「すぐに70万円必要!」本日中にキャッシングで借りる方法教えます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

どうしても70万円お金を用意する必要がある場合の借り方を紹介します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
「筆者から一言…」

消費者金融や銀行で、50万円を超える借入は難しいです。

それでも70万円以上の借入が必要なときはあります。

こんなときに、どうしたら70万円を用意できるか、とっておきの手段をお伝えします。

①まずは50万円を収入証明書不要のカードローンで借りる

70万円の借入を行いたい場合、70万円を1社で全額借りることはおすすめできません。

なぜなら、70万円を1社で借りるときには、収入証明書が必要になる消費者金融や銀行が多いからです。

以下ではカードローン会社の収入証明書不要額についてまとめています。

 原則収入証明書不要額(万円)
アコム50
プロミス50
プロミスレディース50
アイフル50
SMBCモビット
千葉銀行カードローン

消費者金融では、1社で50万円以上の借り入れをする場合、収入証明書が必要となってきます。

(収入証明書とは給与明細、源泉徴収票、確定申告書、税額通知書・所得証明書・納税証明書・年金証書などのことを言います。)

銀行カードローンの場合、以前は50万円以上の借入でも収入証明書が必要でないこともありましたが、近年は50万円以上の借入で収入証明書が必要となる銀行が増えているのです。

そして、融資スピードですが、消費者金融は最短即日、銀行カードローンは2~7日かかります。

また消費者金融は貸金業法の総量規制により、年収の1/3までしか貸付することができません。

(他社借入金額を含む)70万円借りるとなると、年収210万円が必要となるのです。

関連記事をチェック!

4971view

収入証明書不要で申し込めるマイカーローンはどこがおすすめ?

マイカーローンで車を購入したいが、所得証明書不要で申し込めるところはないものだろうかと思っている方は少なくないのでは。 特に自営業の方は税金対策として実際の所得よりも低く確定申告を行う人もいるため、...

収入証明書は用意するのに時間がかかります!

50万円以上の借入に必要となる収入証明書ですが、会社員の場合は源泉徴収票や給与明細書が用意しやすい書類でしょう。

しかし、源泉徴収票や給与明細は、人によって用意するのに時間がかかることが多いです。

会社によっては毎月の給与明細の発行を行っておらず、希望者だけが発行してもらう会社もありますし、受け取っていたとしても誤って紛失することもあります。

このような場合、源泉徴収票や給与明細は会社に発行してもらうことになりますが、発行を依頼してその場で受け取れないかも知れません。

本社の経理部が離れている場合には、発行依頼をして1週間以上必要な場合もあります。

70万円を今すぐにでも借りたいときには、収入証明書の準備が大きな障害となりかねません。

50万円を即日借り入れる方法と手続きの流れ

50万円までなら収入証明書なしで素早く借入ができますが、即日借入となると借入先や手段を考えなければ難しいです。

まず、即日審査対応の借入サービスは銀行では行っていません。

したがって、即日借入を希望する場合には消費者金融から行うことになります。

消費者金融では、ネット上で申込から入金まで完了するWEB完結と呼ばれる申込方法や、自動契約機を利用して短期間で借入れが完了する申込方法など、多種多様な申込方法を用意しています。

