「お金貸して」という男友達になんて言えばいい? 

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

仲良くしていた男友達に「お金貸して」と言われたら、あなたならどうしますか?

本当に困っている場合もあれば、気軽に「お金貸して」と言ってくるような場合もあります。

今回は、「お金貸して」と言ってくる男友達に、どう対応したらいいのかといったテーマでお話したいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 「お金貸して」と言ってくる男友達に悩まされている人
  • お金の無心をしてくる男友達の心理が知りたい人

男友達にお金貸してと言われたら

男友達にお金を貸してと言われたら、どうしたらよいのでしょう?

正しい対応方法としては、「どんなことがあってもお金は絶対に貸さない!」というのが結論です。

男友達に限らず、相手がだれであっても、お金の貸し借りは必ずトラブルになります。

人間関係にお金がかかわったその瞬間から、必ず関係がこじれ始めます。

友達関係も恋人関係も、家族関係ですら、お金によって簡単に崩壊していくのです。

考えてみれば、ニュースで見かける数々の残忍な事件についても、お金にまつわるものがたくさんありますよね。

たとえ仲の良い気心の知れた男友達だったとしても、「お金は貸せない」ということを、はっきりと伝えましょう。

それで相手があなたのことを嫌いになるのであれば、そこまでの関係だったということです。

本当に大切な友達が困っているというのであれば、親身に話を聞いてあげて、お金が貸せなくても、それ以外の方法でサポートをしてあげればよいのです。

良心的な金融業者を一緒に調べてあげたり、アルバイトや副業で稼ぐといった、借りる以外の方法を一緒に考えてあげたりと、友達なら、お金を貸すこと以外に、相談にのってあげられることはあるのではないでしょうか。

平気で女友達にお金を貸してという男の心理

本当に困っているという風でもなく、平気で女友達に「お金貸して」と言えてしまうような男は、たいていの場合、お金を借りることを軽く考えています。

お金を借りることが、相手に迷惑をかける行為だということすらわかっていないのです。

そのため、堂々と「ギャンブルで負けてお金なくなっちゃったから、ちょっと貸して~」などと言ってくるような人もいます。

「もうすぐ車検なのにお金がない。車に乗れなくなったらどうしよう。お前だけが頼りだ!」などと、言ってくる人もいるかもしれません。

ちょっと面倒見の良い女友達に、「もう、しょうがないなぁ」なんて言われたとすれば、彼にとってはシメたものです。

こういう人は女友達を下に見ていて、「お金貸して」と言っても怒られないと思っているところがあるように思われます。

そして、たとえ借りたお金を返せなかったとしても、やっぱり怒られないだろうから大丈夫だと思っているのです。

ホントにその人、男友達ですか?

ところで、男友達といいつつ、実はその彼に想いを寄せているというようなことはありませんか?

そして、それが彼にバレバレだったりはしないでしょうか?

そのことに彼が気付いているにもかかわらず、「お金貸して」と言ってくるとしたら、自分に気があるからお金を貸してくれるだろうと思われている可能性があります。

だとすると、彼にとっては最も「お金貸して」と言いやすい相手になってしまうわけです。

たとえお金を貸すことを断られたとしてもなんとも思わないですし、貸してくれたらラッキーくらいに思っているでしょう。

そして、この場合は特に、返す意志も乏しいと考えられます。

お金を貸したら好きになってくれるかも

本当に友達だと思っていたり好きな女性だったりしたら、相手の気持ちを考えると、「お金貸して」なんてこと自体、簡単には言えません。

普通、自分にとって大切な人に迷惑をかけるようなことは、できないからです。

でも、自分にとってはどうでもいいような人物(知り合い?)で、なおかつ自分に気がある相手だとしたら、都合のいいように使って、迷惑がかかるかどうかなんてことは考えもしないということが多々あります。

