ヶ月分が目安
  • 礼金…家賃の1ヶ月分が目安
  • 仲介手数料…家賃の半月~1ヶ月分が目安
  • 火災保険料…数千円~1.5万円
  • 前家賃…家賃の1ヶ月分が目安

このほかにも鍵の交換代などがかかる場合がありますが、初期費用のおおよその相場は家賃の4.5~5か月分程度と言われています。

引っ越し費用や家具や家電などの費用も忘れずに

一人暮らしをするときには、借りる家の初期費用だけではなく、下記の費用も発生します。

  • 引っ越しにかかる費用
  • 家電購入費用
  • 家具購入費用
  • 日用品購入費用

引っ越し先や家具の状態によっても異なりますが、これらを全て合わせると25万円程度必要です。

相当な出費となってしまうため、事前に見積もりをしておくことをおすすめします。

詳しくは後ほど説明しますが、気になる人はコチラからジャンプしてください。

引っ越し費用を抑えるにはシーズンを外す

家電製品や家具の初期費用と節約方法

賃貸契約費の平均と出費を抑える方法

賃貸住宅を借りた場合に初期費用は総額いくら必要なのか、実際に計算してみましょう。

中には「一人暮らしってお金がかかりそうで自分には無理かな」となんとなく思っているだけの人もいるのではないでしょうか。

そういう人は、具体的な初期費用を把握すれば、自分が本当に一人暮らしできないのかどうかがわかります。

今回は月6万円の賃貸に住むときを例に解説します。

項目費用
敷金(家賃1ヶ月分で計算)60,000円
礼金(家賃1ヶ月分で計算)60,000円
仲介手数料(家賃1ヶ月分で計算)60,000円
火災保険料15,000円
前家賃(家賃1ヶ月分で計算)60,000円
合計255,000円

あくまで参考程度ですが、おおよそ26万円程度初期費用がかかることが分かります。

では、初期費用をそれほど多く用意できないという場合はどうすればいいのか、少しでも初期費用の出費を抑える方法を項目ごとに確認していきましょう。

敷金礼金が不要の物件にする

初期費用が用意できないという人におすすめなのは、入居時に敷金礼金が不要の、いわゆる「ゼロゼロ物件」を利用することです。

先ほどの初期費用の例で考えると敷金礼金は12万円必要なため、ゼロゼロ物件にするだけで初期費用を約半分にできます。

ただし、ゼロゼロ物件は「駅から遠い」「日当たりが悪い」「築年数が古い」など、なんらかの理由で借り手がない物件であることが多いため注意が必要です。

また、ゼロゼロ物件の場合、敷金の支払いをしないため退去時の出費について気を付けなければなりません。

敷金の支払いがある場合には退去時の部屋のクリーニング代が含まれますが、ゼロゼロ物件では実費となる可能性が高いため、事前によく確認をしておく必要があります。

仲介手数料がいらない物件にする

賃貸住宅を探す時には、ほとんどの人が不動産仲介会社を利用しています。

この不動産仲介会社に支払っているのが「仲介手数料」なのですが、仲介手数料が「0円」の物件も中にはあります。

仲介手数料に関しても家賃の1か月以上を請求されることがあるため、6万円以上の初期費用を抑えられるかもしれません。

仲介手数料が無料の理由

実は賃貸の中には大家さんが仲介手数料を負担しているケースがあるのです。

借り手がなかなかつかずに放置しているより、仲介手数料を負担してでも早く貸した方がメリットが大きいと考える大家さんもいるためです。

また、不動産仲介会社が自社で所有している物件の場合も、仲介手数料が無料になることがあります。

フリーレント物件を選ぶ

入居時の費用を安くするためには、フリーレント物件を選ぶという方法もあります。

フリーレント物件とは、1ヶ月や3ヶ月など、家賃を無料にする期間を設けた物件のことです。

フリーレント期間を設ける目的は、物件の競争率の高い人気エリアなどで借りてもらいやすくするためです。

ただし、フリーレント物件で短期間に退去すると違約金を払わなければならない場合も多いため、入居前に条件などをよく確認しておきましょう。

人気がある物件は避ける

賃貸住宅は、立地の条件が良い物件ほど家賃が上がるため、立地が良く人気の物件を避けると家賃を抑えられます。

同じワンルームマンションであったとしても、人気のある物件とない物件では3~4万円以上差がでる可能性もあります。

特に、駅から近い、交通手段が多い、利便性が高くて人気のエリアなどは、家賃が高くなりがちなので、家賃をできるだけ安くしたいなら、少し利便性が悪い物件を選ぶようにしましょう。

立地や周辺の状況は事前に確認しよう

家賃の安さを追及することも大切ですが、駅から遠すぎる、勤務先までかなり時間がかかるといった「家賃が安いが条件の悪い物件」を選ばないように、事前に確認することも大切です。

特に女性の場合は駅から遠く、暗い道が続くと危険なこともあるので、十分に周辺情報の確認を行い、土地勘のない場所であれば実際に訪れてみてから契約するようにしましょう。

