SMBCモビットはやばいサラ金?怖い取り立てなどあるのか?

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融カードローン会社です。テレビCMやWeb広告などで見かける機会も多く、知名度や信頼度は十分に高いといえるでしょう。

「SMBCモビットでお金を借りるとやばいのでは?」
「怖い取り立てがありそう」
「電話がしつこいくらいにかかってくるのは困る」
「SMBCモビットってそもそもサラ金ではないのか?」

このような評判は単なるうわさにしか過ぎません。SMBCモビットは貸金業登録を行った正規貸金業者ですし、日本貸金業協会会員でもあるため、利用して「やばい」「怖い」といった思いをしないので安心してください。

今回は、SMBCモビットの基本情報をはじめ、審査基準や審査通過のポイント、申し込みから借り入れまでの手順などを解説します。その他に記事内では、当サイトで徹底調査した利用者の口コミ・評判をまとめているので参考にしてください。

SMBCモビットはやばい?基本情報と特徴を徹底解説

SMBCモビットは、SMBCグループが運営する大手消費者金融会社です。20〜74歳の定期収入がある人が利用対象で、パート・アルバイトをしていれば学生や主婦でも申し込めます
また、最短即日融資も受けられるので「すぐにお金が必要」という人にも便利です。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
遅延利率(実質年率) 20.0%
最大借入限度額 800万円
審査時間 10秒で簡易審査
融資までにかかる時間 最短33分
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済回数および返済期間 最長60回(5年)返済能力その他の事情により合理的な理由があると認められた場合は最長106回(8年10ヵ月)
1ヶ月当たりの返済金額 4,000円〜
Web完結 可能
学生の申し込み 可能
勤務先への電話連絡 Web完結申し込みで省略可能
登録番号 関東財務局長(8)第01239号
日本貸金業協会会員 第002980号

Web完結を選べば、電話連絡なし・郵送物の発送なしにできるのもSMBCモビットならではの大きな特徴です。「会社にお金を借りるのがバレると困る」という人にはありがたいサービスで、この対応をする消費者金融は限定されます。
消費者金融カードローンの中で、返済額に応じたTポイントがたまるのもメリットといえるでしょう。

三井住友銀行と同じSMBCグループ

先述の通り、SMBCモビットはSMBCグループが運営する消費者金融会社です。三井住友銀行(SMBC)などを傘下に置く金融持株会社なので「やばい・怖い」といった思いをせずに安心して利用できます。
もちろん、融資の際に発生する金利についても貸金業法で規制されており、SMBCモビットの独断で法外な金利が発生する心配もありません。

SMBCモビットを利用する前に不明点や疑問点がある場合、モビットコールセンターに連絡しておくと安心でしょう。怖い人が電話に出るといった心配もなく、担当オペレーターが丁寧に対応してくれます。

モビットコールセンター
電話番号 0120-03-50008(通話料無料)
営業時間 9:00~21:00

貸金業登録をしている正規の消費者金融会社

SMBCモビットは、貸金業登録をしている正規の消費者金融会社です。何らかの理由があって返済が遅れたとしても、テレビや漫画などで見るような怖い取り立ては行われないので安心してください。貸金業法では、厳しい取り立てを規制しているからです。

正当な理由なく規制している取り立て行為の一例は、以下の通りです。

  • 午後9時~午前8時に電話連絡・自宅へ訪問する行為
  • 返済や連絡、返済意思を示しているにもかかわらず取り立てを継続する行為
  • 勤務先などへ電話・訪問して取り立てを行う行為
  • 家族や友人など本人以外の第三者に取り立てを行う行為

いくら取り立て行為の規制があるとはいえ、返済が遅れていれば午後9時~午前8時を避けた時間に電話連絡が入ります。電話がつながらなければ何度も電話をしたり、場合によっては勤務先に電話をかけたりもするでしょう。
それを理由に「しつこく電話をかけてくるやばい会社」「取り立てが厳しい」と思われるケースもあるかもしれません。しかし、きちんと返済期日を守っていれば、取り立ては行われません。

家族や勤務先に知られずに利用したい人はWeb完結がおすすめ

家族や勤務先に知られずにSMBCモビットを利用したい人は、Web上で融資の契約が完結するWeb完結申し込みを選んでください。手続きの全てがWebで完結するので、来店不要で融資を受けられます。