むしろ、「お金貸して」というよりは、「お金ちょうだい」という感覚で言ってくる場合もあるでしょう。

逆に言えば、お金を貸すことを断ったとしてもなんとも思われませんので、堂々とお金は貸せないと断ればいいのです。

お金を貸してあげたら自分のことを好きになってくれるなんてことは、まずありませんので、お金を貸すのは絶対にやめましょう。

「お前しかいない」のセリフに騙されない

お金を貸して欲しいとお願いしている男友達に、「お前しかいない」というセリフを言われると、お金を貸す人としても心をグッと動かされるかもしれません。

それが、密かに好意を寄せている相手だとしたらなおのことでしょう。

しかし、「お前しかいない」という言葉は、お金を借りようとしている人の常套句であることを忘れてはいけません。

また、こういったセリフを平気で吐く人は、その後のお金のやり取りで関係が拗れてしまってもかまわないと考えている相手にしか、お願いしないものです。

つまり、「お前しかいない」と言われてお願いされた時点で、相手はあなたのことを「お願いすればお金を貸してくれるかもしれないし、最悪関係が切れてしまってもかまわない相手」と認識していることになります。

そんな相手にお金を貸すのは、バカバカしいですよね。

うわべだけの言葉に流されてお金を貸してしまわないように、しっかり自衛してくださいね。

恋人だったら貸しても大丈夫?

相手がただの男友達ではなく、恋愛関係にある恋人であれば、お金を貸しても大丈夫でしょうか。

これに関しては、カップルそれぞれのお金に対する認識によるとしか言えません。

今までの付き合いの中で、あなたが相手を「お金を貸してもしっかり返してくれる」と信じているのであれば、お金を貸してあげても大丈夫でしょう。

ただ、お金の無心をするときにやたらと「結婚」という言葉を用いたり匂わせたりしてくる相手は、要注意です。

「結婚したら財布も1つなんだから今お金を貸してくれても大丈夫だろ?」なんて言われたら、それもそうかもしれないと考えて、お金を貸してしまう人も多いでしょう。

ただ、お金を借りるときに結婚を匂わせてくる人の中には、すでに気持ちがあなたのもとを離れており、ただの金づるとしてギリギリまで利用してやろうと考えている人もいるものです。

相手の気持ちがどこを向いているのかをしっかり見極めて、お金を貸すか貸さないかだけでなく、今後相手と付き合うか付き合わないかを決めていくようにしたいですね。

貸すなら最悪の結果も想定して!

お金は簡単に貸せるものではありませんので、万が一貸す場合には最悪の結果になってしまうことも覚悟しておかなければなりません。

貸したお金が返ってこない可能性もあるでしょうし、お金の問題がきっかけで友人を失ってしまう可能性もあるでしょう。

お金は返ってきたものの、返す返さないのやり取りをしている間に、人を信用できなくなってしまうかもしれません。

お金の問題は、関わる人の人生を容易に狂わせてしまう可能性があるということを、しっかり認識しておくべきでしょう。

貸すなら振込で証拠を残そう

お金を借りた人の中には、自分から頭を下げてお金を借りたのに、いざ返済を迫ると「お金など借りていない」としらを切りとおそうとする人もいます。

お金を貸した人は、多くはない給料から何とかして貸せるお金を捻出したかもしれないのに、そんな風に言われるなんて心外でしょう。

この場合、「貸した」「借りていない」という押し問答になってしまうと、心身ともに疲弊してしまいますので、お金を貸したという証拠をきちんと残しておくことが重要になります。

証拠の残し方として有効なのは、銀行の口座振込を利用してお金を貸すということです。

こうすると、口座にお金が出入りしていることが証拠として残りますので、相手としてもお金を借りていないとは言えないでしょう。

お金を貸した側としても、ただ返せ返せというのでは相手もなかなか返済してくれないかもしれませんから、相手の返済プランを一緒に考えてあげたり、返済期限を長めに設定してあげたりするといいですね。

Q&A:男女間のお金の貸し借りに関する5つの質問

では最後に、男女間のお金の貸し借りについてよくある質問に、Q&A形式でまとめて回答していきましょう。

①お金を貸している男友達と連絡が取れない。泣き寝入りするしかない?

