在籍確認の電話は本人が出てもいい?本人に電話が来るようにするには?

カードローン審査の一環として、申込者の勤務先へ在籍確認の電話連絡を行います。

「自分に電話が来るようにするにはどうすればいいのだろうか」
「電話連絡はどんな内容なのだろう」
「申込者本人である自分が電話に出ないといけないのだろうか」

このように、在籍確認について気になる方も多いのではないでしょうか。

在籍確認は、申込者本人、または本人以外の人が出ても問題ありません。しかし、申込者本人以外の人が電話に出た場合、確実に在籍確認が完了するように対応してもらう必要があります。

この記事では、在籍確認の具体的な内容をはじめ、申込者本人が電話を受けるための方法について解説します。その他に、申込者本人の不在時に在籍確認の電話がかかってきた際の注意点をまとめたので、在籍確認に不安を感じている人はぜひチェックしてください。

また、在籍確認の他に重要な連絡として、申込者への本人確認の電話連絡をすることも珍しくありません。下記ページではその電話に出られなかった時の対処法を解説しています。ぜひ参考にしてください。
>>>ローン審査で本人確認の電話に出れなかったらどうすればいいのか

在籍確認の電話は申込者本人が出なくても問題ない

カードローン会社が在籍確認の電話をかけた際に、必ずしも申込者本人が出る必要はありません。申込者本人が勤務先で働いていることを証明できればいいからです。

在籍確認は申込者が本当に働いているかを確認するのが目的

在籍確認を行う目的は、申込書で申告した勤務先で実際に働いているかどうかの確認です。カードローンの利用は、申込者本人に安定収入と返済能力が不可欠。実際に働いているかどうかの裏付けを取らないといけません。

在籍確認ができなければ「申込者が本当にその勤務先で働いているか」「収入を得ているか」の事実を確認できないため、審査通過が難しいのです。

在籍確認の電話は申込時に申請した電話番号にかかってくる

在籍確認の電話がかかってくるのは、申込時に申請した勤務先の電話番号です。申込者が架空の勤務先を申告したとしても、電話連絡をした際に事実を確認できます。

自宅で仕事をする個人事業主やフリーランスの場合、会社員とは異なり、自宅の固定電話や携帯電話などの指定した番号にかかってきます。
しかし、電話連絡だけでは勤務実態の確実性を証明できません。電話に加えて、確定申告書や所得証明書などの収入を証明できる書類の提出を求められる可能性が高いでしょう。

申込者本人が不在の場合の在籍確認の電話内容

カードローン会社が在籍確認の電話をかけた際に、申込者本人が不在の場合の電話内容は以下の通りです。

【本人不在の場合の電話内容例】
勤務先:はい。◯◯株式会社でございます
審査担当者:鈴木と申しますが、△△様はいらっしゃいますか?
勤務先:申し訳ございません、△△は席を外しています
審査担当者:かしこまりました。また改めてお電話します

在籍確認の電話に申込者本人が出ないだけで、審査結果に影響はありません。申込者が外出していたり、休日だったりしても、勤務先に在籍していると分かれば在籍確認は完了。引き続き審査が進められます。

在籍確認の電話を申込者本人が受けるための方法

在籍確認の電話をかけてほしくない場合、カードローン会社へ「在籍確認の電話をかけてもらう時間を事前に指定できるか」「書類提出で在籍確認をできないか」といった相談をしてください

事前に在籍確認の電話をかける時間を指定する

在籍確認の電話に申込者本人が出なかったとしても、審査通過に何ら影響はないので安心してください。
しかし、自分以外の人に電話を受けてほしくない場合はカードローン会社に連絡して、在籍確認の電話をかける時間を指定しましょう。決まった時間に申込者が電話を取れば、在籍確認がスムーズに完了します。

深夜から早朝はカードローン会社の営業時間外のため、在籍確認の電話をかけてもらえない可能性が高いです。日中から夜にかけての時間帯であれば柔軟に対応してもらえるでしょう。

