カードローンには手を出すな?賢く安全に利用する方法とは

「消費者金融カードローンはやばいから手を出すな」
「消費者金融カードローンから一度でも借りたら人生が終わる」

世間一般的に消費者金融からお金を借りると聞くとマイナスなイメージを持たれがち。「怖い人が取り立てに来る」「一度借りたら有り得ないくらいに高い利息が付く」など、リスクが高いと思っている人もいるかもしれません。

消費者金融は貸金業登録を受けており、貸金業を順守して営業を行います。消費者金融カードローンからお金を借りて怖い思いをしたり、危険な目に遭ったりする心配はなく、むしろ金策として賢く安全に利用できる方法なのです。

当記事では、消費者金融カードローンに手を出すなといわれる理由をはじめ、利用を失敗しないための方法について解説します。消費者金融カードローンに対するよくある質問などもまとめているので、ぜひ最後までチェックしてください。

消費者金融カードローンってやばい?「手を出すな」といわれる理由をチェック

消費者金融カードローンは利便性の高いサービスですが、利用するにはいくつかのリスクがあるため「手を出すな」といわれています。

消費者金融カードローンを利用するリスクは、以下の通りです。

  • 借入金額以上の返済が必要
  • 返済期間が長期化しやすい
  • 借り過ぎになるリスクが高い
  • 総量規制の対象になる

ただし、前もってどんなリスクがあるかを把握しておけば、注意して利用できるので問題ないでしょう。

金利が発生するため借入金額以上の返済が必要

消費者金融カードローンからお金を借りるに当たって、必ず金利が発生します。返済しなければいけないのは「元金+利息を合わせた金額」となるため、総支払額は借入金額以上となるのを避けられません。

消費者金融カードローンの金利は日割り計算なので、返済期間が長期化すればその分返済金額が増えます。消費者金融カードローンの上限金利は年18.0%程度に設定。例えば、年18.0%で30万円を借りた場合、1ヶ月後に発生する利息は約4,500円です。これが50万円になると約7,500円というように、どんどん増えます。

総支払額を抑えたいなら、借入金額は必要最低限かつ短期間で完済するしかありません。

返済期間が長期化しやすい

消費者金融カードローンの返済は「リボ払い(リボルビング払い)」が適用されるのが一般的です。毎月の返済額を低くすれば負担は減りますが、その分元金や借入残高は減りません。結果的に完済までにかかる期間が長期化して、支払総額が増える可能性が高いです。

だからといって返済額を高く設定すれば、返済不能に陥るリスクが高くなるだけ。返済ができなければ、滞納による信用力の低下や遅延損害金の発生につながります。
そうならないためにも、負担のない範囲内、かつ早期完済が可能な返済金額を設定して、繰り上げ返済を活用するなどしてください。

借り過ぎになるリスクが高い

消費者金融カードローンは、利用限度額の範囲内であればいつでも何度でもお金を借りられる便利さがゆえに、借り過ぎてしまうリスクが高いです。
特に返済管理ができない人は、気付いた時には返済能力を超えるくらいに借りていた、となっているかもしれません。

消費者金融カードローンの利用限度額は、契約者の年収や属性、信用情報の内容を参考にして個別に設定されます。
どうしてもお金が必要な時に、消費者金融カードローンは心強い存在です。しかし借り過ぎにならないためには「利用限度額を低くする」「確実に返済が可能な計画を立てておく」といった心掛けが必要です。

滞納すると今後のライフプランに支障が出る

消費者金融カードローンの返済を長期間滞納すると、全ての信用取引の審査通過が難しくなるといったリスクを考慮しないといけません。信用情報に「滞納した」という情報が登録されるからです。
将来的にマンションや自動車の購入を考えている、教育費をローンで支払おうと考えていても、審査に通らなければ現金で用意せざるを得なくなってしまうでしょう。

信用情報は消費者金融カードローンだけでなく、クレジットカードや各種ローン、携帯電話端末の分割契約などの審査で使われます。過去に滞納の情報が登録されていると、ほとんどの審査に落ちます。

総量規制の対象になる

貸金業者からの借り入れには総量規制という「年収の3分の1を超えることはできない」という規制があります。
貸金業者とは消費者金融以外にクレジットカード会社や信販会社などが該当。利用者がどんなに強い返済意思を持っていたとしても、貸金業者は年収の3分の1を超える融資を行えないようになっています。

例えば、借り入れする人の年収が300万円だとしたら、借入可能額の上限は100万円です。
なお、複数の貸金業者から借り入れがある場合は、借入総額が総量規制の対象となるため注意してください。300万円の年収の人がA社で50万円借りていたら、50万円を超える借り入れはできないということです。

