在籍確認で同僚に「いない」と言われたら審査に落ちる?どうすればいい?

「カードローンに申し込むと在籍確認の電話がかかってくるらしい」
「会社にほとんどいないけれど、在籍確認が完了するのだろうか」

このように、在籍確認の電話が不安な人も多いのではないでしょうか。
個人情報の観点から、在籍確認の電話を受けた人が「〇〇という従業員は当社にいません」などと伝える会社も珍しくありません。この場合は在籍確認が完了しないため、審査通過の可能性を下げてしまいます

当記事では、在籍確認の電話で「申込者はいないと言われた」時の対処法をはじめ、在籍確認の完了が必要な理由について解説します。その他に、在籍確認の電話なしでお金を借りる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、在籍確認の他に重要な連絡として、申込者への本人確認の電話連絡をすることも珍しくありません。下記ページではその電話に出られなかった時の対処法を解説しています。ぜひ参考にしてください。
>>>ローン審査で本人確認の電話に出れなかったらどうすればいいのか

在籍確認の電話で「申込者はいないと言われた」時の対処法

在籍確認の電話をかけた際に、申込者本人が不在で別の人が「当社には〇〇(申込者の名前)はいません」などと伝えてしまう可能性もあります。
その場合は、すぐにカードローン会社に連絡してください。申込者の在籍を証明できないままでいると、カードローンの審査に通過できないからです。

いないと言われた理由を正直に説明する

カードローン会社に電話をかけて、在籍確認の電話に出た人が「申込者はいない」と伝えた理由を正直に伝えてください。個人情報の観点、単に電話に出た人が申込者の存在を把握していなかったなど、さまざまな理由があるはずです。

正直に理由を伝えれば、今後の対応について指示があるでしょう。しかし、審査に落ちた連絡が来た後にカードローン会社へ連絡してもどうにもなりません。審査に落ちた事実は覆らないからです。

電話以外の方法で在籍確認ができるかを相談

在籍確認は電話連絡で行うのが一般的ですが、中には電話連絡なし・書類提出のみで在籍確認を行うカードローン会社もあります。
公式サイトに「申込時に勤務先へお電話をさせていただきます」と記載していても、申込者の希望があれば書類提出で対応してくれる可能性が高いです。

電話で在籍確認を行うのが難しければ、理由を伝えて書類提出に変更できるかどうかを相談しましょう。電話連絡以外の方法がない場合、申込者の在籍を証明する方法を見つけるしかありません。

再度在籍確認の電話をかけてもらって申込者自身で対応する

審査結果が出ていない状態で、再度在籍確認の電話をかけてもらえそうなら、申込者本人が電話に出てください。
社内にいる機会が少なく、電話を受けられないなら、同僚にお願いするしかありません。自分宛ての電話がかかってきたら「〇〇は外出しております」「〇〇は休みです」などと言ってもらえるようにお願いしましょう。

ただし、電話の対応をお願いする際に、なぜ電話がかかってくるのかの理由を問われる可能性があります。その場合に備えて、不自然にならない言い訳を用意しておくのがおすすめです

在籍確認が完了しなければ審査に落ちる可能性は高い

在籍確認は、カードローンの審査通過のためには避けられない手順で、完了しない場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

在籍確認の目的は、その勤務先に申込者が間違いなく在籍しているかどうかです。カードローンに申し込む際に、勤務先や部署、勤務形態、役職などを申告します。その内容にうそがないかを確かめるのが目的です。

在籍確認をしなければ、本当は無職なのに大手企業を勤務先と偽ったり、本当は退職しているのに、そのまま勤務先として申告したりする不正を阻止できません。

また、申込者の返済能力を確認するために「安定した収入を得ているかどうか」を知るのも在籍確認において重要なポイントです。

申し込む前に在籍確認の方法を確認して対策を立てるのがおすすめ

在籍確認の電話に出られなかったり、避けたかったりする人は、自分が申し込む予定のカードローンがどのような在籍確認を行っているのかを確認してください
事前に在籍確認の方法を確認しておけば、同僚に電話対応をしてもらったり、カードローン会社に相談して以下のような対策を立てられたりします。

