80万,90万を今すぐ用意するための知識と方法

80万円を今すぐ用意する、または用意しなければならないとなったら手っ取り早いのはカードローンに申し込むことです。

カードローンなら審査時間も短く申し込みから最短で即日融資を受けることも可能です。しかし80万円を借りるにはある程度対策が必要です。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

80万円を今すぐ用意するには

80万円を今すぐ用意するには

80万円といえば大金です。

そんな大金も今すぐ用意しなければならない状況になったのなら真っ先に考えるのが、クレジットカードでお金を借りることですね。

しかしクレジットカードのキャッシング枠が80万円まで設定されていることは、よほど年収が多くない限り難しいですね。

おおよその見当で年収800万円から900万円くらいでないと、キャッシング枠が80万円になることはないことです。

クレジットカードはそもそもショッピングを目的とし、キャッシングはお金を借りるための機能に過ぎません。年収500万円から600万円くらいでキャッシング枠が60万円となることが多いです。

80万円を借りるにはクレジットカードでは間に合いません。

どうしても80万円を用意しなければならない、それも今すぐ用意しなければならないとなれば必然的に選択肢はカードローンに絞られてきます。

関連記事をチェック!

5792view

100万円が手に入る方法はこの4つ【すぐ稼ぐ方法】

「即100万円手に入る方法!」と聞いて、「もしかして怪しい話?」と感じたあなた。素晴らしいです。 これからもその感性を大切に生きて行って下さい!世の中、すぐに大金が手に入るなんていうことは、まずあり...

カードローンなら最短で即日融資

カードローンなら最短で即日融資

近年カードローンの申し込みや融資実行までの時間はかなり短縮されています。

審査時間も最短で30分、早ければ申し込みから融資実行まで最短で60分でお金を借りることができます。

インターネットテクノロジーの進化による審査時間の短縮や、自動契約機の高速化が大きく貢献しているようです。

インターネットやスマホから24時間365日いつでも申し込みすることができ、前日の夜間のうちに申し込んでおけば、翌日午前中の早い時間帯に審査に通ったかどうかがわかります。

もちろん当日に申し込んだとしても審査が順調に進めば最短で60分、かかったとしても90分もあれば今すぐお金を用意することは不可能ではありません。

お金の引き出しは金融業者の専用ATM、コンビニや銀行のATMも利用することができ、コンビニATMならメンテナンス時間を除き24時間お金の借入をすることができます。

自動契約機で直接借入申し込みを行うこともできますから、銀行休業日の土日祝日でも稼働しており、夜間は22時くらいまでなら申し込みをすることができます。

今すぐお金を用意するにはカードローンは最適の選択となりますね。でも80万円を借りるにはそれなりの準備が必要です。

80万円を借りるために必要な知識

80万円を借りるために必要な知識

50万円以下の金額なら必要な書類は、本人を確認することのできる書類として運転免許証があれば他には何も必要ありません。

審査の内容によっては追加書類が必要になることもありますが、さほど気にする必要もありません。

しかしさすがに80万円のお金を今すぐ借りるには、前もって準備しておく必要な書類があります。

それは返済能力が十分にあるのかどうか確認するための収入を証明するための書類です。

借入希望金額が50万円以下なら金融機関が特別必要としない限り収入証明書を提出することはありませんが、借入希望金額が50万円を超え、80万円となると基本的に次の書類が必要になります。

・源泉徴収票
・給与明細書(直近で2カ月分)
・所得証明書
・納税通知書
・確定申告書(自営業者の場合)

金融機関によって多少異なるものの、基本的な収入を証明する書類としては以上のものがあります。給与明細はボーナス月の明細を必要とすることが一般的ですので注意してください。

また他社借入がある場合はさらに注意しなければならない点があります。

それは今回借り入れる80万円と他社借入額との合計が100万円を超える場合も、上記の収入証明書が必要となってきます。

常に給与明細書や源泉徴収票を保管している人であれば今すぐ80万円のお金を借りることは不可能ではありませんが、保管していないとなると今すぐ80万円のお金を用意することはできません。

