Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

常陽銀行のキャッシング方法~常陽カードプラスでお金を借りる!

 3.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (2)

この記事を評価する

決定

常陽銀行には「JOYO CARD Plus(常陽カードプラス)」というカードがあります。

このカードには「キャッシングサービス」があり、急なお金のピンチに現金を借入することができます。

今回は、この常陽カードプラスのキャッシングについて徹底解説してみましたので、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

また他社のカードローンについても比較対象として情報をまとめてあります。

それぞれの特徴を知り、自分にぴったりのカードを見つけましょう。

この記事はこんな人にオススメ

この記事は以下のような人のおすすめです。

  • 常陽銀行を日ごろから利用している
  • 常陽カードプラスの利用条件が知りたい
  • 常陽カードプラスと他社のカードの違いが知りたい
  • クレカとキャッシュカードが一体化すればいいと思っている

常陽銀行の「常陽カードプラス」とは


常陽カードプラスは常陽銀行が提供するクレジットカードです。

カードは一般カードとゴールドカードの2種類があり、国際ブランドは「JCB」と「DCVISA」から選択できます。

そんな常陽カードプラスを持つには年会費がかかります。

年会費は以下のとおりです。

カード名年会費
一般カード初年度年会費無料

次年度以降1,350円
ゴールドカード年会費 10,800円

なお、一般カードであれば、以下のいずれかの条件を満たすことによって、2年目以降でも年会費が無料になります。

  • 常陽銀行が指定する「携帯電話・PHS・電気」のいずれかの利用料金を常陽カードプラスで支払う
  • 年間20万円以上利用する

クレカと銀行キャッシュカードの一体型

常陽カードプラスの特徴は、「キャッシュカード」と「クレジットカード」がひとつになっていることです。

キャッシュカードとクレジットカードを別々に持つと、お財布がかさばってしまい、また管理するのも大変です。

しかし常陽カードプラスはこのふたつが一枚になっています。
一枚で常陽銀行や提携金融機関のATMでキャッシュカードとしても利用でき、また

買物時にはクレジットカードとしても使えるので、無駄な現金を持ち歩く必要はなく、会計もスムーズに行えるでしょう。

このように1枚2役のとっても便利なカードなんですね。

また、常陽銀行を給与振込口座に指定している人なら以下のようなメリットもあります。

  • 常陽銀行ATMの利用がいつでも無料
  • 提携コンビニATM(E-netATM、セブン銀行ATM、ローソンATM)も月間2回まで無料
  • 条件を満たせば、入会金・初年度年会費が無料。2年目以降も所定の条件を満たせば無料になります。

その他には、電子マネーである「クイックペイ」も無料で設定OKです。

クイックペイとはお店の端末にカードやスマホをかざすだけで、簡単に支払いが完了する決済方法です。

またポイントやマイルが貯まるというお得な面もあります。

クイックペイを利用すれば、簡単に支払いができるようになるので、買物時の会計がさらにスマートにできます。

またドライブに便利なETC機能も無料でついてくるもの大きな魅力です。

常陽カードプラスの特徴は以上です。

常陽カードプラスのキャッシングスペック


それでは、本題の常陽カードプラスのキャッシングについて解説していきます。

常陽カードプラスのキャッシングは、限度額の範囲内であればCDやATMから現金が借入できるサービスです。

そんな常陽カードプラスのキャッシングの貸付条件は以下のとおりです。

DCキャッシングサービス

常陽カードプラスのキャッシングサービスは、近くのDCやATMから利用できるので、急な出費でも慌てる必要はありません。

返済方法は「一括払い」と「リボ払い」から自分にあった方法を選べます。

リボ払いの支払い方式は元金定額払いです。

なお学生は利用できません。

利用可能額一般カードゴールドカード
0~20万円0~50万円
年利年利14.95%年利14.95%
返済金額一括払い毎月15日締めの翌月10日払い
リボ払い毎月10日に支払い