SMBCモビットのWeb完結を利用すると、電話連絡や郵送物の発送なしにできます。審査途中で申込者の勤務実態を確認するのを理由に、勤務先へ在籍確認の電話がかかってくる心配がありません。
また、Web完結は書類やローンカードなどが自宅に発送されないため、家族に郵送物を勝手に開封されてバレるといったリスクも避けられます。

Web完結申し込みを利用するための条件は、以下の通りです。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの本人名義口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証の写しを提出する

上記の2点を満たせない場合、カード申し込みを利用しなければなりません。

SMBCモビットは怖い?利用者の口コミ・評判を調査

当サイトではSMBCモビットを利用している人の口コミ・評判を徹底調査。口コミ・評判から確認できた、SMBCモビットのメリット・デメリットを紹介していきます。

口コミ・評判で確認できたメリット

SMBCモビットを実際に利用した人の口コミ・評判の中で、メリットと判断できる意見は以下の通りです。

  • 勤務先に電話がかかってこない
  • 申し込みから融資までがスピーディー
  • Web完結申し込みで誰にもバレずに借りられる
  • カスタマーセンターの対応が良い
  • 三井住友銀行のATM手数料が無料
  • Tポイントがたまる

それぞれについてまとめたので見ていきましょう。

【口コミ・評判①】勤務先に電話がかかってこない

消費者金融を利用するのが始めてで勤務先に電話連絡があるかどうかが怖かったです。SMBCモビットは、電話連絡がなかったので安心して借りられました。「電話連絡なし」は本当に肩の荷が下りるし有難かったです。

【口コミ・評判②】申し込みから融資までがスピーディー

SMBCモビットの審査に通るか不安でしたが、申し込んでから40分で審査結果のメールが届いて、あまりの早さに驚きました。明日までにお金が必要だったので、即日融資が可能なのは助かります。
SMBCモビットに申し込んだけれど30分程度でお金を借りられた。スムーズすぎて驚きましたが、借りられて良かったです。

【口コミ・評判③】Web完結申し込みで誰にもバレずに借りられる

Web完結申し込みでスマホ1台あれば融資まで完結。書類やカードも送られてこないので、親や会社にバレずに現金が手に入って安心です。

【口コミ・評判④】カスタマーセンターの対応が良かった

入院費用が必要になって、SMBCモビットへ急遽申し込みました。ネット手続きの際に本人確認書類の提出方法が分からなくてカスタマーセンターに問い合わせたところ、オペレーターが丁寧に教えてくれました。消費者金融に対するイメージが一気に変わったと思います。

【口コミ・評判⑤】三井住友銀行のATM手数料が無料

三井住友銀行のカードローンを持っているので、ATMの手数料が無料でした。少しでも節約したかったし、夜間の振り込みにも対応してくれたので有難いです。

【口コミ・評判⑥】Tポイントがたまる

SMBCモビットなら、Tポイントが貯まるのが利用する決め手でした。趣味がポイ活なので、まさに一石二鳥です。

口コミ・評判で確認できたデメリット

SMBCモビットを実際に利用した人の口コミ・評判の中で、デメリットと判断できた意見は以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 返済までに時間がかかった
  • 実店舗が存在しない
  • 無利息サービスがない

デメリットがあるからといって、SMBCモビットがやばいわけではありません。まずは、どんな点がデメリットになっているのかを確認しておきましょう。

【口コミ・評判①】金利が高い

SMBCモビットに申し込んでから5分程度で審査が完了するので助かっています。しかし少額を借りるとなると金利が高いです。
あまりにも金利が高いです。以前銀行で借りていた時は14.0%だったのに今は18.0%なので高すぎます。Web完結とかは便利なので金利だけ何とかしてほしい。

【口コミ・評判②】返済までに時間がかかった

カードローンに抵抗がありましたが、生活費がどうしても足りなくて初めてSMBCモビットを利用。在籍確認の電話がかかってこないのはいいのですが、返済しても借入残高がなかなか減りません。10万円借りて完済までに1年ほどかかってしまいました。
返済までが大変なのは、SMBCモビットだけでなく他のカードローンでもよくある話。返済計画を立てない状態でカードローンを借りるのはおすすめしません。私のように返済負担がきつかったり、いつまでも返済が続くようになったりするからです。