  • 申込者本人が電話に出られるように準備しておく
  • 必要書類を提出して在籍確認を行う

在籍確認の電話を避けたいのに、カードローンに申し込んでから「在籍確認の方法が電話だけだった」と知ったら、そのタイミングで対策を考えないとなりません。
融資開始までに時間がかかったり、電話以外の方法が見つからずカードローンを利用できなかったりする可能性もあります。

審査に落ちたら再申し込みのタイミングに注意

「在籍確認の電話がかかってきたものの、審査に落ちた」「審査に落ちたから別のカードローンに申し込めばいい」と考えるのは危険です。
短期間に複数のカードローンに申し込んだ結果「申し込みブラック」と呼ばれる、審査通過が難しい状態になっている可能性があります。

カードローンの審査では、申込者本人の個人信用情報を確認します。個人信用情報は3ヶ所ある情報機関(CIC・KSC・JICC)にデータとして残り、加盟会員ならいつでも個人信用情報を照会できます。
個人信用情報には申込情報、返済情報などが登録されているため、申し込みブラックを隠しようがありません

申し込みブラックになると、カードローン会社から「お金に困って切羽詰まった状態なのではないか」「踏み倒されるのではないか」「現金化を狙っているのではないか」と危惧されやすいです。融資をしても返済能力が疑われるため、審査に落ちてしまうでしょう。

審査に落ちた場合、すぐに次の申し込みをするとさらなる審査落ちを招くだけです。個人信用情報から申込情報が消える半年後に申し込むようにしてください

在籍確認で「申込者がいない」と言われた理由とは?

在籍確認の電話に申込者以外の人が出た場合、申込者が在籍しているにもかかわらず「社内に存在しない」ような言い方をされる場合があります。どんなケースに該当すると、在籍確認の電話で申込者がいないものとされるのでしょうか

  • 個人情報の観点が理由
  • 派遣会社の社員で勤務実態を把握されていなかった
  • 会社の規模が大きくて個人の存在を把握されにくい
  • 申請した連絡先を間違えていた・偽っていた

それぞれの理由について解説します。

個人情報の観点が理由

個人情報保護法の観点から「従業員が会社に在籍しているかどうか」に一切答えないといった会社も増えています。カードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけても、以下のような対応となって在籍確認が完了しません。

審査担当者:もしもし。私、〇〇(審査担当者の個人名)と申しますが〇〇様(申込者)はいらっしゃいますか。
勤務先の人:申し訳ございません。従業員の個人情報についてはお答えできかねます。
審査担当者:さようでございますか。ありがとうございました。

「答えられない」と言われてしまうと「申込者が勤務先で本当に働いているかどうか」が分かりません。在籍確認ができなければ審査を進められないため、審査落ちの直接的な原因になるでしょう。

また、在籍確認の電話は「審査担当者の個人名」を名乗るのがほとんどです。会社によっては、個人からの電話を私用電話と見なして取り次がない場合があります。

派遣会社の社員で勤務実態を把握されていなかった

派遣会社の社員がカードローンに申し込んだ場合、在籍確認の連絡先は派遣元となる派遣会社です。
正社員やパート・アルバイトは勤務先が雇用主ですが、派遣社員の場合の雇用主は派遣元のため、カードローン会社が在籍確認として、派遣会社に電話をかけても対応してもらえないケースがあります。

実際に派遣社員がカードローンを利用する際に、以下のような理由で在籍確認がスムーズに完了しない可能性があります。

  • 派遣社員の名前を把握していない
  • 派遣会社が登録社員の個人情報は答えられないとしている
  • 派遣登録だけで勤務実績はない
  • 日雇い派遣などの短い期間でしか働いていない
  • 複数の派遣会社に登録している