これなら大丈夫!消費者金融カードローンで失敗しないための方法を徹底解説

消費者金融カードローンには手を出すなといわれる理由を解説しましたが、実はそれらに対する明確な対処法があります。消費者金融カードローンは利便性の高いローンサービスなので、事前に対処法をチェックして、ぜひ有効活用してください。

消費者金融カードローンで失敗しないための方法は、以下の通りです。

  • 無利息期間内に完済する
  • 繰り上げ返済を活用する
  • 借りるのは必要最低限の金額だけ
  • 事前に返済計画を立てておく
  • メールやアプリへの通知サービスを活用する

それぞれの方法について解説します。

無利息期間内に完済する

消費者金融カードローンの金利が発生する点についてですが、無利息期間サービスを活用すれば対処できます。
大手消費者金融を中心に、初回契約者限定で無利息期間サービスを提供。利用する消費者金融カードローンによって期間は異なりますが、30~最大180日間は利息が1円も発生しません。

【無利息期間を提供する消費者金融】
消費者金融会社 無利息期間
アコム 初回契約日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
レイク 30日間:レイクの契約が初めてで自動契約機または電話申し込み選択、契約額が200万円超の人(借入額全額)
60日間:レイクの契約が初めてでWeb申し込みを選択、契約額が1万~200万円の人(借入額全額)
180日間:レイクの契約が初めてで契約額が1万~200万円の人(借入額の5万円まで)

無利息期間内に完済すれば、元金をそのまま返済するだけです。無利息期間が終了しても無利息期間は利息なしで計算されるため、実質的に低金利で借りられます。

繰り上げ返済を活用する

消費者金融カードローンの返済期間が長期化しやすい点については、繰り上げ返済を活用するのが有効です。繰り上げ返済とは、毎月1度の約定返済日に加えて追加で返済する制度。繰り上げ返済をすれば、その分返済期間を短縮できます。
また、約定返済だけで完済するよりも、利息や支払総額の軽減が可能です。

借りるのは必要最低限の金額だけ

消費者金融カードローンで借りるのは、必要最低限の金額だけにしてください。どの消費者金融も数千円単位から借りられます。返済能力もないのに設定された利用限度額の全てを借りるようでは、滞納してしまう恐れがあるからです。

事前に返済計画を立てておく

利便性の高さがゆえに借り過ぎのリスクが高い消費者金融カードローンですが、事前に返済計画を立てておけば未然に防げます。
「返済計画なんてどうやって立てればいいの?」という人は、各消費者金融カードローンの公式サイトに設置されている「返済シミュレーション」を活用してください。

返済シミュレーションでは、以下の3つの項目を入力するだけです。

  • 希望借入金額
  • 貸付利率(実質年率)
  • 返済回数

毎月の返済金額や利息、返済後の残高を契約前に調べられます。毎月の収入から固定費などを差し引いてみて、どのくらいの金額なら負担なく返済できるのかを把握しまでしょう。

メールやアプリへの通知サービスを活用する

消費者金融カードローンの多くで、約定返済期日や返済金額をメールやアプリから通知してくれるサービスを提供しています。借り入れの状況を把握できるのはもちろん、返済日を忘れるといったトラブルを回避できるでしょう。

利用する前に知っておきたい!消費者金融カードローンのよくある質問まとめ

「消費者金融カードローンに手を出すな」というイメージを持っている人の中には、消費者金融の審査や取り立て内容について十分に把握できていない可能性が高いです。ここでは消費者金融カードローンのよくある質問とその答えを紹介します。

【質問①消費者金融カードローンの審査は甘いの?】

結論からいうと、消費者金融カードローンの審査は甘くはありません。貸金業法によって、返済能力のない人に過剰な融資を行わないと定めているからです。
信用情報機関に金融事故の情報が登録されていたり、申込者本人に安定収入がない、総量規制に抵触していたりすると審査に落ちてしまうでしょう。

ただし、審査が甘くないとはいっても、厳選した一部の人しか借りられないという心配はありません。パート・アルバイトや派遣社員であっても、安定収入を得ているのが認められれば、審査に通過する可能性が高いので安心してください。

【質問②消費者金融の取り立ては怖い?】

消費者金融が取り立てを行う場合、貸金業法違反にならない範囲内で実施します。返済が遅れた場合、返済のお願いと返済日の確認を理由に携帯電話まで電話をかけてきます。また、自宅に電話をかけてきたり、督促状を送ったりといった手段を取る場合もあるでしょう。

自宅や勤務先への訪問、第三者に返済を要求、深夜にドアをたたいて大声を出すような取り立ては貸金業法で厳しく制限しています。

【質問③消費者金融カードローンを利用すると雪だるま式に借金が膨らむのでは?】

消費者金融カードローンの金利は公式サイトでもしっかりと明示されています。利用者は借りる前に金利を確認できるので、雪だるま式に借金が膨らむ心配はありません。また、消費者金融の金利は貸金業法で年15.0~20.0%が上限という規制があります。

