メルペイスマート払いの上限が上がらない!上げる方法はあるのか

メルペイスマート払いとは、クレジットカードのように後払い決済が可能なサービスです。
利用上限金額については個別に設定されるため、利用実績が少ないうちは低く設定される可能性が高い場合があります。また、メルペイスマート払いの利用機会が少なかったり、返済が遅れたりするようでは、利用上限金額はいつまでたっても上がらないでしょう。

今回は、メルペイスマート払いの概要をはじめ、メルペイスマート払いの利用上限金額が上がらない理由を解説します。以下の3点について理解を深めたい人は、ぜひ参考にしてください。

  • そもそもメルペイスマート払いとはどんなサービスなのか
  • メルペイスマート払いの利用上限金額の設定基準
  • メルペイスマート払いの利用上限金額を上げたいのに上がらない

メルペイスマート払いとは?

「メルペイスマート払い」とは、メルカリの購入代金や実店舗(NTTドコモが運営する決済iDに加盟した全国のコンビニエンスストアや加盟店)で使った金額を翌月以降に後払いできる機能です。
チャージ残高やメルカリの売上金がなくても決済でき、残高に端数が残る心配がありません。

メルペイスマート払いの利用手順は、以下の通りです。

  • メルペイスマート払いに設定して決済
  • 支払い方法を選択
  • 翌月の初日から末日までの間に支払いを済ませる

支払い方法をメルペイスマート払いに設定して決済するだけなので簡単です。決済が完了したら、利用明細が通知されるので支払​​方法を選んでください。その後、翌月の初日から末日までの間の都合のいいタイミングで支払いを済ませましょう。

支払い方法は3パターンありますが、手数料負担を抑えたいなら「メルペイ残高・ポイント」「銀行口座振替」で支払うのがおすすめです。

  • メルペイ残高・ポイントで支払う(手数料0円)
  • 銀行口座振替で支払う(手数料0円)
  • コンビニエンスストア・ATMで支払う(手数料300円)

学生やクレジットカードを持てない人でも後払いが可能

「メルカリ内に引き落とし用の銀行口座が設定されている」「本人手続きが完了している」「年齢の条件をクリアしている(18歳未満不可)」であれば、メルペイスマート払いを利用できる可能性が高いです。学生や無職でも、メルペイが実施する審査に通過すれば後払い決済を利用できます。

利用上限金額はユーザーごとに設定

メルペイスマート払いの利用上限金額は、メルペイ側がユーザーごとに個別設定します。メルペイ側が設定した利用上限金額の変更はできません。

SNSやインターネットでメルペイスマート払いの利用上限金額について調べると、以下のような情報が確認できます。

  • 最初の利用限度額は5,000円だった
  • 4月下旬にメルペイスマート払いを契約して、6月に15万円・7月に30万円まで上がった
  • 期間内の返済とメルカリ取引を継続することで25万円まで限度額が上がった

「こうすれば確実に利用上限金額が上がる」という方法は公開されていませんが、ユーザーの利用金額や行動をベースにして設定される可能性が高いと解釈していいでしょう。

また、メルペイスマート払いの利用上限金額は、1ヶ月などの期間ではなく、通算期間で設定されます。ユーザーが設定したメルペイスマート払い利用上限金額から、未清算の利用金額を差し引いた金額が決済可能金額です。

利用上限金額が更新されるのは毎月1日

メルペイスマート払いの利用上限金額は、メルぺイ側で定期的に見直しています。具体的に毎月何日に見直されるのかは公表されていませんが、毎月1日を目安に更新される可能性が高いです。

なお、利用上限金額を上がらないようにする設定はありません。使い過ぎが気になったり、不正利用対策をしたりしたい人は、アプリ内から利用上限金額を下げてください。

メルペイスマート払いの利用上限金額が上がらないのはなぜ?

