即日融資で今日中に10,20万円借りたい

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金が必要だと分かっていたが、どうすることもできずに時間ばかりが経ってしまい、期限まであと少ししかないという状況に陥っていませんか?

また、数日中に10万円や20万円といった金額が必要になっている人も少ないながらいることでしょう。

では、このような場合に、即日融資で今日中に10万円や20万円といった金額を借りることはできるのでしょうか。

結論から先に言いますと、10万円や20万円といった金額であれば、即日融資で借りることは可能です。

しかし、信用情報に問題があったりして借りられない場合もあります。

そんな時には、即日とまではいかなくても、1週間程度で借りられる制度もありますし、ネット上では個人間でのお金の貸し借りについても話題となっています。

今回は、どうしても今日中に20万円以下の金額を借りる方法、話題の個人間融資の危険性などについて解説していきたいと思います。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、

  • 今すぐに20万円以下のお金を借りたい
  • 個人間融資の危険性を知りたい
  • 銀行や消費者金融では少額でも借りられない

方へとても参考になる記事です。

今日中に20万借りたい

今日中に20万円ものお金を借りたいという場合、それが水道光熱費といった生活費ではなかなかその金額までいくことはありません。

20万円もの金額がすぐに必要となるケースでは、身内の葬儀費用や車などの修理費用だと言えるでしょう。

葬儀費用や車の修理費用えあれば、それぞれ葬儀ローンや自動車ローンといった目的ローンで借りることもできますが、「今日中に」という条件化ではなかなか難しいです。

それでも、こうした支払いには期限というものがあり、支払わなければトラブルに発展してしまう可能性もあります。

では、今日中に20万円を借りるためには、どのような方法を利用すると良いのでしょうか。

今日中に20万必要ならおすすめはカードローン

20万円が今日中に必要となったときは、カードローンを利用しましょう。

カードローンの最大の特徴は、何と言っても融資スピードです。

申込から実際に借入するまで、1時間程度で行うことができますので、今日中どころか今すぐ借入可能です。

即日借入を希望する場合には、自動契約機を利用できる大手消費者金融やメガバンクのカードローンを利用しましょう。

ただし、銀行カードローンでは今日中に借りることはできません(理由は後述します)ので、大手消費者金融に申し込むことが現実的です。

以下が、各カードローンの自動契約機稼働時間となります。

カードローン稼働時間
アコム22:00まで
プロミス22:00(一部21:00)まで
レイクALSA22:00まで
SMBCモビット21:00まで
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
即日不可
三井住友銀行カードローン即日不可

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

即日融資に必要な時間

たとえば、上記の自動契約機の時間ギリギリに申し込んだ場合、手続き時間や審査時間を考えると、即日融資に間に合いません。

大手消費者金融は審査時間が最短30分ですので、およそ1時間前までがタイムリミットだと考えましょう。

ただし、先客がいると手続きができませんので、できることなら2時間以上前に申し込むことをおすすめします。

また、本人確認書類などの不備があると、手続きが中断されたり、その日に手続きができなくなる可能性もありますので、必ず本人確認書類も事前にチェックしてから持参しましょう。

10~30万円なら身分証だけでOK

カードローンでは、20万円くらいの借入なら基本的に身分証明書だけで借りられます。

身分証明書の中でも、社会保険証が一番ポイントが高く(というのも社会保険証に会社の入社年月日等記載があるため)なっております。

以下は審査担当者から見た、身分証明書の審査ポイントになります。

身分証明書の種類点数
社会保険証+100
国民健康保険証+10
パスポート+10
住民基本台帳+10
運転免許証+10
運転免許証
(訳アリ)

※社会保険証は会社への在籍も証明できる最強の証明書である

ここで話すと長くなるので割愛しますので、身分証明書に関しては次のページに詳しく記載してあります。

関連記事をチェック!

2823view

【体験談】自動契約機らららむじんくんのここが怖いよ!

自動契約機(むじんくん)を利用したことがないあなたに、消費者金融であるアコムの自動契約機(むじんくん)は、一体どういったものなのか、中での様子などを詳しく伝えていきたいと思います。 このような人にお...