A.メールなどを用いて「連絡をした」という証拠を残すようにしましょう

連絡が取れないからと言って連絡することを諦めてしまうと、相手の思うつぼでしかありません。

こちらは連絡を行う意思がある、お金を返してほしいと思っているということを相手に分かってもらうために、メールなどを用いて連絡をしたという「証拠」を残しておくことが重要です。

そうすれば相手もいつか折れてくれるでしょうし、問題が拗れてしまった場合もこちら側の証拠があるかないかで、立場の有利不利が大きく変わってくるでしょう。

②貸したお金を催促しないと返してくれない人の心理って?

A.あわよくば相手がこのまま忘れてくれないかな…と思っていることでしょう

お金を貸した側としては、少しでも早くお金を返してほしいものの、それを相手にはなかなか言い出せないものです。

「そんなに焦って返してもらおうとして金にがめつい」「次に会ったときに返すと言っているのに自分が信じられないのか」などと思われるのがイヤだからですね。

借りたお金をなかなか返そうとしない人は、そういった「貸した側の心理」を見透かしており、あわよくばこのまま返さないで済まないかな…と思っているものです。

お金を貸した以上は、それを返してもらう権利が当然あるわけですから、堂々と催促してかまわないでしょう。

③彼氏にデート代として貸したお金は請求できる?

A.彼氏と自分との関係性次第でしょう

彼氏が自分の言い分をどれだけ理解してくれるかによって、請求できるかどうかが変わってきそうです。

「そうだったな、ずっと借りっぱなしで悪かったな」と言ってくれる相手であれば、時間はかかるかもしれませんが返済してくれるでしょう。

「デートは2人で楽しんだんだからそのお金を俺が返すのはおかしくないか?」と言うような相手であれば、返済してもらうのは難しいかもしれません。

大事なことは、前者のような彼氏であろうが後者のような彼氏であろうが、それを彼女自身が納得できているかということです。

今後も付き合っていくことを考えると、金銭感覚のズレがネックになることは大いに考えられます。

お金に関しては、自分と近しい考えかたの人と付き合うようにしたいですね。

④異性からお金を貸してといわれる人ってどんな人?

A.押しに弱く頼みごとを断れないと思われている人です

お金を貸してと言われても「無理」と断る人が大半だと思いますので、お金を貸して欲しい人は押しに弱そうで頼みごとを断れなさそうな人を、ターゲットに選びがちです。

一度お金を貸してしまうと、その後も定期的にお金の無心をされる可能性が高いので、無理なものは無理ときっぱ断るようにしたいですね。

⑤お金を返してくれない人から返してもらう方法は?

A.第三者を巻き込むなどの方法が効果的です

自分がどれだけお金を返してほしいとお願いしても、一向に返済してくれずらちが明かない場合は、第三者を巻き込む方法が効果的です。

相手が会社の同僚なのであれば、他の同僚や上司を巻き込んでもいいですし、いっそのこと弁護士のような法律の専門家にお願いしてみるのもありでしょう。

狡猾と思われるかもしれませんが、お金を返すという約束を反故にしているのは相手なのですから、気にする必要はありません。

まとめ

今回は、「お金貸して」と言ってくる男友達に、どう対応したらいいのかをテーマにお話ししました。

対応方法についての結論はひとつで、「どんなことがあってもお金は絶対に貸さない!」という、これに尽きます。

本当に困っていて助けてあげたいと思ったとしても、自分にできることは限られています。

お金を貸すこと以外に、友達としてできることがないか考えましょう。

気軽に「お金貸して」と言ってくるような男友達については、たいていの場合は、「何で私が貸さなきゃいけないの!貸すわけないじゃん!?」「だよねぇ~。」といった冗談交じりのやりとりで済んでしまうのが普通です。

しかし、うっかりお金を貸してしまったら、男友達にいいように使われてしまうという可能性が否めません。

「お金貸して」と言ってきたことを機に、男友達との付き合いかたを見直す必要もあるかもしれませんね。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談