マエカリ後払いはサービス終了!代わりに使える後払いアプリはある?

後払い決済の方法としてマエカリ後払いを利用したい……
マエカリ後払いのサービス概要を知りたい……
後払いができるマエカリを最近見かけない気がする……

このように、「マエカリ後払い」について気にする人もいるのではないでしょうか。マエカリ後払いは、後払い決済の一つとして人気でしたが、現時点では終了しているサービスです。そのため、後払い決済として利用ができません。

今回は、マエカリ後払いについて解説し、その後にマエカリ以外に後払いができるアプリを紹介します。また、後払いアプリのメリット・デメリット、後払いアプリ以外で現金をすぐに用意する方法をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

「すぐにでも5万円ぐらいのお金が必要」という人は、カードローンを利用しましょう。カードローンも基本的には翌月の後払いなので安心です。

5万円借りて30日後に完済した場合の利息はおよそ800円未満(借入額5万円、借入日数30日、金利年18.0%で計算)、さらに、無利息サービスがある業者を利用すれば利息0円でお金を借りることができます。
まずは下記の公式サイトをしっかりと確認し、返済シミュレーションや借入診断を行ってみてください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

マエカリ後払いは2019年12月4日にサービスが終了

「マエカリ後払い」は、2019年12月4日にサービスが終了しています。クレジットカード会社のポケットカードが提供する後払いワイドの別名称で、ファッション通販サイトMUSE&Co.(ミューズコー)の決済に対応していた後払いサービスです。

支払いは最大2ヶ月後で、分割払いやリボ払いにも対応。簡単な審査に通ると購入商品と払込票が発送されて、後日コンビニエンスストアや銀行ATMで後払いできる仕組みでした。

「後払いワイド」は現在もサービス継続中

「マエカリ後払い」はサービスを終了していますが、後払いワイドは現在もサービスを継続しています。特徴と利用方法を解説するので、後払い決済の方法として、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

申込資格 18歳以上(高校生を除く)の電話連絡可能かつ安定した収入のある人、またはその配偶者
支払期日 毎月1日
※1日が金融機関休業日の場合、翌営業日
利用可能枠 上限30万円(要審査)
※初回利用時の商品購入金額は上限10万円
支払手段 払込票(コンビニエンスストア、銀行)
口座振替
支払方法 1回払い
分割払い
リボ払い
※初回利用時の分割払い・リボ払いは、会員専用ネットサービスから変更手続きが可能
※2回目以降は商品購入時に選択可能
利用可能な加盟店 PCボンバー
わたネット
わたピック
ひかりTVショッピング
LOBOR JAPAN(ロバージャパン)
タンタンショップ+Plusプラス
サイクルワンダー
東洋羽毛 など
手数料 分割払い・リボ払い手数料:実質年率15.00%
その他に発生する手数料 【コンビニ払いの手数料】
初回:ポケットカード株式会社で負担
2回目以降:支払先および支払金額に応じて負担
【銀行振り込みの手数料】
利用者で負担
※金融機関によって振込手数料は異なる
【口座振替の手数料】
無料
問い合わせ先 【ポケットカード後払いサービスデスク】電話番号06-7732-7676
受付時間:9:00~17:30(年始休業)

【利用方法】

  1. 各ネットショップの支払方法選択時に「後払いワイド」を選択
  2. 決済画面にユーザー情報を入力:ネットショップで登録している場合は自動入力
  3. 本人確認書類アップロード:スマートフォンなどのカメラアプリや画像ファイルからアップロード
  4. SMS認証:決済画面に入力した携帯電話番号へ4桁の認証コードを送信
  5. 審査開始: 9:00~20:00までの申し込みは即日、夜間の申し込みは翌日の回答
  6. 審査終了・決済完了:自宅に会員規約および案内書面(仮ID・仮パスワード記載)が郵送

参照元:後払いワイド|クレジットカードのポケットカード株式会社

マエカリ以外に後払いができるアプリは?おすすめ5選

マエカリ後払いはすでに終了したサービスですが、その他にも後払いアプリやサービスが多く存在します。審査なしでカードを発行できたり、メールアドレスと電話番号だけで後払いができたりするなど、特徴もさまざまです。

おすすめの後払いアプリ5選は以下の通りです。

  • Kyash
  • Paidy
  • メルペイ
  • atone
  • ウルトラペイ

それぞれの後払いアプリを比較した上で、利用しやすいサービスを選んでみてください。

今すぐ現金が必要な人はカードローンが最適です。まずは下記の公式サイトをチェックしてみてください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

Kyash

Kyash(キャッシュ)は、アプリから審査・本人確認なしでVisaプリペイドカードを発行できます。後払い機能の「イマすぐ入金」では、必要金額を入力するとKyashの残高にチャージ。利用月の翌月末までに精算すればいいので、急にお金が必要になった時に役立ちます。

利用限度額は利用状況や返済状況で変化するため、イマすぐ入金の利用頻度が高ければ限度額も上がる可能性が高いでしょう。チャージ金額の範囲内なら、Visa加盟店のネットショッピングで利用できます。
また、Apple PayとGoogle Payに対応しているので、QUICPay加盟店でスマホ決済が可能です。