多少時間に余裕があるなら、市区町村役場で源泉徴収票や所得証明書を取得することができますので、カードローンに申し込む時間にプラスして書類を取得する時間を加算してみましょう。

必要な時間は合計で2時間から3時間といったところでしょうか。今すぐ80万円が必要だとしても2、3時間なら待つことができるというのなら問題はありません。

なおカードローンで80万円を借りるには消費者金融に申し込むかまたは銀行カードローンに申し込むかの選択になります。

消費者金融カードローンに申し込む

消費者金融カードローンに申し込む

可能な限り即日融資を実現するには消費者金融業者が最も適していると言えるでしょう。なぜなら以前から即日融資に対応したシステムづくりを行っているからです。

ただし考えなければならないのに消費者金融カードローンは総量規制の対象貸付であるということです。

総量規制とは消費者金融が個人に貸付することができる上限額を年収の1/3までと定めたものです。

したがって80万円を借りるためには、最低でも年収が240万円以上ないと借りることはできません。しかし消費者金融業者は総量規制枠いっぱいにお金を貸すことはあまりありません。

つまり240万円は税込みの年収で手取りの金額ではありません。

借金返済は手取り金額で行わなければなりませんので、税込年収240万円で総量規制を計算してしまうと返済能力が疑わしい場合があるからです。

年収の1/3まで貸すことができるとなっていても、実際的には総量規制枠の80%程度が契約できる上限であると考えた方が良さそうです。

ということは80万円を借りるには少なくても年収が300万円以上なければならないということです。

もちろん他社借り入れがあれば年収300万円では足りないことも出てきます。

現在契約している他社借入額がどのくらいあるのか、そしてその利用限度額と今回借りる80万円との合計が、総量規制の80%以内に収まるかどうか確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

7375view

大手以外の消費者金融カードローンで借りる【怪しくない金融業者】

消費者金融は、出来るだけ大手と契約をした方が安心できますが、細やかな対応は大手じゃない消費者金融の方がいいといわれています。 今回は、大手じゃない消費者金融でおすすめの所を紹介します。 どうし...

銀行カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制が適用されるのは、貸金業法によって業務を運営している消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンク貸付契約です。

したがって銀行は銀行法のため総量規制が適用されません。

また貸金業法が適用されないということは借入希望金額が50万円を超える、他社借入金額との合計が100万円を超えると収入証明書を提出しなければならない法律の定めもありません。

銀行によっては100万円までなら収入証明書が不要、300万円までなら収入証明書が不要としている銀行があり、証明書を不要とする金額は銀行によって異なります。

次に考えなければならないのは、総量規制が適用されないということは銀行が個人に貸し付けることのできる上限額は年収の1/3にとらわれることはないということです。

だからといって借入希望金額がいくらでもお金を借りることができるとはなりません。

返済能力を無視した貸付は貸し倒れリスクが高くなってしまい、慎重に審査を行う銀行はそのような危険を冒すことはしません。

もちろん信用情報に何か不都合な点があるとバッサリ審査落ちしてしまうことも多いですよ。

80万円を借りるにはそれなりの年収及び返済能力と信用力がなければなりません。審査に通るのか申し込んでみないとわかりません。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

カードローン以外の方法

カードローン以外にも80万円を用意する方法があります。

クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融系・銀行系カードローンと同様に融資を受けられるサービスには、クレジットカードのキャッシング枠があります。

普段はショッピングで利用することが圧倒的に多いクレジットカードですが、いざという時には現金を調達するためにも使えるんです。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠でいくら融資を受けられるかというのはクレジットカードの発行審査時に既に決定しており、そこまで高額な融資を受けられるわけではないことが多いと言えます。

ゴールドカード以上のグレードの高いカードであれば80万円のキャッシングができる場合もありますが、一般カードのキャッシング枠でそれだけの金額を調達するのは難しいでしょう。

