引っ越し費用を借りるならコレ!審査は甘い?低金利?

突然の転勤、急な引っ越しをしなくてはならない時に困るのが「引っ越し費用」です。貯金で対応できたり、会社が費用を負担してくれたりするなら良いものの、本人が一部負担・全額自己負担の場合は、引っ越しまでにまとまったお金を用意しないといけません。

  • 引っ越し費用が足りなくて困っている
  • 当日までにお金を用意する方法を知りたい

このような人は、カードローンやフリーローンでお金を借りる方法を検討してください。ローンで一時的に借り入れれば、引っ越し費用を用意できます。
そのうち、すぐに借りたい人向けの消費者金融カードローン、低金利で借りられる銀行フリーローンなど、特徴が異なる商品が複数あります。借り入れをする前に、それぞれのローンの特徴を把握して、自分の状況に適したローンを選ぶのが大切です。

「今すぐにでも引っ越し費用を借りたい」と考えている人は以下の公式サイトをチェックしてみてください。事前借り入れ診断や返済シミュレーションを使えばイメージしやすく、返済計画も立てられます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

当記事では、引っ越しに利用できるローンや引っ越しにかかる費用の目安を解説します。また、引っ越し費用を抑える方法も紹介するので、少しでも支出を抑えるために役立ててください。

引っ越しに利用できるローン|カードローンとフリーローンがおすすめ

引っ越し費用を補うために、お金を借りるための方法は複数ありますが、その中でもおすすめなのがカードローンまたはフリーローンの利用です。
カードローンとフリーローンは利用目的の自由度が高い点は共通しますが、特徴や性質は異なります。その時の自分の経済的状況や今後どのように返済していきたいのかを考えた上で、適したローン選びをしないといけません。

こちらでは、カードローンとフリーローンの特徴や性質について解説します。

カードローンの特徴

カードローンは、消費者金融や銀行が展開する個人向けローンサービスです。契約時に設定された利用限度額の範囲内なら必要な金額を繰り返して借りられます。
借入方法は、銀行やコンビニエンスストアのATMからローンカードを使って現金を引き出したり、インターネットから自分の口座へ振込んだりするなど、自分の都合に合った方法を選びやすい点が魅力です。

すぐに借りたい人は消費者金融カードローン

消費者金融をはじめとする一部のカードローンは最短即日融資に対応しています。すぐに引っ越し費用を用意したいなら、最短で申し込んだ当日中に借り入れできるため、支払いの悩みをスピーディーに解決できます。

短期間の借り入れなら、ぜひ活用したいのが消費者金融カードローンならではのサービスである「無利息期間サービス」です。
無利息期間は消費者金融カードローンを初めて利用する人向けのお得なサービスで、決められた期間内なら金利0円で利息が発生しません。期間は消費者金融カードローンによって異なりますが、一般的な期間は30日、長いと60日や180日といったものもあります。

消費者金融カードローン会社 プロミス レイク アイフル アコム
申込条件 18歳以上74歳以下の安定した定期収入のある人※ 満20歳から満70歳までの安定した定期収入のある人 満20~69歳以下の定期的な収入と返済能力を有する人 満18歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人※
無利息期間 初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
無利息期間は2プランから選択
A:Web申込の場合は初回契約翌日から60日間B:5万円まで初回契約翌日から180日間
※どちらか1つだけ選択・適用
初回契約日翌日から30日間 初回契約日翌日から30日間
金利(実質年率) 4.5~17.8% 4.5~18.0% 3.0~18.0% 3.0~18.0%
最短融資スピード 25分 25分※ WEB申込なら最短25分 30分
在籍確認 あり(勤務先) あり(勤務先) 原則なし あり(勤務先)
注意事項

・新規契約時の融資上限は50万円
審査受付時間:9:00~21:00
・自動契約機、電話申し込み、利用限度額が200万円を超える人は方の無利息期間は30日間 審査受付時間:9:00~21:00 夜間受付の審査結果は翌日回答の場合あり