JCBキャッシングサービス

DCキャッシングサービスと同じく、「一括払い」と「分割払い」より選択できます。

利用可能枠0~50万円
(支払い方法によって限度額は異なります)
利率年15.0%
返済方法一括払い毎月15日締めの翌月10日払い
リボ払い毎月10日に支払い

返済方式は毎月元金定額払いやボーナス併用払い、ボーナス月のみ元金定額払いです。

返済は利用残高や期間、回数によって変動することがあります。

限度額は低め

上記の表にもある通り、限度額は指定している国際ブランドによって異なってきます。

DCVISAの場合は、一般カードなら「0~20万円」、ゴールドカードなら「0~50万円」までです。

JCBの場合は「0万円~50万円」となっています。

限度額はこの範囲内で審査によって決定されます。

よって、いくらになるかは審査を受けてみるまでは分かりません。

他のカードローンと比べると少々物足りない印象かもしれません。

しかし日常のショッピングに利用する程度であれば十分な金額ではないでしょうか。

一般的にクレジットカードのキャッシング枠の限度額は、ショッピング枠の範囲内に設定されます。

また、「総量規制」の対象にもなるため、どんなに多くても年収の1/3を超えて借入を行うことはできません。

関連記事をチェック!

1119view

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1までしかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 確かにカードローンやフリーローンなどのローン商品には、借入金額が年収の3分の1に制限されるものがたくさんあり...

金利

金利はDCVISAが「14.95%」で、JCBが「15.0%」となっています。

DCVISAのほうが若干低いものの、その差はわずか0.05%です。

このため、利息についても大きな差はほとんどありません。

14.95%もしくは15.0%という金利は、クレジットカードのキャッシングとしてはまずまずの金利です。

一般的な消費者金融の上限金利の相場が18.0%ですので、それよりは低金利で借入できる可能性が高いという点はかなり大きなメリットとなります。

常陽カードプラスの返済プラン

借入をした場合に気になってくるのが返済プランではないでしょうか。

そのために役に立つのが、返済プランのシュミレーションです。

「いくら借りるか?」「いくらづつ返すか?」など利用者の状況によってプランは変わってきます。

まずは自分にあった方法を検討しましょう。

返済日・返済方法

返済日は「15日締め翌月10日払い」です。

返済方法は「指定口座からの自動引落し」となります。

たとえば、5万円をリボ払いで借入し、6月15日までに利用確定した場合、支払いがスタートとなるのは翌月の6月10日からです。

ちなみにこれはキャッシング枠だけでなく、ショッピング枠も同様です。

このため、支払日にはキャッシング枠だけでなく、ショッピング枠に請求分も引きと落としされますので注意しておきましょう。

月々の返済額

月々の返済額は指定した返済方式によって異なってきます。

「一括返済」の場合、「利用残高+利息」を1回払いで支払います。

「リボ払い」の場合は「元金定額払い」です。

元金定額払いとは、元金部分の支払いが毎月固定されていて、それに毎月の利息分がプラスされる返済方法です。

たとえば、月々支払う元金を1万円と指定し、当月の利息が2,000円の場合、「1万円+2,000円=12,000円」となり、その月の返済額は12,000円になります。

元金定額払いはこのような仕組みになっているため、毎月の返済額が変動するので気をつけてください。

なお、月々支払う元金は1万円から1万円単位で指定が可能です。(初期設定は1万円)