新たに審査を行う必要などもないため手軽に利用することが可能ですが、この方法単独で80万円を調達するのではなく他の方法と組み合わせて利用するのがよさそうですね。

親から借りる

銀行や消費者金融のカードローンを利用するのは何だか怖いし、クレジットカードは持っていないという人であれば、親や親族から借りるという方法も選択肢に入ります。

入院費用などの特別な事情があるのであれば、親として子供の手助けをしてくれる可能性もあるでしょう。

親から借りることの利点は、商売として融資を行っているカードローン等とは違って利息等の上乗せ無しに借りられる可能性があることです。

親としても子供にお金を貸して、その利息で儲けようなどということは思っていないでしょうからね。支払に関してもこちらの事情を鑑みて色々と猶予してくれることでしょう。

ただしいくら親と子供の関係でも、「借りたものは返す」という基本方針はブラしてはいけません。

返済がしんどい時には少し待ってもらう程度はかまわないでしょうが、感謝の気持ちを込めてきちんと完済するようにしましょう。

貯金を切り崩す

そもそも「お金を借りる」という行為に抵抗がある場合であれば、自力で80万円を調達する方法を探さなければなりません。

すぐに80万円も稼ぐことは一般人には現実的に不可能ですから、蓄えを切り崩すというのが最も可能性の高い方法になるでしょう。

定期預金等を切り崩すのは抵抗がありますが、背に腹は代えられません。また地道にコツコツと貯めていきましょう。

こういった急にまとまった金額が必要になった時に利用するために、メインの貯蓄とは別の緊急用の貯蓄を行っておくというのも一つの方法です。

ブランド品の売却

家にあるものを売ってお金に換えるというのも選択肢の1つとなり得ますが、売却した時の金額が80万円にもなるものは非常に限られています。

買い取りのチャネルが多いということも含めるとブランド品のバッグ・時計・服などが売却対象として有力になりそうです。

ただ、それらは今まで頑張って集めてきたものでしょうから、貯金を崩すのと同様に心理的な抵抗があることは間違いないでしょう。

どうしても売却したくないという場合であれば、上述したような他の方法を選ぶ必要があります。

関連記事をチェック!

207694view

意外と高く売れるもの31選【完全保存版】

「取りあえずお金が必要だから家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値で取引されているのか、どこなら高値で売れるのか、を知っておくことは非常に重要です。 少しでも多くの...

カードローンで90万円借りることはできる?

お金を借りる手段のひとつとして、カードローンを利用する方法があります。

カードローンって何?という方は少ないかもしれませんが、簡単に説明すると、個人向けの無担保融資のことを指し、個人の信用を重視したローンになります。

「個人の信用=返済の能力」ですので、カードローンでお金を借入するには、安定した収入があることなどの条件があり、借入のための審査に通過する必要があります。

審査は、借入額が高額になるほど、通過し難くなると言われています。

では、カードローンで90万円借りることができるか?ということですが、借入自体は可能です。

しかし、カードローンを申し込む会社によって、クリアしなくてはいけない条件が大きく変わってきます。

知っている方もいると思いますが、カードローン会社には消費者金融系と銀行系があります。

この2つは、それぞれ適用される法律が異なり、消費者金融系は貸金業法、銀行系は銀行法となります。

注意しなくてはいけないのが、消費者金融系です。

貸金業法には、総量規制というものがあり、借入総額が年収の1/3までと決められています(銀行法には、総量規制は適応されません)。

つまり、消費者金融系で90万円の借入を行うには、「90万円×3=270万円」となり、最低でも、年収270万円が必要になります。

関連記事をチェック!

14703view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは、申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申し込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借り入...

銀行カードローンがおすすめ!