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間帯等を除く。Webなら21時までのご契約手続き完了で最短25分融資可能。

※ご本人に安定した収入のある方
※申し込み時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)、収入が年金のみの方はお申込いただけません。

借入金額が大きい、返済日数が長くなる場合は利息が膨らみがちです。レイクのように無利息期間が長いカードローン、プロミスの初回利用日の翌日から無利息期間が適用されるカードローンを選ぶのが上手に活用するためのコツです。

30日間で返済した場合の返済額の目安は、以下を参考にしてください。

30日間で返済した場合
(利息計算式:借入元金✕金利÷365日✕30日)
借入金額 無利息期間を利用した場合 実質年率18.0%で30日後に返済した場合
10万円 10万円(元金のみ) 10万1,479円
50万円 50万円(元金のみ) 50万7,397円
100万円 100万円(元金のみ) 101万4,794円

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

低金利で借りたい人は銀行カードローン

銀行によって違いはありますが、銀行カードローンの最高金利は、消費者金融カードローンと比べて低く設定されています。一般的な消費者金融カードローンの金利が3.0~18.0%なのに対し、大手メガバンク3行が提供するカードローンの金利は以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」:1.8~14.4%
  • 三井住友銀行カードローン:1.5~14.5%
  • みずほ銀行カードローン:2.0~14.0%

消費者金融カードローンと銀行カードローンの最高金利を比較すると、4%も違います。わずか4%ではあるものの、長期間にわたる融資・借入金額が高い場合に利息の負担額に大きな違いが出るでしょう。
この金利差に注目せずに借りやすさなどで消費者カードローンを選んでしまうと、結果的に損をしてしまいます。

ただし、低金利で利息負担を抑えられるメリットに対し、最短即日融資に対応していなかったり、無利息期間キャンペーンを提供していなかったりする点に注意が必要です。短期融資なのが確実なら、無利息期間の消費者金融カードローンを選んだ方が金利面でお得でしょう。

貸金業法の総量規制の影響を受ける場合がある

貸金業法の総量規制とは「年収の3分の1を超える貸付を原則禁止する」と定めた制度です。ローンを申し込むに当たって総量規制の影響についても考慮しないといけません。総量規制に抵触した場合、借り入れを受けられないからです。
また、申込時に申請する借入希望金額と実際の利用限度額に差が出る場合もあります。

すでに他社からの借り入れがある人は、申し込む前に自分の年収や現在の借入状況を把握して、返済能力を疑われない金額で申請しましょう。

なお、総量規制の対象になるのは「貸金業法に基づいて個人融資を行う貸金業者」です。総量規制の対象になるケースとならないケースは以下を参考にしてください。

  • 貸金業法の総量規制に抵触する借り入れ:消費者金融カードローン、クレジットカードのキャッシング
  • 貸金業法の総量規制対象外の借り入れ:銀行カードローンなどの貸金業法対象外の借り入れ

フリーローンの特徴

フリーローンもカードローンと同じく利用目的に制限がないローンですが、借り入れできるのは契約時の1回だけ、追加借り入れができないという性質があります。カードローンの利用限度額の範囲内なら何度でも利用できる点と大きく異なるポイントといえるでしょう。

借り入れできるのが契約時の1回のみにつき、借り過ぎる心配がない・計画的な返済を行えます。また、カードローンと比較して低金利の傾向があるため、利息の負担を抑えたい人におすすめです。

注意点として、フリーローンは申し込みから融資までに早くても1週間程度かかります。申し込んだらすぐにお金を借りられるわけではないので、融資までの期間を考慮した上で利用してください。

カードローンとフリーローンも審査通過が必須

カードローンとフリーローンに申し込んだ後に、ローン会社にて審査を実施します。申込者がお金を貸すにふさわしいかどうかを判断するために、返済能力や信用力を確認するのが目的です。
審査に通らなければローンを利用できないので、別の方法で引っ越し費用を用意しないといけません。