【Kyash「イマすぐ入金」基本情報】
利用限度額 5万円
精算方法 コンビニ払い
手数料 3,000〜1万円:500円
1万1,000〜2万円:800円
2万1,000〜3万円:1,150円
3万1,000〜4万円:1,500円
4万1,000〜5万円:1,800円
精算期限 翌月末まで
注意点 「イマすぐ入金」を使うたびに手数料が発生
実店舗の決済にはリアルカードの発行が必要
公式サイト https://www.kyash.co/

Paidy

Paidy(ペイディ)の後払い機能「あと払いペイディ」はメールアドレスと電話番号があれば、ネットショップでの商品購入やサービス料金の支払いに利用できます。
利用限度額はユーザーによって異なり、申請のたびにアプリ画面内に表示。具体的にどのくらいの金額が設定されているのかは、利用してみないと分かりません。

また、本人確認をすると「ペイディプラス」に無料でアップグレードされ、「3回あと払い」を利用できます。

【Paidy「あと払いペイディ」基本情報】
利用限度額 利用者によって異なる
精算方法 コンビニ払い
口座振替
銀行振り込み
手数料 支払い方法によって手数料が異なる
口座振替:0円
コンビニ払い:356円
銀行振り込み:利用する銀行によって手数料は異なる
精算期限 翌月10日
注意点 利用限度額は申し込みの都度変動する
翌月支払いが遅れると精算するまで利用できない
公式サイト https://paidy.com/

メルペイ

メルペイとは、メルカリの売上で決済できるキャッシュレス決済アプリです。そのうち「メルペイスマート払い」という機能を使えば、審査なしで後払いができるようになります。
後払いの精算方法は、メルカリの売上残高から引き落したり、口座からの引き落し、コンビニ払いなど複数の選択肢の中から選べたりします。

メルペイスマート払いを利用するには、メルカリアプリ内で本人確認が必要です。運転免許証やマイナンバーカードといった書類が必要なので、用意した上で手続きを進めましょう。

利用限度額はメルカリやメルペイの利用状況が影響する可能性が高く、人それぞれ金額が異なります。普段からメルカリやメルペイをよく利用しているなら、初回から高い利用限度額が設定される場合も。また、定額払いという分割決済の機能もあります。

【メルペイ「メルペイスマート払い」基本情報】
利用限度額 利用者によって異なる
精算方法 メルペイ残高から引き落とし
口座振替
コンビニ払い、ATM払い
手数料 コンビニエンスストア、ATMで精算する場合は手数料が発生
~2,000円:220円
2,000~2万円:330円
2万~3万5,000円:550円
3万5,000~4万円:770円
4万~:880円
メルペイ残高、口座振替:0円
精算期限 月末まで
注意点 メルカリユーザーでないとメリットが少ない
メルカリの利用実績によっては利用限度額が低く設定される可能性高い
公式サイト https://www.merpay.com/

atone

atone(アトネ)とは、ネットショッピングと実店舗での決済に使える後払いアプリです。SMSの認証とメールアドレスがあれば登録できます。
atoneロゴがあるネットショップと実店舗で使用してください。利用限度額はスマホアプリからすぐに確認が可能で、5万円を基準に変動します。

また、利用代金200円で1ポイント(1円相当)がたまります。atoneの利用料金や商品などと交換可能な点も、魅力的なポイントの一つです。

注意点として、実店舗でのQRコード決済はatoneの利用履歴が基準を満たしていないと使えません。atoneの利用実績が少ない場合、QRコード決済が使えないので事前に確認しておきましょう。

【ネットプロテクションズ「atone」基本情報】
利用限度額 5万円を基準に利用実績に応じて変動
精算方法 コンビニ払い
請求書
口座振替
手数料 コンビニ払い、請求書:209円
口座振替:0円
精算期限 翌月20日
注意点 実店舗で利用できるのは限度額の30%まで(限度額5万円なら1万5,000円)
公式サイト https://atone.be/

ウルトラペイ

ウルトラペイに登録すると、Visaのプリペイドカード式のバーチャルカードが発行。審査なしで登録したその日のうちに利用できます。

後払い機能の「こんど払い by GMO」を利用するには、本人確認をしてリアルカードを取得する必要があります。初回は2,000円の後払いチャージとなるため、他の後払いアプリを比べたら、利用限度額が低い点に注意してください。
ただし、利用を繰り返せば時間はかかりますが、限度額はアップする可能性が高いです。

【ウルトラペイ「こんど払い by GMO」基本情報】
利用限度額 5万円を基準に利用実績に応じて変動
精算方法 コンビニ払い
手数料 【こんど払いチャージ手数料】
2,000円:100円
2,000〜4,000円:200円
4,000〜1万円:500円
【支払手数料】
利用額合計が月当たり5万円未満:330円
利用額合計が月当たり5万円以上:660円
精算期限 翌月末まで
注意点 こんど払いでチャージをするたびに手数料が発生する
実店舗で使うにはリアルカードの発行が必要
公式サイト https://ultra-pay.co.jp/

