銀行員のカードローンセールストークの代表例とその実態を検証!営業の話術

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行でカードローンの説明を受けると、様々なセールストークで利用を勧められます。

銀行員のセールストークを鵜呑みにしてカードローンを利用しても良いのでしょうか。

セールストークの実例とその内容に問題がないかなどを検証した結果をご説明します。

メリット・デメリットをおさえて利用

カードローンは個人向けの融資商品であり、比較的手軽に利用できるものとして人気があります。

銀行でカードローンの商品説明や、活用方法に関するセールストークを聞いていると、これでもかというほどにたくさんのメリットを紹介されます。

「金利以外の手数料が不要」、「契約しておけばいつでも自由に借入できる」、「返済負担が低い」、「いざという時に役立つ」、「コンビニATMで24時間利用可能」などセールストークは様々です。

こういったセールストークを鵜呑みにすると、カードローンは契約して利用しなければ損な気がしたり、持ったからと言って損することはないと感じられます。

しかし、カードローンは計画的に利用する必要があるという意見を聞くこともあります。

カードローンを利用しすぎて、「多重債務者」に陥ったり、「破産」に至ったという話も聞きます。

闇雲にセールストークを信じるのではなく、カードローンの本当のメリット・デメリットを理解したうえで利用しないと大失敗する危険性もあります。

以降では、代表的なセールストークの真偽と、その裏に潜む注意点などを解説していきます。

いざという時の安心感?

