ORIX MONEYは総量規制が適用される?総量規制の仕組みや注意点を紹介します!

「ORIX MONEY(オリックスマネー)」を利用する際に注意しておきたい点が総量規制です。総量規制が適用されると年収の3分の1までしかお金を借りられなくなります。それでは、ORIX MONEYは総量規制の対象なのでしょうか。

本記事では、ORIX MONEYは総量規制の対象になるのか、総量規制を超える金額を借りたい場合どうすればいいのか紹介します。

総量規制とは?

総量規制とは何なのか、基本的な点を解説します。

貸金業者からの借入残高は年収の3分の1を超えてはいけない

総量規制とは、借り入れできる金額に制限をつける法規制のことです。貸金業者を利用する際には、年収の3分の1までの金額しか借りられません。全ての借入業者からの借り入れの総額が、年収の3分の1を超えてはいけないというルールです。

貸金業者とは?

貸金業者とは、お金を貸す業務を行っている業者のことです。消費者金融やクレジットカード会社などが該当します。ただし、銀行や信用金庫などは貸金業者には該当しません。クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れには総量規制が適用されるのです。

総量規制が設けられた理由

多額の融資を受けて返済に困る多重債務者が増加したことから、貸金業者による過剰な融資を防ぐために総量規制が設けられました。2010年から総量規制が実施されています。

総量規制を超える借り入れをすると処罰はあるのか?

総量規制を超える借り入れをしたとしても、借り手側が処罰されることはありません。総量規制はあくまでも貸し手側を規制する法律だからです。貸金業者が総量規制に違反した場合は行政処分を受けます。

注意点として、総量規制を超える借り入れをした場合に、借り入れが無効になることはありません。借りたお金はきちんと返済しましょう。

総量規制は複数の借り入れを総合して適用される

総量規制は、複数の借り入れを合算して適用される点に注意してください。複数の貸金業者から借り入れしている場合は、総量規制を超えてしまうケースがあります。
多くのお金が必要になった場合は、他の貸金業者からの借り入れがないのか一度確認しておきましょう。

ORIX MONEYは総量規制の対象になる

ORIX MONEYは貸金業者であり、総量規制の対象になります。この点について詳しく紹介しましょう。

ORIX MONEYは総量規制の対象になる

ORIX MONEYは貸金業者です。そのため、ORIX MONEYからの借り入れは総量規制の対象になります。ORIX MONEYの借り入れだけではなく他の貸金業者からの借り入れも合算して、年収3分の1までしか借り入れできません。

審査では収入証明書が求められるケースがある

ORIX MONEYを利用する際の希望金額によっては、収入証明書の提出を求められるケースがあります。総量規制を超える借り入れを希望していないか確認するためです。希望する金額が50万円を超えると、収入証明書を求められる可能性があります。

総量規制を超えていなくても審査に落ちることはある

注意点として、ORIX MONEYで希望金額が総量規制を超えていなかったとしても審査に落ちる可能性はあります。総量規制はあくまでも借入総額に制限を設けている制度です。
実際に融資をするかどうか判断するのはそれぞれの貸金業者の判断に任せられています。そのため、総量規制を超えない金額を希望する申込者を審査で落とすことに問題はないのです。

初回の利用で総量規制ギリギリの借り入れができる可能性は低い

審査に落ちやすい条件として、希望する金額が総量規制ギリギリのケースがあります。その場合は、審査で落ちる可能性が高いです。特に初回の利用の場合は業者から警戒されやすいため、高額を希望するのは避けた方がいいでしょう。

ORIX MONEYの審査で総量規制以外に重視される点

ORIX MONEYの審査を受ける際に、総量規制以外で重視されるポイントを紹介します。

安定した年収

ORIX MONEYを利用する際には安定した収入があることが求められます。
安定した収入がある人は、毎月しっかりと返済できるからです。毎月一定の収入を維持している人は安定した収入があるとみなされます。たとえ月々の収入が低くても、毎月収入が一定の場合は安定した収入があるために高く評価されるのです。

フリーランスなどで収入に大きな幅があり、収入が0円になる月があるような人は審査で不利になります。

在籍確認が取れる

ORIX MONEYの審査では在籍確認が行われることがあります。きちんと在籍確認が取れれば、審査で有利になるでしょう。

在籍確認とは勤務先に電話をかけて、在籍を確認することです。在籍確認ができないと、本当に勤務先で働いているか確認が取れなくなります。勤務実態がなければ、申込情報の正しさが証明できないため、審査で不利になるのです。

金融事故を起こしていない

ORIX MONEYは審査で信用情報をチェックして、過去に金融事故を起こしていないか確認します。金融事故を起こしたことがある人は審査で不利になるため、注意しましょう。

金融事故には、主に以下のようなものがあります。

  • ローンの支払いに遅れた
  • 代位弁済をした
  • 債務整理をした

例えば、ローンの支払いに遅れたことのある人は、支払い能力が低いと判断され、審査で不利になるでしょう。

代位弁済は長期延滞が原因で起こり、保証会社が利用者に代わって返済します。代位弁済を起こしたことがある人は、長期にわたって支払いを滞納しているため、信用されません。