ただし、本人確認書類を原則として運転免許証としているところも多いです。

そのため、本人確認は免許証で行い、社会保険証を在籍確認のために使用するという2段構えにすることで、即日融資が受けやすくなります。

カードローン会社在籍確認の代用に必要な書類
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム社会保険証、最新給与明細、源泉徴収票どれか1点
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス要相談
その他、銀行カードローン書類での代行不可

※2016年6月時点弊社調べ

よく「在籍確認なし!」などの広告を見かけますが、厳密にいうと「在籍確認の電話なし!」となります。在籍確認のないカードローンは存在しません。

在籍確認=職場へ勤務しているか(安定した収入があるか)なのですから。詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

14462view

在籍確認なし電話連絡なしのカードローン見つけた

※この記事は大人の事情で記事削除される可能性があります。早めに読まれることをおすすめします。 この記事を読んでいる人は「カードローンを契約したいけど職場にはばれたくないな」と思っているのではないでし...

在籍確認なし電話連絡なしのカードローン見つけた

関連記事をチェック!

3571view

免許証だけで借りれるカードローンで借りる

身分証のみで借りれるカードローンを紹介します。 アコムで借りる 融資残高数、口座数と共に業界ナンバー1!! web契約で来店不要。即日振込も可能! 内緒でキャッシングできる ...

免許証だけで借りれるカードローンで借りる

カードローンの融資可能額や融資条件

消費者金融カードローンの融資可能額は業者によっても異なりますが、大手業者の場合は最大500万円~800万円、中小消費者金融の場合は50万円~300万円となっています。

また、女性向けのレディースローンを提供している業者の場合は、10万円の少額融資をしているケースもあります。

いずれも申込者本人に安定収入があり、20歳以上という融資条件が設定されており、信用情報にキズがなければ、融資してもらえる可能性は高いでしょう。

しかし、消費者金融は総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える融資ができず、無収入の専業主婦は借り入れができません。

ただし、配偶者と合算した年収の3分の1までであれば、配偶者貸付制度の利用が可能(中小消費者金融で取り扱っています)であるため、配偶者の了承を得られれば、専業主婦でも借入れが可能です。

配偶者に内緒の借入れでなければ、専業主婦でも利用できる場合があります。

銀行カードローンの場合は、専業主婦も普通に申し込みできますので、その件に関しては後述いたします。

20万円を安く借りるには

お金を借りるのは仕方ないにしても、できるだけ返す額が少ないほうがうれしいです。

もちろん、返す額が借りた額より小さくなることはないのですが、利息分を減らすことは出来ます。

具体的には、消費者金融よりも金利の安い銀行で借りたり、一定期間無利息で借りられるキャンペーンを利用したりしてみましょう。

少し具体的に、一ヶ月20万円を借りた場合にどれくらい安くなるか見てみましょう。

 金利
(実質年率)
返す額
消費者金融
(例:SMBCモビット)
18%202,959円
銀行
(例:バンクイック)
14.6%202,400円
30日間無利息
(例:アコム)
200,000円

上の表は一ヶ月を30日とした場合ですが、アコムはSMBCモビットよりも3000円近く安くなっています。

もちろん30日無利息などのキャンペーンは色々条件もありますし、一ヶ月で20万円を返せないことのほうが多いでしょう。

ただ、こういったキャンペーンを利用したり、各金融機関の返済シミュレーションなどを使って比較してから借りると、より安く借りることができます。

関連記事をチェック!

2156view

30日間無利息カードローンで借りる

無利息のカードローンを紹介します。30日間無利息サービスがあると、たとえ長期の借入でも実際に支払う金額はグッとさがります。 なおレイクALSAの場合、初回利用者に限り、5万円まで180日間無...