派遣会社の登録者数は相当数ですし、派遣会社のスタッフが派遣社員の一人一人を認識するのは困難です。カードローン会社が派遣会社に在籍確認をしても、勤務実態を即答するのが難しかったり、答えられないと伝えてしまったりする可能性があるでしょう。

派遣社員がカードローンを利用する時は、事前にカードローン会社に相談するのがスムーズです。派遣元ではなく派遣先で確認してもらえるか、難しい場合はどうすればいいのかの指示をもらってください

会社の規模が大きくて個人の存在を把握されにくい

従業員数が数百人だったり、千人以上いたりするような会社では、在籍確認の電話連絡をしても、申込者の存在を把握していないケースがあります。
特に勤務先の電話番号として代表番号を伝えている場合、電話に出た人が申込人を把握している可能性は低いでしょう。その結果、在籍確認が完了せずに審査通過が難しくなってしまいます。

会社の規模が大きい場合、可能なら申込者本人が電話に出られる番号、会社にいる機会が少ない場合、所属部署などといった申込者の存在を把握する人が出そうな番号を伝えてください

申請した連絡先を間違えていた・偽っていた

在籍確認の連絡先となる勤務先や勤務先電話番号が事実と異なれば、その番号に電話をかけたところで在籍確認が完了しません。

わずかな間違いであれば、カードローン会社に連絡をして修正すれば大きな問題にならないでしょう。しかし、故意で勤務先情報を間違えたり、偽ったりしたのがバレたら、その時点で審査が終わります。在籍確認を実施せずに審査に落ちた通知が届くだけです。

虚偽の申告をした場合は、審査に落ちるだけでは済まないかもしれません。虚偽申告をしたカードローン会社の審査に今後一切通過できなくなったり、最悪の場合は詐欺未遂罪の疑いをかけられたりする可能性があります

在籍確認の電話がかかってこない方法でお金を借りるのが安心

在籍確認の不安をなくしたいなら、電話連絡以外の方法でお金を借りられるカードローンに申し込むのが安心です。大手消費者金融カードローンや中小企業カードローンといったカードローン会社なら、電話以外の方法で対応してくれる可能性があります

大手消費者金融カードローン

一部の大手消費者金融カードローンは、電話連絡なし、書類提出のみで在籍確認を行えます。勤務先に電話をかけてほしくない場合、電話連絡なしのカードローンを選ぶのが安心でしょう。

なかでもSMBCモビットのWeb完結は、電話連絡なし・郵送物送付なしを公式サイトで明言。指定する銀行口座を持っていたり、勤務先を証明できる保険証を持っていたりすれば、在籍確認の電話連絡はありません。
アイフルも、SMBCモビット同様に「申込時の電話連絡なし」と公式サイトに記載されています。

レイクALSAは「申込時に勤務先に電話連絡をします」と公式サイトに書かれていますが、事前相談があれば申込者の希望に合わせた対応が可能です。電話連絡を避けたい場合、書類提出に代替えしてもらえる可能性があるので、レイクALSAのコールセンターに問い合わせてみましょう。

[case8]

在籍確認の電話に柔軟な対応をする中小企業カードローンも多い

大手消費者金融カードローンだけでなく、中小企業カードローンも申込者の希望に合わせた柔軟な対応をしてもらえる可能性が高いです。
また、大手消費者金融カードローンの審査に落ちた人が、中小企業カードローンの審査に通過したケースも多く見られます。中小企業カードローンは現在の返済能力を重視し、審査基準も会社独自に設定しているからです

在籍確認の電話連絡を避けたい、かつ審査通過難易度の低さを求めるなら、最初から中小企業カードローン一択で検討してもいいでしょう。

銀行カードローンは原則電話にて在籍確認を実施

銀行カードローンの在籍確認の方法は、原則申込者の勤務先に電話をかけて行います。事情があって電話連絡が難しい場合は、コールセンターに問い合わせれば相談にのってくれるでしょう。

しかし、必ず電話から書類提出に変更してもらえるわけではありません。申込者の事情などを聞き取りした結果、電話連絡で対応したい旨を告げられる可能性があるので注意してください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事