銀行が良く使うセールストークに、「カードローンはいざという時の安心」になるというものがあります。

「契約しておけばいつでも借入可能」、「いざという時に審査なく、すぐに利用できる」と聞かれたことのある方もいると思います。

これって本当でしょうか。

いつでも借入できる

確かに、カードローンは審査に通って契約しておけば、借入限度額の範囲内で自由に借入できる商品です。

契約期間が切れていなければ、あらためて申込や、審査を経ることなく借入できるようになりますので、確かに便利な融資商品と言うことが出来ます。

さらに、大部分のカードローンは、契約しておいたり、借入限度額を保有しておくだけなら、特段の手数料や年会費などの費用は不要です。

実際に借入した場合に、借入額や期間に応じた利息が発生するのみです。

そのため、「いざという時」に備えて契約しておくだけなら費用はかからず、実際に利用することが無くても損することは無いと考えられます。

コンビニATMを活用すれば、実質的に24時間利用できますので、困った時にすぐ利用できるのも特徴です。

上記を踏まえると、カードローンがいざという時の安心感になるというのは正しいと言えます。

しかし、注意しておきたいこともあります。

借り過ぎに注意

それは、カードローンの借入限度額を持つことで、安易に借入し過ぎてしまう可能性があることです。

借入限度額を持っていて、借入が利用できると解っていると、買わなくて済むものまで買ってしまったり、日頃の消費で節約しなくなってしまうこともあります。

自由に借入できるという安心感が浪費につながらない様に、自分自身を制御する必要があります。

カードローンを保有する場合、計画性を持って利用できることが重要です。

すぐに返済できる

次に、良くきくセールストークとして、「必要な時だけ利用して、給料日後にすぐ返済すれば利息もほとんど発生しない」というものがあります。

いつでも自由に借入できて、資金的な余裕がある時には、すぐに返済できるのもカードローンの特徴です。

カードローンは必要な時だけ、短期的に借入できる融資商品です。

この説明内容も事実ですが、こちらも注意点があります。

それは、カードローンを利用する方の多くは、資金的な余裕が生まれても、約定弁済(最低返済額)だけを支払う程度で、急いで全額返済するということをあまりしません。

カードローン利用者の中には、一度借入すると長く利用者したい、たくさん返済すると余裕がなくなるため、出来るだけ借入したままにしておきたいということがあります。

しかし、借入したままにしていると利息が高くなってしまいます。

カードローンは一旦返済しても、必要な時にすぐ借入できます。

支払利息を抑えるためにも、面倒くさがらず、こまめに返済することが大切です。

最低返済額が低い

カードローンを利用して借入した後の毎月返済額の負担が低く、「返済が楽です」というセールストークもあります。

カードローンのなかには、毎月の最低返済額が2,000円で済むというものもあります。

たしかに、月々の資金繰りから考えれば、毎月の約定弁済額が少ないほうが楽になるでしょうし、2,000円の返済なら苦にならないでしょう。

しかし、返済額が少ないということは、良いことばかりではありません。

毎月の返済額が少ないということは、同時に、借入残高が減りにくいということを意味します。

借入残高が減らなければ、その分、支払利息は大きくなってしまいます。

カードローンの金利は、銀行で14%台、消費者金融なら17~18%程度で利用することが多く、その他の借入に比べて金利は高めです。

そのため、カードローンでの借入残高を大きいままにしていると、支払利息が膨れ上がってしまうこともあります。

カードローンの中には、実際に毎月の返済額の負担が低いものもありますので、「返済負担が少なくて使いやすい」というのは間違っていませんが、こういったカードローンは同時に、利息が膨らみがちであるということを理解しておく必要があります。

関連記事をチェック!

504view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。 最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の...