ブラックで審査が心配でも即日20万借りたい場合

上述しましたように、即日で20万借りたいのであれば、カードローンの利用がおすすめです。

しかし、カードローンを利用するためには審査を通過しなければなりません。

カードローンに申し込むと、その人の信用情報は必ず確認されます。

いくら消費者金融といえども、貸付は事業として行っていますので、過去に金融事故を起こしていてブラックとなっている人には、基本的に貸付を行いません。

申込者が債務者となってから「返済できませんでした」ということが発覚することがないよう、きちんと審査をして貸付をしています。

では、信用情報がブラックとなっている人が即日で20万借りたい場合、どのようにしたらいいのでしょうか。

中小金融会社なら借りれることも

信用情報がブラックになっていると、大手消費者金融では審査通過できる見込みはかなり低いです。

しかし、独自の審査基準で貸し付けを行っている中小消費者金融であれば、大手よりも借りられる可能性があります。

そのため、ブラックの人は大手消費者金融に申し込んで無駄な時間を過ごすより、最初から中小消費者金融に申し込む、というのも一つの手でしょう。

ほとんどが口コミの情報ですが、中小消費者金融の場合、ブラックでも借り入れできるカードローン会社も多いです。

ただし、ブラックだと審査に時間がかかってしまうこともありますし、窓口融資や振込融資が一般的な中小消費者金融では今日中に借りられない可能性があります。

また、審査通過できても10万円以下しか融資してくれず、必要な金額に足りないことも少なくありません。

それでも、大手消費者金融はもちろん、銀行では借りられないブラックの人にとってみては、最後の砦とも言える借入先ですので、検討する価値はあると思います。

関連記事をチェック!

9287view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

消費者金融は審査基準や審査落ちをした人の理由を公表していないため、どの消費者金融が借りやすいか、ホームページを見ただけでは分かりません。 そこで、消費者金融の中で借りやすい消費者金融はあるのか、どの...

関連記事をチェック!

1734view

住宅ローンつなぎ融資とは?最小限の負担で利用する方法も紹介

住宅ローンの商品広告や比較サイトを見ていると「つなぎ資金」という言葉を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? つなぎとはどういう意味かご存知ない人も多いかと思います。 つなぎとは、最後に...

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

担保があれば質屋で借りられる

質屋は何をするところかご存知でしょうか。

多くの方は、いらない物を売るところと勘違いしているかもしれませんが、質屋は物を担保にしてお金を借りるところです。

消費者金融が誕生するまでは、個人にお金を貸してくれるところと言えば質屋が代表的な存在でした。

質屋ならば、担保さえあればカードローンの審査に通らなかった方でもお金を貸してくれます。

もちろん、借りる金額に見合うだけの物を担保にしなくてはなりませんので、担保にする物自体を持っていなければ借りることもできません。

逆に言うと、担保にできる物さえあればブラックでも借りられますので、身の回りの物を探してみるのもいいでしょう。

なお、質屋の利用方法やシステムについては以下の記事で説明していますので詳しく知りたい方はご覧ください。

関連記事をチェック!

2230view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

キャッシング枠があればクレジットカードでも借りれる

財布にクレジットカードが入っている方なら、カードローンを利用しなくても今日中にお金を借りることができるかもしれません。

どういうことかと言うと、クレジットカードにはカードローンと同様に利用することができる「キャッシング枠」というものが付いています。

これを利用すればカードローンの審査に通らなかった方でも、今日中にATMからお金を借りることができます。

今使っているクレジットカードや、昔作って今は利用していないクレジットカードの契約内容を確認してみると良いでしょう。

なお、以下の記事でクレジットカードのキャッシング枠について解説しています。

どうしても20万必要でもネットの個人間融資はNG

消費者金融は面倒やイメージが良くないなどで、簡単そうに見えるネットの個人間融資を考える人もいるでしょう。

しかし、ネットの個人間融資の利用は控えた方が良いでしょう。

インターネット上には、さまざまな個人融資の方法があり、常に「誰か10万円貸してください!」「20万貸してください」などと依頼者がいたり、逆に「20万円貸します!」「お金貸します!」という甘い誘惑も多いです。

しかし、個人間融資にはさまざまなリスクが存在しますので、絶対にネットでの個人融資利用は控えましょう。

関連記事をチェック!

18149view

個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw【悲報..】

最近巷で耳にすることも多い、「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金...

