トヨタファイナンスの自動車ローン金利と審査って?

 3.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (2)

この記事を評価する

決定

トヨタ車を購入する際に利用するのが自動車ローンですよね。そこで気になるのが金利です。トヨタファイナンスのディーラーローンは車の購入と同時に契約ができることから、金利のことをあまり考えずに申し込んでしまうケースも多いでしょう。

ところで同じトヨタ車を購入するのに販売店によって金利に差があるということをご存じでしたか?車を購入する際にはトヨタのディーラー1箇所ではなく、数箇所を見て回ることも必要ですよ。

トヨタ車のディーラーローンはトヨタファイナンス

車を購入する際に手軽に申し込みができるのがディーラーローンですね。

ディーラーローンは販売店と直結していることから、車の購入と同時に申し込みができ、しかも面倒な手続きが不要ということもあって、何の迷いもなく申し込むケースも多いですよね。

トヨタ車を販売しているディーラーが扱うローンは、トヨタグループのトヨタファイナンスです。

トヨタファイナンスは金融分野において自動車ローンのみならず、住宅ローンを手掛けるなど、幅広い顧客サービスを行っている会社ですね。

自動車ローンはトヨタクレジットに分類され、トヨタ車を購入する際には様々なメリットが大きく便利なプランも用意されています。

全国約4,800箇所を展開するトヨタ販売店、例えばトヨタ店や、トヨペット店、カローラ店やネッツ店などで利用できます。

審査結果も比較的早くわかり、ディーラーのショールームで契約書を書き込みながら審査を行い、契約書を書き終わりお茶を飲んでいる間に審査に通ったかどうかが判明する特徴を持っていますよ。

トヨタクレジットは18歳から申し込みができる

トヨタファイナンスの自動車ローン、トヨタクレジットは基本的に安定した収入があることが条件となるものの、高校卒業した18歳から申し込みができる特徴があります。

また収入のない専業主婦でも申し込み可能で、自分専用の車が欲しいなという学生や主婦にとっても比較的申し込みしやすいローンですね。

ただし未成年者が申し込む場合は親権者、一般的には親が連帯保証人にならなければなりません。

当然のことながら収入のない専業主婦、学生が自動車を購入する場合にも、配偶者や親などに連帯保証人になってもらいましょう。

自動車ローンの金利

トヨタ車に限ったことではありませんが自動車を購入する際に気になるのがローン金利ですね。

金利が何%になっているかによって、毎月の支払い金額や返済回数が異なってきます。

もちろん金利が高ければ総支払金額も多くなってしまうことから、金利がどのくらいになっているのか確認する必要がありますよ。

しかしトヨタファイナンスの公式ページには金利についての説明がなく、注釈としてトヨタクレジットの金利や支払い条件は販売店によって違ってくると書いてありますね。

つまり自動車を購入する際にどこのディーラーで契約するかによって、トヨタクレジットの金利が違うわけです。

同じトヨタ車を購入するのに金利が違うと聞くと意外な気もしますが、販売チャネルが違う系列店はトヨタの直営店ではなく、販売会社がそれぞれ単独した会社経営なのです。

トヨタ販売会社のチカラ関係や、クレジットを組んだ際の手数料のキャッシュバックをどの程度利益に乗せるのか考え方が違うため、自動車ローンの金利が違ってくるのですね。

トヨタのディーラーは、販売車種によって販売店が違ってきますが、看板商品となるようなトヨタプリウスとなるとどこの系列販売店でも購入可能です。

・トヨタ店:高級車系
・トヨペット店:大衆車系
・カローラ店:コンパクトカー系
・ネッツ店:コンパクトカー系とミニバン系

以上のようにある程度販売車種が違ってきますが、ハイブリッドカーのプリウスが欲しいなという場合は、トヨタのディーラーならどこでも扱っています。

気になるトヨタ自動車ローンの金利の標準は年6.8%です。大まかな金利の目安として知っておくと便利ですよ。

同じ販売店でも金利が大きく違う

同じ車種を購入する場合でも、販売店によっては年5%台から年7%台になることから、人気車種を購入する場合は複数のディーラーを見て回り見積もりを取ることが重要なんですね。

金利をできるだけ下げたいという場合や、そもそもの自動車本体購入価格を安くしたいという場合は、同じトヨタディーラー系で競合させ値引き交渉が必要なのです。

ちなみに自動車ローンでも残価設定型のプランだと金利は年4%後半でほぼ統一されています。

ところがインターネット上の口コミなどを調べてみると、通常分割プランだと比較的金利が安いトヨタネッツ店でも年5.5%から年7.5%と大きな違いがあることがわかりますよ。

ローンの返済回数は最長で年回?