【質問④消費者金融はサラ金や闇金とは違う?】

消費者金融は「サラ金」や「闇金」とは違います。ただし、過去にサラ金と呼ばれていたものが、現在の消費者金融です。
サラ金だった頃は貸金業法で融資や取り立てに関する規制がなかったため、消費者にとって不利なサービスを提供していました。このサラ金時代のイメージを払拭(ふっしょく)できず「消費者金融カードローン=手を出すな」という認識になっているのは否めないでしょう。

しかし、すでに伝えたように、現在は貸金業法で融資や取り立てについて規制しています。法外な利息や威圧的な取り立てを行うと貸金業者が行政処分の対象となるので安心してください。

その一方で絶対に注意したいのが闇金です。闇金とは、貸金業登録をせずに貸金業を営む違法業者です。貸金業登録を行わない無登録業者なので、貸金業法を順守しません。法外な金利が課されるのをはじめ、厳しい取り立てを受けるのを避けられないでしょう。

また、10日で1割(トイチ)をはじめ、10日で5割(トゴ)などの金利が発生する、早朝や深夜に自宅に押しかけてくる、借金を返済しない旨を貼り紙で周囲に知らされるなど、とことん追い詰められるので注意が必要です。

【質問⑤消費者金融カードローンは多重債務になりやすい?】

消費者金融カードローンは「貸せる金額は個人の年収の3分の1以下」という総量規制に加えて、申込者の返済能力や信用情報の内容を踏まえて借入限度額を設定します。
返済能力を超える融資を規制していますが、計画性のない利用をすれば多重債務になりかねないので注意しましょう。

【質問⑥クレジットカードのキャッシング機能とは何が違う?】

お金を借りたい時、消費者金融カードローン以外にクレジットカードに付いているキャッシング機能を利用する方法があります。消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の違いは、借入限度額と金利です。

消費者金融カードローン クレジットカード
金利(実質年率) 3.0~18.0%程度 15.0~18.0%程度
借入限度額 10万~800万円程度 10万~100万円程度

キャッシング機能は、あらかじめ設定された借入限度額の範囲内なら、クレジットカードをローンカード代わりにして、銀行やコンビニエンスストアのATMからすぐに現金を引き出せます。すでにクレジットカードにキャッシング枠が付いていれば、新たに審査を受ける必要はありません。

おすすめ消費者金融カードローン5選!自分に合っているのはどのカードローン?

消費者金融カードローンに手を出すなと考える人もいるかもしれませんが、急いでいる時や短期間の借り入れに利用するなら非常に利便性の高いサービスです。
それでも消費者金融カードローンを利用するのが不安な人は、以下の大手消費者金融会社が提供するカードローンを利用してみてください。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • レイク
  • SMBCモビット

各社の特徴をまとめたので、比較しながら自分に合うカードローンを選んでください。

アコム

「はじめてのアコム」というフレーズが有名なアコムは、消費者金融の中でも高い人気を誇ります。
申し込みから融資まで最短30分、年齢や年収、他社借入金額を入力すれば借入可能かどうがすぐに分かる「3秒診断」をはじめ、楽天銀行の口座を持っていれば最短1分で融資を受けられるなど、役立つサービスも多くそろっています。

【アコムの特徴】

  • 最短30分で即日融資を受けられる
  • 楽天銀行なら受付後1分で振込融資
  • 3秒診断の利用
  • 初回契約日の翌日から30日間金利0円無利息サービスが適用
アコム
金利
審査時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短30分
最大借入限度額 800万円
無利息期間 初回契約日の翌日から30日間
Web完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の利用 可能(高校生を除く成人以上、アルバイトなどで安定収入があることが条件)
専業主婦の利用 不可
受付時間 店頭窓口:平日9:30~18:00
Web:24時間
電話(0120-629-215):24時間365日
自動契約機:9:00~21:00(年末年始を除き無休)

アイフル

アイフルはスピーディーな審査ときめ細かなサービスを提供しているのが特徴です。WEB申込なら最短25分で審査が完了し、融資を受けられます。
女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルを設置していたり、申込時の電話連絡を一切しなかったりするなど、利用者の希望に寄り添った対応をしてくれる点も高く評価したいポイントです。

【アイフルの特徴】

  • 電話連絡・郵送物なしに対応
  • WEB申込なら最短25分で融資を受けられる
  • 初回契約日の翌日から30日間金利0円無利息サービスが適用
アイフル
金利 3.0~18.0%
審査時間 WEB申込なら最短25分
融資までにかかる時間 WEB申込なら最短25分
最大借入限度額 800万円
無利息期間 初回契約日の翌日から30日間
Web完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の利用 可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定収入がある人、アイフルの基準を満たす人)
専業主婦の利用 不可
受付時間 契約ルーム:9:00~21:00
※2021年6月1日付けで有人窓口は閉鎖済
Web:24時間
電話(0120-201-810):平日9:00~18:00
自動契約機:9:00~21:00
※設置場所により異なる