個人貸しの方法はラインやメール、掲示板と様々

個人貸しの方法はさまざまです。

SNSが普及している今、その方法は掲示板やライン、ツイッターやメールなど、ありとあらゆる方法で行われています。

それらの内容を実際に見てみると「個人でお金貸します!」と抽象的に書かれているものや、「家賃の支払日に間に合わせます!」とニーズごとに書かれているもの、「本日20万円貸します!」と具体的に書かれているものなどさまざまです。

多くの方法があるため、貸す側も借りる側も、個人貸しのやり取りがしやすい状況にあります。

無職や借金があっても借りられるが高リスク

個人貸しのメリットを強いて言うとすれば、無職の人が借入れできたり、借金があっても借入れ可能であるところです。

銀行カードローンや消費者金融からのキャッシングでは、安定収入がなければ審査に通過できないため、無職の人は借入れ不可(賃貸収入などがあれば無職でも可)となります。

借金がある場合にも、審査では不利となりますので、複数社から借入れしている人は、金融業者の審査で落とされる可能性があります。

しかし、個人貸しの場合は、相手さえ納得してくれれば、無職であろうと借金があろうと、貸してくれる可能性が高いです。

また、信用情報にキズが付いていたとしても、個人貸しの場合には関係ありませんので、カンタンに借入れができてしまいます。

ただし、カンタンに借入ができるということは、その裏にリスクがあると考えなければなりません。

世の中、そんなにうまい話しはないのです。

本当に貸してくれる個人間融資ならまだ良いのですが、逆にトラブルや夫妻を抱えてしまう個人間融資も多いのが現状です。

正規の業者として営業しているわけではないのに、通常では借りられない人にまで貸すのは、本当に危険な存在なのです。

無償でお金を貸してくれる人は存在しない

シンプルに考えて、無償でお金を貸してくれる人は存在しないはずです。

それでも、ネットでお金を貸すという人は、何らかの目的を持っているのです。

ありがちなのが、個人情報を悪用したり、貸し付けるといって保証金をだまし取るなどの詐欺が考えられます。

実際、個人融資における詐欺事件やトラブルは多発していますので、これらの犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が極めて高いです。

借金によって貯金が枯渇していたり、生活費が捻出できない状態となっていると、つい甘い誘惑に乗ってしまいがちですが、あまりにもリスクが高い状態となります。

どうしても20万借りたい場合の注意点

どうしても20万円がひつようで、個人融資を利用する場合には、どうすれば良いのでしょうか?

以下にて紹介いたします。

  • ネットなどではなく、親や兄弟・友人などから借りる
  • 借用書を書く
  • 金利を設定する
  • 返済実績を作る

どうしても個人融資を利用するにしても、相手の氏名すら分からない借入れは、あまりにもハイリスクです。

必ず身内を含め、知っている人から借りましょう。

ただし、借用書や金利設定、返済実績がない場合、年間110万円以上の借入れの際には贈与税がかかる可能性があります。

10万円や20万円では課税の心配はありませんが、相手との信頼関係のために、用意しておいた方が無難です。

もちろん闇金で借りるのも絶対NG

闇金融は言わずもがな、暴利をむさぼる悪質な金融業者です。

また、返済日に連絡が付かないようにして、意図的に返済ができなくした上で、利息をむさぼり続けることもあります。

取り立ても強烈で、違法な取り立て行為や嫌がらせによって、利用者を自殺に追い込むケースすらあります。

平常心だったら闇金融は絶対利用してはダメ、と分かっているのですが、いざお金が必要になった場合、闇金業者から表面上甘い言葉をかけられて、つい手をだしてしまったというケースもあります。

馬太郎のインタビューに答えてくれた森下さまもついつい闇金融に手を出してしまいました。

口座売買を行い、もう少しで麻薬の密輸まで行うところまで闇金融に苦しめられました。

ネットの個人融資にも闇金が潜んでいる可能性も高いため、十分注意が必要です。

掲示板やSNSなどで、「誰にでもお金貸します!」「今すぐお金が必要ならご相談下さい!」「 無審査で100%融資します!」などの甘い誘いに乗らないように気を付けましょう。

銀行では今日中に20万を借りられない

銀行で10万円~20万円貸してもらうには、銀行カードローンがおすすめです。

しかし、残念ながら消費者金融のように即日での銀行融資には対応していません。

それでも、消費者金融より低金利であるため、お得に利用できるでしょう。

また、消費者金融よりも審査難易度が高いものの、10万円~20万円の少額融資なら応じてもらいやすいため、金策に数日のゆとりがあるのであれば、銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンなら年収1/3以上の融資も可能