ここでは、消費者金融の中でも50万円を即日融資が可能な申込方法について、会社ごとに紹介します。

アコムですぐに50万円借りるなら無人機が最速です

消費者金融の中でもアコムで最短の借入がしたい場合は、自動契約機での申込みがおすすめです。

アコムの審査は最短30分で完了するため、非常に短時間で終わります。

しかし、審査通過後に借入を行うためには、アコムのキャッシングカード「アコムカード」の発行が必要です。

アコムカードは郵送での受取りか、自動契約機での受取りのどちらかを選べます。

郵送での受取りを選択すると、自宅に投かんされるまで1週間近く必要なこともあるため、最短での借入ができません。

したがって、自動契約機で申込を行いその場でアコムカードを受取ることが、アコムで50万円を受取る最速の方法です。

自動契約機で申込をすると、審査の時間にもよりますが1~2時間程度で50万円の借入ができます。

プロミスならアプリローンでセブンイレブンから即日借入可能

プロミスで即日借入を希望する場合には、アプリローンを利用する方法がおすすめです。

プロミスのアプリローンでは、申込から契約まではもちろん、キャッシングに関してもスマホのアプリで完結可能です。

自動契約機に行く余裕がない人や、自動契約機に抵抗がある人には非常に有り難い申込方法と言えます。

また、キャッシング用のローンカードを発行する必要もないため、スマホのアプリに対応している全国のセブンイレブンでどこでもキャッシングができます。

プロミスで50万円を借りる予定の場合、是非アプリローンを検討してみてください。

②50万円以上貸してくれないときは複数の中小の消費者金融へ

借入審査に通過しても、限度額が50万円だとすると、70万円に足りない場合があります。

また、50万円以上だと収入証明書も必要なため、短期間での借入が難しいです。

その場合は、もう1社中小の消費者金融に申し込むといいでしょう。

というのも、この際、50万円の枠を利用せずに、もう1社申し込みした方が審査は通りやすい傾向にあるためです。

なぜ、50万円の借入をする前に申込をした方が良いのか、また中小の消費者金融がおすすめな理由など詳しく確認していきましょう。

1社目でキャッシングせずに2社目を申し込む

2社目のカードローン申込前に、1社目ではまだ50万円を引き出さない方が、2社目の審査には通りやすくなります。

これは、消費者金融は申込者の借入状況について、個人信用情報を通じて照会できるからです。

既に50万円もの大金を借入れしている人と、金融機関としても新たに契約は余りしたくありません。

したがって、2社目のカードローンの審査にも無事通り、70万円を借り入れできる状況になってから、キャッシングをすることが重要です。

即日融資可能な中小の消費者金融一覧

消費者金融を選ぶときには、知名度のある大手消費者金融を選択しやすいですが、2社目のキャッシングを検討している場合には中小の消費者金融がおすすめです。

なぜなら、連続して大手消費者金融を選ぶと審査落ちする可能性が比較的高くなってしまうからです。

大手消費者金融はスコアリング審査と呼ばれる機械による審査が主流です。このため、審査基準に大きな差が出にくくなっています。

もしも、大手消費者金融1社で審査が通った場合、連続して次の大手消費者金融に申込をしても、「最初の会社で限度額一杯に借りるだろうから、うちは多くは貸せないな」と判断されてしまい、借入限度額を下げられたり、審査に通らなかったりします。

このため、2社目のキャッシング申込みは、大手消費者金融と審査基準が違う中小の消費者金融がおすすめなのです。

以下で紹介する中小の消費者金融は、大手と同じように即日融資を行っています。自分に合った会社を探してみてください。

消費者金融名特徴ホームページ
フタバ来店不要、30日間金利無料サービス有http://www.822828.jp
アルコシステム創業から30年以上の老舗https://www.alcosystem.co.jp/
フクホー女性が利用しやすいレディースキャッシング有https://www.fukufo.co.jp/

関連記事をチェック!

7389view

審査が甘い借りやすい街金融ランキング【闇金との違いを見抜いて安心利用】

銀行や大手消費者金融のカードローンの審査に通らなくても、まだ借入の可能性はあります。 それは、中小消費者金融、さらにその中でも比較的規模が小さい「街金」への申し込みです。 「街金」は正規の貸金業者...

注意①総量規制を超えた場合は返済専用のローンになることも!

消費者金融でお金を借りるときには、総量規制という法律に注意しなければなりません。

総量規制で、制限された基準を超える借入を行うことは法律で禁止されているので、基準以上の借入を行ってしまうと、追加の借入ができずに返済専用のローンとなる危険性があるからです。

総量規制では、消費者金融は年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないとしています。

注意点として、借入金額は消費者金融1社あたりではなく、借入している消費者金融全部の金額となります。

例えば、年収300万円の場合、A社で60万円借りている状態であれば、B社からは40万円以上の借入ができないと言うことです。

年収に対して高額な借入れをする場合には、総量規制に気をつけてください。

注意②申込ブラックになって審査NGとなることもあります

複数社にキャッシングの申込みをするときには、申込ブラックにならないように注意が必要です。

キャッシングの申込みをした情報は、個人信用情報を通じて金融機関に把握されますが、短期間にキャッシングの申込みをしすぎると、「この人は何か信用情報に問題があるのではないか」と思われてしまいます。

会社にもよりますが、3~4社以上の申込情報がある人は問題があると判断されてしまい、他の条件が良くてもキャッシング審査に落ちてしまいます。

このような、審査落ちしやすくなる状態を、申込みブラックと呼ぶのです。

申込ブラックになっても、最終申込みから半年が経過すれば審査に影響がなくなりますが、短期間での借入は難しくなるため注意が必要です。

最近の銀行カードローンは即日融資できません!

なお即日融資で70万円必要なら、大手消費者金融一本でしょう。

銀行カードローンは即日融資を行っておらず、2~7日での融資が基本です。

また銀行カードローンは保証会社を設けており、申込者の審査のときに、保証会社も申込者の審査を行います。

銀行と保証会社、二重に審査が行われるため時間がかかるようです。

馬太郎もレイクALSAとじぶん銀行へ申込しましたが、審査結果が出るまで1~2日かかりました。

自動契約機でローンカードを発行するにしても、2日以上はかかるとみていいでしょう。

しかし、大手消費者金融よりも金利の低い、銀行カードローンに申込みたい人も多いでしょう。

そこで、銀行カードローンの審査や、借入までのスピードについて解説していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
それでも審査の緩い銀行カードローンってあるの?

