トマト銀行のおまとめローンで借り換えする【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

トマト銀行のおまとめローン

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数のところから借入していると、毎月ばらばらな返済日で管理がしにくく、それぞれへ金利を支払わなければなりません。

おまとめローンは、このような問題を解決することができるローンであり、多くのメリットを受けながら返済していくことができます。

通常、おまとめローンといえば、消費者金融をイメージしますが、銀行のローンでも複数のローンをまとめることができます。

銀行ローンでまとめる場合、多くの銀行ではカードローンやフリーローンとなりますが、トマト銀ではおまとめ専用のローンを提供しています。

この記事では、トマト銀行のおまとめローンについて、審査基準や申し込み方法などを解説していきます。

おまとめ専用ローンのメリット

銀行のカードローンやフリーローンで複数ローンをまとめる場合には、すべてを借り換えできるだけの金額を借りることができないというデメリットがあります。

これは、カードローンやフリーローンが自由な資金に使うことができるためであり、信用が高くなければ多くの資金を借りることが難しくなってしまいます。

しかし、おまとめローンは、借り換えを目的とする目的別ローンですので、必要な分の資金を借りやすくなっています。

おまとめローンは、すべてを借り換えできてこそ最大限のメリットを受けることができますので、銀行や保証会社もそのつもりで審査をしており、この点が専用おまとめローンのメリットであるといえます。

ですが、その分金利は高めに設定されていますので、場合によってはカードローンやフリーローンの方が低金利となることがあります。

「ひとまとめ」の口コミ

トマト銀行が提供するおまとめローンは、トマト・借換え専用フリーローン「ひとまとめ」という商品名で取扱っています。

このローンの審査基準などを解説する前に、実際に申し込みや利用した人の口コミを紹介していきたいと思いましたが、トマト・おまとめローンに関する口コミはほとんどありませんでした。

多くの口コミはトマト銀行が提供するカードローンについてであり、特に「Q‐Li(キューリ)」に関するものでした。

Q‐Li(キューリ)に関する口コミでは、

  • 審査が甘い
  • 利用限度額が細かく設定できる

などというように、非常に評価が高いです。

融資に力を入れている銀行

カードローンだけでも6種類あるトマト銀行には、フリーローンも8種類あり、住宅ローンなども含めると、他の銀行よりも圧倒的に種類が多いです。

ここからもわかるように、トマト銀行は融資に力を入れている銀行であるといえ、それぞれ特徴ある融資商品を提供しています。

カードローンを例に挙げてみると、Q‐Li(キューリ)は来店不要で申し込みしやすく、柔軟な審査で多くの人が利用できるような商品です。

これに対し、「トマト・カードローンMAX」は、申し込みできる職業を限定し、さらに年収制限を加えることで、高額な融資を可能としています。

「トマト・サンクスカードローン」は、トマト銀行で給与振込や住宅ローンを利用している人専用のカードローンであり、金利を優遇して貸付しています。

それぞれ何かに特化した融資商品を提供していることが、口コミで高評価を受けている要因であるといえます。

「ひとまとめ」の審査基準

ここから、本題である「ひとまとめ」の審査基準などを解説していきます。

まず、「ひとまとめ」を申し込みできる人の基準は以下のようになっております。

申し込み・完済時年齢申込時満20歳以上満65歳未満、完済時満70歳以下の方
前年度年収安定した収入がある方
その他
  • 住まいまたは勤務先がトマト銀行本支店の営業区域にある方
    ※東京支店、大阪支店、ももたろう支店の営業区域の他、一部地域では取り扱いできない場合もあります
  • 保証会社の保証が得られる方
  • トマト銀行所定の融資条件を満たされる方
  • 申し込み時点でトマト銀行の借入に延滞がない方

「ひとまとめ」は、パートやアルバイトでも可能であり、多くの人が申し込みでいるようになっています。

しかし、審査の基準は申込基準とは違い、しっかりとした審査をしたうえでの判断となりますので、当然審査に通らないという人もいます。

借入条件

おまとめローンを選ぶ際には、すべてをまとめることができるだけの金額を借りられるのか、返済期間は何年なのかということが重要になります。

「ひとまとめ」で借りることができる条件は、以下のようになっております。

申込金額50万円以上800万円以下
(1万円単位)
利用金額10万円以上800万円以下
(1万円単位)
資金使途
  • 消費者金融、他行ローン、信販・クレジットの借換え資金
  • 個人の健全な生活資金
金 利4.8%~13.8%
遅延損害金14.0%
返済期間6ヶ月以上10年以内
(6ヶ月単位)
返済方法
  • 毎月元利均等分割返済
    ※融資金額の40%を上限に、ボーナス返済も可能
  • 返済日は毎月7日または20日のいずれかを選択
担 保不 要
保証人不 要
保証会社オリックス・クレジット株式会社
手数料不 要