もしあなたが複数借入している状況なら、20万円といえども借り入れ時に注意が必要です。

というのも、消費者金融で借入する際は、総量規制という、年収の1/3以上貸付を行ってはいけない、という法律があるからです。

そのため、消費者金融が融資を行う際も、『年収の1/3以内の借入でおさまるのか』がカードローン審査の最優先事項としてあげられております。

実際のカードローン審査の際は、以下のような参考表を見ながらいくらまで融資が可能か、審査担当者から判断されます。

年収1/3以上なら銀行カードローン

審査担当者が、どのように申込者の情報を確認して、カードローン審査を行っているか詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

収入がない方は年収0円ですので、0円を超えるお金を貸し付けてはいけない、つまりお金を貸すことができない、ということなのです。

一方、銀行には貸金業法が適用されませんので、総量規制も適用されることはありません。

そのため、法律上は年収の1/3以上借りることは可能です。

しかし、貸金業者が総量規制によって貸し付けられる上限が定められているのに、銀行には何もないということが不公平であること、銀行がカードローン事業を拡大して過剰融資を行っていたことが問題視されてからは、銀行の自主規制が強化されました。

その結果、法的な拘束力はないものの、各銀行が独自の融資上限を定め、今では「無担保ローンの借入総額が年収の1/3まで」というように、消費者金融と同等あるいはそれ以上の規制を行っている銀行も多いです。

従って、すでにカードローンなどで借入がある状態では、銀行カードローンでも年収に対して一定の割合までしか借りれないようになっています。

なお、自主規制の内容は、メガバンクなど規模や影響力が大きいところでは公表しているものの、地方銀行などでは内容を公表しないまま規制しているところもありますので、利用する銀行がどのような規制で融資しているのかがわからないこともあります。

銀行なら専業主婦への融資もOK

先述の通り、収入がない主婦、専業主婦は、消費者金融から借入れができませんが、銀行カードローンならお金を借りることは可能です。

この銀行カードローンなら、というのが味噌で、というのも銀行カードローンは貸金業法外となるからです。

銀行は、「夫の収入がある程度ないと専業主婦はできない」という考えの元、専業主婦への貸付を行っております。

もちろん、旦那には返済の義務はありませんが、専業主婦が返済で困った際、だんなが返済するケースが多く存在するそうです。

そういった事情もあり、銀行は専業主婦への融資を積極的に行っているのです。

専業主婦だからといって全くお金が必要ないということはなく、子育てやママ友との付き合いなどでお金を使う機会は多いです。

銀行カードローンでは即日融資は不可能ですが、どうしても借りなければならないときは検討してみましょう。

関連記事をチェック!

2312view

事業者向けカードローンで借りる

中小企業、個人事業主向けのカードローンを紹介します。 中小、零細企業、個人事業主に特化している 無担保、無保証人での融資が可能 といった特徴があります。事業資金の捻出に困っている...


銀行カードローンが貸金業外なら、専業主婦でない無職の人への貸付も事実可能なわけですが、実際問題そういった方に貸付を行っても返済見込みがないため、現状銀行カードローンの無職の方への貸付は行っておりません。

なお、専業主婦や無職の人でも、旦那や親のクレジットカードの家族会員となり、本会員にキャッシング枠があれば借りることは可能です。

関連記事をチェック!

2617view

専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の場合でも、急にお金が必要になる時がありますよね。 しかし、収入が低いパートや本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異な...

お金が借りれないときに助けてくれる公的貸付

「誰か10万円貸して!」「即日でなくても20万円借りたい」という風に、切羽詰まった場合にはどのような公的貸付が受けられるのでしょうか?