「現在のメルペイスマート払いの利用上限金額では足りない」
「もう少しメルペイスマート払いの利用上限金額が高ければ使いやすい」
このように考える人は、メルペイスマート払いの利用上限金額が上がらない理由を知りたいと考えるのではないでしょうか。

すでに説明したように、メルペイスマート払いの利用上限金額が上がる理由は公表されていません。しかし、以下に該当する場合はメルペイスマート払いの利用上限金額が上がらない、もしくは下がる場合もあります。

  • メルペイスマート払いの支払いが遅れた
  • メルカリのルール違反を繰り返した

それぞれについて、利用者の実際の口コミと一緒に紹介します。

メルペイスマート払いの支払いが遅れた

メルペイスマート払いの支払期限は利用月の翌月末日です。支払いが1日でも遅れると利用上限金額が0円になったり大幅に下がったりするので注意してください。一度下がった利用上限金額を取り戻すのは困難だからです。

【メルペイスマート払いユーザーの口コミ】

利用可能枠がずっと15万円だったのに、支払いが1日遅れたら利用停止になった。
1度だけメルペイスマート払いの支払いが遅れた。1年が経過しても利用可能枠が3万円以上に戻らない。
15万円を滞納したが何とか支払った。滞納解消後、3ヶ月で利用可能枠1万5,000円まで上がった。今月1日だけ遅れて支払ったら利用可能枠が100円にまで下がっていた。
利用可能枠20万円だったが、支払いが遅れてから8万円と10万円を行ったり来たりしている。延滞前の利用可能額に戻るのは難しいみたいです。
4ヶ月滞納後、利用可能枠が100円のままだった。支払ってから3ヶ月後に2万5,000円まで利用可能枠が上がった。
一度滞納したが、支払ってから3ヶ月で利用可能枠20万円に戻った。
20万円を延滞したら、翌月は100円枠に激減。返済してその翌月は1万円に利用可能枠が戻った。
1万円を1年以上滞納して利用停止になっているものの利用可能枠は1万5,000円のまま。清算したらすぐに1万5,000円に回復して定額払いの審査も通過した。
期日までに支払いができなくて利用可能枠100円になったと思ったら、3ヶ月後に2万5,000円になっていた。

これらの口コミを通して、メルペイスマート払いの支払いが遅れた後に更新される利用上限金額、新たに利用上限金額が上がるタイミングには個人差があるのが分かりました。
メルペイスマート払いの支払い状況に加えて、メルカリの利用実績なども参考にして総合的に判断している可能性が高いと判断していいでしょう。

メルカリのルール違反を繰り返した

メルカリのルール違反を繰り返した場合、利用上限金額の減少につながる可能性が高いです。また、メルペイの判断でメルペイスマート払いの利用が一切できなくなるケースもあります。

メルカリのルール違反は以下の通りです。

  • 手元にない商品を出品する(商品画像を掲載しない)
  • 商品に関係ないキーワードやタイトルを商品説明文に記載した
  • 出品者の都合で取引をキャンセルした
  • 出品が禁止されている商品(新型コロナウイルス感染症の関連商品、偽ブランド品、危険物・安全性に問題がある商品、医薬品・医療機器、たばこ)を出品した

【メルペイユーザーの口コミ】
メルペイスマート払いの利用可能枠がいきなり0円になっていた。メルカリの取引キャンセルをしたから?理由は分からないし問い合わせても対応してくれない。

一度も延滞していないのに利用可能枠が10万円から5万円に減額された。思い当たる理由といえば、メルカリで利用制限を受けたことぐらい。

メルペイスマート払いの利用上限金額が上がらない場合はカードローンの利用も検討しよう

メルペイスマート払いの利用上限金額が上がらなくて困っていても、確実な対処法がありません。そこで「どうしても欲しい物があるけれど手元に現金がない」という人は、カードローンの利用を検討してください。

カードローンとは、借入専用のローンカードを発行して銀行やコンビニエンスストアのATMから現金を引き出したり、指定した銀行口座に振り込むなどして融資を受けられるサービスです。
利用するには、カードローン会社が行う審査に通過するのが前提ですが、保証人不要・担保不要で利用できます。

カードローンは以下の2種類に分類されます。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン

どちらも申し込み方法や融資開始までの手続きに大きな違いはありませんが、中でも消費者金融カードローンを利用すれば以下のようなメリットがあります。

  • 最短即日融資が可能
  • 借りたお金の利用目的は自由
  • 金利0円無利息期間サービスを利用すれば利息が発生しない

利用するメリットを解説するので、メルペイスマート払いと併用を検討してみてはいかがでしょうか。

最短即日融資が可能

消費者金融カードローンの中でも、以下の大手と呼ばれる会社の多くが最短即日融資に対応しています。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイク

消費者金融カードローンによって多少の違いはあるものの、審査時間は最短30分、最短1時間で融資可能なケースも多いです。申し込む時間帯によって翌日以降の融資となる場合もありますが、「とにかくすぐにお金が必要」という人に便利なサービスです。

借りたお金の利用目的は自由

消費者金融カードローンで借りたお金の利用目的は原則自由です。買い物をしてもいいですし、旅行費用や資格取得費用にも利用できます。利用目的を証明する書類提出も特に必要ありません。

金利0円無利息期間サービスを利用すれば利息が発生しない

消費者金融カードローンの一般的な上限金利は年18.0%です。利息の負担をできるだけ減らしたいと考える人は、消費者金融カードローンの利用を避けたいと考えるかもしれません。

しかし、一部の消費者金融カードローンでは、金利0円無利息期間サービスを提供。決められた期間内に返済できれば、何回でも利息負担なしでお金を借りられるのです。
無利息期間は30~180日など消費者金融カードローンによって異なりますが、元金の返済だけで済むのはお得といえるのではないでしょうか。借り入れが長期化しないのであれば、ぜひ有効活用したいサービスの一つです。

無利息期間サービスを提供する消費者金融カードローンは、以下の表を参考にしてください。

アコム アイフル プロミス レイク
申込条件 ・20歳以上の安定した収入と返済能力がある人
・アコムの基準を満たす人
満20歳以上69歳まで定期的な収入と返済能力がある人 18歳以上74歳以下の本人に安定した収入がある人(※)
※安定した収入があればパート・アルバイトも利用可能
満20歳以上70歳以下の安定した収入のある人方
※パート・アルバイトで収入のある人も利用可能
金利 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~17.8% 4.5~18.0%
利用限度額 最高800万円 最高800万円 最高500万円 最高500万円
審査時間 最短30分 WEB申込なら最短25分 最短25分 申込後最短15秒
無利息期間 初回契約日の翌日から30日間 初回契約日の翌日から30日間 初回借り入れの翌日から30日間※メールアドレスを登録、Web明細を利用する人が利用対象 以下のいずれか
※30日間・60日間・180日間の無利息期間は併用不可
・Web申込限定で借入額全額が初回契約翌日から60日間無利息
※契約額1~200万円まで
・借入額5万円まで初回契約翌日から180日間無利息
※契約額1~200万円まで
・借入金全額が初回契約翌日から30日間無利息
申し込み方法 ・店頭窓口
・Web
・電話
・自動契約機
・郵送
・Web
・スマホアプリ
・電話
・無人店舗
・店頭窓口
・Web
・電話
・自動契約機
・郵送
・Web
・電話
・自動契約機
借入方法 ・店頭窓口
・アコムATM
・提携ATM
・Web
・電話
・振込
・振込
・スマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
・アイフルATM
・提携ATM
・店頭窓口
・プロミスATM
・提携ATM
・Web
・電話
・振込
・即日振込
・SBI新生銀行カードローンATM
・提携ATM
返済日 ・35日ごと
・毎月指定期日
・毎月1回:約定日制
・35日ごと:サイクル制
・5日
・15日
・25日
・末日
(いずれかから選択可能)
・毎月指定期日
返済方法 ・全国のアコム店頭窓口
・アコムATM
・提携ATM
・インターネット
・指定銀行口座への振込
・自動引き落とし
・スマホアプリ
(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
・提携ATM
・アイフルATM
・コンビニエンスストア
・口座振替
・振込
・店頭窓口
・プロミスATM
・提携ATM
・Web
・口座振替
・銀行振込
・コンビニエンスストア(マルチメディア端末)
・SBI新生銀行カードローンATM
・提携ATM
・自動引き落とし
・銀行振込

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
収入が年金のみの方はお申込いただけません。

参考元:
アコム公式 | カードローン・キャッシングならアコム
アイフル公式 | カードローンやキャッシングは消費者金融のアイフル
プロミス公式サイト | キャッシング・カードローンのことならプロミス
レイク公式 | カードローン・キャッシングなら消費者金融のレイク

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事