審査で重要になるのが申込者の信用情報です。信用情報機関に申込者の信用情報を照会して、過去に長期延滞や債務整理をしているようでは信用力を疑われて審査通過が厳しいです。
収入と借入希望金額のバランスが取れていない場合も、返済能力がないと判断される可能性が高いので、注意してください。

引っ越しの際に発生する費用はどのくらい?|発生する費用の目安

引っ越しをする場合、世帯人数や引っ越し先の間取りによって発生する物件契約費用以外に、引っ越し業者に支払う費用がかかります。旧居の退去費用や家財・日用品の購入費なども考えておかなければいけません。

一般的に引っ越しの際に発生する費用の目安は「家賃の6ヶ月分程度」を見越しておくのがいいとされています。一人暮らしの引っ越しなら約35万円、荷物が多かったり長距離の引っ越しになったりすると40万円程度の予算を想定しておくとよいでしょう。

家族の引っ越しになると、契約する物件や引っ越し業者への作業依頼内容で変わります。例えば、同一市内での引っ越しなら50万円程度、長距離の引っ越しになると60万円以上かかる場合があります。

「借金してでも引っ越したい」「一人暮らしにかかる費用が知りたい」という人は、以下のページを参考にしてみてください。

>>> 一人暮らしの初期費用がない!借金してでも引っ越したい!

引っ越し業者に支払う費用内訳

引っ越しにかかる費用を用意するために、具体的な費用内訳も確認しておきましょう。
まず、引っ越し料金は「基本運賃」「割増料金」「実費」「オプション」の4つの項目で構成されます。

【引っ越しにかかる費用の具体的な内訳】
基本運賃 国土交通省が定めた金額に準拠した金額で設定。荷物量✕距離で増減額が定義。引っ越し業者ごとに基本運賃が大幅に変動するケースはない
割増料金 繁忙期、土・日・祝日、作業対応時間によって割増料金が加算
実費 引っ越し作業員の人件費、トラック、交通費、梱包費用、搬出・搬入、引っ越しの対応時間によって、引っ越し費用を計算する際に影響する
オプション エアコンの移設、ピアノ運搬、不要品の処分、車・バイクの輸送など、引っ越し作業以外にかかる費用

引っ越し料金を安く抑えるのに重要な項目です。項目別にどのくらいかかるのかを必ず確認しましょう。

アパート・マンション契約時に必要な初期費用

賃貸物件を契約する場合、引っ越し料金以外に不動産会社や家主に支払う初期費用が発生します。家賃の6ヶ月分が目安と伝えましたが、選ぶ物件や家主または不動産会社が指定する費用は一律ではないため、選び方によって差が出やすいポイントです。

また、初期費用に含まれませんが、賃貸物件の契約期間は一般的に2年間です。契約更新時に新賃料の1~2ヶ月の更新料が発生する場合があります。

費用 特徴
敷金
(保証金)
・物件契約時に家主や不動産会社に預けておく費用
・退去時に全額返還されるお金ですが、部屋の使い方に問題がある(経年劣化を超えた使用、借主の過失)場合、返還されるのは原状回復費用として敷金から実費を差し引いた金額
・家賃を滞納した場合、敷金から差し引いて精算。滞納がなければ本来は全額返ってくるお金
・敷金の目安は家賃の1~2ヶ月分
礼金 ・物件を契約する際に、家主への感謝を目的に支払う
・敷金と異なり、退去時に返金されない
・礼金の目安は家賃1ヶ月分
・新築物件や人気が集中する物件は、礼金が家賃2ヶ月分に設定されているケースもある
仲介手数料 ・宅地建物取引業法によって、宅地建物取引士による仲介を受けて賃貸借契約を結ぶ場合、家主と借主のそれぞれから家賃の0.5ヶ月分を上限とした仲介手数料を受け取れる
・家主が支払うべき仲介手数料を入居者が代わりに払う場合、家賃の1ヶ月分にするのが認められている
・説明なしに家賃の1ヶ月分以上の仲介手数料を請求する不動産仲介業者とは取り引きしないのが望ましい
前家賃 契約時に入居日の翌月分の家賃を前家賃として支払うのが一般的な対応
日割り家賃 ・月の途中から入居した場合、月家賃を日数分で割って計算。当月分の家賃は日割り分で支払う
・1日から入居する場合は日割り家賃が発生しない不動産会社も多い
管理費
共益費
・物件の管理運営に必要な経費(物件のエントランスや共用廊下の電気代、定期清掃費用、管理人の給与など)
・管理費が高いだけで管理体制がしっかりしているかどうかは分からないので注意が必要
保証料 ・現在の賃貸契約は、連帯保証人を立てずに保証会社と契約を強制するケースも多い
・保証会社によって初期保証料に違いがあり、信販会社なら1万円程度、消費者金融系の保証会社になると家賃1ヶ月分の場合もある
・初期保証料が高額なほど、入居者審査通過難易度が低なる傾向(年収に対する家賃の割合、過去の家賃滞納履歴がないかを審査で確認)
火災保険料 ・火災保険料の支払いは、家主から部屋を借りるに当たって必須