カードローンというと、消費者金融のイメージが強いと思いますが、現在は各銀行でもカードローンを取り扱っているので、90万円などの融資を受けるには銀行カードローンの利用をおすすめします。

また、銀行カードローンは、消費者金融系に比べて上限金利が低めな所が多いです。

例えば、みずほ銀行のカードローンで90万円借入れた場合、最大金利は「※年14.0%」ですが、消費者金融の多くは、最大金利「年18.0%」となります。

当然、金利は各銀行や各消費者金融によって若干の違いがありますが、ほとんどの場合、銀行の方が金利は低くなります。

参考までに、銀行カードローンで90万円借りた場合の金利を数社紹介しておきます。

  • みずほ銀行カードローン「最大※年14.0%」
  • 三井住友銀行カードローン「最大年14.5%」
  • 三菱UFJ銀行カードローン「最大年14.6%」

※ みずほ銀行住宅ローンを利用すればみずほ銀行カードローンは金利が年0.5%引き下げられます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

この他にも銀行カードローンはありますので、自分の環境に合わせて、融資を受ける銀行を選んでみてはいかがでしょうか。

ローンの種類が複数あるのも魅力!

銀行系のカードローンを利用するのも良いですが、銀行にはフリーローンや目的別ローンがあるので、こちらを利用する手段もあります。

フリーローンや目的別ローンの利点は、カードローンに比べると金利が圧倒的に低い点です。

例えば、みずほ銀行の教育ローンは、変動金利で「年3.475%」、固定金利で「年4.250%」と、カードローンに比べて、金利が格段に低いことがわかります。

一方、デメリットですが、目的別ローンの場合は、用途が限定される点です。

したがって、用途を限定されたくないという方は、フリーローンを活用していただくと良いと思います。

また、フリーローンや目的別ローンは、カードローンに比べると、条件や審査が厳しいと言われています。

この点も、デメリットに入るかもしれません。

メリットと考えるか、デメリットと考えるか難しいのが、何度も自由に借入できない点です。

カードローンと違って、フリーローンや目的別ローンは、何度も自由に借入、返済を行うことができません。

返済日は毎月決まっていますし、再度借入を行う時は、審査が必要になります。

必要以上に借入できないので、返済計画が立てやすいと考える方もいると思いますし、自由に借入できないのが不便と考える方もいると思います。

カードローンで90万円借りた時の利息は?

お金を借りた時に一番気になるのが、利息ですよね?

90万円は決して低い金額ではないので、利息がどのくらい掛かるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、利息の計算方法などを紹介していきます。

まず、利息の計算方法ですが、借入した額(元金)に金利と日数をかけて、365(1年間)で割ると算出することができます。

式で表すと「利息=元金×金利×日数÷365」という感じです。

例えば、金利が年18.0%の会社から90万円を1か月間(30日とする)借入れした場合の利息は、「90万(元金)×0.18(金利)×30(日)÷365≒13315」となります。

毎月10万ずつ返済しようと考えた場合は、1回目は11万3315円、2回目は「80万×0.18×30÷365≒11835」が利息となりますので、11万1835円の返済になります。

このように利息の計算を繰り返していくと、返済までに掛かる利息の総額が計算できます。

事前に計算しておくことで、返済までに必要な利息を含めた合計額を知ることができるので、返済計画が立てやすいと思います。

関連記事をチェック!

7643view

元金とは?利息と返済方式による元金の減り方の違い

「借金」と聞いて皆さんはどんなイメージを持たれますか? 一言で「借金」と言っても住宅ローンや車のローン、急な入用で少しだけ必要になったなどいろいろ事情はありますよね。 しかし、「借金」をするとつい...


関連記事をチェック!

17322view

借金が70,80,90,100万円ある場合の返済方法

借金が数億円あっても、きちんと完済する人もいます。 ですが、驚くような才能やバイタリティ、多額の遺産相続などの要素がない限り、数億円をきっちりと返済することは難しいことですよね。 普通は、借金70...

90万円借りる時に注意したい在籍確認

90万円を借りる際には、もう一つ注意すべき点があります。

それは「在籍確認」についてです。

在籍確認とは

では、そもそも在籍確認とは、いったいなんの事を指すのでしょうか?