このように、最高で800万円までという高額な借入ができ、返済期間も最長で10年ですので、余裕を持って返済していくことができます。

ただし、利用金額は保証会社の審査によって、減額されてしまう可能性もありますので、場合によってはすべてを借り換えできるだけの金額が借りられないこともあります。

審査スピード

消費者金融のおまとめローンでは、即日融資も可能なほど審査スピードは早いです。

審査スピードは、おまとめローンを選ぶうえで重要な要素となりますが、「ひとまとめ」は申し込んでからどれくらいで審査結果がわかるのでしょうか。

トマト銀行のホームページを見る限りでは、審査スピードに関することは明記されておらず、申し込んでからどれくらいで結果が来るかはわかりません。

ですので、翌日にわかることもあれば、数日経たなければ結果がわからないことも予想されます。

おまとめローンの審査は、複数の借入すべてにおいて調査しなければなりませんので、基本的に審査には時間がかかってしまいます。

借入までにはおよそ1週間~2週間かかると思われますので、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

金利は4段階の中から審査で決まる

先ほど紹介しました通り、「ひとまとめ」の金利は4.8%~13.8%となっています。

しかし、実際には「4.8%」「6.8%」「9.8%」「13.8%」の4段階しかなく、これらは審査によって決まります。

金利が決定する審査の内容は、保証会社であるオリックス・クレジットでなければわかりませんが、主に融資額・年収・他のローンの返済状況などを総合的に見て判断されます。

おまとめローンを利用する人の多くは、信用が低い状態となっていますので、大半は最高金利である「13.8%」が適用されることになります。

ですが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング金利と比べると、低金利で借りられる可能性が高いですので、審査に通りさえすれば、有利に返済できるはずです。

金利から見る審査の通りやすさ

審査の通りやすさというのは、金利を見ることである程度知ることができます。

金利というのは、銀行が得る収益の他に、銀行がリスクに備える分や保証会社へ支払う保証料によって決まります。

銀行が得る収益とリスクに備える分はそれほど変動することはなく、保証料が高くなることで、金利の高低が決まります。

保証料はリスクが高くなるほど多くなりますので、単純に金利が高いほど多くの人を保証できるということになります。

「ひとまとめ」の最高金利は13.8%であり、銀行のローンとしては高いです。

ですので、審査は通りやすいと予想されますが、消費者金融並みとまではいきませんので、信用が低ければ通りません。

他のおまとめローンとの金利比較

「ひとまとめ」の金利と、おまとめ専用のローンとして有名な東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」の金利を比較していきます。

東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」の金利は、一律12.5%であり、人によっては「ひとまとめ」の方が低金利となる可能性があります。