後払いアプリのメリットは?3つのポイントをチェック

後払いアプリのメリットは以下の3点です。

  • 審査通過難易度が低い
  • 簡単に後払いできる
  • 手元に現金なくても買い物できる

それぞれのメリットについて解説します。

審査通過難易度が低い

後払いアプリは原則として審査なしで登録できます。後払い機能を使う時だけ簡単な審査を実施しますが、クレジットカードやカードローンとは審査基準や審査で重視する項目が異なる傾向です。
アプリの利用実績や返済状況などを考慮した独自審査を行っているため、信用情報の内容に問題があったり、金融事故を起こしたブラックの状態でも利用できる可能性が高いです。

簡単に後払いできる

後払いアプリはスマートフォンがあれば支払えるので、手軽に利用できます。クレジットカードのように申込時に多くの情報を入力したり、審査通過後にローンカードを受け取るといった手順は基本的に不要です。
審査なしで登録や後払いの申請も行えるので、クレジットカードよりも利用するためのハードルが低い点が特徴といえるでしょう。

手元に現金なくても買い物できる

手元に現金がなくてもアプリで後払いに申し込んで買い物できるのは、後払い決済の画期的な特徴です。
今すぐ買わないと売り切れそうな商品、セール期間中で買い逃したくない商品があるといったケースは普段の生活の中であるでしょう。そんな時でも、財布の中身や銀行口座の残高を気にせず、購入できるのは後払いアプリならではの利便性の高さです。

後払いアプリのデメリットは?注意したいポイントは3つ

後払いアプリを使う上での注意点は3つあります。

  • 利用手数料が高め
  • 利用できる店舗が限定される
  • 現金化は禁止

デメリットや注意点といっても、事前に把握しておけば大ごとにはならない内容です。それぞれについて解説するので参考にしてください。

利用手数料が高め

後払いアプリで後払いする際に利用手数料が発生し、一般的に高めの傾向です。クレジットカードなら翌月払いなら手数料0円で後払いができるのに対し、数百~数千円の手数料がかかる点は後払いアプリのデメリットといえるでしょう。

いざという時に後払い機能は頼りになりますが、利用頻度が高いと手数料分だけ損をするので気をつけてください。

利用できる店舗が限定される

後払いアプリに対応する店舗は徐々に拡大の傾向にあるものの、それでも利用できる店舗はクレジットカードと比べたら限定されます。例えば後払いアプリでは、公共料金やガソリンスタンドでの支払いに対応していないので注意が必要です。

現金化は禁止

どうしても現金が必要な時に、後払いアプリを利用して現金化する行為は規約違反に該当します。現金化が発覚した場合、アプリのアカウント停止の措置を取られる場合も。その場合、利用残高が残っていても使えなくなるため、結果的に損をしてしまいます。

また、後払いアプリでの現金化はリスクが高いだけでなく、見合ったリターンがありません。すぐに現金が必要な人は、次で紹介する「後払いアプリ以外で現金を用意する方法」のいずれかで金策を実施してください。

今日中にお金が必要な方は以下のカードローンを利用しましょう。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

後払いアプリ以外で現金を用意する方法は?急ぎの人におすすめの方法

後払いアプリ以外ですぐに買い物をしたい、または現金が必要な人におすすめの方法を紹介します。

単発バイトで稼ぐ

お金がないなら、アルバイトをして稼ぐのが手っ取り早い方法です。働いた当日に給料をもらえる単発の日雇いバイトなら、すぐに現金を用意することが可能です。

その他にも、単発の日雇いバイトがおすすめの理由は以下の通りです。

  • スキマ時間で効率良く稼げる
  • 日雇いバイトの登録手続きは簡単
  • 軽作業などの誰でもできる仕事が多い
  • 単発の仕事だから人間関係に左右されない

本職や学業などの合間の時間を使ってしっかり稼げます。バイト検索アプリを使えば、登録や申し込み、給料振り込みまでの手続きを一貫して行えますし、面倒な履歴書の提出や面接を受ける必要がありません。

申し込んだ当日から働ける仕事もあるので、すぐに現金が必要な人は登録してみる価値はあるでしょう。平均時給1,000円を超える求人も多く、タイミング次第ではさらに条件の良い日雇いバイトを見つけられる可能性が高いです。

カードローンで借りる

すぐに現金を用意する方法として有効なのがカードローンの利用です。申し込み時に審査はあるものの、通過すれば利用限度額の範囲内で何度でも自由に融資を受けられます。

カードローンの特徴・メリットは以下の通りです。

  • 担保・保証人なしで融資を受けられる
  • 自分の都合の良いタイミングで借り入れと返済ができる
  • 現金が手に入るので使い道の幅が広くなる
  • 大手消費者金融なら金利0円無利息期間サービスを提供している
  • 消費者金融カードローンなら最短即日融資が可能

後払いアプリとは違ってカードローンは現金を直接入手できます。カードローンもアプリで申し込みから借り入れ、返済までの全ての手続きを完結できるので気軽かつ利便性が高いです。
また、自宅や勤務先に電話連絡や郵便物の発送なしにできたり、簡易審査を受けたりもできます。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事