先でも触れた通り、カードローンの契約の際には「利用者に安定した収入がある事」というのが、最も重要な条件になります。

しかし、カードローンを申し込む際には、消費者金融の場合、50万円までの借入なら、基本的に収入証明書の提出は必要ありません。

逆に言うと、申告した勤務先から給与を得ている証明は出さなくても良い、という事になります。

そこで、カードローン各社は、利用者が本当に申告した勤務先に勤めていて、収入を得ているのかどうか?という事を、別途確認する必要がある為「勤務先へ電話をかけて、在籍を確認する」という訳です。

在籍確認時には、審査担当者が職場に電話をかけてきて、カードローン申込者を出してもらうように用件を伝えてきます。(カードローン利用の事は一切伝えません)

本人が職場に居れば、電話に代わり在籍確認は終了します。

もし本人が居なかったとしても、在籍している事だけがわかれば、確認は完了します。

尚、ほとんどの金融機関は本人のプライバシーに配慮し、在籍確認は金融機関名ではなく個人名で電話をかけてくれますので、基本的に同僚にはカードローンの利用を知られる事はありません。

関連記事をチェック!

12714view

在籍確認の電話が来ると確実に審査は通る?審査に落ちた原因と対処法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 在籍確認とは カードローンを申し込んだ際に、必ずといっていいほど行われるのが「在籍確認」です。...

在籍確認が取れる時間に申し込む

通常であれば、審査の終盤で在籍確認が行われます。

そしてそれらが全て完了した時点で、審査通過→勇士OKとなり、審査時に決められた限度額まで借入をする事が出来ます。

しかし、その審査の終盤で行われる在籍確認が完了できないような時間、例えば会社が休みの土日などにカードローンを申し込んだ場合は、勤務先へ電話をしても繋がらないため、審査としては全て“完了”とはなりません。

この場合、一旦審査通過となったとしても、借入限度額が減額される場合があります。

したがって、今回のように「90万円をすぐに借りたい」という場合には、必ず職場への電話がつながる日や時間帯に、カードローンの申込みをされる事をお勧めします。

関連記事をチェック!

8548view

言い訳7パターン!カードローン在籍確認の電話対策|ダメ言い訳も紹介

カードローンの申し込みは、会社にばれる可能性があります。 それは、在籍確認があるからです。 在籍確認は、金融機関が申し込み人の勤務先に電話をすることで行われます。 この在籍確認について対...

90万円借りた時の返済

次に、90万円を借りた場合の返済についても、その返済方法や注意点などを確認していきましょう。

まず、90万円借りた時の返済方法からです。

口座引き落とし

こちらは、カードローン契約時に毎月の返済日と返済額を決めておき、毎月決まった日に、自分の口座から返済金額を引き落としてもらう方法です。

返済日を忘れる事がない、というメリットがある一方で、口座に入金しておくのを忘れて延滞扱いになったり、毎月決まった額の返済になってしまう為、随時返済する場合には、別途手間が発生するというデメリットもあります。

ATMからの返済

この方法が最も一般的ですが、毎月の返済日までにカードローン会社のATM・提携ATMからカードで返済をする、という方法です。

いつでも手軽に返済が行えるというメリットがある一方で、ついつい返済日を忘れたり、また提携ATMでは手数料が必要になったりする注意点もあります。

振込みによる返済

こちらは、銀行振り込みにより、カードローン会社へ返済を行う方法です。

ATMでの返済のように、わざわざ出向いて返済をしなくても良いというメリットはありますが、振り込み依頼をする時間が遅れると、返済期日に間に合わなかったり、取り扱い銀行によっては振り込み手数料が必要になるケースもありますので、注意が必要です。