ここではさまざまな制度の中から、できるだけ早く10万円借りるのに適した制度として「生活福祉資金貸付制度」「母子父子寡婦貸付制度」「勤労者融資制度」の3つを紹介します。

都道府県別に詳細は異なりますので、概要を紹介します。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、所得が低い方々を支援するための精度で、低収入である場合や、障がいがあるなどの理由によって、銀行や消費者金融から借入れができない人を対象として融資をしています。

そもそも経済的理由によって、生活苦に陥っている人が対象の制度ですので、金利が低く設定されている上、連帯保証人がいる場合には、無利息となるケースが大半です。

そのため、生活が厳しい人でも安心して利用できるでしょう。また、融資内容に関しては、利用用途などによって種類があるため、あなたに合った方法を選ぶ必要があります。

生活福祉資金貸付制度は大きく分けると、「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4つがあります。

総合支援資金は、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などの支援が可能です。

福祉資金は、福祉費や緊急小口資金があり、教育支援資金には教育支援費や修学支度金が存在します。

また、不動産担保型生活資金には、不動産担保型生活資金や要保護世帯向け不動産担保型生活資金など、用途に応じた設定がしやすくなっています。

それぞれの貸し付け内容は以下のとおりです。

《生活福祉資金貸付制度の貸し付け内容》

生活福祉資金貸付制度種類用途貸付内容利子返済期間
総合支援資金生活支援費生活再建までの生活費15万円以内~月20万円以内
(原則3カ月~最長12カ月以内の貸し付け期間)
保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年1.5%10年
住宅入居費敷金や礼金などの初期費用40万円以内保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年1.5%10年
一時生活再建費就職や転職に必須技能習得の経費や、滞納中の公共料金の立替費用、債務整理費用など60万円以内保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年1.5%10年
福祉資金福祉費ケガや病気による経費、介護サービスの経費、災害による必要費用、福祉用具購入費用、生計を立てるための仕事の必要費用、それぞれのための生活費など580万円以内保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年1.5%20年
緊急小口資金災害によって必要となる少額費用10万円以内無利子12カ月
教育支援資金教育支援費低所得世帯の子どもも高校や大学、高専の費用月3.5万円以内~月6万円以内(事情によって1.5倍まで)無利子20年
就学支度費低所得世帯の子どもの高校や大学、高専の入学費用50万円以内無利子20年
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金高齢の低所得世帯への生活資金
(自宅担保)
土地評価額の70%程度および月30万円以内年3%もしくは長期プライムレートの低い方契約終了後3カ月以内
要保護世帯向け不動産担保型生活資金生活保護受給の高齢者世帯への生活資金(自宅担保)土地建物の評価額の70%程度で、マンションは50%程度。生活保護の1.5倍以内年3%もしくは長期プライムレートの低い方契約終了後3カ月以内