2017年より以前は、銀行カードローンの方が収入証明書の準備が必要ないことや、審査スピードが速いことから、70万円の高額の借入を行うことがおすすめされていました。

しかし、2017年以降の銀行の自主規制や政府からの要請により、銀行カードローンの風向きは大きく変わりました。

まず、反社会勢力へのお金の貸出しを防ぐために、銀行は政府のデータベースへ反社会勢力に該当しないか確認することが義務付けられるようになりました。

確認には1日以上かかるため以前のように、即日融資はできず、最速でも1日以上は審査に時間がかかります。

また、個人に対して高額貸付けを抑制するため、年収の3分の1以上は貸付を行わないことや、借入金額が50万円以上であれば、収入証明書の提出を求めるようにもなりました。

したがって、銀行カードローンの審査は、2017年以降全体的に厳しくなっています。

それでも、70万円の借入を行いたい場合の、おすすめの銀行について紹介していきます。

三菱UFJ銀行のバンクイックで70万円借りるには?

三菱UFJ銀行のバンクイックは、銀行カードローンの中でも審査スピードが速いことで有名な商品です。

ホームページで公表はされていませんが、審査に問題がなければ最短翌日から借入ができることもあるため、短期間で借入を行いたい人におすすめです。

しかし、70万円をまとめて借りるためには、収入証明書を準備する必要があります。

さらに、バンクイック申込みで提出できる収入証明書には、「源泉徴収票」が必要で給与明細では代用できません。

もしも、手元に源泉徴収票(住民税決定通知書でも可)がない場合には、取り寄せる時間も計算したうえで検討してください。

三井住友銀行のカードローンで70万円借りるには?

三井住友銀行のカードローンも、口座開設の必要がなく審査時間が短いため、短期間で借入やすい銀行カードローンです。

しかし、バンクイックと同じように50万円を超える借入には収入証明書が必要であり、状況によっては審査に時間がかかるかも知れません。

したがって、三井住友銀行カードローンを使って70万円を借りたい場合には、50万円を三井住友銀行で借りて、残りの20万円を消費者金融で借りることをおすすめします。

消費者金融で借りてしまうと、金利が高くなり利息が増えてしまいますが、短期間で借りたい場合には分割して借入を行った方が良いでしょう。

「闇金で70万円貸してくれる所ありませんか?」

もしあなたが金融事故を起こしており、ブラックリストに入っているのなら、大手カードローン会社は諦めましょう。

喪が明けるまで(信用情報から事故歴が消えるまで)、審査通過は非常に厳しいです。

なお、中小消費者金融だったら借入の可能性も十分あります。

中小の消費者金融は個別で相談を行ってくれることも多く、債務整理をして1~2年の申込者にも融資を行うなど、審査も柔軟に対応してくれます。

当サイトの馬吉先生が現職でア○ムに勤めていた頃、中小消費者金融の審査の緩さはよく耳に入っていたそうです。

  • 北海道キャネットは在籍確認の電話がない
  • 大阪のスペースは自己破産した人にも100万円融資する
  • フクホーは神審査と呼び声が高い

上記のような話が、融資を担当していたお客さんからもあり、馬吉先生は驚いたそうです。

大手消費者金融と全く審査難易度が違うワケです。

ただし、中小の消費者金融を利用するときには、闇金の存在に気をつけなければなりません。

もし仮にブラックリストでも融資を行う企業があったとしても、絶対に借り入れないでください。

闇金を利用してはいけない理由や、闇金の特徴について確認していきましょう。

関連記事をチェック!

58642view

ブラックでも借りれる消費者金融!極甘審査ファイナンスとは?

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」...

関連記事をチェック!

2829view

誰でも100%絶対借りれるヤミ金は危険!ソフト闇金なら安全?

絶対借りれるとか誰でも借りれるという、キャッチコピーで集客しているのはヤミ金です。 後で悔やまないためにも、ヤミ金だけは利用しちゃ行けません。 金利が凄く高いだけでなく、1日でも返済に遅れたら平穏...

闇金やソフト闇金の限度額が低い理由とは?

多くの闇金やソフト闇金は消費者金融と違い、5万円前後の少額の借入しか行えません。

このことは、闇金の利息の高さが理由にあります。

闇金の利息はトイチ(10日で1割)、トゴ(10日で5割)と呼ばれるように非常に高利息です。

したがって、借入金額が5万円と少額であっても、1~2か月で取り立て金額が2~30万円とすぐに高額になるため、高額の貸付をしてもうけを出す必要がないのです。

また、少額の貸付で済めば、万が一回収不能となった場合のリスクも減らせるため一石二鳥と言えます。

関連記事をチェック!