【口コミ・評判③】実店舗が存在しない

実店舗が存在しないということでかなり怖かったです。SMBCグループなので大丈夫かと思いますが、店頭窓口で担当の人にいろいろ顔を合わせながら相談したかったです。

【口コミ・評判④ 】無利息サービスがない

他の大手消費者金融にある無利息サービスがありません。その点がとても残念でした。借りたのは5万円だったし、すぐに一括返済するつもりでしたから。これがアコムやプロミスなら利息がかからなかったと考えたらもったいない気持ちでいっぱいです。
消費者金融では当たり前のように提供している無利息期間がありません。借りたタイミングで利息がかかるので、すぐに返せる予定がある人はアコムやアイフル、少額だったらレイクを選んだ方がいい。

SMBCモビットの審査基準は厳しい?甘い?審査通過のポイントをチェック!

「SMBCモビットの審査は甘い」という評判を耳にした人もいるかもしれませんが、そのような事実は決してありません。
確かにSMBCモビットのような消費者金融は、銀行カードローンと比べたら審査難易度が低いとされています。しかし、申込者に返済能力や信用力がなければ、どんな人でも審査に落ちます。

SMBCモビット審査に関する口コミと審査通過のポイントをまとめたので、参考にしてください。

SMBCモビット審査に関する口コミ

SMBCモビット審査を受けた人の口コミを見ると、審査のスピードについて好感を抱いている人が多いことが分かりました。また少額融資を希望した人が、審査通過の早さについて意見しています。審査通過については借入限度額が低かったり、過去に返済トラブルを起こしていなかったりする人が有利と判断できるでしょう。

生活費がどうしても足りなくなった時にネットで検索したら、SMBCモビットの評判が良かった。10秒簡易審査を利用して、そのまま申し込みましたが審査も早くて必要な時にすぐにお金を借りられました。年収300万円で10万円の借り入れ希望だったのも良かったのかもしれません。
急いでいる場合、申し込んだ後にモビットコールセンターへ電話をかけてください。すぐにお金が必要な旨を伝えれば、審査をすぐに行ってもらえる可能性が高いです。
実際に利用して分かったのは審査スピードの早さでした。スマホから申し込んだので、わざわざ店頭に行って人目を気にする必要がないのも良かったです。SMBCモビットも「急ぎの融資に対応する旨」が公式に記載されています。過去にクレジットカードの延滞をしたことがあったので審査通過が不安でしたが、ブラックリストに載ってさえいなければ問題ないのかもしれません。
審査についてはネットで簡単診断ができます。いきなりちゃんとした審査が始まるわけではないので敷居は低い印象でした。金利の面では、他の消費者金融と一緒で上限の18.0%と少し不満でした。対応は、審査申し込み後は、わりとすぐに電話が掛かって来ました。審査時間も他社と比べて早い対応でした。

申込条件に該当するかを確認する

SMBCモビットの審査を受ける前に、「満年齢20~74歳の定期収入のある人」という条件に該当するかどうかを確認してください。この条件に該当しない限りは審査に通らないからです。

パートやアルバイト、自営業、派遣社員といった正社員以外でも、定期収入があればSMBCモビットの申込条件に該当します。
具体的にどのくらいの収入があれば審査に通過するという基準はありませんが、収入を継続して得られるかどうかが重要なポイントといえるでしょう。

例えば、年収1,000万円以上でも、継続的な収入でなければ審査に通過するのは難しいです。逆にアルバイトをする学生や契約社員であっても、継続的に収入が見込めるなら審査に通過して借り入れできる可能性が高いです。

一方、専業主婦やアルバイトをしていない学生は、SMBCモビットの利用対象に該当しません。配偶者や親に申し込んでもらう、または定期収入を得られる仕事を見つけるしかないので注意してください。

申込情報の入力ミスをしない

申し込み手続きをする際に、個人情報の入力ミスに気を付けてください。電話番号や現住所、勤務先などの情報を少しでも間違えたりしたら、信用を失って審査落ちに直結する可能性が高いからです。

また、審査に通過したいからといって虚偽の情報を申告するのは絶対に避けてください。提出書類や個人情報を通して必ずバレます。正確な情報を申告するのはもちろん、最後に間違いがないかどうかを必ず確認しましょう。

借入希望額と他社借入の合計を年収の3分の1以下にする

借入希望額は、年収の3分の1以下になるように入力してください。貸金業法の総量規制では、年収の3分の1を超える借り入れを規制しているからです。
すでに年収の3分の1を超える借り入れがある場合、それ以上は借りられません。SMBCモビットに新たに申し込む分だけでなく、他社からの借入額も合算して年収の3分の1以下になるかどうかも重要です。

