アコムに勤務先変更の届出は必要?在籍確認は実施する?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

転職や出向などで勤務先が変更になったときは、アコムに連絡する必要は、あるのでしょうか。

また、勤務先変更の手続きをした場合は、再度書類提出や在籍確認などもされるのか、気になりますよね。

勤務先変更とアコムの在籍確認について、徹底的に解説します。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介する内容は、次のような人が参考になります。

・アコムを利用中に勤務先が変わった人
・アコムに勤務先の変更を届け出する人
・新しい勤務先に在籍確認があるのか知りたい人

アコムでは勤務先変更の連絡は必須!

ローン契約時に申告した個人情報に変更があったときは、借入している金融業者に連絡をしなくてはなりません。

消費者金融のアコムも同様です。

自宅の住所が変わったときや電話番号が変わったとき、転職や出向で勤務先を変更したときは、速やかにアコムに連絡しましょう。

場合によっては一括請求や契約解除にも

アコムを利用中に届け出内容の変更が生じた場合は、会員規約によりアコムに変更届を提出することになっています。

したがって勤務先届出の未提出が発覚すると、変更内容の届け出の提出を求められます。

勤務先が変わるといっても通う会社が変わるだけでなく、雇用形態などが変更となることもあるでしょう。

アコムと契約をした当時より、雇用形態が変わるなどの理由により収入が少なくなった場合や利用状況によっては、融資限度額の見直しとなったりの利用停止や契約解除となったりするケースもあるので注意しましょう。

連絡方法はインターネットと電話の2つ

勤務先変更などの個人情報変更の届け出は、インターネット(アコムの会員ページ)もしくは電話(アコム総合カードローンデスク:0120-629-215、平日9:00~18:00)で実施します。

電話連絡の受付は平日の日中に限られますので、会員ページからインターネット経由で届け出ることをオススメします。

勤務先変更時の必要書類

アコムの勤務先変更の手続きは至ってシンプルで、会員ページで勤務先情報を書き換えるか、電話でオペレーターに新しい勤務先の名前と住所・電話番号を伝えるだけです。

新しい勤務先の社員証や社会保険証などを提示する必要はないので、簡単に終了します。

収入証明書類の提出が求められることがある

勤務先の変更届出のときに、社員証や社会保険証、また、運転免許証などの身分証の提出が求められることはほとんどありません。

しかし、勤務先変更の手続きが、前回アコムに収入証明書類を提出してから3年後に当たるときは、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類の提出が求められます。

該当する人は、収入証明書類を準備しておきましょう。

健康保険証や給与明細の提出でも免除可能

勤務先変更の手続きの時に、勤務先の記載された健康保険証や給与明細があれば、収入証明書を提出しなくてもいい場合があります。

勤務先名の記載されたものや、収入が分かれば大体の年収と言うものが解るからです。

提出する書類によっては、収入証明書の代わりになると考えておくといいでしょう。

アコムで勤務先変更手続き後に電話連絡はある?

新規にアコムに申し込むと、アコムは申込者の勤務先に電話をかけ、在籍確認を実施することがほとんどです。

では、アコムで勤務先変更の手続きをすると、新しい勤務先にも在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか。

基本的には電話による在籍確認は実施しない

勤務先変更の届出を実施しても、基本的には、アコムは新しい勤務先に電話をかけるといった方法では在籍確認をしません。

アコムの電話連絡によって、新し職場の人々に「え、この人、カードローン利用しているの?」とバレてしまう可能性は低いので、ご安心くださいね。

しかし、絶対に電話による在籍確認は実施されないかというと、そうでもありません。
電話確認が行われる場合とは、勤務先の変更に伴い収入が減ったと思われる時です。

しっかりと返済できるのかどうかを見極めるために電話確認をするようです。

勤務先変更と増額審査を同時期に行うと…

勤務先変更とときには在籍確認が行われないことが多いですが、一般的に増額審査のときには在籍確認があります。

アコムの利用限度額の増額申請を行っても、勤務先変更の届出をするときと同様に、在籍確認は実施されないことが多いです。

これは、各金融機や消費者金融の審査基準によると言えます。

しかし、勤務先変更の届出時期と増額審査申し込みのタイミングが近い場合は、勤務先に電話をかけて在籍確認を行うことが少なくありません。

アコムから会社に電話がかかってくるといった事態を避けたい人は、勤務先変更の届け出と増額申請の申し込みの時期をなるべく離すようにしてくださいね。

勤務先変更すると限度額が減額する?