手数料がかからないのでコストがかかりません

「カードローンは手数料がかからないのでおすすめです」と営業で紹介されることも多いですが、利用しなければ費用が必要ないことも間違っていません。

クレジットカードであれば、利用がない年は年会費などで手数料を請求されますが、カードローンはそのような心配がありません。

カードローン利用者としては、持っているだけであれば費用が一切かからないため、お守り感覚で持てるというメリットもあるとも言えます。

デメリットを意識する

銀行員のセールストークは、カードローンのメリットや、魅力を伝えてくれます。

こういった説明を聞いていると、カードローンにはデメリットとなる点がほとんどなく、是非、契約しておきたいし、利用してみたいと感じることもあります。

確かに、カードローンは使い勝手の良い商品であり、上手に使えば非常に役立ちます。

給料日前の一時的な借入や、手持ちのお金が無い時に利用することもできます。

しかし、セールストークだけを鵜呑みにしていると、カードローンを上手く使いこなせなくなってしまいます。

本来、カードローンを利用するにあたっては、借入のメリット・デメリットや、利用時の注意点などを留意しておく必要があります。

にもかかわらず、銀行員のセールストークは、メリットを強調することが多く、デメリットや、利用時の注意点を説明してもらえないこともあります。

セールストークの裏に隠された、デメリットを意識して利用する必要があります。

計画的な利用が必要

銀行員がカードローンを勧める際の代表的なセールストークと、その真偽や注意点について説明いたしました。

どの銀行でカードローンのセールストークを聞いても、非常に良く似た同じような内容を聞くことができるほど、カードローンのセールストークは使いまわされています。

そして、それらのセールストークは、真実ではありますが、メリットが大きい反面、利用方法が良くないとデメリットを生む可能性もあります。

カードローンを利用するうえで失敗しないために最も重要なことは「計画的に利用する」ことでしょう。

カードローンは利用しやすいために、使用する方自身が制限できないと過剰借入になったり、利用後に借りたままになってしまい利息が高くつくことがあります。

本当に必要な時だけ借入したり、返済目途を立てたうえで借入するなど計画性を持って利用することが大切です。

融資までの期間をできる限り短くしたいときに利用しよう

カードローンの便利なポイントは、申込をしてから融資を受けるまでの期間が非常に短い点です。

基本的には2日以内には結果の連絡があり、審査に通っていればその場で借入が可能です。

消費者金融の場合であれば、即日で借入ができることもあります。

したがって、緊急でお金が必要になった場合にも、申込からすぐに借入ができる点を活かして短期間で借入がしたいときに便利と言えます。

フリーローンの結果を待つほど時間に余裕がないときには、カードローンを利用した方が良いでしょう。

セールストークの話だけをうのみにしないように

カードローンを利用するときには、口座を作成したときや住宅ローンなどの目的ローンの契約をしたときに、ついでに営業を受けることが多いです。

先ほども紹介しましたが、セールストークには、魅力的に感じる項目を中心に伝えてきます。

したがって、セールストークの内容だけを考慮してしまうと、カードローンを利用中に後悔してしまう危険性があります。

できる限りカードローンの営業を受けたとしても、その場では結論を出さずに、1回冷静に考えてから申込みをするか結論を出すようにしてください。

カードローンの作成は審査が非常に早いため、1日2日、申込が遅れても影響をあたえることは少ないです。

カードローンの営業マンに本日中に結論を催促されたとしても、その場では結論を出さないようにしましょう。

返済は短期間で済ませるように

カードローンを契約して実際に利用するときには、積極的に追加返済を行って短期間で完済することが大切です。

約定返済額が基本だと思って返済を行うと、利息の面で非常に損をしてしまいます。

また、カードローンの残高があるせいで、住宅ローンやマイカーローンの契約に影響がでてしまう危険性もあるため、早めの完済をおすすめします。

カードローンの営業の内容は正しいのか

カードローンの営業の内容で気になることは、正しい内容を伝えてもらえているかどうかでしょう。

営業マンの話法にだまされて、うその情報を教えられていないか気になるところです。

そこで、カードローンの営業の内容は正しいのか、具体的に確認していきましょう。

カードローンの営業マンは間違ったことは言わないが

カードローンの営業マンの話で、うその情報を伝えられることは基本的にはありません。

虚偽の情報や誇大な表現のセールストークを行うことは、法律で禁止されているため、うその情報を教えられることはありません。

しかし、カードローンのセールストークをうのみにすることは、避けた方が良いです。

なぜなら、セールストークの内容は、最大限効果を受けられる人を参考に紹介されているかことが多いからです。

例えば、カードローンの金利は上限金利と下限金利が設定されており、借入金額など申込者の条件によって変動します。

しかし、カードローンの営業者によっては、一番条件が難しい下限金利でシミュレーションを行います。

下限金利は、3~5%と住宅ローンやマイカーローンに、匹敵する金利で設定されていることが多いですが、この金利でカードローンを利用するには、500万円以上の高額を借りなければならないことがほとんどです。

営業トークでうその情報は教えられませんが、申込者の条件によって変動する項目は、営業マンの話をうのみにしない方が良いでしょう。

カードローンのデメリットをしっかりと把握しよう

どのような商売にも共通しますが、セールスを行うときにはメリットを強調して伝えることが多いです。

八百屋に行ったとしても、「この野菜は傷んでいるからおいしくないよ」とは言わないですが、「この野菜は日が経っているから100円にまけるよ」と言葉を換えてメリットを伝えてくるでしょう。