債務整理は借金の負担を減らすための手続きであり、基本的に支払い能力の低い人が行います。債務整理をしたことがあれば、ORIX MONEYの審査に通る可能性はほとんどないといえるでしょう。

金融事故はマイナスの情報であり、金融機関は利用者の金融事故の情報を調べて把握しています。金融事故を起こしたことのある人は、審査に通る可能性がとても低いと考えてください。

書類に不備や誤りがない

ORIX MONEYに申し込みをした時に送った書類に不備や誤りがあると審査で不利になります。例えば、虚偽の情報が含まれていると審査に通らないです。また、申込情報に誤りがあると、意図したものではなかったとしても審査で不利になります。

他社からの借り入れ金額が少ない

他社からの借入金額が多いとお金に困っているとみなされて審査で不利になります。他社からの借入金額が総量規制を超えていなかったとしても、他社から借り入れている時点で審査に通りにくくなるのです。

ORIX MONEYは申込者が他社からいくら借り入れしているのか全て把握しています。他社からの借り入れがある人は、できるだけ返済をして借入額を減らしてからORIX MONEYに申し込みましょう。

総量規制を超える金額を借りる方法

総量規制を超えるお金を借りるための方法を紹介します。

銀行のカードローンを利用する

銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象外です。そのため、総量規制を超えるお金を借りたいならば、銀行のカードローンを利用するといいでしょう。多くの有名な銀行がカードローンのサービスを展開しています。

銀行カードローンは消費者金融系と比較して金利が低いのが特徴です。ただし、審査は比較的厳しく行われるため注意しましょう。消費者金融のカードローンの審査で落ちる人は、銀行カードローンの審査でも落とされる可能性が高いです。

借り換えは総量規制の対象外になる

貸金業者を利用する際に借り換えを目的とする場合は、総量規制の対象外になります。借り換えはおまとめローンと呼ばれることもあり、1社からお金を借りて他の借り入れを返済することです。借り入れを1社にまとめることができます。

借り換えの場合は、最初にまとまったお金を借りる必要がありますが、1社にまとめることで金利を下げられるケースがあるのです。借り換えは返済負担を軽減する目的で利用されるため、総量規制の対象にはなりません。

担保のある貸付は総量規制の対象外になる

総量規制の対象になるのはあくまでも無担保の貸付の場合です。貸金業者を利用する場合でも、担保を付ける場合には総量規制の対象にはなりません。担保を用意すると、万が一返済が滞った場合は債権者が担保を回収できるのです。

担保のある貸付の場合は、そもそも過剰な借り入れが行われる可能性は低いため、総量規制の対象外となります。

配偶者の同意があれば年収を合算できる

カードローンを利用する際には、配偶者の同意を得ることで年収を合算できます。年収を合算すれば、アルバイトやパートとして働いている方も、総量規制を超えるお金を借りられるのです。
ただし、あくまでも配偶者の同意があることが重要な点に注意しましょう。配偶者に黙って勝手に同意を得たことにしてお金を借りてはいけません。

また、配偶者貸付を利用する場合は、審査で配偶者の返済能力をチェックされます。配偶者の信用情報に問題がある場合は、配偶者貸付でも審査に落ちるケースがあるのです。
配偶者がすでに貸金業者から借り入れしている場合は、配偶者貸付でも総量規制に引っかかる可能性があるでしょう。

銀行カードローンのおすすめ

総量規制が適用されない銀行カードローンでおすすめのサービスは、以下の通りです。

  • 楽天銀行スーパーローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

それぞれのサービスの特徴を紹介しましょう。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは最大800万円まで借りられる銀行系カードローンです。金利は1.9%から14.5%。申込方法はWeb完結です。楽天会員ランクに応じた審査優遇の制度があります。楽天会員になっている方におすすめできるサービスです。

返済プランは月々2,000円から。コンビニエンスストアなどの提携ATMだけではなく、インターネットや振込による返済も可能です。

サービス名 楽天銀行スーパーローン
融資限度額 最大800万円
金利 1.9~14.5%
申込方法 Web完結

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは金利が2.0%から14.0%のカードローンです。24時間Webから申し込みでき、来店は郵送は不要の、Web完結サービスです。

10万円から800万円まで借りられます。返済はコンビニATMから可能で、月々の返済額は2,000円からです。

サービス名 みずほ銀行カードローン
融資限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
申込方法 Web完結

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは融資限度額800万円、金利が1.7〜14.8%のカードローンです。Web完結で、提携ATMの利用手数料は無料。全国に10万台以上のATMで利用可能です。返済額は月々3,000円からで、無理のない返済プランを立てられます。

ガン保障特約付きプランの「Bright」に加入すると、保険料の負担は0円です。保障内容は「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」時に借入残高が0円になります。

サービス名 オリックス銀行カードローン
融資限度額 800万円
金利 1.7~14.8%
申込方法 Web完結
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事