勤務先の休業日と重なる場合は事前に伝えておく

カードローンに申し込むタイミングが申込者の勤務先の休業日と重なる場合、その旨をカードローン会社に伝えてください。勤務先に在籍確認の電話をかけたものの、休業日で誰も出なければ審査に落ちる可能性があるからです。
もちろんカードローン会社は、申込者の休業日がいつなのかを把握していません。

審査を行い、最終段階に入ると申込者の勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。
特に消費者金融カードローン会社などの最短即日融資が可能なカードローンは、申込手続き完了後すぐに在籍確認の電話をかける場合があります。もし勤務先が休業日で誰もいなければ、電話に出る人がいないため在籍確認が完了しません。

勤務先に電話がつながらなくても何度かはかけ直してくれますが、ずっとは続かないでしょう。「申込者の勤務実態を確認できない=在籍確認が完了しない」状態となり、審査に通過できなくなります。

必要書類の提出で在籍確認を行ってもらう

「勤務先に電話をかけてほしくない」
「勤務先の休業日と重なるタイミングで申し込んだから、在籍確認の電話をかけても誰も出ない」
このような時は電話連絡ではなく、必要書類の提出で在籍確認を行う方向で考えてください。実際に一部の消費者金融カードローンでは、書類提出で在籍確認を行っています

書類提出で在籍確認を行う主な消費者金融カードローンは、以下の3社です。

SMBCモビット 電話連絡・郵送物送付なし(本人名義の三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っている、全国健康保険協会発行の保険証・組合保険証を持っている)
アイフル 申込時の電話連絡なし(公式サイトに記載あり)
レイクALSA レイクALSAのコールセンターへ事前相談があれば申込者の希望に合わせた対応が可能(公式サイトに記載あり)。勤務先への電話連絡から書類提出に変更してもらえる可能性がある
[case8]

申込者本人が在籍確認の電話に出なくても借金がバレる可能性は低い

在籍確認の内容はシンプルですが、勤務先に電話がかかってくると「同僚や上司にカードローンの利用がバレるのではないか」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、在籍確認の電話が原因で勤務先にカードローンの利用がバレる可能性は低いです。その理由は以下の2点です。

  • 審査担当者の個人名で電話をかけてくる
  • 電話を受けた相手に「在籍確認の電話連絡である」と伝えない

それぞれについて解説します。

審査担当者の個人名で電話をかけてくる

カードローンの在籍確認の電話連絡では、会社名を名乗らないのが一般的です。一部の銀行カードローンは、銀行名を名乗る場合があります。しかし、消費者金融カードローンは、申込者本人が電話に出るまで社名を名乗らないと考えていいでしょう。

電話を受けた相手に「在籍確認の電話連絡である」と伝えない

在籍確認の電話では、申込者本人以外に用件を伝えません。申込者本人が不在で別の人が電話に出て「用件は何でしょうか」などと伝えても、カードローン会社は「在籍確認の電話です」と答えないので安心してください。
電話をかける審査担当者は「個人的な用件です」と答えるように徹底しています

在籍確認が完了しないと審査が進まない

在籍確認まで終われば、カードローン審査通過は目の前といえるでしょう。本人確認や個人信用情報の照会は完了した状態です。しかし、在籍確認を行うだけではなく、しっかりと完了しないと審査は進みません。

在籍確認で失敗したら、カードローン審査に落ちる可能性が高まります

在籍確認は申込者の返済能力を判断するポイントの一つ

申込者の返済能力を確かめなければ、カードローン会社は融資を行いません。
カードローンは、中長期にわたって返済が続きます。「問題なく返済できると判断可能な継続的収入があるかどうか」「過去に信用面での問題がないか」など、総合的な返済能力を判断する目的で審査を行うのです。

これはカードローンに限った話ではなく、借り入れをするに当たって審査は必要不可欠な手順です。

返済能力とは?