では、大手消費者金融が提供するおまとめローンの金利とも比べてみましょう。

ひとまとめ4.8%~13.8%
アコム7.7%~18.0%
アイフル3.0%~17.5%
プロミス6.3%~17.8%

5種類の申し込み方法

「ひとまとめ」を利用する際の申し込み方法には、以下の5つの方法があります。

  • インターネット
  • スマートフォン
  • FAX
  • 電話
  • 店頭

インターネットやスマートフォンからの申し込みはホームページから、FAXによる申し込みは仮審査申込書を専用ダイヤルに送信することで手続きできます。

電話による申し込みは、専用ダイヤルへ電話することで手続きできますが、以下の時間帯でなければなりません。

  • 平日・・・9:00~21:00
  • 土、日、祝日・・・9:00~18:00

店頭による申し込みは、銀行が営業する平日の9:00~15:00までしか手続きできませんので、この時間帯に行くようにしましょう。

申し込みの流れ

「ひとまとめ」を申し込みしてから、融資されるまでの流れを紹介していきます。

  • 仮審査申込み
  • 審査結果の連絡
  • 契約
  • 融資
  • 返済

簡単な流れはこのようになっており、先ほど紹介した5つの申し込み方法のいずれかで申し込みをすると、トマト銀行とオリックス・クレジットで審査を行います。

審査の結果は電話で連絡が来ますので、審査に通った場合は契約のために店頭へ行くことになります。

契約手続きが完了すると、資金が口座に入金となりますので、借り換えするローンへ返済します。

この際、きちんと借り換えに使われたのかを確認するために、ローンやクレジットカードを解約した書類の提出を求められる可能性があります。

その後は、毎月7日または20日に口座から引き落としで返済していくことになります。

申し込みに必要な書類

「ひとまとめ」の仮審査に通り、正式に申し込みをする際には、提出しなければならない書類があります。

必ず必要となる書類は、「本人確認書類」と「印鑑(銀行印)」です。

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(個人番号の通知カードは不可)
  • 健康保険証(顔写真付き)

等が必要となり、基本的には顔写真が付いた公的身分証明書でなければなりません。

また、融資金額が300万円超となる場合には、源泉徴収票などの所得証明書が必要となりますので、該当する場合は準備するようにしましょう。

ただし、自営業者、会社役員の方で融資金額が100万円超となる場合、または保証会社が提出を保証条件とした場合にも、所得証明書が必要となります。

関連記事をチェック!

20588view

所得証明書とは役所が発行する公的な収入証明

手続きをするときに、所得証明書を提出しなければならないことがあります。 このページをご覧の皆さんのなかには、「所得証明書の提出を求めれたけど、どこで手に入るかわからないし、そもそも所得証明書とは何な...

審査に通るためのポイント

現在の借入よりも有利に返済できるおまとめローンですが、審査に通らなければなにも意味がありません。

絶対に審査に通る方法はありませんが、以下のポイントを押えることで、審査に通りやすくなります。

  • 申込内容は正確に
  • 他の借入の返済をきちんとしておく
  • 返済期間に注意する

では、これらのポイントについて詳しく解説していきます。

申込内容は正確に

ローンの審査は、基本的に申込者が申込書で申告した内容と、個人信用情報機関に登録されている情報に相違がないかを見るところから始まります。

どうしても審査に通りたいともう人は、主に「年収」や「勤務先・勤続年数」を偽って申し込みます。

いくら300万円を超えない限り所得証明書が必要ないからといっても、勤務先の業種や勤続年数を見れば、保証会社はある程度の年収はわかります。

また、個人信用情報機関には勤務先の情報も登録されていますので、その情報と相違があれば、偽っていることがすぐにわかります。

申込内容を偽っていることがばれてしまうと、人間性を疑われて回収できないリスクが高い人だと判断されてしまいます。

嘘を見抜くための審査でもありますので、申込内容は正確に記入または入力するようにしましょう。

他の借入をきちんとしておく

「ひとまとめ」の申込基準を見ると、「申し込み時点でトマト銀行の借入に延滞がないこと」ということがあります。

しかし、冒頭でもお話ししましたが、これは申し込みできる要件であり、審査に通るための要件ではありません。

審査では、当然他の借入で延滞をしていないかを見ますので、申し込み時点で他のローンで延滞がある場合には、審査に通ることはありません。

また、度々延滞をしているという場合も、返済能力に問題があると判断されてしまいますので、審査に通ることは難しくなってしまいます。

複数のローンがある人は、返済状況で返済能力を証明しなくてはなりませんので、他の借入はきちんとするようにしましょう。

返済期間に注意する

おまとめローンを借りる際に注意しなければならないことでもありますが、返済期間は可能な限り短くするようにしましょう。

基本的に返済期間を長くすると、毎月の返済額は少なくなりますが、元金が減るスピードが遅く、金利かかる期間が長くなります。

そうなると、場合によってはまとめる前よりも総返済額が多くなってしまうことがあります。

これを保証会社が見ると、きちんと返済計画を立てていないのではと判断する場合があります。

おまとめローンにおいて返済計画は非常に重要なことですので、毎月の返済額を少なくすることだけでなく、総返済額も少なくなるような返済期間を設定しなければなりません。

まとめ

トマト銀行が提供するおまとめローンの「ひとまとめ」は、通常の銀行カードローンやフリーローンとは違い、すべてを借り換えできる金額を借りやすいです。

このローンは申し込みの間口は非常に広いのですが、審査自体は通常のローンと変わらない基準となっていますので、申し込みできたからといって必ず借りられるというわけではありません。

「ひとまとめ」で借り換えすることで、非常に有利な条件で返済していくことができますが、審査に通らなければ何も意味がありませんので、ポイントを押えたうえで申し込むようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談