トヨタ車の自動車ローンの返済回数はクレジット契約によって違いがあります。

・トヨタクレジット:最長72回
・支払額可変クレジット:最長84回
・残価設定型クレジット:最長60回
・残額据置き払い:最長36回

トヨタクレジットは普通のオートローンと同じと考えてよいでしょう。ローン返済が終われば自動車は自分のものになります。

また支払額可変クレジットは毎月支払っているローン返済額に加えて、お金に余裕がある際はローンの一部を返済することや、残高を全部まとめて支払うことができるプランです。

収入が増えて生活に余裕ができたという場合や、子供の教育費にお金がかかるようになってきたという場合でも毎月の返済額を途中で変更できるため、ゆとりのある返済が可能です。

残価設定型クレジットと残額据置き払いについては、設定した支払い回数後の車両価格を差し引くことから、ワンランク上の自動車を購入する際や月々の返済額を少なくしたい場合に便利なプランです。

ただし最終回の支払いの後にトヨタ車を乗り換えるか、または返却するか、残高を一括で返済するかまたは分割で返済するか選ばなければなりません。

プランによっては前回のローン残高を引き継ぐことになるため、金利が安くとも毎月の返済額が増えてしまうデメリットがあることにも注意が必要ですね。

ローン審査基準は厳しい?

トヨタファイナンスの自動車ローンは他のローンに比べて審査が甘い、という口コミや、逆に審査が厳しかったという口コミもあります。

審査基準が厳しいかどうかの判断は申し込んだ人の主観が入るため、審査に通った人から言わせれば審査が甘いとなるでしょうし、審査に落ちた人からすれば審査は厳しかったとなるのが普通ですよね。

さてトヨタファイナンスの自動車ローンは金利が多少高めとなっていることから、もしかしたら審査基準は甘いのではないかと期待してしまいます。

しかしローン審査で甘いということはないと考えておいた方が良いです。

なぜならいくらローン返済中の自動車の所有権がトヨタファイナンスにあるからといっても、確実に返済してくれなければ途中で車を引き上げても損失を出してしまうことは明らかですね。

確かにディーラーローンは同じ系列のローンを使用することから、営業マンの顔が利くということや販売店のチカラによって融通が利く可能性もないわけではありません。

ところが残念なことにトヨタファイナンスは信用情報機関CIC加盟しているため、信用情報に問題があったのでは、いくらディーラーローンでも審査には通りません。

信用情報機関は銀行が利用しているKSC、及び消費者金融が利用しているJICCがあり、CICとその他の信用情報機関は相互データ交流システムによって、金融事故を中心とした情報を共有しているのです。

ましてJICCとCICは法律によってより密接な情報交流が行われており、カードローンの契約件数や返済状況もトヨタファイナンスの審査条件に加わります。

当然ながらクレジットカードやその他ショッピングローンで、返済状況が好ましくない、遅れがちであるという場合は、審査に落ちてしまうことも十分にあるでしょう。

金融事故情報のみならず、カードローンやクレジットカードのクレジットヒストリーが悪いと、ディーラーローンでも審査に通ることは難しいです。

過去のクレジットカードの返済やカードローンの返済で、金融機関とトラブルを起こした経験のある人は、トヨタファイナンスに限らず自動車ローンの審査には通りませんね。

在籍確認はあるの?