カードローンの営業に関しても同じで、デメリット部分は余り伝えずに、メリットを大きな声で伝えてきます。

しかし、利用する上では、デメリットをしっかりと把握して、自分に当てはまらないか確認することが大切です。

カードローンのデメリットはメリットと同じくあるので、以下で詳しく確認してみてください。

約定返済額では返済がなかなか終わらない

カードローンのメリットでも紹介しましたが、約定返済額の金額が非常に少ないです。

しかし、約定返済額だけで返済をすすめてしまうと、いつまで経っても返済が終わらず利息がかさむというデメリットにもなります。

カードローンの利用金額にもよりますが、約定返済額のみで返済をすすめると3~5年間をかけて返済が終わるように、調整されています。

1度の借入れに3年以上かけて返済をすると、返済が終わるまでに再び借入をしてしまう危険性があるでしょう。

追加でお金を借りた場合、その借入からまた3年間返済期間が延長してしまいます。

したがって、約定返済額だけの返済を行うと、いつまで経っても返済が終わらず利息がかかるかもしれないのです。

利息が高いため長期の借入は不利

カードローンは少額の借入にも対応している便利なローンですが、その分金利が他のローンよりも高いというデメリットがあります。

銀行カードローンでも上限金利は15%前後、消費者金融では18%と非常に高金利です。

1か月程度で返済が完了するのであれば、利息も数百円から数千円で済みますが、1年以上の長期間借り続けると、数万円以上の高額になってしまいます。

カードローンの借入は短期間で済ませるようにして、長期間借入が続かないように気を付けましょう。

ATMの手数料がかかる場合も

借入や返済は全国各地のATMから行えますが、自社のATMでなければ手数料がかかることもあります。

多くの金融機関では、自社のATM以外にもコンビニやイオン銀行などのATMと提携しているため、ATMの営業時間であればいつでも借入や返済ができます。

しかし、自社以外のATMを利用してしまうと、108~216円の手数料が必要なことが多いです。

借入や返済を何度も行う場合には、手数料だけで年間1,000円を超えてしまうこともあるため、できる限りカードローン会社の自社ATMを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

504view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。 最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の...

オマケ:カードローンの営業で使える話法を紹介

カードローンの営業は、借金をするというイメージが強いため、契約の成功率が低い商品になります。

しかし、契約をつかむためには、他の営業と同じようにコツや成功の秘けつが幾つかあります。

ここでは、カードローンの営業に使える話法やコツについて、幾つか紹介します。

他の金融商品と抱き合わせで契約をつかもう

基本的にカードローン単品で契約を取りに行っても、成功率はかなり低いです。

世の中の多くの人が、借金やローンをするつもりがないため、いきなりカードローンの話をしても煙たがられてしまいます。

そこで、他の金融商品と同時に営業を仕掛けることが、非常に有効な手段のひとつと言えます。

特に住宅ローンやマイカーローンなどの、数百万から数千万円のローン商品と合わせて営業をかけることは非常に効果的です。

金額が大きい商品を見てしまうと、金銭感覚がマヒしてしまうため、数万円単位が非常に少額に思えてしまうという心理的傾向があります。

したがって、住宅ローンなどの高額なローンと同時に営業をかけると、成功率が高くなります。

相手に好かれる営業トークをしよう

営業を行うときには、相手に好かれる営業トークをすることが大切です。

営業の話に限らず、やはり人と話をするときには、話が合う人の方が会話は盛り上がります。

したがって、笑顔が多く営業相手の話を盛り上げてくれるような、話しやすい営業マンである方が、契約の話を聞いてもらえる確率があがるのです。

逆に、話し相手の会話を何度も遮ってしまったり、高圧的な態度を取ってしまったり、相手の会話を一言目から否定をしたりすると、営業相手から嫌われてしまう可能性が高いです。

基本的なことですが、人として会話をしても良いなと思える人になることが、営業を成功させる重要なポイントです。

お客さんが使いたくなる情報を紹介しよう

営業を行うときには、お客さんが使いたくなる情報を、たくさん織り交ぜることも大切なポイントです。

カードローンの場合だと、「クレジットカードみたいに、年会費がかからないので、取りあえず持っておくという利用方法もできますよ」などの、メリットを積極的に伝えましょう。

このときに、相手が不安に思っていることや疑問に思っている内容に合う内容を、紹介することも重要です。

例えば、「カードローンの金利が高いから不安」と思っているお客さんがいるとします。

このようなお客さんには、「年会費がかからない」というメリットではなく、「短期間で返済が済めば、利息は少額で済みます。

例えば、10万円を1か月で返済したとすると…」といったメリットを、紹介する方が効果的です。

営業はお客さんとのコミュニケーションであるため、定型文だけを覚えれば良いわけではありません。

相手が欲しい情報を伝えてあげることが、効果的な営業の話法であると言えます。

まとめ

銀行員のセールストークは、カードローンの持つメリットや魅力、使い勝手の良さを示す内容として的を得たものです。

しかし、デメリットや、注意点に関しては、無視されたり、あえて説明されないこともあります。

カードローンは比較的簡単に利用できますが、借金であることを忘れてはいけません。

利用しやすいからと言って、過剰に借入たり、借入を利用し過ぎると利息の負担が重くなってしまうこともあります。

カードローンは計画的に利用することが大切です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談