JCBはボーナス払いも可能

JCBでは「ボーナス併用払い」と「ボーナス月のみ元金定額払い」も選択できます。

ボーナス併用払いとは、ボーナス時期に支払額を増やす返済方法です。

多めに返済することによって元本を減らし、利息を抑えることによってトータルの返済額を少なくします。

たとえば、「ボーナス時期は余裕があるので多めに返済したい」というような場合です。

ボーナス月のみ元金定額払いは、ボーナス時期に元金定額払いを行なう返済方法です。

事前に支払いをする元金を決め、その元金と利息を合計した金額をボーナス時期にまとめて支払います。

つまり、支払いをボーナス時期まで先延ばしすることができるんですね。

JCBにはこうしたボーナス払いもありますので、覚えておくとよいでしょう。

キャッシングの利息シミュレーション


キャッシングは利息が発生するため、計画的に利用しなくてはいけません。

計画性を失うと、利息がどんどん膨らみ、返済できなくなる可能性があるからです。

そこで大切なのが、「利息はいくらになるか?」という点を事前に把握しておくことです。

ここでは、DCVISA とJCBの「キャッシングシミュレーション」を利用して、利息を算出しておきましたので、利用前の目安にしてもらえればと思います。

DCVISAの場合

まずはDCVISA の利息を算出していきます。

今回は10万円を金利14.95%で借入すると想定して計算しています。

月々の返済額総利息額
1万円7,255円
2万円4,134円
3万円3,131円
4万円2,628円
5万円2,252円
一括払い1,638円

JCBの場合

続いてJCBの利息を算出していきます。

今回は10万円を金利15.0%で借入したと仮定して計算しています。

月々の返済額総利息額
1万円7,281円
2万円4,148円
3万円3,142円
4万円2,636円
5万円2,259円
一括払い1,643円

DCVISA・JCBともに月々の返済額が増えるほど利息が減っていますね。

利息は元本にかかるもののため、元本が減るとその分利息も減っていきます。

このため、「利息をなるべく抑えたい!」という場合は、月々の返済額を多めにするか一括返済するのがおすすめです。

ただし、そうしますと返済の負担が大きくなるというデメリットもあります。

返済に追われ、生活が破綻するようでは本末転倒です。

そうならないよう、ご自身の収入とのバランスを考え、無理のない範囲で返済額を決めていく必要があります。

常陽カードプラスの気を付けたいポイント


キャッシングは便利なサービスですが、利用時には注意したい点もあります。

ここでは特に注意したい3つの点についてご紹介します。

審査は厳正

キャッシングサービスに新規で申し込みをする場合、審査があります。

審査はそれほど厳しいものではないかと思いますが、結果によっては希望した利用枠を設定してもらえないことがあります。

金融機関は審査時に利用者の「信用情報」を調べます。

信用情報は信用情報機関というところに登録されているのですが、そこには過去の借入のすべてが記録されているのです。

例えば、返済の状況や借入状況、遅延、滞納などが一目瞭然となっています。

「ローンの滞納はないから大丈夫」と思うかもしれませんね。

しかし信用情報には携帯電話の滞納履歴や、奨学金の滞納履歴も記録されています。

カード会社としては「滞納や遅延がある=返済能力がないのでは?」と疑います。

金融機関としても返済されないという貸倒のリスクは避けたいところです。

そのため「審査に通らない=融資が受けられない」ということが起こりえます。

また、審査の結果によっては希望の限度額に達しないことも多々あります。

この点は注意しておくようにしてください。

年収金額が重要

常陽カードプラスのキャッシングは「総量規制」の対象です。

このため、他の「貸金業者(消費者金融・クレジット会社・信販会社)」の借入と合計して、年収の1/3までしか借入できません。

たとえば、年収400万円の人なら133万円までが上限になります。

常陽カードプラスのキャッシングは最大でも50万円までしか借入できないので、ほとんどの人は問題ないかと考えられます。

ただし、他の貸金業者で借入がある場合は、その分も年収の1/3に含まれます。

仮に他の貸金業者で100万円の借入がある場合、「133万円-100万円=33万円」となり、借入上限は33万円にまでなります。

そうしたことから、他の貸金業者での借入額によっては常陽カードプラスのキャッシングの限度額にも影響してくることや、利用できないことがあるので注意です。

関連記事をチェック!

2934view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

利用可能枠の考え方

常陽カードプラスのキャッシングの限度額は「ショッピング枠」と共通です。

たとえば、ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円と設定されているとしましょう。

勘違いしている人もいるかもしれませんが、合計で80万円まで利用できるという意味ではありません。

この場合、ショッピング枠50万円の中にキャッシング枠30万円が含まれているんですね。

つまり合計は50万円なんです。

このため、キャッシングを10万円利用した場合、ショッピング枠も10万円利用したことになります。

よって、残りの限度額は「ショッピング枠40万円・キャッシング枠20万円」です。

決して、ショッピング枠とキャッシング枠を合計した金額が利用できるわけではないので気をつけてください。

常陽銀行のカードローンキャッシュビット


常陽銀行には、「常陽銀行カードローン キャッシュピット」というカードローンもあります。

このカードローンも現金の借入が可能であり、使い道は基本自由ですので、常陽カードプラスのキャッシングと同じくらい手軽に利用することができます。

申込がWEBで完結するところも気軽さのポイントでしょう。

そのため、このキャッシュピットについても併せて詳しく知っておくのがおすすめです。

まずは貸付条件から確認していきましょう。

キャッシュビットのローン金利

申込条件
  • 契約時年齢が20歳以上75歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 保証会社アコム株式会社の保証を受けられる方
  • 茨城県、福島県、栃木県に居住または勤務されている方
限度額800万円以内
金 利年2.50%~14.80%
資金使途自 由
(事業資金・投機資金は除く)
契約期間3年毎の自動更新
担保・保証人不 要
遅延損害金1万円以上~100万円未満
年18.00%
100万円以上~800万円以下
年15.00%

