アコムの返済金額を減額する方法

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

アコムの返済額は減額して支払うことが可能です。急な出費で今月はどうしてもお金が間に合わないというときには、返済滞納するより利息のみでも返済しておけば延滞金が発生することはありません。

では、どうすればアコムの返済額を減額できるのかその方法と、利息だけ返済しておくことのメリットまたはデメリットについてわかりやすくご説明していきたいと思います。

アコムの返済額を減額して支払うことはできる?

アコムの借金を計画通りに返済しようとしても、親戚の冠婚葬祭や友達の結婚式、その他急な出費など思わぬお金が必要となってしまい、最低支払金額に間に合わない場合がありますよね。

「やばいなあ、アコムの返済額を変更できないかな。このままだと支払期日までに最低返済額が用意できないよ」というときに、解決できないまま返済期日に遅れてしまうと返済滞納となり、遅延損害金が発生します。

そのような場合は利息以上の金額を返済することで、返済滞納となることを防ぐことができるのです。

アコムの公式サイトでも「一時的な約定返済金の減額も可能です」と書いてありますし、アコムのよくある質問でも「今月はいつもの返済金だとちょっと厳しいのですが」という質問に対して、「アコムにご相談ください。一時的な約定返済金の減額も可能です」と親切丁寧に書いてあります。

つまりどうしても最低返済額を用意できないという場合は、アコムの返済額を減額して支払うことができるということです。

利息のみ返済する場合はどうすれば良いの?

自分で借入残高の利息を計算できるのであれば、いつもの支払い方法で特にアコムに連絡することなくATMから返済することや、インターネットバンキングで返済しても構いません。

なお利息を計算できない場合や、利息のみ返済となることを事前に伝えておくと、いくらかアコムの心証も良くなるようですからその場合は次の連絡先へ電話しましょう。

◆アコム総合カードローンデスク
・フリーダイヤル:0120-629-215
・受付時間:平日9時から18時まで

電話受付は平日のみになることや受付時間に注意してください。

支払いを減額することのメリットやデメリット

アコムの支払いを減額することのメリットやデメリットについて考えてみましょう。

利息のみ返済することによってどうなるのか事前に知っていれば、借金の返済計画をもう一度立て直すこともできますね。

利息のみ返済のメリット

利息のみ返済のメリットは何と言っても返済滞納にならないことです。

支払期日までに返済しないと遅延損害金の発生は免れません。遅延損害金の金利は年20.0%ですから利息の金利年18.0%よりも高いわけです。

ただでさえアコムの最低返済金額が間に合わないというのに、利息よりも高い遅延損害金が加算されたのではますます返済が苦しくなってしまいますね。

そこで遅延損害金を支払わないためにも利息分だけ返済しておくメリットがあります。

つまり第1のメリットは遅延損害金の発生を防ぐことです。

さらにアコムから督促の電話がかかってくるのはあまり気分が良くありません。いくら紳士的で丁寧な言葉遣いで言われたとしても、内容は借金の督促ですからできれば受けたくないですね。

第2のメリットはアコムからの督促電話がかかってこないことです。

まだまだメリットがあります。アコムの返済期日通りに返済できないと個人信用情報に「延滞中」と表示されてしまい、他社借入があった場合にまずい状況になることもあります。

消費者金融は途上与信と言って借入残高が10万円以上の顧客に対して、3カ月に一度の間隔で個人信用情報をチェックしています。

タイミング悪く途上与信でアコムの返済滞納をしていることがバレてしまうと、返済が苦しいのではないかとみられてしまい警戒されてしまいます。

場合によってはカードの一時的な利用停止の措置を取られることもありますので、それだけは防ぎたいですね。

第3のメリットは個人信用情報にキズがつかないことです。

利息のみ返済のデメリット

アコムに対して利息のみを返済するということは、返済しても借入残高は減らないということです。

つまり当初の返済計画よりも借金完済日が1カ月ずれてしまうことになりますね。
返済を滞納するよりは利息のみ返済しておくことは何より重要ですが、借金を完済するまでの期間が長くなってしまうことに注意が必要です。

さらに一時的な支払い減額ではなく、常習的な支払い減額を続けてしまうとアコムの利用限度額が減額される恐れが出てきます。

結局、現在の借金残高では利息のみしか返済できない、それしか返済能力がないと判断されてしまうことから、例えば利用限度額が50万円でも利息のみ返済を続けてしまうと利用限度額が30万円や20万円と減らされてしまう可能性があります。

利用限度額が減らされてしまうということは、借金残高が減るまで追加借入が一切できなくなり返済専用となってしまうデメリットが生じます。

支払い減額は一時的に。後から任意返済しておくこと

アコムへの返済を減額する場合は一時的な対処法として使うことに注意しましょう。また利息のみ返済を行った場合は、お金に余裕ができたら後から任意返済しておきましょう。

もちろん任意返済で元金のみ返済することはできませんが、次回のアコムへの返済をきちんと行うことで任意返済で支払った利息額が差し引かれ、結果的に元金充当額が多くなります。

そうすれば支払期間が延長される心配はありませんね。

また、ボーナスなど多額の金額が入金になったときに任意返済するという方法も取り入れれば、当初の返済計画よりも短い期間でアコムの借金を完済できるでしょう。

関連記事をチェック!

13834view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事