プロミス

「パッと!ピッと!プロミス」のフレーズが有名なプロミスも、大手消費者金融の中で人気が高いです。テレビCMやインターネットの広告などで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

Web契約なら24時間365日申し込みが可能、もちろん即日融資にも対応しています。また「瞬フリ」という振り込みキャッシングを利用すれば、10秒で指定した金融機関に融資金が振り込まれるサービスを提供しています。

プロミスは他社と同様に無利息期間サービスを利用できますが、初回契約日の翌日ではなく、利用日の翌日から無利息期間が開始します。借り入れをしなければ無利息期間は開始しないので、お金が必要な時に備えて契約だけ済ませておくことも可能です。

【プロミスの特徴】

  • Web完結で郵送物なしにできる
  • 即日融資に対応
  • カードレス取引に対応
  • 初回利用日の翌日から30日間金利0円無利息サービスが適用
プロミス
金利 4.5~17.8%
審査時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日
最大借入限度額 500万円
無利息期間 初回借入日以降30日間
Web完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の利用 可能
※18歳以上でパート、アルバイトによる安定収入がある人
※申込時の年齢が19歳以下の場合、収入証明書類の提出が必須
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込み対象外
専業主婦の利用 不可
受付時間 店頭窓口:10:00〜18:00(平日のみ)
Web:24時間
電話(0120-24-0365):プロミスコール・レディースコールともに9:00〜21:00(土・日・祝日営業)
自動契約機:9:00〜21:00(土・日・祝日営業)
※契約機によって営業時間が異なる

レイク

レイクで注目したいのが初回契約時に適用される無利息期間サービスの選択肢の多さです。無利息期間内に完済できれば利息が発生しないので、やばいとされる状況を回避できるでしょう。

他の消費者金融を含めて一般的な無利息期間は30日間ですが、レイクならWebからの申し込みで60日間、そのうち借入5万円までなら180日間無利息という期間の長さが魅力です。

また、SBI新生銀行ATMを利用すれば手数料無料で借り入れや返済ができます。1回当たりの手数料の額は110~220円なので、大したことないと考える人もいるかもしれません。しかし、ATMの利用回数が多い人なら十分に節約効果を発揮できるはずです。

【レイクの特徴】

  • Web完結・カードレスで即日借り入れできる
  • Webなら最短60分融資も可能
  • 選べる無利息期間サービス
レイク
金利 4.5~18.0%
審査時間 最短15秒
融資までにかかる時間 最短即日
※21:00(日曜日は18:00)までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)すれば、当日中の振込融資が可能
最大借入限度額 500万円
無利息期間 自動契約機または電話申し込みの場合:初回契約日の翌日から30日間無利息
Web申し込みの場合:初回契約日の翌日から60日間無利息
※初回契約日の翌日から借入額5万円まで180日間無利息
Web完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の利用 可能(年齢制限に該当している、アルバイトで収入を得ているのが条件)
専業主婦の利用 不可
受付時間 店頭窓口:なし
Web:24時間
電話(0120-09-09-09):9:00~21:00(日曜日のみ19:00まで)
自動契約機:9:00~22:00(日曜日のみ19:00まで)

SMBCモビット

SMBCモビットはSMBCグループが運営する大手消費者金融です。Webから24時間365日申し込みが可能で審査スピードも早く、パソコン・スマホのみで手続きの全てが完結します。
また、Web完結申し込みの場合、自宅や勤務先への電話連絡や郵送物の発送もありません。

スピードを重視する人や、周囲にカードローンの利用がバレたくない人に適したカードローンといえるでしょう。

【SMBCモビットの特徴】

  • Web完結申し込みなら家族や勤務先にバレずに借りられる
  • 三井住友銀行のATM手数料が無料
  • ポイントがたまる
SMBCモビット
金利 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
※申し込んだ曜日や時間帯によっては翌日以降の審査結果回答となる場合あり
融資までにかかる時間 最短即日
※申し込んだ曜日や時間帯によっては翌日以降の融資となる場合あり
最大借入限度額 800万円
無利息期間 なし
Web完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の利用 可能(年齢制限に該当している、アルバイトで収入を得ているのが条件)
専業主婦の利用 不可
受付時間 店頭窓口:なし
Web:24時間
電話(0120-03-5000):9:00〜21:00
自動契約機:9:00〜21:00
※営業時間は店舗によって異なる
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事