引っ越し費用を抑えるにはシーズンを外す

一人暮らしをする場合に必要な費用として忘れてはならないのが「引っ越し費用」です。

引っ越しの費用は実はシーズンによってかなり違ってきており、いわゆる「繁忙期」と呼ばれる時期は3~4月です。

これから新生活を送る人がとても増える時期ですので、引っ越し業者がもっとも忙しくなる時期となり、それに伴って費用も割増しになります。

繁忙期以外の単身の引っ越し費用が25,000円程度の業者でも、繁忙期であれば4~5万円請求されることもあります。

また、引っ越し業者によって見積もり額がかなり違ってくるため、複数社から相見積もりをとって、費用を比較してください。

家電製品や家具の初期費用と節約方法

一人暮らしをするときには、住む家や引っ越し費用のほかに、以下のような家具や家電の費用も少なからずかかります。

商品名値段相場
冷蔵庫(小さめ)30,000円
洗濯機20,000円
電子レンジ20,000円
トースター10,000円
テレビ(32インチ)45,000円
掃除機15,000円
照明10,000円
シングルベッド20,000円
敷布団や掛布団など15,000円
カーテン10,000円
ソファ20,000円
ダイニングテーブルセット(2人用)20,000円
合計215,000円

これらすべてを新たに購入するとかなりの金額になるため、すべて用意できないという人も多いでしょう。

そこで、少しでも節約する方法について確認しておきましょう。

購入するものは必要最低限にする

一人暮らしをするときには、必要最低限の家具、家電の購入に絞ることで初期費用を抑えられます。

引っ越し前と同じような家電や家具をそろえようと思うと、購入価格が高額になってしまうため大変です。

そこで、必需品以外はあとから買い足していくようにすると、初期費用をおさえることができます。

自分に必要のない家電を考えてみる

意外なことにふだん身近にある家具家電でも、実際には使用していないものも多くあります。

例えば、テレビをあまり見ずにスマホを見る時間が長い人は、ひとまずテレビの購入は後回しでもいいでしょう。

また、ベッドやソファは必ずしも必要ではありませんし、とりあえず低い机があればイスも必要ありません。

テレビ、ベッド、ソファがなくなるだけでも、8万円以上削減できるため、引越し費用を格段に抑えられます

冷蔵庫や洗濯機、布団など、まずは生活に必要なものだけを購入しておくと、一度にでていく費用が少なく済みます。

リサイクルショップなども利用する

冷蔵庫や洗濯機などの家電は、一人暮らしをするうえでほとんど必需品といってもいいですが、新規で買うとかなり高くつきます。

そこで、リサイクルショップなどをまわってお手頃価格のものを探してみましょう。

冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は、1個あたりの値段もかなり高額なので、リサイクルショップで半額に抑えるだけで、2万円以上節約できます。

また、実家や知人などに不要な家電や家具がないかを聞いてまわると、案外もらえることも多いです。

いきなり新規購入するのではなく、他の手段で節約する方法を考えてみましょう。

最低限必要な日用品を紹介

家電や家具がそろったら、あとはこまごまとした日用品も用意する必要があります。

商品名値段相場
シャンプー、リンスなどのバス用品800円
歯ブラシと歯磨き粉300円
食器(コップやお皿)500円
お箸、スプーン、フォーク300円
トイレットペーパー、ボックスティッシュ600円
バスタオルやフェイスタオル1,500円
洗濯用洗剤や食器洗剤500円
洗濯ネット、洗濯ハサミ、洗濯ハンガーなど1,000円
清掃用品(トイレブラシ、ぞうきん、掃除用洗剤、フローリング用ワイパーなど)1,000円
キッチン用品(フライパン、お鍋、お玉、菜箸、包丁、まな板など)5,000円
洋服用ハンガー700円
ゴミ袋200円
合計12,400円

上記の費用をできるだけ節約したい人は、100円均一や大型ディスカウントストアなどで購入すると、比較的安く買うことができます。

また、料理をしない人にとってキッチン用品は不要ですが、食費を抑えるために、コンビニ弁当や外食ではなく自炊をおすすめします。

引っ越した日から必要な光熱費なども考慮しよう

無事に引っ越しが済んだあとは、その日からかかる光熱費についても考えておく必要があります。

一人暮らしで1ヶ月に必要となる光熱費の平均は下記のとおりです。

  • 電気代…5,700円
  • ガス代…3,012円
  • 水道代…2,120円

総務省 1世帯あたり1か月間の収入と支出(2019年度)

一人暮らしでかかる1ヶ月の光熱費は、おおよそ10,000円前後ということが分かります。

(水道代は2ヶ月に1回の支払いである法人が多いです)

