【レンタルキャッシュ】借りパク?取り引き成功?本当に借りられた?口コミや評判

「SNSやインターネットで見かけるレンタルキャッシュが気になる」
「レンタルキャッシュという言葉は知っているけれど特徴が分からない」
「レンタルキャッシュでお金を借りられるのだろうか」

レンタルキャッシュとは、インターネット上にあるお金の貸し借りを行う個人間融資掲示板です。消費者金融や銀行と融資契約をするのではなく、個人同士でお金の貸し借りを行うため、利用するに当たって危険が潜んでいる可能性があります。

個人間融資掲示板は、すでにカードローンやクレジットカードの審査に落ちた人がお金を用意する方法の一つですが、実際に利用してよいものか分からない人もいるのではないでしょうか。
何も知らずに利用して、トラブルに巻き込まれたり、危険な目に遭ったりするのは避けたいところです。

当記事では、レンタルキャッシュについて詳しく解説します。その後にレンタルキャッシュの利用の流れ、レンタルキャッシュからの借り入れに成功した人の口コミや評判を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、記事の最後にはレンタルキャッシュ以外の借り入れ方法として、カードローンの利用に関する情報をまとめました。

個人間融資を行うためのサイト「レンタルキャッシュ」とは?

レンタルキャッシュとは、お金を借りたい人と貸したい人同士がつながる個人間融資が目的の掲示板です。Twitterで「#即日融資可能」「#お金貸します」といったハッシュタグをつけて投稿したのが個人間融資の始まりでした。
そして、投稿を見た人がお金に困っている人にリプライやDM(ダイレクトメッセージ)を送って融資を持ちかける流れです。

それらのお金の貸し借りをよりスムーズに行うために、専用のインターネット掲示板を作成。その一つがレンタルキャッシュなのです。個人同士のお金の貸し借りとなり、消費者金融や銀行での手続きや審査は基本的に行われません。

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人でもお金を借りられる方法なので、過去に金融事故を起こした人も利用しています。しかし、貸主の中には詐欺や個人情報の取得を目的にしている人がいるなど、トラブルも多いです。
さまざまな危険やリスクが発生する方法なので、利用しない方がいいに越したことはないでしょう。

金融ブラックでもお金を借りられる

レンタルキャッシュは、金融ブラックの人でもお金を借りられる方法です。金融ブラックとは、信用情報機関に金融事故を起こした履歴(異動情報)のある人を指します。
金融事故に該当するのは以下の通りで、信用情報機関から事故情報が消えないうちは消費者金融や銀行の審査に通過しません。

【金融事故に該当すること】

  • 延滞を繰り返した
  • 滞納中の借金がある
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った
  • 規約違反を理由に融資契約を強制的に解除された

レンタルキャッシュは個人間融資なので、金融ブラックかどうかは関係ありません。互いの条件さえ合致すれば、金融ブラックなどは関係なくお金の貸し借りが可能なのです。
自己破産したばかりの人、他社借り入れ金額や件数が多い、滞納中の借金がある、債務整理の手続き中の人でもお金を借りるのに問題ありません。

投稿フォーマットへ簡単に投稿できる

レンタルキャッシュには、専用の投稿フォーマットが用意されています。難しい内容の入力は一切ないので、誰でも簡単に投稿できるでしょう。掲示板にアクセスして「投稿する」を選択すれば、投稿フォーマットが自動表示されるので入力を進めてください。

具体的にどんな内容を入力するのかの一例は、以下の通りです。

【レンタルキャッシュ:投稿フォーマットへの入力例】

  • メールアドレス
  • LINE ID
  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 融資希望額
  • 月収
  • 現在の借金額
  • 債務整理歴
  • 提出する本人確認書類

メールアドレスは「捨てアド」が禁止されています。適したメールアドレスを持っていない人は、新たにフリーメールなどを取得するのがおすすめです。

また、投稿フォーマットにはコメント入力欄があります。掲示板を閲覧した人の目に届くため、お金を借りたい理由などを詳しく書くといいでしょう。

最短即日融資を受けられる

レンタルキャッシュは、条件さえ合致すれば即日融資を受けられます。消費者金融や銀行からの借り入れのような申込条件や審査はありません。メールやLINEなどで融資契約がまとまれば、すぐに融資金を振り込んでもらえるでしょう。