それぞれの内容をある程度把握した上で、相談しに行くと良いでしょう。

母子父子寡婦貸付制度

母子父子寡婦貸付制度とは、母子家庭や父子家庭、寡婦の方に対して、子どもの修学資金などの各種貸付を行う制度です。

子どもと一緒に面談をし、貸付審査に通過すれば、低金利での借入れが可能です。

修学資金や就学支度資金、修業資金、就職支度資金は無利子で、それ以外は1.0%の利子となります(神奈川県の公式サイトより)。

連帯保証人を立てる場合には無利子となりますので、状況に応じて検討しましょう。

勤労者融資制度

勤労者融資制度とは、中央労働金庫から融資を受けられる制度で、ここでは中央労働金庫の例を紹介します。

中央労働金庫の場合、自宅の増改築や冠婚葬祭、医療費や教育資金、物品の購入資金などに利用可能です。

限度額は1世帯あたり100万円で、利率は年1.8%となっています。

また、教育資金の場合には、年1.7%の適用もできますので、使途によって異なるケースもあります。

返済期間は5年以内となっていますので、計画的に利用しやすい融資です。

【注意】今日中に10万円貸してもらうのは難しい

公的貸付は、お得な利率で利用できる上、連帯保証人がいれば、無利子での借入れも可能です。

そのため、お金に困っている人にとって、強い味方となってくれるでしょう。

ただし、いずれも今日中に10万円貸してもらうということは難しいです。

即日融資に対応してくれるわけではありませんので、想定しておきましょう。

誰も20万貸してくれない…今すぐ20万稼ぐ方法

銀行や消費者金融でも、そこが「融資可能」と判断しなければ20万円は貸してくれません。

それなのに、頼んですぐに20万円を貸してくれる知り合いはほぼいないといってもいいでしょう。

それでも20万円が必要というのであれば、先程紹介した公的融資制度を利用するか、あとは自分で稼ぐしかありません。

働いて稼ぐ

働いて稼ぐといっても、1日で20万円も稼げる仕事はほぼないといっていいでしょう。

そのため、即日でというのは一旦忘れ、できるだけ早く必要な金額を稼ぐということに意識を持っていくようにしましょう。

そうすると、意外と短期間で20万円を稼ぐことができる可能性があります。

例えば、スポーツなどのイベントスタッフは日給3万円以上で、さらに交通費やボーナスまで支給してくれるものもあります。

また、仕分けや梱包といった軽作業にも関わらず、日給3万円以上というバイトもあります。

ほかにも、すぐに働ける日雇いのアルバイトを行うこともおすすめです。

面接なしで働けるバイトも存在しますので、探してみると自分でも短期間で稼げるバイトは多くあります。

ぜひ求人サイトをチェックしてみましょう。

ただし、高収入の日雇いは首都圏に多く見られますので、地方にいる方にとっては難しいとも言えます。

リサイクルショップに物を売る

一言で「稼ぐ」といっても、何も労働力を提供するだけが方法ではありません。

自宅にあるものをリサイクルショップに売ることも、一種の稼ぐになります。

たとえば、中古の本やCD、DVDを買い取り業者に持って行ったり、その他家中の不用品をリサイクルショップで買取ってもらうことでも、場合によって高く買い取ってくれることもあります。

また、ブランド品や高級時計の場合は、高く買取ってもらえる可能性があるため、早速持参してみましょう。

数日のゆとりがある場合には、ヤフオクやメルカリで不用品を販売することもおすすめです。

掘り出し物や人気商品があれば、買取業者やリサイクルショップよりも高く買取ってもらえる可能性がありますので、使い分けると良いでしょう。

20万で自転車操業するくらいなら債務整理を

借金の返済のために、すぐにお金が必要な場合には、債務整理という方法もあります。

債務整理とは、合法的に借金の負担を軽くしたり、借金を帳消しにする方法です。

たとえば、将来利息や遅延損害金を軽減して借金を軽くしてくれる「任意整理」や、住宅や車を手放すことなく、借金を5分の1程度にまで減らしてくれる「個人再生」、資産は全て放棄する代わりに借金を帳消しにしてくれる「自己破産」などがあります。

広い意味で言えば、払い過ぎた利息が返って来る「過払い金請求」などもあります。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、適切な債務整理の方法で、手続きを進めてくれるでしょう。

また、弁護士費用や司法書士の費用は、初回相談が無料で、実際の手続きを始めた場合には分割のケースが大半である上、手続きを進めると金融業者からの督促が止まります。

もしも、金融業者への返済ように少しでもお金を用意していた場合は、そのお金が現金として残りますので、借金の悩みが消えた上で、多少のゆとりが持てることもあります。

延滞を繰り返してとんでもない返済額となって苦しむよりも、できるだけ早くに専門家へ相談し、債務整理をして一度リセットすることも考えましょう。

50万以上借りるには

20万円だけでなく、できれば50万円や100万円、もっと言えば300万円貸してほしいという方も中にはいるかもしれません。

しかし、50万円を超える借入の場合、大抵は収入証明書の提出が必要ですので、20万円を借りるときのように免許証だけあればOKというわけにはいきません。

また、新規申し込みの場合、カードローンの限度額は50万円以下となるのが一般的です。

50万円が必要であるならカードローンでも可能性はありますが、それ以上ではカードローンで借りることは難しく、その日のうちにというもの不可能に近いです。

ただ、高額な借入が絶対にできないというわけではありません。

カードローンを使わなくても、定期預金を担保にして銀行からお金を借りる方法や、生命保険の加入者を対象にした「保険契約者貸付」などを利用すれば高額の借り入れを行うことができます。

カードローンに頼らずに高額の借り入れをする方法はこちらで紹介しています。

関連記事をチェック!

5828view

どうしても100万円借りたい!必要な時に借りる方法

100万円ほどのまとまった金額をカードローンで借りようと検討している人がいますが、本当にカードローンで借り入れるのが良いのでしょうか。 100万円を借りるのであれば、マイカーローンや銀行のフリーロー...