ただし、ガスについてはプロパンガスか都市ガスかで費用が変わりますし、夏と冬など季節によっても使用量は変わってきます。

例えば、プロパンガスと都市ガスを比較してみると、都市ガスの方が毎月3,200円以上ガス代金を抑えられるケースもあるようです。

東京ガス 都市ガスは経済的

光熱費は節約できる部分でもあるので、費用を抑えたい人は日ごろから水や電気の無駄づかいはやめるなど、節約を心がけましょう。

生活に合った電気プランを選ぶ

光熱費の中でも電気代は、基本プランを変更することで大幅に節約できる場合があります。

基本プランを変更することで、利用する時間によっての電気代の基本料金が変動するため、自身の生活サイクルにあわせると節約になります。

「具体的にはどのようなプランに変更したらいいの?」

例えば、夜中心の生活をしている人におすすめなのが、夜に電気代が安くなるプランです。

東京電力の場合、夜型のプラン(夜トク12)で21時から9時まで利用した場合、通常のプランよりも1kwhあたり約3.5円安くなり、毎月150kwh使用したとすると500円もお得になります。

プランを変更するだけで節約ができるため、是非自分の契約している電力会社に相談してみてください。

引っ越し後に起きるリスクを考えよう

引っ越しを行うときには、引っ越し後のリスクについてもよく考えておくことが大切です。

一人暮らしをすると、実家暮らしとは違い、誰にも干渉されることなく自由な生活ができるため、引っ越し後は楽しいことばかりだと考える人もいるかもしれません。

しかし、実は引っ越し後に「こんなはずじゃなかった」ということが起きることもあります。

引っ越し後に起こるリスク

  • 隣の物音が筒抜けの家だった
  • 隣近所に迷惑行為をする人がいる
  • 夜になると自宅までの道が思ったより暗くて怖い

引っ越しのリスクを予測しておく

引っ越しには実際に住むことでしかわからないリスクが多くあるため、事前にどのようなリスクがあるか予測しておくことが大切です。

家を借りる前には気付かず、いざ住んでみると色々なことが分かってくるというのは、賃貸住宅でよくあることです。

特に近所の騒音などはクレームをつけてトラブルになることが怖く、我慢しているという人が多いようです。

「嫌だから他の物件に引っ越ししたい」と考えても、先にも紹介してきたように、再び引っ越しとなると、次の賃貸物件でも当然ですが初期費用がかかります。

事前に予測できるリスクについては、仲介業者に質問しておき、実際に住みだしてからトラブルが起きたら、どのように解決をすれば良いか確認しておいてください。

お金がないからと言ってケチらない方がいいもの

一人暮らしを始めるには初期費用がかかるため、できるところから節約しようと考える人もいるでしょう。

しかし、いくらお金に余裕がなくてもケチらない方がいい費用もあります。

具体的などのような費用をケチってはいけないのか、確認していきましょう。

セキュリティにかかる費用

一人暮らしをする場合に気を付けたいのが防犯面です。

特に女性の場合には、できるだけオートロック付きのマンションに入居することをおすすめします。

「他にもセキュリティ関係で気を付けた方がいいことってある?」

そうですね。賃貸物件の場合には鍵交換についても気を付けた方がよいです。

初期費用に鍵交換が入っている場合は新しい鍵に交換してもらえるので安心ですが、鍵交換をしてもらえない場合、そのまま住み続けるのはとても危険です。

そのため、別途費用がかかっても不動産会社に確認して鍵交換を行ってください。

引っ越し後の食費や医療費

一人暮らしのための初期費用はかなりかかるため、その後の生活がしばらく苦しくなってしまう人もいるかもしれません。

しかし、そのために食事の回数を減らす、病院にはなるべく行かないという生活をするのはやめておきましょう。

特に一人暮らしをすると、体調が悪くても誰も看病してくれないため、さらに状態が悪化する可能性があります。

風邪などで体調が悪くなったら、早めに病院に行っておくこと、また食費は極端にケチらず、きちんと栄養を摂ることをおすすめします。

引っ越し後の生活費も計算しよう

一人暮らしを始めると、家賃や水道光熱費以外にも、毎月たくさん費用がかかります。

  • 食費
  • 交通費
  • スマホなどの通信費
  • トイレットペーパーなど消耗品の買い足し費用
  • 友達との交際費
  • 趣味にかかる費用
  • その他費用(化粧品代、散髪代、洋服代など)

一人暮らしを始めて最初の月には、毎月どのぐらい費用が必要か把握するのは難しいですが、生活になれるまで無駄な出費は控えるようにしましょう。

また、可能であればスマホなどで家計簿をつけて、毎月の支出をしっかり把握しておくことをおすすめします。

まとめ

初期費用として必要になる出費としては、以下のような項目があります。

  • 敷金…家賃の1ヶ月分が目安
  • 礼金…家賃の1ヶ月分が目安
  • 仲介手数料…家賃の半月~1ヶ月分が目安
  • 火災保険料…数千円~1.5万円
  • 前家賃‥家賃の1ヶ月分が目安

また、引っ越し費用や家具の購入などにも、費用が必要となるため、引っ越し後に困らないように計算しておきましょう。

敷金礼金や仲介手数料が0円に設定されている物件もありますので、お金がない場合は出来るだけ費用を抑えるようにしましょう。

ただし、安さを優先しすぎると利便性が悪くなりすぎる場合や、防犯面に不安が残ることもあるため、慎重に選ぶことをおすすめします。

 4.8  (6)
+ この記事を評価する
×
 4.8  (6)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談