貸主によっては、融資金の受け取りは対面のみとする人がいます。振り込みには対応せず、対面で借用書を交わさないと融資を受けられない場合があるので注意してください。

総量規制を超えた額を借りられる

レンタルキャッシュでは、貸金業法の総量規制を超えた額の借り入れも可能です。なぜなら、レンタルキャッシュは個人間融資となるため、総量規制が適用されません。貸主の判断で、総量規制の金額以上の高額な借り入れも行えるのです。

総量規制とは、貸金業法が定める貸出額の規制で「貸金業者が個人に貸し出せる額を年収の3分の1を超えてはいけない」と定めています。貸金業者から借りられるのは、年収300万円の人の場合100万円までです。借入先が複数でも1社でも100万円以上の借り入れができません。

レンタルキャッシュの利用の流れ

レンタルキャッシュは、お金を借りたい人が融資希望額などを掲示板に投稿するだけです。投稿できるのは1人1日1回までとなっていて、同じ内容での連日投稿、貸主からお金を貸しますといった書き込みは禁止されています。その他にも、無償で支援を依頼したり、個人情報を変えて複数の書き込みをしたりする行為が禁じられています。

レンタルキャッシュを利用する具体的な流れは以下を参考にしてください。

【レンタルキャッシュ:利用の流れ】

  1. お金を借りたい人が借り入れ希望額・連絡先などの情報を投稿
  2. 投稿を見たお金を貸したい人が投稿者に連絡
  3. メールやLINEで融資条件について交渉
  4. 交渉成立後に融資金の振り込みまたは直接渡し

即日融資が可能かどうか、金利や融資額は交渉次第で変わります。確実に融資を受けられる保証がない点に注意してください。また、レンタルキャッシュの掲示板運営者は、お金を借りたい人と貸したい人がつながる場所を提供するだけです。お金の貸し借りでトラブルが起きても、掲示板運営者は一切の責任を負いません。

レンタルキャッシュの注意点

レンタルキャッシュの注意点は以下の通りです。

【レンタルキャッシュ:注意点】

  • 膨大な数のメールが送られてくる
  • 闇金や詐欺もいる
  • トラブルは個人で解決しなくてはいけない
  • 個人情報漏えいの危険性がある
  • 貸主が「借りパク」されるケースも見られる

それぞれについて解説するので、トラブルに遭わないためにも事前にチェックしておきましょう。

膨大な数のメールが送られてくる

レンタルキャッシュでは、投稿する際にメールアドレスの入力が必要です。そのため、投稿後に何百通ものメールが送られてきます。膨大な数のメ―ルの中から、誠実な貸主かどうかを見極めるのは困難なので、理解した上で利用してください。

また、レンタルキャッシュでは捨てアドではないフリーメールの利用を推奨しています。携帯のメールアドレスや仕事で使うメールアドレスなどを登録すると、重要な連絡を見落とす可能性が高いので注意しましょう。

闇金や詐欺もいる

貸主の中には、個人を装った闇金をはじめ、詐欺がまぎれています。また、反社会的勢力に近い人とつながる可能性も高いでしょう。

お金を貸して違法な金利で融資を持ち掛けられたり、お金を借りる前に手数料や保証金、担保代といった名目の費用をだまし取られたりするケースもあります。返済が遅れたら、乱暴な取り立てが行われるのも珍しくありません。

利息制限法によって「元本10万円未満の場合は年20.0%」「元本10万円以上100万円未満の場合は年18.0%」「元本10万円未満の場合は年15.0%」に定められています。どんなにお金が必要でも、違法な金利での借り入れをしないでください。

トラブルは個人で解決しなくてはいけない

レンタルキャッシュは、借りたい人と貸せる人をマッチングさせる場所にしかすぎません。トラブルへの介入は一切しないため、全て自己責任である点を理解しておきましょう。
貸主が闇金や詐欺師だった場合、自分で警察や弁護士などにトラブルの相談をする必要があります。

レンタルキャッシュは会員登録が原則不要です。お金を借りたい人が自分のメールアドレスやLINE IDといった連絡先情報を公開して、貸主と交渉するシステムです。掲示板運営者は、メールやLINEでの交渉内容の把握すらできません。

個人情報漏洩の危険性がある

個人情報を得るのが目的でレンタルキャッシュを利用する悪質な人も存在します。個人情報が漏れてしまうと、借金や携帯電話の契約をされるといった被害に遭うリスクが高いので注意してください。

送られてきたメールのURLをクリックしたら、表示されたサイトで個人情報が抜き取られるという流れです。URLは、クレジットカード現金化をはじめ、高収入バイトや当選金の受け取りといったお金に困っている人が引きつけられやすいものが多いです。

下記ページでは、個人間融資の危険性やお金が必要な時の対処法を解説しています。知らぬ間に犯罪に巻き込まれることの多い個人間融資。そうなる前に理解を深めてみてください。

>>>【無償でお金を貸してくれる人】ネットで誰かお金を下さいor貸してと言ってみたらどうなる?