「返済に充てるお金をどれだけ生み出せるのか」という能力を意味します。年収・職業属性・過去の金融履歴などから総合的に判断し、その中で「収入の継続性」が重要視される項目です。

在籍確認が完了しなければ最悪の場合は審査落ち

在籍確認まで進んでから、カードローンの審査に落ちる可能性はかなり低いです。在籍確認が問題なく完了すれば、あとは審査通過連絡から契約手続きへと進めるでしょう。

申込者本人の不在時に在籍確認の電話がかかってきた際の注意点

最後に、申込者本人の不在時における在籍確認の注意点をチェックしておきましょう。こちらを事前に知っておけば、在籍確認で審査に落ちるといったことを避けられます

留守番電話は在籍確認として認められない

カードローンの在籍確認の電話がつながったとしても、留守番電話の場合は申込者本人が働いているかまで確認できません。その場合は在籍確認として認められず、高い確率で審査に落ちるでしょう。

電話を受けた相手の対応によって在籍確認が完了しない

電話を受けた人がカードローン会社からの電話にどう対応するかによって、審査通過が決まる場合があります。例えば、以下のような返答をした場合は在籍確認が認められません。

  • 「そのような人はいません」と伝えた
  • 「個人情報の問題で答えられない」と伝えた

電話を受けた人が申込者の存在を把握してない可能性もあります。申込者本人が電話に出られないのが確実に分かっているなら、事前に在籍確認が完了するための対策を考える必要があります

「そのような人はいません」と伝えた

在籍確認の電話を受けた人が「そのような人はいません」と伝えてしまうと、申込者の在籍を確認できません。「うその勤務先情報を申告した」と判断されて、審査落ちの可能性が高くなります。

正社員なら、私用電話を禁止していない会社でなければ、そのようなケースは少ないかもしれません。しかし、派遣社員や契約社員、パート・アルバイトで働いている人は、在籍確認が確実にできるように準備をしておきましょう

「個人情報の問題で答えられない」と伝えた

申込者が申込時に申告した勤務先で働いているのは事実なのに、在籍確認の電話に出た人が「個人情報の問題で答えられない」と伝える可能性があります。個人情報保護法の観点から、社員の在籍について一切伝えない会社も多いためです。

そのような場合、在籍確認の電話をかけても、以下のように対応されてしまいます。

勤務先:はい。◯◯株式会社でございます
審査担当者:鈴木と申しますが、△△様はいらっしゃいますか?
勤務先:申し訳ございません、社員の個人情報についてはお答えできません
審査担当者:承知しました。ありがとうございました。

「答えられない」と言われた場合、申込者が勤務先で本当に働いているかどうかが分かりません。在籍確認完了とならず、審査落ちの原因につながります。

また在籍確認の電話は、担当者の個人名でかかってくきます。会社によっては、営業の電話などと疑われて取り次いでもらえない場合があるでしょう。

電話を受けた人が申込者の存在を把握してなかった

在籍確認の電話を受けた人が、申込者の存在を把握していないといったケースもありがちです。
特に雇用主と実際の勤務先が異なる派遣社員、朝から深夜までといった異なる時間帯で働く人が多いパート・アルバイトなどは、電話に出た人が申込者と面識がなかったり、存在を知るきっかけがなかったりします。

「そのような人はいません」と伝えなくても、「分かりません」「知りません」と答えられてしまったら在籍確認が完了しません。「確認して折り返し連絡します」となっても、カードローン会社は「またこちらからお電話します」と伝えて電話を切るでしょう。

在籍確認の電話の言い訳を考えておくのがスムーズ

申込者不在時の場合、会社の人に在籍確認の電話対応をお願いするのがスムーズです。審査担当者は、申込者の勤務先にバレないための工夫を凝らしてくれています。しかし、バレる可能性がゼロなわけではありません。

在籍確認の電話対応を会社の人にお願いするなら、自然な言い訳を一緒に用意しておくといいでしょう。

利用できる言い訳の一例

在籍確認の電話連絡の言い訳として自然な回答は、以下の通りです。

  • クレジットカードの在籍確認だった
  • 金融商品の案内の電話だった
  • ローンの問い合わせの電話だった

実際に、在籍確認を行うクレジットカード会社や金融機関もあるため、これらの言い訳は決して不自然ではありません。それでも詳細をしつこく聞いてきた場合は「プライベートな内容なので」と伝えるのも方法です。

[case8]

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事