債務引受型決済サービスとファクタリングの違いは?メリットやリスクも確認

 3.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 3.3  (3)

この記事を評価する

決定

会社にとって資金を確保する選択肢は多いほど有利です。

債務引受型決済サービスとファクタリングは、どちらも売掛金を利用した資金調達方法のため、同じような契約だと思われがちですが、目的や契約形態、リスクなどに違いがあります。

ここでは、債務引受型決済サービスとファクタリングの違いについて詳しく解説します。

債務引受型決済サービスとファクタリングの違いとは?

債務引受型決済サービスとファクタリングは、どちらも売掛債権を利用して行う資金調達方法ですが、手続きや効果に違いはあるのか見ていきましょう。

大きな違いは、ファクタリングは仕入れ会社(債権者)が資金調達をするために行うためのものである一方、債務引受型決済サービスは支払会社(債務者)が手形代わりに利用する支払い方法という意味合いが強いという点にあります。

ファクタリングは、仕入れ会社が保有している売掛債権をファクタリング会社などに譲渡することにより資金化します。

債務引受型決済サービスは、仕入れ会社が支払会社に対して保有している売掛債権を金融機関などが買い取り(または債務を引き受けて)、期日に仕入れ会社の指定する口座へ振り込みをします。

もちろん、手形割引と同様に期日前に現金化することもできますが、その場合は期日までの金利を支払う必要があるため、その分を差し引いた金額が振り込まれます。

他にも一括信託支払いという売掛債権の現金化があります。内容としては銀行の手形と同じですが、一括信託支払いは電子決済のため印紙貼付の必要がありません。

そのため、支払会社は印紙税や事務負担の費用を抑えることができて、仕入れ会社は資金調達が今までと変わりなく行えます。

債務引受型決済サービスは3社間のみ、ファクタリングは2社間もOK

債務引受型決済サービスは、仕入れ会社・支払会社・金融機関の3社間での取引ですが、ファクタリングは仕入れ会社・支払会社・ファクタリング会社の3社間取引の他に、仕入れ会社とファクタリング会社で契約する2社間ファクタリングも可能です。

2社間ファクタリングは3社間に比べて手数料が高くなりますが、支払会社(売掛先)にファクタリングの事実を知られずに売掛金を早期資金化できるため、今後の取引にマイナスの影響を与える心配がありません。

支払会社の倒産リスクを負うのは?

債務引受型決済サービスとファクタリングでは、仮に「支払会社が倒産などで代金を支払えなくなった場合の倒産リスクを負うのは誰か」という点も異なります。

ファクタリングは償還請求権無しの場合、仕入れ会社はファクタリング会社に債権を譲渡するので利害関係から除外され、支払会社が倒産したときに弁済のリスクを負うことはありません。

しかし、債務引受型決済サービスでは、金融機関との契約内容にもよりますが、従来の手形と同様に債権の譲渡人が債務の責任を負う必要があります。

債務引受型決済サービスのメリット|ファクタリングとの違い

債務引受型決済サービスには、主に次のような4つのメリットがありますので、それぞれ解説していきます。

メリット1:手続きや業務が簡便化する

債務引受型決済サービスは、電子決済サービスのときにPCまたはFAXを利用するため、手形の集金のために取引金融機関に出向く必要がなくなります。また、領収書の印紙税や取立て手数料が不要になるので、コスト削減効果があります。

さらに、債務引受型の場合、売掛先はそのまま変わらないので現金化の手続きも簡単な上、会計処理の変更も不要なので事務処理が増えることがありません。

メリット2:全額資金化だけでなく一部資金化も可能

手形割引においては、現金化する場合額面金額の全額を割り引くことになっていましたが、債務引受型決済サービスを利用すると、売掛債権の金額の範囲内であれば必要な金額だけを資金化することが可能です。

また、割引料金も通用より割安な料率が適用されるというメリットもあります。

メリット3:手形紛失・盗難リスクが回避できる

債務引受型決済サービスは電子決済サービスなので、手形を紛失してしまったり盗難にあったりしてしまったというリスクを回避できます。

メリット4:資金調達方法が多くなる

資金調達といえば、銀行からの融資が基本となっていましたが、債務引受型決済サービスという金調達方法が選択肢に加われば、様々な方法で資金が調達できるようになります。

ファクタリングのメリット|債務引受型決済サービスとの違い

ファクタリングには、主に次の4つのメリットがあります。

メリット1:短期間での現金化が可能

ファクタリング会社によっては、最短即日で現金化に対応している会社があります。

また、即日は難しくても3営業日以内など、短期間での現金化が可能なところが多いので、急な支出にも十分対応できます。

また、保証人や担保が不要で、売掛債権さえあれば利用できます。

メリット2:審査基準が柔軟

ファクタリングは金融機関からの融資ではないため、融資と比べて申し込むときに厳しい審査を受けません。

なお、審査に重点を置かれるのは仕入れ会社ではなく支払会社なので、仮に仕入れ会社が赤字経営や税金滞納、銀行のリスケ中であったとしてもファクタリングには余り影響がありません。

飽くまでも、支払会社の与信が重要視されます。

メリット3:支払会社が倒産したときに弁済のリスクがない

償還請求権無しのファクタリングは売掛債権自体を譲渡するため、仮に支払会社が倒産などで未払になっても、支払いを負担する必要がありません。

メリット4:信用情報に傷が付かない

ファクタリングは、金融機関から融資を受けるわけではなくファクタリング会社への売掛債権の譲渡なので、金融会社の審査の際に用いられる信用情報に傷が付かず、信用を下げるようなことがありません。

借入ではないので「負債」にはならず、貸借対照表のスリム化が期待できます。

債務引受型決済サービスとファクタリングの違い|でんさいとは?