今日中じゃなくても問題ない人は

今日中に貸してくれるところは数が限られていますが、期限を今日中ではなく1週間以内や1ヶ月以内とすれば、貸してくれるところはかなり増えます。

例えば、特定の目的にしか使えない代わりに金利がカードローンよりも低い、銀行の目的別ローンは1週間あれば利用することができますし、国が管轄する公的機関からの借入も1ヶ月程度で手続きが完了します。

慌てて借りるローンでは、何かと問題も発生しやすいですので、時間的に余裕がある場合は借入先や借入の種類などを状況に合わせてしっかりと選んでいきましょう。

お金の貸し借りに関するQ&A

お金の貸し借りに関する質問と、それぞれに対する回答をいたします。

それぞれの質問に対して、コンパクトに回答しますので、ぜひ把握しておきましょう。

①お金貸してくれる芸能人がいるってホント?

芸能人に関する噂は、根も葉もない噂だったり、単なる都市伝説だったりしますので、真に受けない方が良いでしょう。

仮に本当にお金を貸してくれる芸能人がいたとしても、その芸能人と出会うことが難しいはずですので、あなたの金策にはなんら影響しません。

②個人間融資で大口融資してくれる人はいる?

個人間融資でネットなどに、「100万円貸します!」という文言や、「200万円かしてくれる人をお探しの方!」という投稿を見かけますが、先述のとおり、危ない罠が潜んでいると考えましょう。

10万円や20万円といった金額でも危険な目にあっている人が多いですので、高額であればなおさらです。

小口だろうが大口だろうが、たいへん危険ですので、個人間融資は利用しないことをおすすめします。

③友人から電話でお金を貸してと言われた。どう断ればいい?

断わりたい場合には、「お金の話しはしない主義である」「自分もお金に困っている」など、キッパリと言い切ることが重要です。

煮え切らない回答をすると、また連絡が来る可能性があります。

友人、先輩、後輩だろうと、貸したお金は返って来ない可能性が高いので、貸したくない場合にはちゃんと断りましょう。

⓸実家に貸したお金を全額返済してもらうには?

父親や母親など、実家も含めて、身内に貸したお金を全額返済してもらうには、返済期日と返済計画を一緒に考えましょう。

また、自分の都合だけで返済の主張をすると、話しがこじれやすくなります。

息子や娘として、身内として、寄り添いながら話すとスムーズに返済されやすくなります。

⑤主人が仕事関係の人からお金を借りていた。離婚すべきか一緒に返済すべきか…?

事情や状況によって異なりますが、ご主人に愛想をつかしている場合には、離婚も一つの方法ですし、一緒に家族のピンチを切り抜けたい場合には、ご主人に協力して返済していきましょう。

どのような事情があって、今の家族の状況がどうなのかを踏まえ、妻という立場から冷静に判断しましょう。

まとめ

急に20万円が必要になって貯金が全くなければ、今日中に誰か20万円貸してくれるところを探すしかないですよね。

カードローンは借入までのスピードが最大のメリットですので、審査にさえ通れば今日中に融資を受けることができます。

10万円や20万円であれば、消費者金融を利用する場合でも収入証明書は原則不要なので手続きも非常に簡単です。

ただし、即日となると申し込み先は限定されてしまいますので、申し込むところはきちんと選びましょう。

また、先ほど紹介したように、カードローンに頼らない方法やもう少し時間に余裕がある方に適したお金を借りる方法もあります。

誰からも借りることができず、もしかしたら20万円を1日で稼ぐのは不可能と考えて貸してくれるところを探している方もいるかもしれません。

あまり大きな声では言えませんがゲイビデオに出演すれば1日で10万円を稼ぐことは可能なのです。

それ以外にも1日で数万円程度の金額を稼ぐ方法は意外とありますので、興味ある方は以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

2706view

闇金以外の今日中に即日融資できる!安心のカードローン一覧

最近は即日融資という謳い文句も増えてきて、以前に比べて急ぎでお金を借りやすくなりました。 とはいえ、まだどの金融機関も即日融資してくれるわけではありません。 今回はどんな金融機関が即日融資できるか...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談