年収300万円の人の場合、借りられるのは最高でも100万円です。他社の消費者金融やクレジットカードのキャッシングで70万円の借り入れをしている人なら、借りられる上限は30万円までなので気を付けましょう。

他社借入金額・件数を減らす

他社借入金額や件数が多い場合、SMBCモビットの審査に落ちる理由につながります。返済比率が高く「お金を貸しても返済してもらえない」と判断されるからです。
※返済比率とは:収入に対する返済額の比率
SMBCモビットに申し込む前に、できる範囲内で借入金額や件数を減らす努力をしてみてください。

また、複数社から借りて返済しなくてはならない状態の人を「多重債務者」と呼び、元金はもちろん利息が増えて返済管理が煩雑になるリスクが高いです。
SMBCモビットに限らず、お金を貸す側は「貸したお金を必ず返してくれる人」に利用してほしいもの。SMBCモビットに申し込んでも、多重債務者は返済不能に陥りやすいという理由で、審査は自然と厳しいものになるでしょう。

信用情報に金融事故の履歴がないかを確認する

信用情報に金融事故の履歴がある場合、SMBCモビットだけでなく全ての信用取引の審査に通過しません。どんなに年収や地位が高い人でも、金融事故は信用力を低下させる重大な過失だからです。

信用情報とは、過去のクレジットカードやローンといった信用取引の利用履歴を記録した情報。国内に3つある信用情報機関で管理・保管しています。

株式会社シー・アイ―・シー(CIC) クレジットカードの利用や信販系(割賦払いなど)の利用履歴
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融など貸金業者の利用履歴
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 金融機関(銀行、信用金庫など)の各種ローンの利用履歴

信用情報に金融事故の履歴が残っている場合、審査にマイナスの影響が出ます。金融事故によって5〜10年程度保管されるため、その期間内はSMBCモビットの審査に申し込んでも通過は難しいです。

【金融事故の詳細】

  • 長期延滞:61日以上または3ヶ月以上の長期にわたる延滞
  • 債務整理:任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求の手続きをした
  • 代弁返済:債務者である本人に代わって保証会社や保証人が弁済した
  • 強制解約:延滞や規約違反を理由にクレジットカード・ローンなどの契約を強制的に解約された

信用情報に金融事故の履歴が残っているかどうか分からないという場合、内容の開示請求を行ってみるといいでしょう。

同時期に複数の審査を受けない

SMBCモビットの審査に落ちないために、同時期に他のカードローンやクレジットカードなどの審査を受けないでください。今すぐに現金を手に入れたい人は、保険的な意味合いで同時に複数社に申し込んでしまうかもしれません。
しかし、その行為は一見メリットがあるように見えますが、審査を行う側からすると「計画性がない」「これだけ借りるのだからお金に困っているのでは」というように判断されてしまうのです。

同時申し込みは信用情報に記載されるため、いくら他社であっても審査の際にSMBCモビットにバレます。SMBCモビットだけに申し込めば良かったものの、焦って複数社に申し込んだのが理由で審査落ちする可能性は十分に高いです。
SMBCモビットからお金を借りようと決めたら、審査を受けるのはSMBCモビットだけにしましょう。

SMBCモビットへの申し込みから借り入れするまでの手順

SMBCモビットの申し込みから借り入れまでの手順は、以下の通りです。

  1. 申し込み:Web(パソコン、スマートフォン)、三井住友銀行ローン契約機、電話、郵送
  2. 仮審査
  3. 本審査(信用情報確認、在籍確認、必要書類の提出など)
  4. 契約手続き:Web完結、来店、郵送
  5. カード受け取り:来店、郵送など(Web完結ならカード受け取り不要)
  6. 借り入れ:指定の口座に振込キャッシング、または提携ATMで現金キャッシング