※当日中に入金をさせたい場合、銀行振り込みでそれが可能となるのは、平日の15時までと決まっています。

したがって、返済日が土日の場合は、その手前の平日の15時までに振込み手続きを完了しておかないと、延滞扱いになってしまう為、注意が必要です。

口座振替が安全

以上、ご紹介した返済方法の中では、最も確実なのは口座振替となります。

さらに返済日を給料日の翌日などに設定しておくと、「口座にお金がない…」という事も防げますので、カードローン契約時にはこのあたりのことも考えておくようにしましょう。

尚、90万円を金利18%で借りた場合、5年で完済しようとしたとしても、毎月の返済額が約23,000円となります。

借りるときは一瞬でも、返済期間はとても長くなります。

したがって、カードローンを返済する際には、お金に余裕のある時に、臨時返済を心がけ、一日でも早く完済するように努力する事が大切です。

カードローン以外で90万円借りる

カードローンを使わなくても90万円を借り入れする方法は存在します。

国のローン

90万円を借りるという事は、冒頭でもお伝えしたとおりリフォームや教育資金など、ある程度目的が決まっている場合が殆どだと思われます。

その為、使用目的が決まっている借入については、消費者金融や銀行カードローンを使うより、金融機関や国が用意している目的ローンを利用するほうが、利息も低くてお勧めです。

特に、国の教育ローンは、大学の入学費用や授業料などを工面するには最適です。

借入条件はあるものの、最高でも350万円の借入が可能で、金利も1.8%と非常に低金利です。

参考までに、日本政策金融公庫のURLを掲載していますので、是非一度ご覧になってください。

参考URL 日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

不動産担保ローン

「できるだけ低金利で、負担なく90万円を借りたい」という方には、不動産担保ローンもお勧めです。

もちろん、本人名義の不動産を所有している事が条件にはなりますが、金利も3%程度~10%程度と、消費者金融カードローンの金利18%よりは、はるかに低い設定になっています。

中には3,000万円程度の借入が可能(担保状況にもよる)なローンもありますし、基本的には使途も自由なので、自宅の不動産を活用してお金を借りたいという方には、最適なローンと言えます。

低所得でも借りることが可能!国や市から借りる方法もある

銀行や消費者金融で借入できなかったからといって、諦める必要はありません。

国や市の制度を利用すれば、90万円以上の借入が可能な場合もあります。

特に、低所得の方や年金受給の方などは、適用される可能性が高くなりますので、参考にしてください。

まず、厚生労働省の管轄になる生活福祉金貸付制度というものがあります。

生活福祉金貸付制度は、大きく分けると「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4つになります。

それぞれ借入するための条件や用途が違いますが、比較的用途の幅が広いのは、福祉資金になります。

福祉資金は、生業を営むため、住宅の増改築、冠婚葬祭など、様々な用途で借入することができ、まとめて90万円以上を借入することも可能です。

また、年金受給者の方は、年金を担保とする方法があります。

「独立行政法人 福祉医療機構」では、年金担保貸付事業を行っており、年間の年金支給額にもよりますが、年金を担保に最高200万円まで借入可能です。

「年金の支給額による」と言いましたが、融資の限度額は、年間の年金支給額の0.8倍以内という条件があります。

例を挙げると、年間150万円の年金を受け取っている方は、「150万×0.8=120万」となり、最大で120万円まで借入することが可能です。

まとめ:90万円借りる際は用途を考えよう!

90万円などの高額融資を受ける際は、用途を考えて、状況に合った方法で借入を行うことが重要です。

90万円は高額ですので、借入を行うと利息も結構な金額になってしまいます。

使用目的や使用金額が決まっているのであれば、目的別ローンやフリーローンを活用するのが良いのではないでしょうか。

また、ある程度自由に返済や借入を行いたいのであれば、金利の低い銀行系カードローンの活用をおススメします。

関連記事をチェック!

9745view

どうしても100万円借りたい!必要な時に借りる方法

100万円ほどのまとまった金額をカードローンで借りようと検討している人がいますが、本当にカードローンで借り入れるのが良いのでしょうか。 100万円を借りるのであれば、マイカーローンや銀行のフリーロー...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事