アコムに勤務先変更の連絡を行うと、稀に利用可能額を減らされてしまうことがあります。

どのような場合に利用可能額が減らされるのでしょうか。

勤務形態が変わったとき

申込者本人が以前の職場では正社員として働いていたのに、新しい職場では派遣社員やアルバイトとして働くなどの場合は要注意です。

勤務形態が変わったときは、アコムの利用可能額が低く変更される恐れがあります。

利用可能額上限ぎりぎりまで借り入れている場合は、アコムの利用が一時的に制限される可能性もあります。

勤務先変更以外にもアコムに届けるべき事柄

アコムに連絡が必要なのは、勤務先が変わったときだけではありません。

次のような事が起こったときも、アコムに速やかにインターネットか電話で連絡しましょう。

退職したとき

定年退職したときや早期退職したときも、アコムに連絡する必要があります。

尚、連絡すると、利用可能額が減額されたり利用を一時的に制限される可能性もあります。

収入が著しく減額したとき

勤務先自体は変更していなくても、手当支給が打ち切られたり、待遇変化によって月給自体が減額したりすることもあるでしょう。

そのような場合も、アコムに連絡しなくてはいけません。

減額後の収入証明書類を提出するように求められることもありますので、早めに準備しておきましょう。

海外赴任が決まったとき

海外赴任が決定したときも、必ずアコムに連絡しなくてはいけません。

契約者の住所が海外になってしまいますので、アコムと契約者がスムーズに連絡できるように、実家の住所や海外でも利用できる携帯電話等の連絡先を登録しておきましょう。

他社では勤務先変更時の在籍確認はするの?

アコム以外のカードローン会社は、債務者の勤務先変更時に在籍確認を行うのかまとめてみましたので、参考にしてください。

  • プロミス

プロミスでは勤務先変更時に在籍確認がおこなわれるかどうかは、利用者次第です。

利用者が延滞を繰り返す人や、雇用形態が変わるなどで、収入が大きく減る場合には在籍確認が行われるようです。

  • アイフル

アイフルでは同じ会社での異動や転勤では在籍確認は行われませんが、転職して会社が変わると在籍確認が行われます。

ただし同じ会社での移動や転勤の場合でも、利用状況によっては在籍確認が行われるケースもあります。

  • SMBCモビット

SMBCモビットは在籍確認を行わないことで知られています。

勤務先変更時に利用者の利用状況に問題がなければ、在籍確認はないと考えてもよさそうです。

  • レイクALSA

レイクALSAでは契約時のみ、在籍確認が行われます。

しかし転職などで会社が変更となったときは、在籍確認がおこなれます。

まとめ:アコムが調査する前に連絡しよう!

アコムからの借入限度額が50万円を超える場合などは、アコムに収入証明書類を提出しなくてはいけません。

そして、一度アコムに収入証明書類を提出すると、3年ごとに収入証明書類の再提出が求められます。

そのため、ほとんどの人は、アコムに勤務先変更の連絡をしなくても、アコム側に勤務先が変わったことが知られてしまうのです。

しかし、アコムでは「勤務先等が変更したときは速やかに報告すること」を契約者側の義務として定めていますので、アコム側は「なぜ、この人は勤務先が変更した時点で連絡しなかったのだろうか」と不審に感じるでしょう。

アコムとの信頼関係を維持するためにも、勤務先や収入等に変更があったときは、アコムに速やかに連絡するようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談