引っ越しにローンを利用する前に|引っ越し費用を抑える方法

引っ越しにはさまざまなお金がかかりますが、自分の心がけ次第では費用を抑えるのも可能です。こちらでは、引っ越し費用を抑える方法を紹介します。

【引っ越し費用を抑える方法】

  • 敷金・礼金0円の物件に引っ越す
  • 仲介手数料無料・半額の物件を探す
  • フリーレント契約の物件に引っ越す
  • 複数の引っ越し業者から見積もりを取る
  • 休日や繁忙期を避ける

上記の方法を取り入れて、引っ越しにかかる費用を抑えられれば、借りずに自分の預金で対応できたり、借りるお金をその分少なくできたりします。

敷金・礼金0円の物件に引っ越す

物件選びの際に、敷金・礼金0円という点を重視して選んでみるのもおすすめです。引っ越し費用のうち、大きな割合を占めるのが敷金・礼金だからです。

なお、敷金は退去時にかかる物件の原状回復費用のため、後に返金されます。しかし、礼金は家主へのお礼として支払われる費用なので返金されないお金です。
一般的な賃貸物件の敷金・礼金相場は家賃の1~2ヶ月分ですが、最近は敷金・礼金なしの物件が増えています。敷金・礼金0円で入居可能な物件を選べば引っ越し費用を大幅に圧縮できるでしょう。

ただし、敷金・礼金0円の賃貸マンションや賃貸アパートは、築年数が古かったり、最寄り駅から距離があったりするなど、なかなか入居者が決まらない物件を対象にするケースがあります。
単に敷金・礼金0円という点で飛びついてしまうと、暮らしたものの不便さを感じてすぐに引っ越しを検討することになってしまいます。必ず入居後の生活をイメージした上で、敷金・礼金0円の物件に引っ越してください。

仲介手数料無料・半額の物件を探す

数としては多くありませんが、仲介手数料無料・半額などの物件を提供する不動産会社も存在します。仲介手数料とは、新居の契約が決まった際に不動産会社へ支払うお金で、家賃1ヶ月分+消費税と宅地建物取引業法で定められています。
不動産会社が所有する物件や家主と直接契約の物件なら、仲介手数料自体がかからない場合もあるでしょう。

ただし、仲介手数料が無料や半額になった場合、その分の金額が礼金や保証金などの費用に上乗せされていたりするケースがあります。費用の内訳をしっかりと確認して、不明な点はその場で不動産会社に確認してください。

フリーレント契約の物件に引っ越す

フリーレント賃貸物件という「引っ越しから一定期間は家賃の支払いなしの物件」に住むのも方法の一つです。
「一定期間」に特に決まりがあるわけではありません。初月分の前家賃がかからなかったり、1~3ヶ月間も家賃が無料になったりするケースも。新たに物件を借りるに当たり、何かと出費がかさむ中で家賃が無料なのはうれしいサービスといえるのではないでしょうか。