SMBCモビットに申し込んだら、すぐに審査が始まります。申し込み方法はWeb・電話・ローン契約機・郵送の4種類から選んでください。

仮審査では機械によるスコアリング審査が行われ、通過後に提出書類の確認や勤務先への在籍確認など、本審査へ進みます。

本審査に通過したら契約手続きとカードの受け取りに進みますが、Web完結の場合はカードが発行されないため、Web上で契約をします。

契約手続きも無事に完了すれば、ついに借り入れが可能です。振り込みや提携ATMなど、利用しやすい方法で現金を手に入れてください。

SMBCモビットの借入方法は3通り

SMBCモビットの借入方法は、以下の3通りの中から選べます。

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM
  • スマホATM取引

借入方法別の特徴は、以下の図表を参考にしてください。

借入方法 手数料 特徴
振込キャッシング 無料 会員専用サービス「Myモビ」、または電話で、指定の金融機関口座へ融資金を振り込む方法(あらかじめ金融機関口座の登録が必要)
提携ATM 利用する提携ATMによって異なる(三井住友銀行の本支店・店舗外設置のATM:手数料無料) 全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMで借り入れする
スマホATM取引 無料 24時間いつでもどこでも全国のセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMから借り入れ(モビットカード不要)

本人確認書類と収入証明書類が必要

SMBCモビットを利用するには、本人確認書類と状況によって収入証明書類を提出しなくてはなりません。
SMBCモビットの公式サイトでは「運転免許証をお持ちであれば運転免許証をご提出ください」と記載していますが、持っていない場合は健康保険証やパスポートでも可能です。

【本人確認書類】

  • 運転免許証:変更事項がある場合は裏面コピーも必要)
  • 健康保険証:本人の氏名・生年月日・住所のページ(カード型保険証の場合は裏面も必要)
  • パスポート:顔写真および住所のページ(2020年2月4日以前に申請されたパスポートのみ有効)

※いずれも有効期限内、もしくは現在有効なもの
※本人確認書類2点の提出が必要となる場合もあり

SMBCモビットで50万円超の借り入れを希望する、または他社のカードローン利用残高と合算して100万円超の借り入れを希望する場合、以下の収入証明書類の提出も必要です。

【収入証明書類】

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給料明細書の写し

※給与明細書の場合、直近の給与明細書2ヶ月
※賞与支給のある場合は、年間の賞与額(夏・冬のどちらも)確認できる賞与明細書も必要

収入証明書類は入手するに当たって時間がかかる場合があります。SMBCモビットに申し込みを検討したタイミングで取得しておくとスムーズです。

収入証明書類 入手方法
源泉徴収票 年末に勤務先で発行される
税額通知書 毎年6月ごろに勤務先へ届く
※納税通知書は居住する市区町村役所の税務課などで入手
所得証明書 居住する市区町村役所の税務課などで入手
確定申告書 確定申告の控えを保管しておく
給与明細書(直近の2ヵ月分) 勤務先からもらったものを保管しておく

注意点として、個人事業主や自営業者が自ら発行した給与明細書は、SMBCモビットで有効な収入証明書として見なされない場合があります。その時は、税額通知書や確定申告書、所得証明書などを提出してください。

SMBCモビットで即日融資を受けたい方は時間帯に注意しよう

SMBCモビットでは、申し込んだ当日中に融資を受けられる即日融資に対応しています。ただし、即日融資を受けるには、審査にかかる時間などを考慮して申し込まないといけません。

審査受付時間や審査対応時間は、申し込み方法によって異なります。

申し込み方法 審査受付時間 審査対応時間
Web(パソコン、スマートフォン) 24時間 9:00~21:00
三井住友銀行ローン契約機 9:00~18:00 9:00~18:00
電話 9:00~21:00 9:00~21:00
郵送

SMBCモビットから即日融資を受けたい人は、以下のポイントを意識して手続きを進めましょう。

  • 17:00までに申し込み手続きを完了させる
  • 必要最低限の借入限度額を希望する
  • 申請情報は正しく・虚偽の情報を申告しない
  • 在籍確認に対応する

モビットコールセンターに問い合わせたところ、即日融資を受けたいなら17:00までに申し込むのがおすすめとのこと。審査が混雑したり書類提出に時間がかかったりする可能性が高いからです。
また、希望借入限度額が高くなるほど審査をより慎重に実施する傾向なので、必要最低限の金額を希望するといいでしょう。

さらに、申込情報は正確かつ間違いがないかを確認して、在籍確認にもしっかり対応すればSMBCモビットの審査はスムーズに完了するでしょう。

「10秒簡易審査」は診断ではない

SMBCモビットには「10秒簡易審査」という制度があります。氏名や電話番号、収入といった基本情報を入力すると10秒程度で審査結果の目安が分かりますが、こちらは簡易的なシミュレーション機能ではありません。
10秒で簡易審査結果表示を利用すると、申し込んだ記録などが信用情報に登録されるので注意してください。