債務引受型決済サービスやファクタリングを検討する場合、「でんさい」とどのような違いがあるのか気になる人もいると思います。

でんさいとは、会社間の売掛金などの債権を電子記録化して管理するシステムのことをいい、債権の譲渡や割引をPCやFAXで行うことができます。

でんさいは、「でんさいネット」が記録機関となっており、仕入れ会社や支払会社は金融機関を通してでんさいネットにアクセスします。でんさいネットには、以前からある金融機関同士の決済システムを利用しているため、多くの金融機関が加入しています。

仕入れ会社や支払会社が、でんさいネットに加入している金融機関の口座を持つことで、取引先が増えるたびに契約を締結することなくでんさいを利用できます。

一方、ファクタリングは取引ごとにファクタリング会社と契約を締結することになりますので、取引先が増えるたびに契約する必要があります。


債務引受型決済サービスとファクタリングの違い|手続きの流れ

債務引受型決済サービスを利用する場合、どのような流れで手続きが進められていくのでしょうか。それぞれのケースについて詳しい流れを解説します。

債務引受型決済サービスの手続きの流れ

1.仕入れ会社は商品やサービスなどを支払会社に提供し、販売代金を請求することにより、売掛債権を手にします。

2.支払会社は金融機関に対して、買掛金(債務)の明細を送付し、この買掛金についての債務引受を申し込みます。

3.金融機関は、2の申し込みにより支払会社が仕入れ会社に負っている債務について、併存的債務引受をします。(併存的債務取引によって金融機関と支払会社は連帯債務者になります。)

4.金融機関が仕入れ会社に代金を支払います。
もし、仕入れ会社が期日前に資金化を求めた場合は、金融機関は期日までの金利を差し引いた金額を支払います。

5.4の取引により、金融機関は支払会社に対して「求償権」を得ます。

6.支払会社は5の求償権に基づき、債権の支払期日に金融機関に代金を支払います。

ファクタリングの手続きの流れ

ファクタリングには、仕入れ会社とファクタリング会社の2社で行う2社間ファクタリングと、2社に支払会社を含めた3社で行う3社間ファクタリングがありますが、ここでは債務引受型決済サービスとの違いを確認するためにも、3社間の流れについて解説します。

1.仕入れ会社から支払会社に商品やサービスを納入し販売代金を請求することにより売掛債権を手にします。

2.仕入れ会社がファクタリング会社にファクタリングの相談・申し込みをします。

3.ファクタリング会社が債権額や債権内容について調査を行います。

4.売掛債権の取引金額が確定し、仕入れ会社と支払会社の合意があればファクタリング契約を締結します。

5.仕入れ会社がファクタリング会社に売掛債権を譲渡します。

6.支払会社に譲渡があった旨を通知し、承諾を得ます。

7.ファクタリング会社から仕入れ会社に、売掛債権からファクタリング手数料を引いた金額が支払われます。

8.ファクタリング会社は、期日が到来したら支払会社から代金を回収します。

債務引受型決済サービスとファクタリングの違い|利用上の注意点

債務引受型決済サービスとファクタリングを利用するに当たっては、注意すべき点がありますので後に困ったことにならないよう、しっかりと理解しておきましょう。

債務引受型決済サービスの利用上の注意点

1.支払会社の倒産リスクを負う可能性がある
既に解説しましたように、債務引受型決済サービスを利用する場合は、金融機関との契約によっては支払会社が倒産した場合に倒産リスクを負う可能性がありますので、契約形態に注意が必要です。

2.現金化のタイミングによっては手数料が高額になることもある
債務引受型決済サービスにおいて、仕入れ会社は資金が必要になったタイミングで申し出れば、支払期日を待たずに現金化することができます。

しかし、現金化するときの金利によっては金融機関に支払う手数料が変わりますので、コストを削減するためには資金化のタイミングも重要です。

ファクタリングの利用上の注意点

1.手数料が高い
ファクタリングは手数料が高いという難点があります。
2社間の場合は買取り価格の10%~30%、3社間の場合は1%~5%が相場とされています。

ファクタリング会社は、償還請求権無しの場合売り掛けは債権を買い取った後は支払会社の倒産リスクを負うことになりますので、その分手数料が高くなってしまいます。

2.悪質な業者が存在している
ファクタリング会社の中には、会社のニーズに合った取引を行っているところももちろんありますが、中には詐欺などが目的の悪質な業者も存在しているため、業者選びには最善の注意を払う必要があります。

公式ホームページに会社概要が詳しく載っていない、手数料が相場と著しく異なる、契約書の控えを渡してくれないなど、不審な点がある場合は他のファクタリング会社に相談することをオススメします。

まとめ

債務引受型決済サービスとファクタリングは、売掛債権を元に現金化するという点など類似した点もありますが、目的やメリット、リスクなどに違いがあります。

どちらの資金調達方法を選ぶにしても、それぞれのメリットや注意点や契約の流れなどをしっかりと理解し、後のリスクに備えることが大切です。

 3.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 3.3  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談