ウルトラペイ後払いのコンビニでの手続きのやり方と審査について解説

「ウルトラペイ(ultra pay)」とは、株式会社ULTRAとオリエントコーポレーションが運営するVisaプリペイドカードアプリです。事前に残高をチャージしてネットショッピングの決済に利用したり、リアルカードを発行すれば実店舗の決済に利用できたりします。

また、プリペイド式のウルトラペイはチャージしないと利用できませんが「こんど払いbyGMO」という機能を使えば、後払いも可能です。後払いで利用した金額の支払期限は翌月末なので、給料日前で現金の余裕がない時などに役立つでしょう。

本記事ではウルトラペイの後払い機能である、こんど払いbyGMOについて詳しく解説します。実際の利用方法をはじめ、注意点などをまとめているので、これから利用を考えている人は参考にしてください。

ウルトラペイの後払い機能「こんど払いbyGMO」とは?

ウルトラペイの「こんど払いbyGMO」とは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が立替払いする後払い機能です。「いま買って、こんど払おう」をコンセプトとしており、携帯電話番号とメールアドレスの認証のみで利用できます。

利用月の翌月1日ごろに利用金額をまとめて請求。月末までにコンビニエンスストアで支払いを済ませる必要があります。その他にも、こんど払いbyGMOには次のような特徴があります。

  • チャージ時と支払時に所定の手数料が発生
  • 支払状況にかかわらず立替払いを実施
  • 注文ごとに与信判定(審査)を実施

利用時に簡単な審査を実施

こんど払いbyGMOは、利用ごとに与信審査を行います。リアルタイム与信のため、審査にかかる時間は認証手続き後1秒程度です。すぐに利用可否が分かり、待ち時間が発生しません。

審査基準については公表されていません。ただし、こんど払いbyGMOを提供するGMOペイメントゲートウェイ株式会社に未払いがあったり、支払いが遅れていたりすると返済能力を疑われて審査に落ちる可能性が高いでしょう。

ウルトラペイ「こんど払い byGMO」の利用方法

ウルトラペイ「こんど払いbyGMO」の利用方法を解説します。

  • チャージ方法
  • 支払い方法
  • 後払い限度額
  • 後払い手数料

こんど払いbyGMOをスムーズに使うためにも、事前に手順を確認しておきましょう。

チャージ方法

こんど払いbyGMOを利用してウルトラペイにチャージする方法は、次の通りです。

  1. ウルトラペイアプリの「チャージする」から「こんど払いbyGMO」を選択
  2. 氏名・生年月日を確認後、利用規約を確認して問題がなければ「こんど払い利用規約に同意する」を選択
  3. 「金額入力へ進む」を選択
  4. 金額を入力して、同意事項を確認したら「上記内容に同意する」を選択
    ※2,000円でチャージ申請をした場合、手数料100円を差し引いた1,900円がチャージされる
  5. 認証へ進んだら、SMSに送信される「認証コード」を入力して規約を確認したら「利用規約・個人情報取扱条項に同意」「つぎへ」の順で選択
  6. お支払情報の受信先となるメールアドレスを入力したら「つぎへ」を選択
  7. メールアドレスに届いた「認証コード」を入力したら「つぎへ」を選択
  8. 手続き完了
  9. ウルトラペイアプリの「お知らせ」画面より、チャージが完了したことを確認する
  10. ウルトラペイアプリに「こんど払いご利用中」が表示される

参照元:ultra pay カードの後払い機能「こんど払い byGMO」とは? | ultra pay カード

支払い方法

こんど払いbyGMOを利用した場合、利用月の翌月1日ごろにGMOペイメントゲートウェイ株式会社からSMSと登録したメールアドレスに「お支払い情報確認ページ」のURLが届きます。
内容を確認して、当月末までにコンビニエンスストアで支払いを済ませてください。

【支払い手順】

  1. SMSや登録したメールアドレスに届いたURLを選択する
  2. 登録した携帯電話番号を入力する
  3. 利用内容を確認後、「お支払い情報確認ページ」へ進む
  4. 支払先となるコンビニエンスストアを選択したら、手続きに必要な番号を発行する
  5. 指定したコンビニエンスストアで支払う

支払先に指定できるコンビニエンスストアは次の通りです。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セイコーマート

後払い限度額

ウルトラペイの後払い機能である「こんど払いbyGMO」には利用限度額があります。ただし、利用限度額は利用者ごとに異なり、一律に定められていません。利用者の利用実績によって限度額は設定されています。

また、初回利用時は誰でもチャージ限度額の上限は2,000円です。利用手数料100円が含まれるため、実際に利用できるのは1,900円となるので注意してください。

こんど払いbyGMOの利用限度額が上がるかどうかを左右するのが、良好な利用実績です。支払期日に遅れずに後払い料金を支払うことを継続すれば、後に1万円、2万円と上がる可能性が高いでしょう。

後払い手数料

こんど払いbyGMOを利用する際に、チャージ手数料と、チャージ金額を支払うシステム利用料が発生します。

①チャージ手数料
チャージ金額に応じて所定の手数料が発生します。チャージ手数料が一概にどのくらいなのかは公表されていません。公式ページでも「詳しい手数料はチャージする際に画面上に表示された金額を確認してください」と伝えています。

チャージ金額に応じて手数料が変動する仕組みですが、初回利用時については2,000円のチャージに対して100円の手数料が発生します。

②チャージ金額支払時のシステム手数料
こんど払いbyGMOを利用する際に、GMOペイメントゲートウェイ株式会社へのシステム利用料も発生します。チャージ金額に対し、次のシステム利用料を加えた金額を支払ってください。

  • 1ヶ月のお買い物金額の合計が5万円未満の場合:330円(税込)
  • 1ヶ月のお買い物金額の合計が5万円以上の場合:660円(税込)

2,000円をチャージした場合、チャージ金額の支払いは2,330円です。また、システム利用料はチャージごとに支払うのではなく、1ヶ月の利用に対して支払います。月に複数回のチャージを行ったとしても手数料は一律です。

参照元:ultra pay カードの後払い機能「こんど払い byGMO」とは? | ultra pay カード

ウルトラペイ「こんど払い byGMO」の注意点

最後に、こんど払いbyGMOの注意点を解説します。

  • 最初は後払い上限金額が低い
  • こんど払いbyGMOにチャージできるのは月1回だけ
  • 支払方法はコンビニエンスストアのみ

注意点別に解説します。

最初は後払い上限金額が低い

こんど払いbyGMOの初回チャージ限度額は2,000円(実質1,900円)です。1万円を超えるチャージをするには、良好な利用実績を築くしかありません。こんど払いbyGMOを利用したら、期日通りに支払うことを繰り返しましょう。

こんど払いbyGMOの上限額が上がらなければ、後払い機能を有意義に活用できません。こんど払いbyGMOのチャージ上限額が低くて困るという場合、他の後払い決済サービスを利用する、現金で支払うといった対応をしてください。

こんど払いbyGMOにチャージできるのは月1回だけ

こんど払いbyGMOにチャージできるのは、月に1回までです。クレジットカードのように、締め日までに返済して利用限度額を戻すことはできません。また、こんど払いbyGMOの支払完了後、再度チャージできるまでに最大10日程度かかる場合があります。

支払方法はコンビニのみ

こんど払いbyGMOの支払方法は、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマートといったコンビニエンスストアに限定されます。銀行振込や口座振替などの支払方法は選べないので注意してください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事