3604view

ソフト闇金なら土日でも貸してくれるの?無審査で借りれる?

ソフト闇金といえば、審査も簡単で誰でも借り入れができるイメージがありますが、土日でも融資を行ってくれるのでしょうか。 また、そもそもソフト闇金は安全に借り入れができるのかなどの特徴についても気になり...

確実に返済できる根拠がないなら闇金は利用してはダメ

闇金の支払期日は1~2週間と短期間なことが多いです。

逆に言うと、このような短期間で返済できない場合には、闇金からお金を借りてはいけません。

カードローンのように1年計画で返済をしようなどと考えていると、いつまで経って返済が終わらずに雪だるま式に借金が増えていきます。

基本的に闇金に手を出してはいけませんが、短期間で返済ができない場合にはより利用してはいけません。

70万円を急ぎでないなら他にも方法はあります!

なお今すぐでなくてもいい、という人は他のお金の工面方法もあります。

  • 目的別ローン(自動車ローン、ブライダルローン、リフォームローン、今日クローン)
  • 社会福祉協議会貸付
  • 不動産担保貸付制度
  • 定期預金担保貸付制度
  • 生命保険契約者貸付制度
  • 年金担保貸付

また借金返済なら、おまとめローンで複数の借金を一本化することで、月々の支払いを少なくし、元本を減らすようにする。

若しくは債務整理によって借金を合法的に大幅に減らす(若しくはなくす)方法もあります。

時間に余裕がある人は以下のページも併せて参考にしてください。

関連記事をチェック!

5612view

どうしても100万円借りたい!必要な時に借りる方法

100万円ほどのまとまった金額をカードローンで借りようと検討している人がいますが、本当にカードローンで借り入れるのが良いのでしょうか。 100万円を借りるのであれば、マイカーローンや銀行のフリーロー...


関連記事をチェック!

19554view

どうしてもお金を借りたい。どうすればいい?

中小消費者金融はブラックでも借りられる 即日で借りるなら大手消費者金融 利用してはいけない業者に注意! どうしても借りたい人におすすめの業者を幾つも紹介しています。 以下...

ここでは、カードローン以外の70万円の借入れ方法について紹介します。

目的ローンやフリーローン

70万円を借り入れる理由が、ブライダルや旅行など特定の理由に決まっている場合には、目的ローンやフリーローンが利用できます。

カードローンは利用目的に関係なく何にでも利用できますが、目的ローンやフリーローンはマイカーの購入や住宅の購入など、目的が決まっているときに利用するローンとなります。

目的ローンはカードローンと違って、自由に借入金を使用できませんが、その分金利が低いことが多いです。

返済が長期化する場合には利息の負担は馬鹿にならないため、1%でも低いローンを選択しましょう。

金融機関によって異なりますが、引越しローンや美容整形ローンなど様々なニーズに合わせたローンがあるため、自分の目的に合ったローンがないか探してみてください。

社会福祉協議会貸付

収入が少なく生活に困っている状況で70万円を借りたい場合には、社会福祉協議会貸付を利用することで借入ができるかも知れません。

社会福祉協議会貸付は、地方自治体が条件を満たしている人に向けて、無利息若しくは低利子でお金の貸付を行っている制度です。

利用目的によっては最大580万円まで借入ができるため、条件によっては70万円を借りることができます。

しかし、社会福祉協議会貸付は無利息で借入ができるとあって、審査の条件が厳しいです。

基本的には生活に困窮している人が利用する制度であるため、収入が激減してしまったなど特殊な事情がある場合には、自治体ごとの社会福祉協議会に相談してみましょう。

生命保険契約者貸付制度

余り知られていませんが、生命保険など積立型の保険に加入している人は、保険会社からお金を借りることが可能です。

生命保険の積立額内であれば、基本的には幾らでも借入が可能であるため、70万円を借りることもできます。

ただし、積立額が70万円に達していない場合やそもそも積立型の生命保険ではない場合には、生命保険契約者貸付制度の利用はできません。

また、返済が滞ってしまうと積立金が減ってしまったり、保険の解除をされたりする恐れもあるため気をつけてください。

70万円が必要なときの借り方、まとめ

年収にもよりますが、70万円を借りることは分割で借入ができれば不可能な金額ではありません。

しかし、70万円という高額なお金を無計画に借りてしまうと、返済ができずに破産してしまう危険性も十分にあります。

この記事では70万円を即日で借りる方法を幾つか紹介しましたが、借入前には必ず返済の計画を立てて、無理なくカードローンを利用することが大切です。

もしも、借入をしても返済が難しい場合には、まずは家族や両親など身内に相談して解決法を探ってみることもひとつの手段です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談