トヨタファイナンスは自動車ローンを扱うクレジットカード会社と考えても良いくらいです。

ですからトヨタ車を購入する際の自動車ローンの審査において在籍確認は必ずあります。在籍確認をしないと本当に返済能力があるかどうか判断できませんよね。

無職なのに収入があるかのように見せかけて申し込んでくる人もいないわけではありません。

退職したのに以前勤めていた勤務先に勤めているように振る舞う人もいるでしょう。

そこでトヨタファイナンスとしても他の金融機関同様に、ローン申し込みがあれば在籍確認の電話が必須なのです。

自動車ローンなのに在籍確認があるなんて嫌だな、と思う人もいるかもしれませんがカードローンでお金を借りるのではないのですから、それほど心配になることはありません。

それに在籍確認はトヨタファイナンスの社名を出すことなく個人名で電話をかけてきて、まるで友人を装うように「〇〇さんをお願いします」のような感じで行われます。

ですから在籍確認で自動車ローンを組んだことがバレることはまずありません。

ただしトヨタ販売店がローン申込者の勤務先を他の方法で確認している場合は、必ずしも在籍確認が行われない場合もあります。

長年にわたって同じディーラーから購入しているお得意さんであれば、営業マンや販売店のチカラによって在籍確認が省略される場合も多いようです。

そもそもトヨタディーラーに行ってその場で契約するとなると、勤務先が休みという場合もありますよね。

その点ディーラーローンなら多少融通が利くメリットがあるわけです。

トヨタファイナンスは金利は高いが敷居は低い

今までご説明してきた通り、トヨタファイナンスの金利は標準で年6.8%であることから決して安いとは言えません。

JAやろうきんの自動車ローンなら、年2%台から高くても年5%以内に収めることができるでしょう。

正直トヨタファイナンスの金利は高いな、と感じることは否めません。

しかしディーラーローンである以上、よほど信用情報に問題がない限り審査に落ちることがなく、気軽に申し込める敷居の低さにメリットを感じることも多いですね。

トヨタ販売店にしても、何とか販売台数を伸ばしたい決算時期や、営業マンの成績を上げたいボーナスシーズン前は積極的に販売を行っていますよ。

多少金利が高くても車両本体価格を値引きしてもらえれば、毎月の返済額の負担も軽くなるはずですね。

いくら金利が安くても審査に通らないことにはトヨタ車を購入できません。頭金を多くすることや値引き交渉によって、金利の高さのデメリットを解消することもできますよね。

後はディーラー同士を競合させて、少しでも安い金利、安い車両本体購入価格にする駆け引きが重要なのではないでしょうか。

 3.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (2)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-07-29 09:37:18

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    個人特定になるような情報は一部伏字にさせていただきました。

    困りましたね。

    購入する金額にもよりますが、おそらく連帯保証人としてご主人が担保されるのではないでしょうか。

    または、ご主人名義でローンを組む可能性もありますね。

    ご主人の信用情報に何ら問題がなければ、あっさり審査通過する可能性の方が高いです。

    しかし、あなたの名義でローンを申し込み、連帯保証人もいない状態では、審査に通る可能性も低くなってしまい、なぜ審査に落ちたのか、疑問に思うでしょう。

    審査に落ちた理由が何なのか、審査担当部門に聞いても個人情報ですから教えないはずです。

    ですからこの点は心配は要りません。

    気がかりなのは、ご主人があなたに対して「何があったのか?」と問い詰めることです。

    あなた自身の借金ではなく、他人の借金の連帯保証人になってしまったこと、そして毎月の返済が遅れていること、を正直に話した方が良いのではないでしょうか。

    ここでまた何か嘘をついてしまうと、その嘘を証明するためにさらに嘘を重ねることになってしまいますね。

  2. か〇りさん|2019-07-27 20:07:27

    こんにちは、
    結婚10年目の主婦です。
    子供はいません。
    訳あって3年前に人の借金を背負う事になってしまい毎月返済しております。
    残が200万くらいあります。
    旦那はそのことをしりません。仕事は〇〇〇のディーラーで働いており今度私の車を買い替えるという話しがでております。トヨタカードも持っていて
    毎月支払いが遅れている状況が続いています。
    車のローンが通るとは思えないのですが、審査を通らなかった場合そ借金がバレる可能性がありますよね?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談