しかし、家賃が無料になるのには何か理由があるのでは?訳あり物件ではないのか?と考える人も多いかもしれません。
住宅・不動産購入をサポートする情報サイトSUUMO(スーモ)では、以下のようにフリーレント物件を取り扱う不動産会社のコメントを伝えています。

フリーレントになるといっても、家賃が相場より高いということもありませんし、お部屋そのものに事情があることはありません。地域差もあると思いますが、当社で扱う物件のうち2~3割がフリーレント契約付きです。

引用元:賃貸の「フリーレント」物件のメリットとは? どんな人におすすめ?注意点は? | 住まいのお役立ち記事

フリーレントの一般的な期間は0.5~1.5ヶ月分が多いとも伝えています。フリーレントにするのは、家賃収入がなくとも、その後の家賃収入の見通しが立っているという背景があるからです。

しかし、フリーレントで初期費用を抑えて入居できたとしても、共益費や保証料などが高く設定されている場合があります。
その他にも契約解除条件が厳しく設定されていたり、クリーニング費用や鍵交換費用などを求められたりする物件もあるので、事前に確認しておきましょう。

複数の引っ越し業者から見積もりを取る

引っ越し業者を決める際は、1社で決めるのではなく複数社から見積もりを取るのが重要です。それらを比較すれば、より具体的な料金相場や最安値を把握できます。

また「他の引っ越し業者の利用も検討している」「一番価格が安い引っ越し業者にお願いしたい」などと伝えると、値引きがきくケースも多いです。実際に引っ越し業者も値引き交渉を前提に、最初の見積金額を高めに設定するケースもあります。

複数の引っ越し業者から見積もりを取ったら、あとは価格と作業内容から気になる業者を1〜2社に絞ってください。
自宅への訪問見積もりに来てもらうと、値引き成功率がグンと高くなる場合があるので、できるだけ利用するとよいでしょう。「今ここで決めてくれたら」を条件に、破格の引っ越し費用を提示してもらえるかもしれません。

可能な限り自分で荷物を運ぶ

引っ越し業者に作業を依頼せずに、自分で荷物を運ぶのが支出を抑えるのに一番効果的です。荷物を運ぶトラックをレンタカーで借りるにしても、引っ越し業者に依頼するよりもはるかに安く済みます。

ただし、一人で家具や家電などを運ぶのは難しいため、家族や友人などに手伝いを頼むようになるでしょう。手伝いをしてもらったからには、謝礼を出すのがマナーです。一般的な謝礼は5,000円〜1万円程度とされていて、人数分だけ必要です。

また、レンタカー料金とガソリン代、遠距離なら高速料金も考慮しないといけません。あくまでも短距離の引っ越しの場合に有効な方法で、中・長距離の引っ越しになると業者に依頼した方が費用をかけずに済みます。
自分で引っ越しを行う際にかかる費用と、引っ越し業者を利用した際にかかる費用のそれぞれを計算した上で比較してください。

休日や繁忙期を避ける

引っ越し業者の費用は、基本的に定価がありません。引っ越し時期や曜日、時間帯によって料金が大きく変動しやすいです。

特に3~4月は、学生であれば入学や卒業、社会人であれば就職や転勤を理由に、新しい生活を始める人による引っ越しが集中する時期です。この時期を繁忙期と呼び、割増料金が設定されています。
繁忙期だけでなく、休日と平日の引っ越しでも価格面に大きな違いが出るでしょう。

繁忙期以外の時期は通常期となり、その中でも引っ越しを平日にする、業者指定の日にする、作業時間を業者指定にすれば、さらに引っ越し費用を抑えられる可能性が高いです。
過去に同一県内へ引っ越しをした方を対象に行った楽天のアンケートによると、繁忙期とその他の時期に引っ越しを行うのでは、費用総額に5万円もの違いが出るとも伝えています。

引っ越し費用の相場
3~4月の繁忙期 通常期
単身の引っ越し 7~10万円 5万円以下
家族の引っ越し 10~15万円 7~10万円
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事