限度額は最大800万円、金利2.50%~14.80%と、銀行カードローンとしては平均的な条件です。

常陽カードプラスのキャッシングよりは限度額が多いので、希望金額が50万円を超えるときはこちらを検討するとよいでしょう。

上限金利も14.80%ですので、常陽カードプラスのキャッシングと差はほとんどありません。

常陽カードプラスのキャッシングとの違いですが、キャッシュピットの場合は以下のように限度額によっては金利が下がります。

限度額適用金利
1万円以上~100万円未満年14.80%
100万円以上~200万円以下年12.00%
200万円超~300万円以下年9.80%
300万円超~400万円以下年8.80%
400万円超~500万円以下年7.80%
500万円超~600万円以下年5.50%
600万円超~700万円以下年4.50%
700万円超~800万円未満年3.50%
800万円年2.50%

上記のように限度額によって金利が変動するため、設定される限度額によっては常陽カードプラスのキャッシングよりも低金利で借入できる可能性があります。

関連記事をチェック!

59view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

キャッシュビットの審査難易度

キャッシュピットでも審査が当然審査があります。

キャッシュピットは、全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構(JICC)、CICという、3つの信用情報機関に信用情報の照会をかけています。

限度額が大きい分、審査も慎重に行っているのが分かりますね。

基本的な審査は他のカード会社と同じです。

債務があまりに多い場合は、信用に欠けると判断され、審査に通りにくくなります。

ATM利用手数料無料の条件

キャッシュピットは、常陽銀行とセブン銀行などの提携コンビニATMの利用手数料が終日0円で利用できます。

このため、時間帯や曜日などに関係なく、手数料を気にせずに利用できるのが大きなメリットです。

手数料は数百円程度ですが、積み重なるとけっこうな額になりますので、無料というのは大きな魅力ですね。

以上がキャッシュピットの特徴です。

口座開設は不要ですし、申し込みはインターネットで完結するため来店も必要ありません。

大きな違いは限度額です。

常陽カードプラスのキャッシングよりもこちらに魅力を感じたなら、利用を検討してみるのも良いでしょう。

他社カードローン比較

最後に他社のカードローンと常陽カードプラスを比べてみましょう。

限度額や利息などに注目しながら、比較してみてください。

アコム

融資限度額1万円~最大800万円
年率3.0%~18.0%
返済方式定率リボルビング方式
返済期間・回数最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延損害金20.0%
連帯保証人・担保不要
使い道自由
即日融資可能

アコムでは初めての契約であれば30日間の無利息期間があります。

短期間の借入であればうまく利用したいところですね。

消費者金融系ですので、利息は銀行系カードローンと比べて若干高めです。

プロミス(フリーキャッシング)

融資限度額最大500万円
年率4.5%~17.8%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数最終借入日から原則最長6年9ヶ月・1~80回
遅延損害金20.0%
連帯保証人・担保不要
使い道自由
即日融資可能

プロミスはWEB融資であれば即日融資が可能です。

こちらも30日間の無利息期間があります。

またフリーキャッシングのほかにレディースキャッシングもあり、女性の利用者専用のダイヤルが用意されているなど、女性でも利用しやすいでしょう。

三井住友銀行カードローン

融資限度額10万円~最大800万円
年率4.0%~14.5%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額
返済期間・回数5年毎
遅延損害金19.94%(年利)
連帯保証人・担保不要
使い道自由
即日融資可能

年利が他のカード会社よりも若干安いのが魅力です。

申し込みもWEBですべて完結でき、本人確認書類もネット上でアップロードするだけなので簡単です。

また三井住友銀行の銀行口座がなくてもOKです。

三菱UFJ銀行カードローンバンクィック

融資限度額10万円~最大500万円
年率1.8%~14.6%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額
返済期間・回数1年ごとの更新
遅延損害金20.0%
連帯保証人・担保不要
使い道自由
即日融資可能

ネットからの申し込みで最短30分で審査可能です。

また銀行ならではの低金利が魅力で、さらに返済計画もメールでサポートしてくれるので、初めての人でも安心です。

最後に

常陽カードプラスのキャッシングを利用すれば、面倒な手続もなく、好きなときに現金の借入が可能です。

そのため、「急にお金が入用になった!」というような時に活躍してくれます。

年会費や維持費なども必要ありませんので、いざという時の備えに付属させておいてはいかがでしょうか。

 3.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (2)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談