貸主が借りパクされるケースも見られる

レンタルキャッシュは、お金を借りる側にトラブルや危険性が高いと思われがちですが「貸主が借りパクされた」というケースも見られます。お金を貸して利息分をもうけたいと思っていても、借主が確実に返済する保証はありません。

貸主の体験談には「5人中1人は返済してくれない」というケースもあるとのこと。下手をすれば何百万円も損をする可能性すらあるのです。

借りパクの被害に遭わないためには、返済期日や返済額を記入した借用書を作っておきましょう。また、借主と直接会って本人確認書類のコピーや写真を撮るなどしてください。

レンタルキャッシュからの借り入れに成功した人の口コミや評判を紹介

レンタルキャッシュを利用した人の口コミや評判はTwitterなどで多く確認できます。
しかし、借り入れに成功した人よりも詐欺被害に遭ったり、遭いそうになったりした人のほうが多いです。こちらでは、実際に寄せられたレンタルキャッシュの口コミや評判について紹介します。

【レンタルキャッシュの口コミや評判】

  • 借り手側だけどレンタルキャッシュにはしっかり貸してくれる人もいます。
  • レンタルキャッシュに投稿したら1時間に80件のメールが来た。1週間後、お金を貸してくれる人と電話で話して、個人情報と自撮りを送って振込待った。それ以降、連絡が来なくなり8時間経過。個人情報を盗むのが目的だったと気付きました。
  • 個人間融資なので、実際に借りられるまでにかかる時間は一概にいえないけれど、早くても数日はかかるみたいです。
  • 勝手に免許証や保険証などを使ってFXの口座を開設されていた。警察に言えば良いのでしょうか。どうすれば良いのか分かりません。

お金を借りたいならレンタルキャッシュよりもカードローンがおすすめ

掲示板に投稿するだけのレンタルキャッシュは手軽で利用しやすいですが、トラブルや危険がつきまとうリスクが高いといった注意点があります。レンタルキャッシュを利用する前に、消費者金融や銀行カードローンの審査を受けるのがおすすめです。

金利が発生したり、審査を受けたりしなければいけませんが、安心してお金を借りたいならカードローンの利用がおすすめです。消費者金融も銀行も法律にのっとった融資を行う正規業者なので、お金を借りるに当たってトラブルや危険はありません。

最短即日融資、電話連絡なしに対応するおすすめのカードローン3選を紹介するので参考にしてください。

アコム

「はじめてのアコム」で知られるアコムなら、以下の方法で最短融資が受けられます。

  • Webか電話で申し込んだ場合:自動契約機(むじんくん)あるいは 店舗に来店
  • Web申し込み:希望する金融機関口座に振り込み

Web完結なら、審査終了後最短1分で振り込みが可能です。24時間・365日借り入れが可能なので利便性も申し分ありません。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 最大800万円
Web完結
審査にかかる時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短1時間
即日融資可能な審査受付時間 9:00〜20:30
無利息期間 30日間

アイフル

アイフルは、原則として申込時や審査時の電話連絡を行っていません。書類提出のみで本人確認や在籍確認が可能なので、自宅や勤務先への電話連絡を避けたい人におすすめです。

即日融資はもちろん、借り入れ方法が即振り込みに無人契約機、提携ATMなど選択肢が豊富です。無利息期間も用意されていて、契約日の翌日から30日間なら無利息で借り入れできます。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 最大800万円
Web完結
審査にかかる時間 WEB申込なら最短25分
融資までにかかる時間 最短即日
無利息期間 30日間
申込時の電話連絡 なし

SMBCモビット

SMBCモビットの最大の特徴は、Web完結を利用すれば電話連絡や郵送物の発送を一切行わない点です。社名入りの健康保険証などを提出すれば、確認や書類審査が完了します。

必要情報を入力すれば、審査通過を簡易的に判断してくれる10秒簡易審査を利用できたり、返済額に応じたTポイントがたまったりするお得さもSMBCモビットの魅力です。

金利(実質年率) 3.0〜18.0%
借り入れ限度額 最大800万円
Web完結
審査にかかる時間 10秒簡易審査
融資までにかかる時間 最短即日
申込時の電話連絡 Web完結を選べば原則なし