実際に10秒で簡易審査結果表示へ進む時は、SMBCモビットに申し込む準備が完全に整ってからにしましょう。

SMBCモビットの返済方法は6通り

SMBCモビットには、6つの返済方法があります。

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 提携ATM
  • インターネット
  • Tポイント
  • スマホATM取引

返済方法別に手数料や特徴を図表でまとめたので参考にしてください。

返済方法 手数料 特徴
口座振替 無料 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていれば、口座から引き落として返済できる
銀行振込 利用する金融機関によって異なる(三井住友銀行のインターネットバンキングなら手数料無料) SMBCモビット指定の金融機関口座へ振り込んで返済する
提携ATM 利用する提携ATMによって異なる(三井住友銀行の本支店・店舗外設置のATM:手数料無料) 全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMで返済する
インターネット 無料 会員専用サービス「Myモビ」内のインターネット返済サービスから返済する(インターネットバンキングを利用できる金融機関口座が必要)
Tポイント 無料 会員専用サービス「Myモビ」内のTポイントサービスから返済する
スマホATM取引 無料 24時間いつでもどこでも全国のセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMから返済する(モビットカード不要)

返済が遅れるとどうなる?SMBCモビットの取り立て内容

SMBCモビットの返済が遅れるほど、状況は悪化。早い段階で適切に対処するようにしてください。それでは、SMBCモビットの返済期日に間に合わず遅延となった場合、どんな取り立てが行われるのでしょうか?具体的な流れを順に追って確認していきましょう。

【①督促の電話・督促状が届く】
返済期日を過ぎると、SMBCモビットから携帯電話に連絡が入ります。具体的にいつ電話がかかってくるのかは明かされていませんが、返済予定日の翌日、遅くとも2日後までと解釈しておくといいでしょう。
電話に対応しなかったり、出られなかったりした場合、次は数日以内に自宅へ督促状が届きます。

【②利用停止】
返済期日の翌日~数日後を目安に、SMBCモビットの利用停止の措置を受けます。SMBCモビットで借りて返済が遅れている分を支払うといった対応もできません。
利用停止になっても解約されたわけではないので、返済が完了すれば再びSMBCモビットを利用できるようになります。

【③一括請求】
滞納から2ヶ月が過ぎた頃に「期限の利益喪失通知」が内容証明郵便で届き、一括請求されます。要するに分割払いが認められなくなり、残債を一括払いするように要求されるのです。
さらに借金の残金に加えて実質年率20.0%の遅延損害金が返済予定日の翌日から滞納日数に応じて発生するため、支払い額の負担は大きくなるでしょう。

【④ブラックリスト入り・強制解約】
滞納から3ヶ月が過ぎると、次は信用情報機関に金融事故情報として登録されます。ブラックリストに載った状態、ブラックリストの人とさせる状態です。こうなるとクレジットカードやローンの審査に通らなくなり、5年間は新たな借り入れができません。

また、信用情報機関に金融事故情報が登録されるのと同じタイミングで、SMBCモビットの契約は強制的に解約されます。もちろん、強制解約されたら再契約はできません。

【⑤法的措置を取られる】
SMBCモビットからの督促の電話や一括請求などを全て無視して滞納が続けば、SMBCモビットは法的措置を取ります。ここまで滞納を放置したら、さすがにやばい状態です。最終的に強制執行によって、給料や財産を差し押さえられてしまいます。

一般的に法的措置が取られる時期の目安は滞納から3ヶ月後ですが、SMBCモビットは滞納から約2ヶ月後に訴訟を起こしたというケースもあるとのことです。

給料の差し押さえは、全額ではなく毎月手取り額の4分の1が対象(給料の手取り額が44万円を超える場合は33万円を超えた全額)。「〇月〇日に差し押さえます」という事前予告なしに行われるので、注意してください。

なお、給料の差し押さえは勤務先に通知されるため、借金の返済をしなかった事実が上司や同僚にバレてしまいます。差し押さえを理由に勤務先から解雇される可能性は低いですが、信頼を失ったり、昇格や昇進に影響が出たりするリスクは覚悟しないといけません。

その他に、一定の財産がある場合、それらも差し押さえの対象です。生活に最低限必要なものは差し押さえられませんが、住宅や自動車など価値あるものは没収されてしまいます。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事